« 日本ハム新球場、北広島駅の改良で対応 | Main | 牟岐線南部の徳島バスでの利用方法について »

土讃線に新たな観光列車

 JR四国は、「ものがたり列車」という名前のいわゆる観光列車を走らせています。2014年7月に「伊予灘ものがたり」、2017年4月に「四国まんなか千年ものがたり」の運行を始め、好評のようです。

 そのJR四国ですが、3つ目の観光列車を走らせることにしました。2020年春に走り始める3つ目の観光列車は、「志国土佐 時代<とき>の夜明けのものがたり」といいます。キハ185系2両編成を改造し、土讃線高知-窪川間を走ります。定員は2両で50人程度で、休日などに1日1往復走ります。全車グリーン車指定席です。

 デザインはJR四国の社員が行います。すでにデザインは発表されており、文明開化ロマンティシズムがコンセプトで、正面には太陽、船の舵、坂本龍馬の家の家紋、列車名からの連想で時計を組み合わせたヘッドマークがあります。横には輝く太陽の光をイメージした曲線をデザインしています。列車は2両編成ですが、1号車は「KUROFUNE」、2号車は「SORAFUNE」と名付けられています。1号車の両側面には遙か先を見つめる龍馬像をデザインし、明治の文明開化のイメージとして蒸気機関のモチーフがあります。2号車の両側面には夜明けの太陽、青空に輝く太陽をデザインしました。新たな旅のイメージとしてロケットエンジンのモチーフを加えています。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2019%2002%2005.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2019%2002%2025%2002.pdf)

|

« 日本ハム新球場、北広島駅の改良で対応 | Main | 牟岐線南部の徳島バスでの利用方法について »

鉄道」カテゴリの記事

JR四国」カテゴリの記事

Comments

何とかして稼げる列車を作り、育てようとする。JR四国の積極性の表れが見えます。

また、デザインを社員に任せ、企業文化を育てようとする姿勢も感じられ、良い印象を受けています。

お客様に愛される列車になるといいですね。

Posted by: リリィ | 2019.03.06 08:31 AM

 リリィさん、こんばんは。

* また、デザインを社員に任せ、

 幸い、デザインに秀でた社員がいた、という要素があるようですが、どこの会社でも同じようなデザインの列車が走る、というよりはオリジナリティがあって良いと思います。

Posted by: たべちゃん | 2019.03.06 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土讃線に新たな観光列車:

« 日本ハム新球場、北広島駅の改良で対応 | Main | 牟岐線南部の徳島バスでの利用方法について »