« 大阪駅大阪環状線ホーム等に可動式ホーム柵 | Main | 筑肥線唐津変電所に電力貯蔵装置 »

石勝線新夕張-夕張間廃止直前は臨時列車3往復増発

 あけましておめでとうございます。2019年も当blogをよろしくお願いします。

 3月31日で運行を終えるのが、石勝線の新夕張-夕張間。すでに廃止を惜しむファンが訪れていますが、廃止直前になるとさらに増えるのは過去の例を見ても明らかです。

 JR北海道などJRグループは廃止直前の3月16日にダイヤ改正を行います。そのときにも書きましたが、JR北海道は3月16日から3月31日までの16日間、日中を中心に3往復を増発し、1日8往復にします。

 3月16日以降の新ダイヤでは、新夕張での夕張行き定期列車の発車時刻は、6:30、7:46、11:40、15:30、18:36。これに、新夕張発10:07、13:05、17:00の3本が臨時列車として加わります。夕張での新夕張行き定期列車の発車時刻は、7:10、8:28、12:20、16:16、19:28(19:28発のみ追分行き)。これに、夕張発11:01、14:35、17:50の3本が臨時列車として加わります。札幌方面や釧路方面との接続に関していえば、良好なのもありますし、そうでないのもあります。なお、3月16、17、23、24、30、31日の6日間は3両編成、残りの10日間は2両編成で運転します。

(追記)
 最終日の3月31日は、最終列車の夕張19:28発追分行きが、苫小牧まで延長運転されます。追分から先はノンストップで(ただ、所要時間は各駅停車より遅いです)、苫小牧まで行きます。苫小牧21:24着です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181227_KO_Yubaririnji%20.pdf、北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/285309)

|

« 大阪駅大阪環状線ホーム等に可動式ホーム柵 | Main | 筑肥線唐津変電所に電力貯蔵装置 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石勝線新夕張-夕張間廃止直前は臨時列車3往復増発:

« 大阪駅大阪環状線ホーム等に可動式ホーム柵 | Main | 筑肥線唐津変電所に電力貯蔵装置 »