« オリンピック期間中は最大90分繰り下げ | Main | 広電の「信用降車」で無賃乗車増加 »

「新たな長距離列車」の名前は「WEST EXPRESS 銀河」

 JR西日本が2020年春の運行開始に向けて準備を進めている「新たな長距離列車」。その列車名等が明らかになりました。

 その列車名とは、「WEST EXPRESS 銀河」。JR西日本のエリア全体を宇宙に、そして各地の魅力的な地域を星にたとえ、それらの地域を結ぶ列車として名付けられました。車両の塗装もJR西日本エリアの美しい海や空を表す、瑠璃紺色となっています。側面には長いラインが引かれています。長距離の旅をイメージさせています。ロゴマークやヘッドマークも、星空をイメージするものとなっています。

 「WEST EXPRESS 銀河」には様々な座席が用意されていますが、それぞれに愛称がつけられています。1号車のグリーン車指定席は、ゆったりとくつろぐことができ、また1号車にあることから、「ファーストシート」と名付けられました。2号車と5号車の「ノビノビ座席」は、気軽に夜行列車の旅を楽しむことができることから、国際的に使われている名前である「クシェット」としました。3号車のコンパートメントは家族などと一緒に利用できることから、「ファミリーキャビン」としました。6号車のグリーン個室は、この「WEST EXPRESS 銀河」で一番いい席であることから、「プレミアルーム」としました。

 座席以外にも愛称があります。3号車のフリースペースは、一晩中テーブルランプのみを点灯する予定で、読書や客同士でのおしゃべりもできます(深夜なので、大きな声を出さないように気をつける必要はありますが)。「明星」と名付けられました。1両全部がフリースペースとなる4号車は、深夜でも明るく、騒いでも問題ありません。「遊星」と名付けられました。また、この「遊星」では、一部区間で、地域の人と連携したイベントの開催や弁当等の販売も行うようです。6号車の乗務員室のすぐそばにあるフリースペースは、流れゆく車窓を見ることができることから「彗星」と名付けられています。「WEST EXPRESS 銀河」もそうですが、かつての夜行列車に因む名前が多いです。

 なお、想定されているルートのひとつに大阪-出雲市間があります。運賃と特急料金を合わせて、片道1万円ほどになるようです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_14028.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_14034.html、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASM3M575GM3MPTIL02K.html)

|

« オリンピック期間中は最大90分繰り下げ | Main | 広電の「信用降車」で無賃乗車増加 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

価格帯が設備に対しては手ごろではないかと思います。
他社線乗り出しもできるといいですね。
(豪華列車と違うおおらかさがほしいです。)

ちょっと背伸びをすれば乗ることができ、
一般車とも差別がつく列車がほしいところです。

京都~博多等してみると面白いと思います。
夜行列車、長距離列車本来の味が出せるといいですね。

Posted by: 小春 | 2019.03.21 09:23 AM

 小春さん、こんにちは。

* 他社線乗り出しもできるといいですね。

 自社にこだわらず、他社に乗り入れることは考えても良いでしょう。ただ、直流電車なので、博多は難しいです。

 東京に行くことができたら面白いですが、現実的には松山に行くことができたらいいでしょう。

* ちょっと背伸びをすれば乗ることができ、

 「瑞風」レベルなら最初から高すぎて夢にすら思いませんが、このクラスなら乗ってみたいです。

Posted by: たべちゃん | 2019.03.21 02:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オリンピック期間中は最大90分繰り下げ | Main | 広電の「信用降車」で無賃乗車増加 »