« 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に | Main | 久大線は7月14日復旧、「或る列車」、「ななつ星in九州」も祝う »

気仙沼線BRT、一気に12キロの専用道誕生

 以前に、気仙沼線BRTの駅の追加と専用道の増加についての記事を書きましたが、その期日が決まりました。7月1日です。

 新駅の名前は、志津川中央団地前。これに伴い、志津川-清水浜間の運行ルートが変わり、一部区間の運賃が変わります。南三陸町役場・病院前(7月1日にベイサイドアリーナから名称変更されます)発着のものがそれに該当し、例えば南三陸町役場・病院前-気仙沼間は現行の670円から760円に上がります。理由はよくわかりませんが、ベイサイドアリーナ発着の定期券を持っている人は、磁気定期券の発行替えや区間変更が必要になることもあります。特に「odeca」定期券を持っている人は、6月30日までに磁気定期券にしなければならないようです。

 専用道ができるのは、柳津-陸前戸倉間(12.0キロ)と、最知-松岩間(0.8キロ)。柳津-陸前戸倉間については、途中駅の陸前横山を専用道上に移設します。また、柳津については、鉄道ホームから80メートルほど気仙沼方面に行ったところにBRTホームを設置し、BRTはそこを発着することになります。鉄道ホームとBRTホームの間には屋根付きの通路が整備され、跨線橋を通らずに、雨にも濡れずに乗り換えることができるようになります。最知-松岩間については、松岩が専用道上に移され、最知-松岩間の所要時間が2分短縮されます。

 7月1日にはダイヤ改正も行われ、柳津、前谷地において一部便の接続が改善される反面、鉄道とBRTが並走している前谷地-柳津間において、BRTの本数が10往復から5往復に半減されます。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1528432495_1.pdf)

|

« 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に | Main | 久大線は7月14日復旧、「或る列車」、「ななつ星in九州」も祝う »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気仙沼線BRT、一気に12キロの専用道誕生:

« 近鉄の特急券自動発売機、クレジットカードや交通系ICカード利用可能に | Main | 久大線は7月14日復旧、「或る列車」、「ななつ星in九州」も祝う »