« 北九州空港-福岡間のリムジンバス、いきなり2000円に倍増 | Main | JR北海道、値上げを検討へ »

無線式ATCは和歌山線橋本-和歌山間に

 旧型の105系に代わって227系が投入される和歌山線に、新たな技術を導入する話があります。

 それは、以前にも紹介した、無線式ATC。橋本-和歌山間に導入します。JR西日本の在来線では初めてのATC導入となります。無線式ATCは、列車の位置を連続的な無線通信によって把握し、前方にある列車の位置から後方の列車がブレーキをかけるべきかどうかを決め、列車間の安全な間隔を確保するというシステムです。この無線式ATCの導入により、異常が発生し急に速度規制をかけないといけない場合でも、無線で列車に情報を伝え、ブレーキを自動でかけることができます。これまでのATSとは違って、地上子のあるところ以外でも情報を伝えることができます。また、地上子やケーブル、信号機の設備が要らなくなるので(ATSでは信号の情報を後方の列車に伝えるために、地上子やケーブルが要ります)、地上の設備がシンプルになります。メンテナンスもしやすくなります。線路の保守費用も1割から3割、減らすことができます。

 無線式ATCは、2023年の春に一部列車に対して導入し、2024年春には和歌山線用227系全列車に対して導入を完了する予定です。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12408.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12413.html、和歌山放送ホームぺージ https://wbs.co.jp/news/2018/05/27/118994.html)

|

« 北九州空港-福岡間のリムジンバス、いきなり2000円に倍増 | Main | JR北海道、値上げを検討へ »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無線式ATCは和歌山線橋本-和歌山間に:

« 北九州空港-福岡間のリムジンバス、いきなり2000円に倍増 | Main | JR北海道、値上げを検討へ »