« 京都市の「地下鉄・バス一日券」、売り上げ3倍以上に | Main | TOKIOの車内チャイムは変更せず »

宗谷線でも29駅の廃止を含めた見直しへ

 先日、石北線の一部駅の廃止についての記事を書いたばかりですが、宗谷線にも同じような話が出ています。

 4月27日、宗谷線の沿線及び周辺の26市町村などでつくる「宗谷本線活性化推進協議会」の事務担当者らによる幹事会で合意したことですが、宗谷線全54駅のうち利用者の少ない無人駅29駅と踏切48か所について、廃止を含めた見直しをJR北海道と協議するのです。路線の存続を第一に、JR北海道の維持費を下げるのが狙いです。なお、29駅の中には、旭川-名寄間の駅も含まれています。

 それにしてもいくら利用者の少ない無人駅が多いとは言っても、半分以上の駅が対象とは驚きです。場合によっては、廃止せずに自治体が負担して存続させるということもありますが、それでも多少はJR北海道の負担は減ります。宗谷線は北部がJR単独では維持困難な路線とはされていますが、その路線の重要性は認識されています。何とかして存続させたいと認識されています。それでも安易にJR北海道に存続を求めるだけでは済まされず、自ら身を切る改革は求められるのです。
(参考:北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/184967)

|

« 京都市の「地下鉄・バス一日券」、売り上げ3倍以上に | Main | TOKIOの車内チャイムは変更せず »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宗谷線でも29駅の廃止を含めた見直しへ:

« 京都市の「地下鉄・バス一日券」、売り上げ3倍以上に | Main | TOKIOの車内チャイムは変更せず »