« 日高線の存廃、2019年9月に判断か? | Main | 大釜駅融雪装置新設で東北新幹線も時刻変更 »

沖縄都市モノレールの3両編成化の開始時期が遅れる?

 沖縄都市モノレールは需要の増加に対応するため、現在2両編成で走っているモノレールを3両編成にすることにしました。2023年度に先行して4編成を3両編成化し、2030年度までに9編成を3両編成化します(この時点でも2両編成のものが残ります)。3両編成にするためにかかる経費は約280億円と見積もられ、その内訳は国庫補助が約179億円、沖縄県、那覇市、浦添市の補助が約45億円、残りの約56億円は沖縄都市モノレールが負担します。

 ところがこのモノレールの3両編成化、2023年度に始めるのは難しいようです。新しいモノレールの車両をつくるのは日立製作所ですが、パナマのモノレール事業(2022年度完成予定)を受注しているために沖縄都市モノレール用の車両をつくる時間が無く、2022年度までに必要な車両を用意するのは難しいようです。車両ができあがったからと言ってすぐに営業で使用できるわけではなく、車両が完成してからシステムの試験や走行試験を半年から1年ほどかけて行うこととなります。予定通り2023年度に間に合わせようとするなら、厳しいスケジュールです。
(参考:琉球新報ホームページ https://ryukyushimpo.jp/news/entry-959229.html)

|

« 日高線の存廃、2019年9月に判断か? | Main | 大釜駅融雪装置新設で東北新幹線も時刻変更 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日高線の存廃、2019年9月に判断か? | Main | 大釜駅融雪装置新設で東北新幹線も時刻変更 »