« JR貨物、東海道線や山陽線でも40フィート型背高コンテナ | Main | 京王の座席指定列車、観光シーズンに運転 »

吉野山ロープウェイ、復旧の見通しなし

 近鉄の吉野駅から吉野山に登る、吉野山ロープウェイ。吉野観光には欠かせない交通機関なのですが、2017年4月にゴンドラが駅施設に接触する事故が起きてからは、運休したままです。2018年3月の時点では、夏ごろの復旧を目指すとしていましたが、2018年7月11日に訂正されました。運行再開の見通しが立たないのです。

 吉野山ロープウェイを運営する吉野大峯ケーブル自動車によれば、ゴンドラの破損部分の修理は終わりましたが、その後の調査でワイヤーロープの摩耗や非常用制動装置の作動不良があることが判明したのです。資金不足で修理ができないのです。

 とりあえず代行バスを走らせているので吉野山に行くことはできますが、経営の苦しさがわかるだけに、今後が気になります。無免許の人に路線バスを運転させたトラブル(これで前社長は逮捕され、辞任しました)も影響していることでしょう。

(追記)
 それどころか、吉野大峯ケーブル自動車は近畿運輸局から本社営業所の37日間の事業停止処分を受け、9月18日から10月24日まで、すべてのバスの運行ができなくなりました。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/180712/wst1807120013-n1.html、奈良新聞ホームぺージ https://www.nara-np.co.jp/news/20180711092418.html、国交省近畿運輸局ホームぺージ http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/9pdf18-119.pdf、吉野大峯ケーブル自動車ホームページ http://www.yokb315.co.jp/blog_detail.php?id=11370)

|

« JR貨物、東海道線や山陽線でも40フィート型背高コンテナ | Main | 京王の座席指定列車、観光シーズンに運転 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉野山ロープウェイ、復旧の見通しなし:

« JR貨物、東海道線や山陽線でも40フィート型背高コンテナ | Main | 京王の座席指定列車、観光シーズンに運転 »