« 子供は100円で小田急乗り放題 | Main | 半井JR四国社長、予土線の存廃について言及 »

289系が683系に戻る

 北近畿や南紀で走っている289系は、683系の交流機器を停止し、直流用としたもの。このまま直流電車として走り続けるものだと思っていました。

 しかし、福知山電車区にいた289系のうち、3両編成1編成が、いったん停止した交流機器を解除し、塗装も「サンダーバード」用(旧塗装)になって、金沢総合車両所に移ることになりました。

 今回金沢に移る車両、元々は683系2000番台で、2015年3月のダイヤ改正まで「しらさぎ」用の増結車両でした。しかし、今回「サンダーバード」用の塗装となっています。北陸新幹線が開業しても乗車率の高い「サンダーバード」の増結用車両として使われるようです。
(参考:railf.jp https://railf.jp/news/2019/04/23/201500.html)

|

« 子供は100円で小田急乗り放題 | Main | 半井JR四国社長、予土線の存廃について言及 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子供は100円で小田急乗り放題 | Main | 半井JR四国社長、予土線の存廃について言及 »