« バスになった三江線の利用者数 | Main | ディーゼル機関車が故障すればSLも運休 »

虎ノ門地区の日比谷線新駅は虎ノ門ヒルズ

 以前にも記事にしましたが、東京メトロは、日比谷線霞ケ関-神谷町間に新駅を建設しています。

 その新駅ですが、駅名が虎ノ門ヒルズに決まりました。漢字と片仮名の組み合わせの新駅(東京メトロにおいて、片仮名の単語を含んだ駅名は初めてです)は、山手線の高輪ゲートウェイが思い出されますが、こちらは実際にある建物にちなんでいます。9月にインターネット上で首都圏の約2000人にアンケートを行ったところ、半数の人が挙げた駅名で、高輪ゲートウェイとは違って支持も得ています。虎ノ門ヒルズは日比谷線のみの駅ですが、銀座線虎ノ門との乗換駅となり、地下歩行者通路が整備されます。約435メートルで、徒歩で約7分かかります。2020年のオリンピック前に暫定的に開業する予定で、最終的な完成は2022年度の予定です。また、この虎ノ門ヒルズはオリンピック会場等へのBRTの起点にもなる、重要な駅になります。

 新駅の虎ノ門ヒルズにも駅ナンバリングが用意されます。H06です。そのため、霞ケ関から北千住までの各駅の駅ナンバリングが変更となります。駅ナンバリングの面倒なところです。
(参考:東京メトロホームページ https://www.tokyometro.jp/news/2018/194766.html、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASLD554WPLD5UTIL02M.html、産経ニュース https://www.sankei.com/life/news/181205/lif1812050030-n1.html)

|

« バスになった三江線の利用者数 | Main | ディーゼル機関車が故障すればSLも運休 »

鉄道」カテゴリの記事

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 虎ノ門地区の日比谷線新駅は虎ノ門ヒルズ:

« バスになった三江線の利用者数 | Main | ディーゼル機関車が故障すればSLも運休 »