« 熊本空港への鉄道は三里木からの分岐、JR九州にも負担を求める | Main | 整備新幹線の財源に財政投融資と新幹線売却収入 »

「とれいゆつばさ」、臨時列車で上野発着

 足湯のある新幹線、「とれいゆつばさ」。普段は福島-新庄間のみを走り、東北新幹線は走りません。

 しかしこの年末年始、「とれいゆつばさ」は上野-山形間を走ります。団体列車ではなく、運賃と特急券を買えば乗ることができる臨時列車として走ります。運転日は下り(上野発山形行き、「とれいゆつばさ99号」)が12月29日と30日、上り(山形発上野行き、「とれいゆつばさ98号」)が2019年1月3日と4日です。全車指定席(定員143人、立席特急券の発売はありません)で途中、大宮、福島、米沢、高畠、赤湯、かみのやま温泉に停まります。値段は通常の「つばさ」と同じで、上野(東京都区内)-山形間の運賃、特急券の合計は11470円(繁忙期)となります。

 しかし、この記事を書いている12月22日現在、上野発着の「とれいゆつばさ」は満席となっています。足湯(車内で380円の利用券を買います。先着順です)につかりながら東北新幹線に乗ることはできないようです。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2018/tokyo/20181117_t01.pdf)

|

« 熊本空港への鉄道は三里木からの分岐、JR九州にも負担を求める | Main | 整備新幹線の財源に財政投融資と新幹線売却収入 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「とれいゆつばさ」、臨時列車で上野発着:

« 熊本空港への鉄道は三里木からの分岐、JR九州にも負担を求める | Main | 整備新幹線の財源に財政投融資と新幹線売却収入 »