« 日田彦山線、輸送密度は131人しかいないが鉄路で復旧? | Main | JR西日本、おおさか東線の駅名発表 »

「こだま限定自由席片道きっぷ」発売、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に山陰往復コース

 以前にも書きましたが、平成30年7月豪雨により、JR西日本の中国地方の鉄道などは大きな被害を受けました。これに関連する話題を2つ。

 JR西日本は、岡山-徳山間の各新幹線停車駅から新大阪(大阪市内)まで、「こだま」の普通車自由席を利用することのできる、「こだま限定自由席片道きっぷ」を発売します。利用期間は7月28日から8月8日までで(予約時に利用日に指定します)、発売期間は7月26日から8月7日までです(利用日の前日まで発売します)。値段は岡山→大阪市内が3000円(所定額は5500円)、広島市内→大阪市内が5000円(所定額は9710円)などとなっています。「こだま」限定とはいえ、結構お得な設定です。1人からでも利用できますが、子供の設定はありませんので御注意ください。また、駅の「みどりの窓口」や旅行会社では購入することができず、「e5489」限定です。なお、プレスリリースによれば、この「こだま限定自由席片道きっぷ」は被災地でのボランティア活動をする人向けのきっぷとされていますが、使用目的には制約がなく、ビジネスや観光でも使えます。

 さて、話は変わりまして、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。こちらも豪雨の影響により、運行を見合わせていましたが、7月18日出発分より一部についてはコースを変更して運行を再開します。今回運行が決まったのは8月1日出発分まで(これ以降については、山陽線の復旧状況などを考慮しながら判断します)。このうち、7月18日出発分の「山陽・山陰周遊コース」は「山陰コース」(2泊3日)に、8月1日出発分の「山陽コース」(下り)は「山陰コース」(下り)になります。後の4回はいずれも「山陰コース」(下り)あるいは「山陰コース」(上り)ですので、予定通り走ります。ところで、新たに設定された「山陰コース」(2泊3日)はどういうものでしょうか? 「山陽・山陰周遊コース」の1日目は岡山での立ち寄り観光がありました。ところが、「山陰コース」(2泊3日)では城崎温泉での観光となります。17:30ごろに城崎温泉を出発し、車中泊となりますが、浜田で折り返します。2日目、3日目は「山陽・山陰周遊コース」からの変更はありません。

(追記)
 「こだま限定自由席片道きっぷ」ですが、お盆明けも発売されることになりました。利用期間は8月21日から9月9日までです。岡山-徳山間の各新幹線停車駅から新大阪(大阪市内)までの片方向のみに使えます。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12708.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12697.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/08/page_12860.html)

|

« 日田彦山線、輸送密度は131人しかいないが鉄路で復旧? | Main | JR西日本、おおさか東線の駅名発表 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「こだま限定自由席片道きっぷ」発売、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に山陰往復コース:

« 日田彦山線、輸送密度は131人しかいないが鉄路で復旧? | Main | JR西日本、おおさか東線の駅名発表 »