« 6月16日は東武宇都宮線が無料 | Main | 靴が定期券 »

あいの風とやま鉄道と富山地方鉄道に新駅

 3月のダイヤ改正で新駅をつくったばかりのあいの風とやま鉄道ですが、別の新駅設置計画があります。

 それは、以前から話があった通り、富山-東富山間につくられます。この区間は6.6キロもあり、県庁のある駅とは思えない駅間です。新駅は富山、東富山のほぼ中間につくられます。長さ85メートルのホームを2面備えた無人駅で、自動券売機やICカードの簡易改札機もあります。改札は線路の両側にできます。設計費は8580万円で、国、富山県、富山市が1/3ずつ負担します。新駅は2019年度に着工し、2021年春に完成します。

 富山地方鉄道にも新駅ができます。できるのは、不二越・上滝線の稲荷町-不二越間。2019年4月に富山県立大学看護学部ができる予定で、その通学需要に応えるために2019年3月のダイヤ改正に合わせて開業します。富山地方鉄道では2015年2月に開業した新黒部以来の新駅開業です。建設費は約6800万円です。なお、新駅の名前はまだ決まっていません。富山県立大学看護学部前にするのでしょうか?
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00096688-kitanihon-l16、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31047130Y8A520C1LB0000/)

|

« 6月16日は東武宇都宮線が無料 | Main | 靴が定期券 »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/66416663

Listed below are links to weblogs that reference あいの風とやま鉄道と富山地方鉄道に新駅:

« 6月16日は東武宇都宮線が無料 | Main | 靴が定期券 »