« 航空機と新幹線がコードシェア | Main | 航空会社の考える、東京での空港アクセス »

与党も長崎新幹線のフリーゲージトレインを断念

 長崎新幹線は、フリーゲージトレインを導入するのが前提の新幹線でした。ところが、フリーゲージトレインの技術は確立しておらず、2022年度の武雄温泉-長崎間の開業時点では、武雄温泉で乗り換える「リレー方式」を採用します。

 その後、将来的にはフリーゲージトレインを導入することとされていましたが、運行会社のJR九州は反対し、国交省が3月に公表した検討結果でも、フリーゲージトレインを導入することによってJR九州の収支が悪化するとの結果が出ました。また、フリーゲージトレインは新大阪に直通することが期待されていましたが、それが不可能であることが判明しました。

 そんな中、与党サイドからも、長崎新幹線のフリーゲージトレイン導入は事実上無理だという見解が出ました。長崎新幹線に関する与党の検討委員会を務める山本衆議院議員の発言なので、重いです。長崎新幹線の整備方法はいまだに決まっていませんが、フリーゲージトレインはない、と考えていいでしょう。そうなると、長崎新幹線の完成形はフル規格かミニ新幹線のどちらかということになるでしょうが、万難を排して全線フル規格新幹線にしておきたいものです。高速道路を走る車程度のスピードでは、じり貧になるだけなのです。
(参考:日刊工業新聞ホームぺージ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00473109)

|

« 航空機と新幹線がコードシェア | Main | 航空会社の考える、東京での空港アクセス »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

とりあえず佐賀県の負担を軽減するために
貸付料がどの程度見込めるのか
長崎県の負担を増額出来るのかを示すことでしょうね

早急に試算が出せれば
年末の知事選で信を問えることができますし

スキームを見直して国の負担を増額する選択肢はありますけど
これをすると京都府が同じ扱いを求めてくるでしょうから
すべきではないです

Posted by: フリーダム | 2018.06.10 at 01:56 AM

 フリーダムさん、おはようございます。

* とりあえず佐賀県の負担を軽減するために

 このあたりのことは近日中に別記事にて書きます。

* これをすると京都府が同じ扱いを求めてくるでしょうから

 京都に北陸新幹線の駅ができ、さらに松井山手にもできるのですから、京都府の受益は充分にあります。

 京都府が負担を減らしたいなら、京都・松井山手への駅設置を返上すればよいでしょう。亀岡で我慢すればいいのです。

Posted by: たべちゃん | 2018.06.10 at 08:43 AM

亀岡にして同意する保証はないですし
ルートを変更すると輸送密度が減少する
可能性が高いです。
負担に同意しないなら中止でいいです

どうしても建設したいなら京都府を説得するでしょうし
誰が説得するのかはわからんけど

Posted by: フリーダム | 2018.06.11 at 02:30 PM

 フリーダムさん、こんばんは。

* 亀岡にして同意する保証はないですし

 京都駅に北陸新幹線が来る以上、京都府、京都市には十分なメリットがあり、ほかに負担をさせるのはおかしい話です。

* 負担に同意しないなら中止でいいです

 東京から中途半端なかたちで北陸新幹線をつくってしまった以上、完成させないといけません。現状では、東京と北陸を結ぶだけのローカル新幹線です。本来なら大阪方面からつくり、北陸3県に負担させるのがいちばんよかったのですが、中途半端につくった以上、痛み分けで解決するしかないでしょう。

 新幹線ができなければ関西はさらに衰退します。身内で足を引っ張っていてはいけないのです。

Posted by: たべちゃん | 2018.06.11 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66711712

Listed below are links to weblogs that reference 与党も長崎新幹線のフリーゲージトレインを断念:

« 航空機と新幹線がコードシェア | Main | 航空会社の考える、東京での空港アクセス »