« JR西日本の2020年代の置き換え計画 | Main | 「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」はピザがメイン »

南海6000系の置き換え計画

 こちらもまた、hanwa0724さんのblogで見つけたものです。


 以前、デビューしてから50年以上が経過した南海6000系についての記事を書きました。その段階では6000系をリニューアルするのか置き換えるのか判断がつかなかったのですが、5月18日の2018年3月期決算説明会で出された資料に、その答えが載っていました。

 結論から言えば、6000系は新しい車両に置き換えられます。2018年度から2020年度の3年間に42億円かけて30両をつくります。最初の車両は2019年秋にデビューする見込みです。その後も置き換えは進み、2023年度までの6年間で全車両72両を置き換えます。車両については省エネ型であることしかわかりませんが、参考にした南海のホームページでは8300系の写真が載っていますので、8300系みたいな車両が走ると思われます。訪日外国人などの理由でそれなりに新車が入っている南海本線と違い、高野線では2005年以来の新車となります(泉北高速関連は除きます)。しかも、2005年の車両は2300系なので、基本的には橋本以北には走りません。実質的には21世紀になって初めての新車となります。

 このほか、詳しいことはわかりませんが、高野線の増発も考えている、とのことです。こちらも訪日外国人に向けての施策であることを考えると、橋本以南の増発を考えているのでしょうか?
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/ir/setsumei/pdf/setsumei_180518.pdf、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30672930Y8A510C1AM1000/)

|

« JR西日本の2020年代の置き換え計画 | Main | 「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」はピザがメイン »

南海・泉北」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

続いて、ご紹介いただきありがとうございます。

半世紀以上第一線で走り続けてきた6000系ですが、更新という単語の解釈が注目されていましたが、流石に更新工事を行うわけではない、ということで、結局は置き換えになりそうです。

流石に半世紀も使用し続けた車両なだけに、他社に譲渡されることもなく、このまま廃車でしょうね…

Posted by: hanwa0724 | 2018.06.03 at 01:42 PM

 hanwa0724 さん、こんにちは。

* 流石に半世紀も使用し続けた車両なだけに、

 大手私鉄のお古を買いたいところでも、さすがに半世紀前のは手を出さないでしょう。充分使いました。

Posted by: たべちゃん | 2018.06.03 at 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66755495

Listed below are links to weblogs that reference 南海6000系の置き換え計画:

« JR西日本の2020年代の置き換え計画 | Main | 「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」はピザがメイン »