« 駅バリアフリー化促進のため運賃引き上げ? | Main | 「ぐるっと九州きっぷ」、駅で買うと高くなる »

軽量型ホームドア、筑肥線下山門-筑前前原間に拡大

 JR九州は2017年11月21日から九大学研都市で軽量型ホームドアの実証実験を行っています。2月での段階のことですが、その後大きなトラブル等はなく、順調に推移しているとのことです。3月にはホームドア開閉時にホームドア本体が点滅するという改良を行います。

 これを受けて、2月21日、JR九州は軽量型ホームドアについての今後の計画を明らかにしました。夏ごろを目標に、九大学研都市の上りホームにも軽量型ホームドアを設置し、実証実験を継続する予定です。そして、以前にも書きましたが、2020年度中を目標に、筑肥線下山門-筑前前原間のすべての駅において軽量型ホームドアを設置する予定です。具体的な日程は未定で、決まり次第再度発表があります。

(追記)
 九大学研都市上りホームでの実証実験は9月25日から行います。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/02/22/180221Newsrelease01.pdf、https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/02/28/180228-04.pdf、railf.jp https://railf.jp/news/2018/08/27/195500.html)

|

« 駅バリアフリー化促進のため運賃引き上げ? | Main | 「ぐるっと九州きっぷ」、駅で買うと高くなる »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 軽量型ホームドア、筑肥線下山門-筑前前原間に拡大:

« 駅バリアフリー化促進のため運賃引き上げ? | Main | 「ぐるっと九州きっぷ」、駅で買うと高くなる »