« 秋田新幹線も県境にトンネル構想 | Main | JR西日本、広島県と島根県に1億円の寄付 »

しなの鉄道新型車両の続報

 しなの鉄道が老朽化した115系(ほとんどが1978年製なので、40年が経過したことになります。近年故障件数が増え、JRで115系の廃車が相次いでいることから、部品の調達が困難になっているようです)の置き換え用に新型車両を投入する(観光列車以外をすべて置き換えます)という話は以前にも書きましたが、その続報です。

 新型車両の投入期間は2019年度から2026年度の8年間。26編成52両を投入します。総事業費は約110億円で、国が1/3、長野県が1/6、沿線市町が1/6、しなの鉄道が1/3の割合で負担します。車両を製造するのはJR東日本系列の株式会社総合車両製作所、軽量ステンレス鋼です。車椅子対応洋式トイレを備え(現行車両にはトイレすらありません。そのため、トイレを求める声は多くありました。し尿の処理施設を小型化することができ、コストも下がったので、今回、車両にトイレを設けるようにしたのです。し尿処理施設は戸倉の車両基地内に1億円かけて整備します)、自動制御方式によって快適な車内温度を設定することができます。ドアの開閉はボタンを押して行い(重たい扉を手で開ける必要がありません)、台車は空気ばねです。使用電力量は半分程度になり、運用コストとCO2を削減することができます。車両検修費等の維持管理コストも減らすことができます。実は、しなの鉄道は115系の置き換えを中古車両で行う予定でしたが、新車にしたほうが使用電力量が半分になるなどの原因で、今後32年間の累計費用が下がるのです。中古を持ってくれば557億円かかるところ、新車なら257億円で済むのです。ホームと車両の段差は210ミリになり(115系は305ミリ)、かさ上げされた場所ではほぼフラットになります。座席の横幅は430ミリから540ミリに拡大され、ゆったりとなります。

 座席配置は2パターン用意します。3編成つくられるライナー用(定員228人、うち座席80席)と一般用(定員270人、うち座席100席)です。投入初年度(2019年度、実際の運行は2020年7月ごろから)は、ライナー用を3編成投入します。収益性を考慮しての判断です。ロングシートにもクロスシートにもなるライナー用車両は朝夕の有料ライナーとして使用します。有料のライナー列車は2015年3月以来の復活で、現行の快速の一部を有料ライナーに変更します。朝夕以外は座席シートをロングシートにして、一般車両として使用します。休日は観光用の有料ライナーとして走らせます。残りの23編成はセミクロスシートの一般用です。ただ、E129系のようにクロスシート部分は少なく、ロングシートが主体です。 
(参考:しなの鉄道ホームぺージ http://www.shinanorailway.co.jp/news/20180531_torishimariyakukai_syaryou_gaiyou.pdf、信毎web http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180601/KT180531FTI090012000.php、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31216500R30C18A5L31000/)

|

« 秋田新幹線も県境にトンネル構想 | Main | JR西日本、広島県と島根県に1億円の寄付 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しなの鉄道新型車両の続報:

« 秋田新幹線も県境にトンネル構想 | Main | JR西日本、広島県と島根県に1億円の寄付 »