« 列車からの避難訓練、1500人募集 | Main | 宗谷線の10円特急料金はJR北海道の負担 »

運輸安全委員会、枕木をコンクリート製にすることを提言

 2016年10月から2017年5月までの8か月間で、4回もの脱線事故が起きました。西濃鉄道、紀州鉄道、熊本電気鉄道、わたらせ渓谷鉄道の4社で起きた脱線事故なのですが、これらに共通するのは枕木が木製であること。枕木が腐食したり割れたりすれば、釘でレールを固定する力が弱まり、軌間が広くなることがあります。そうなるとその広くなったレールの間に、車輪が落ちてしまうのです。

 これを防ぐため、国の運輸安全委員会は28日、枕木を木製からコンクリート製にすることを求める提言書を石井国交相に提出しました。コンクリート製なら、木製より耐久性が強く、このような脱線事故は起こらないのです。枕木をコンクリート製にするにはお金がかかりますが、すべてでなくても構いません。数本に1本をコンクリート製にすれば効果が出るのです。そのほかの対策としては、脱線防止ガードの設置も挙げられます。

 都市部の鉄道では枕木がコンクリートでできているところも多いですが、地方の中小私鉄だと木製が主流で、いくらコンクリート製が良いからと言って、すぐに置き換えることができません。経営が苦しいからです。それなりに需要がある路線を中心に、国や地方自治体からの補助金(国が費用の1/3を補助する制度もあるようです)である程度はカバーしなければならないでしょう。
(参考:朝日新聞ホームぺージ https://www.asahi.com/articles/ASL6W0SNQL6VUTIL079.html、産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/180629/afr1806290004-n1.html)

|

« 列車からの避難訓練、1500人募集 | Main | 宗谷線の10円特急料金はJR北海道の負担 »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 運輸安全委員会、枕木をコンクリート製にすることを提言:

« 列車からの避難訓練、1500人募集 | Main | 宗谷線の10円特急料金はJR北海道の負担 »