« 京都丹後鉄道、10月5日から「丹後くろまつ号」をリニューアル | Main | 平日200円のバス、休日になると500円 »

「京とれいん」に2編成目

 京都は訪日外国人にとって、日本の伝統文化に触れることのできる、魅力的な街。多くの外国人が訪れます。

 そこで阪急は、訪日外国人にも快適であることを目指して、駅や車内におけるインバウンド施策を進めることにしました。施策にはいくつかありますが、そのひとつが「京とれいん」の増備。現在は6300系を改造した1編成があるのみですが、2編成目として7000系を改造したのを投入します。6300系は車両の規格の都合から、神戸線や宝塚線で走ることができないのです。現在の「京とれいん」のイメージをそのままに、「ご乗車になられたときから京都」をコンセプトにして、京都を五感で感じることのできるデザインにする予定です。

 2編成目の「京とれいん」について、詳しい内容や運行開始日は秋ごろに発表する予定です。
(参考:阪急ホームぺージ http://www.hankyu.co.jp/files/upload/pdf/180522r.pdf、鉄道ジャーナル」2018年8月号 鉄道ジャーナル

|

« 京都丹後鉄道、10月5日から「丹後くろまつ号」をリニューアル | Main | 平日200円のバス、休日になると500円 »

鉄道」カテゴリの記事

阪急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「京とれいん」に2編成目:

« 京都丹後鉄道、10月5日から「丹後くろまつ号」をリニューアル | Main | 平日200円のバス、休日になると500円 »