« 福山-三次間に「きんさいライナー」 | Main | 江の島で自動運転バスの実証実験、前橋でも »

近鉄のホーム柵は沈む?

 近鉄は大阪阿部野橋で昇降式ホーム柵の実証実験を行っていますが、万能ではないことは以前にも書きました。そしてその近鉄は、従来にはないタイプの新しい昇降式ホーム柵の開発を行っているようです。数年以内に実証実験を行い、導入する予定です。

 それは、列車が到着すると柵が下がるタイプの昇降式ホーム柵。ホームの端に沿って何枚かに分けて設置された柵が同時に上下します。乗降時にはホームと同じ高さにまで柵が下がります。動力部はホームの下に設けます。同じ車両でないと対応できないホームドアはもちろんのこと、JR西日本で見られるような昇降式ホーム柵よりも自由度は高いです。反対に、列車が発車すると柵は上がるのですが、安全性に問題はないのでしょうか? センサーなどで安全対策を図るようですが。なお、柵の厚さや材質は決まっておらず、車両との隙間が小さいところはホームを削って対応するようです。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180819/ddn/008/020/022000c)

|

« 福山-三次間に「きんさいライナー」 | Main | 江の島で自動運転バスの実証実験、前橋でも »

鉄道」カテゴリの記事

近鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 近鉄のホーム柵は沈む?:

« 福山-三次間に「きんさいライナー」 | Main | 江の島で自動運転バスの実証実験、前橋でも »