« 沖縄都市モノレールが3両編成になる? | Main | 保津川下り延伸構想 »

留萌線を存続させるなら年間9億円

 留萌線は留萌-増毛間が2016年に廃止されましたが、残る深川-留萌間もJR北海道は単独では維持困難と考えています。あまりの需要の少なさに、JR北海道は廃止してバスに転換することを考えています。

 もし、この留萌線を鉄道で存続させるとしたら、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか? JR北海道は2018年11月にすでに沿線市町に対して説明しています。それによれば、沿線自治体が負担しなければならない額は年間9億円。留萌線の2017年度の赤字額は7.32億円で、それに車両の補修や更新費用を上乗せすると9億円になるというのです。

 沿線自治体が運営主体となり、実際の運行だけをJR北海道に委託するという上下分離方式を適用した場合も、沿線自治体の負担額は年間9億円程度になります。また、深川-石狩沼田間のみを存続させた場合も年間3億円以上の赤字が見込まれますので、それなりの負担が必要となります。

 留萌線に沿ってすでに高速道路も整備されているので、鉄道には未来はありません。都市間輸送、ローカル輸送ともにすでにある程度は並行するバスで対応できます。沿線自治体が赤字を全額負担するほどのことがなければ、バスに転換するのはやむを得ないところでしょう。バスに転換した場合、JR北海道は初期投資費用などを支援するとのことです。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/271583)

|

« 沖縄都市モノレールが3両編成になる? | Main | 保津川下り延伸構想 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 留萌線を存続させるなら年間9億円:

« 沖縄都市モノレールが3両編成になる? | Main | 保津川下り延伸構想 »