« 熊本市電、通町筋電停を拡張 | Main | 「新たな長距離列車」は山陽を走る »

南海バス、岸和田-東岸和田間日中15分間隔に

 南海バスウイング南部は4月13日にダイヤ改正を行いました。

 今回の改正対象は岸和田エリアですが、いつの間にかバスの本数はかなり減っています。かつてはそれなりにあった路線もありましたが、今は天神山方面を除いて1時間に1本が基本で、気軽に利用できるものではありません。

 ただ、明るい話題がひとつだけあります。日中(9~16時)において、岸和田駅前-東岸和田間が15分間隔で利用できるのです。内訳は白原車庫あるいは塔原行きが1時間に1本、天神山町3丁目行きが1時間に1本、そして天神山・一の宮循環が右回り、左回りともに1時間に1本ずつです。この合計4本が均等の間隔で走るのです。しかも、岸和田駅前、東岸和田の発車時間はいずれも0、15、30、45分。わかりやすいダイヤです。

 岸和田駅前-東岸和田間の所要時間は最短5分(毎時1本だけ遠回りの上古城経由があります)、運賃は170円です。泉州地域は、大阪市内との公共交通は南海や阪和線がありますが、市内の公共交通は貧弱です。これをカバーする役割になればと思います。
(参考:南海バスホームぺージ http://www.nankaibus.jp/var/rev0/0001/9570/change.pdf)

|

« 熊本市電、通町筋電停を拡張 | Main | 「新たな長距離列車」は山陽を走る »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南海バス、岸和田-東岸和田間日中15分間隔に:

« 熊本市電、通町筋電停を拡張 | Main | 「新たな長距離列車」は山陽を走る »