« 北越急行、12月に10%値上げ | Main | 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に »

京成高速バス、2階建て車両を導入

 路線バスの世界ではバリアフリー対応のものをよく見かけますが、高速バスでは珍しいのが現状です。

 しかし、高速バスだからと言ってバリアフリーから逃れられるわけではありません。難しいとはいえ、何らかの対応が求められます。京成バスは、2017年12月16日からリフト付き高速バスの実証実験を有楽町(東京駅鍛冶橋駐車場)-成田空港(第2ターミナル)間で行ってきました(その前に京成バスは2016年8月から、海浜幕張駅・幕張メッセ-成田空港間でリフト付き高速バスの実証実験を行ってきましたが、利用が伸びずに2017年11月で終了してしまいました)。近くに「東京シャトル」があるにもかかわらず新路線をつくったのは、東京側のターミナルが東京駅では乗り降りしにくいからでしょうか? 鍛冶橋駐車場は旧ツアーバス系の高速バスがよく利用するバスターミナルです。1日上下合わせて21便のうち、12便がリフト付き高速バスです。

 しかし、リフト付き高速バスには欠点があります。車椅子の人が乗車するには15~20分かかりますし、車椅子スペースを使えば、定員が34人に減ってしまいます。その問題を解決するため京成バスは、京成バスとしては初めてとなる2階建てバス1両を導入し、3月29日から「有楽町シャトル」に投入しました。リフト付き高速バスと合わせてバリアフリー対応のものが合わせて3両となります。バリアフリー対応の車両は、1日21便中、16便にもなります。

 2階建てバスでの車椅子での乗降方法は次の通りです。路線バスと同じように、乗車口に可搬式スロープ板を渡して1階にある車椅子スペースに座らせます。3分程度で乗降可能となります。また定員も通常の高速バスと同等の53人(乗務員は除きます。なお、1階の席は車椅子の人とその介助者用の2席のみです)が乗ることができ、定員の問題も解決しました。

(追記)
 しかしその「有楽町シャトル」ですが、利用者が少なかったようで、2019年2月4日から上下合わせて10便に減便になりました。
(参考:京成ホームぺージ http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20180315_171921232217.pdf、成田空港ホームぺージ https://www.narita-airport.jp/jp/whats_new/yuurakucyou_bus、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24649340U7A211C1L71000/、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/80080、Traicy https://www.traicy.com/20190131-yurakuchoshuttle)

|

« 北越急行、12月に10%値上げ | Main | 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京成高速バス、2階建て車両を導入:

« 北越急行、12月に10%値上げ | Main | 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に »