« 高崎-館林間のBRT、停留所はたったの17か所、15分間隔 | Main | えちごトキめき鉄道、2020年4月に3割値上げ »

インターネットで通勤電車に座る権利が出品される

 インターネットでは時々変わったものの売買が行われていることがあります。

 フリーマーケットアプリの「メルカリ」で出品されていたそれは、通勤電車(北総線)の座席に座ることのできる権利。ロングシートの通勤電車ですから、指定席ではありません。あらかじめ並んで席を確保しておいて、お金を出した人に譲るわけです。1800円で3日間決められた座席に座ることができます(本人確認は購入したときの画面を見ることで行います)。

 通勤に苦しんでいる人にとってはありがたい話ですが、北総線が走る東京都や千葉県の迷惑禁止条例に違反し、処罰の対象になる危険性もあります。お金を出した人に座席を譲るのは禁止されているのです。ほかの自治体でも、同様の条例はあるようです。「メルカリ」は情報やサービスのような物品以外の出品は禁止しています。それなのにこういうものが出品されてしまったというのは、チェックをすり抜けてしまったようです。

 しかし、こういうサービスが出品されたということは、北総線にもお金を出して快適な通勤をしたいという潜在需要があるということです。北総線には「スカイライナー」が走っているので、それを途中駅にも停めて通勤ライナーにするという方法もあります。本線には「スカイライナー」の車両を使った「モーニングライナー」、「イブニングライナー」があります。それなりに需要があるのなら北総線にあっても良いでしょう。
(参考:J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2019/06/04359229.html?p=all)

|

« 高崎-館林間のBRT、停留所はたったの17か所、15分間隔 | Main | えちごトキめき鉄道、2020年4月に3割値上げ »

鉄道」カテゴリの記事

京成・北総」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高崎-館林間のBRT、停留所はたったの17か所、15分間隔 | Main | えちごトキめき鉄道、2020年4月に3割値上げ »