« 川越-藤沢間に圏央道経由高速バス | Main | 恋山形に25分停車 »

いすみ鉄道、3月16日ダイヤ改正で国鉄型ディーゼルカー減便

 いすみ鉄道も3月16日にダイヤ改正を行います。

 平日は運行本数を1往復増やし、運行間隔を調整します。利用の少ない早朝の大多喜-上総中野間の列車については運行時刻を1時間ほど遅らせます。金曜日のみに運行している、大原-大多喜間の最終列車(「花金列車」)については、運行を取りやめます。

 休日については、昭和の国鉄型ディーゼルカー(キハ28、キハ52にて運転)で運行している列車が減便されます。現在は全線通しの急行が5本、大多喜発大原行きの快速が1本、上総中野発大多喜行きの普通が1本の合計7本ですが、ダイヤ改正後は、全線通しの急行が1往復、大原-大多喜間の急行が1往復の合計4本になります。さすがに老朽化しているので、運用を楽にして延命しようとしているのでしょうか? また、「お刺身列車」については、4月以降運行を取りやめます。夏以降に新たな企画を立ち上げる予定です。
(参考:いすみ鉄道ホームページ https://www.isumirail.co.jp/4261)

|

« 川越-藤沢間に圏央道経由高速バス | Main | 恋山形に25分停車 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いすみ鉄道、3月16日ダイヤ改正で国鉄型ディーゼルカー減便:

« 川越-藤沢間に圏央道経由高速バス | Main | 恋山形に25分停車 »