« 美濃太田の駅弁、5月末で閉店 | Main | 宗谷線名寄以北の存続のため、26市町村が財政負担 »

北陸と四国を結ぶ高速バス

 6月21日、高速バスに新たな路線が誕生します。

 それは北陸と四国をダイレクトに結ぶ路線。北陸と関西、関西と四国ならいろいろありますが、北陸と四国をダイレクトに結ぶのは記憶にありません。

 それでは、その新しい路線を詳しく見ていきましょう。運行するのは西日本ジェイアールバスとジェイアール四国バス。名前は「北陸ドリーム四国号」といいます。北陸(富山、金沢、福井)と四国(徳島、高松、高知)を直結します。主な停留所の発着時刻は四国行きの「北陸ドリーム四国1号」が富山駅前(南口)20:05発、金沢駅前(兼六園口)21:20発、福井駅東口22:50発、徳島駅5:10着、高松中央インターバスターミナル6:34着、高知駅バスターミナル8:24着。北陸行きの「北陸ドリーム四国2号」が高知駅バスターミナル20:00発、高松中央インターバスターミナル21:50発、徳島駅23:18発、福井駅東口5:38着、金沢駅前(金沢港口)7:06着、富山駅前(南口)8:21着です。運賃は乗車区間のほか、乗車日、購入日によって変わり、福井県内-徳島県内が6000~13000円、富山県内-高知県内が10000~17000円などです。販売枚数に限りがあり、変更や払い戻しなどに制限がある「得割」だと、福井県内-徳島県内が5000~12000円、富山県内-高知県内が9000~16000円などとなっています。しかも、9月30日乗車分までは(8月9~18日は除きます)、「開業記念キャンペーン割引」を行います。販売枚数に限りがあり、変更や払い戻しなどに制限がありますが、乗車区間にかかわらず片道3000円均一になります。確実に乗車することが決まっているなら、買わないと損です。

(追記)
 運転士は上下とも、京都市内にある西日本ジェイアールバスの営業所で交代します。
(参考:西日本ジェイアールバスホームページ https://www.nishinihonjrbus.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/05/190520_00_「夜行高速バス「北陸ドリーム四国号」-6月21日デビュー」.pdf、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASM5Q44FSM5QPLPB002.html)

|

« 美濃太田の駅弁、5月末で閉店 | Main | 宗谷線名寄以北の存続のため、26市町村が財政負担 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 美濃太田の駅弁、5月末で閉店 | Main | 宗谷線名寄以北の存続のため、26市町村が財政負担 »