« 夢州-関空間に船 | Main | JR西日本、北陸新幹線敦賀以西の負担増を容認か? »

西鉄バス北九州、バス停の時刻表が紙でなくなる

 バス停には時刻表が掲示されています。バス停はたくさんあり、ダイヤ改正があれば、一気に貼り替えないといけません。かなり手間のかかる作業です。

 そんな中、西鉄バス北九州はインターネットを活用したスマートバス停というものを本格的に始めます。バス停にある時刻表はクラウドから配信したもの。これまでのように紙の時刻表を貼っているわけではありません。ダイヤ改正のときでもクラウドからデータを配信すれば、一瞬のうちに改正後の時刻表に切り替えることができます(バス停が数時間ごとに時刻表や広告のデータが更新されたかをクラウドに確認して、更新があれば新しいデータを受信します)。繁華街や市街地にあるものを除いて、スマートバス停には太陽光発電装置もあり、電源なしに5年間動くことができます。西鉄バス北九州のバス停は約2000か所。ダイヤ改正時に一気に紙で貼り替えるのはかなり難しいです。2018年8月時点で6か所がスマートバス停となっていて、2019年4月に本格稼働を始めた後は、最大で年間500か所のペースで切り替えていきます。

 このスマートバス停、西鉄バス北九州のみが採用しているのではありません。みちのりホールディングスの中に入っている会津バスのバス停にも、スマートバス停があります。気候の厳しい会津の地で実験をしているのです。最終的にはスマートバス停を普及させるにとどまらず、さらにその先を見据えているようです。
(参考:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00946/、東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/242465)

|

« 夢州-関空間に船 | Main | JR西日本、北陸新幹線敦賀以西の負担増を容認か? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西鉄バス北九州、バス停の時刻表が紙でなくなる:

« 夢州-関空間に船 | Main | JR西日本、北陸新幹線敦賀以西の負担増を容認か? »