« 7月1日に「オホーツク」等の車両変更 | Main | 2018年ブルーリボン賞に35系、豪華寝台列車はすべて落選 »

「新たな長距離列車」のバラエティに富んだ座席

 JR西日本が2020年春の運行開始を目指している、「新たな長距離列車」。当blogでも何度か取り上げましたが、新たな情報が判明しました。117系6両編成を改造し、運行区間は京阪神-山陽、山陰方面などです。山陽方面だけではありません。臨時列車として、期間を定め複数の区間を運行する予定です。定員は90人程度で、全車指定席です。

 今回主に紹介するのは、バラエティに富んだ座席のタイプ。6号車はグリーン個室。個室を5室配置し、そのうち1つは1人用個室です。個室の中はベッドにもソファにもなります。5号車は普通車、フルフラットシートです。「サンライズエクスプレス」の「ノビノビ座席」と同じようなもので、横になることができます。二段式で、かつてのB寝台を思い出させます。車いす対応席や多機能トイレもあります。4号車はフリースペース。テーブルや着席スペースを複数設置し、自由に過ごすことができるようにします。グループで利用することのできるボックス席もあります。カウンターがあるので、簡単な弁当などの販売もできます。なお、フリースペースは4号車以外にも、乗降口付近や運転台後方に設けます。3号車は普通車、コンパートメントと2列+2列シートです。コンパートメントはファミリーなどのグループで利用可能なもの。ベッドにもなる折りたたみのソファがあります。2列+2列シートはグリーン車並みの座席間隔で配置した、リクライニングシートです。2号車は普通車、フルフラットシートと2列+2列シートです。女性専用車で、女性更衣室や女性専用トイレがあります。1号車はグリーン車、1列+1列シートです。向かい合う2つの座席を1人で利用することができる、広々とした座席です。2つの背もたれを倒せば、ベッドになります。

 この「新しい長距離列車」は、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のように、食事や立ち寄り観光などを含めた旅行商品として売り出すわけではないようです。日中と夜間に走り、料金は10000~13000円ぐらいになるようです。詳細は決まり次第の発表ということになりますが、期待が持てるものです。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12409.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12413.html、MBSホームぺージ https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180523/GE000000000000022718.shtml)

|

« 7月1日に「オホーツク」等の車両変更 | Main | 2018年ブルーリボン賞に35系、豪華寝台列車はすべて落選 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「新たな長距離列車」のバラエティに富んだ座席:

« 7月1日に「オホーツク」等の車両変更 | Main | 2018年ブルーリボン賞に35系、豪華寝台列車はすべて落選 »