« 小田急、LSEの車内装備品を販売 | Main | 岩手県交通の「イーハトーブ号」、運転士不足で平日運休 »

那覇で生徒の送迎による渋滞を防ぐ実験

 鉄道がモノレールだけの沖縄では、車に頼る割合が高くなります。過疎地帯ならともかく、人口が密集している那覇近郊でも車に頼っています。生徒の通学も親の送迎です。当然ながらそういうことをやっていたら、渋滞します。ひとりひとりの行動が、社会的に望ましくない状況を生むのです。

 そこで沖縄総合事務局は、那覇市内の全12校に通う生徒を対象に、11月5日から2019年2月22日まで、高校生の路線バスやモノレール利用を促す実証実験を行います。

 実験の参加者には、「OKICA」が貸与されます。5000円出すと6000円分使えます。このICカードで通学のほか、通塾、買い物にも使うことができます。休日にも使うことができます。申し込みはパンフレットにあるはがきやインターネットで行いますが、締め切り間近(はがきは22日、インターネットが23日)ですので注意が必要です。アンケートへの回答も必要です。
(参考:朝日新聞ホームぺージ https://www.asahi.com/articles/ASLBM61R1LBMUEHF012.html)

|

« 小田急、LSEの車内装備品を販売 | Main | 岩手県交通の「イーハトーブ号」、運転士不足で平日運休 »

バス」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

道路、車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/67292999

Listed below are links to weblogs that reference 那覇で生徒の送迎による渋滞を防ぐ実験:

« 小田急、LSEの車内装備品を販売 | Main | 岩手県交通の「イーハトーブ号」、運転士不足で平日運休 »