« 今里筋線BRTの1便あたり利用者数は約10人 | Main | 日田彦山線の復旧、鉄道なら4~5年、BRTなら2年、バスなら半年 »

リニアの名古屋開業が遅れたら、大阪までの全線開業も遅れる?

 2027年に品川から名古屋まで開業する予定のリニアが、静岡県内で着工の目途が立たないことを理由に遅れる危険性があるということは以前に記事にしましたが、影響はそれだけに留まりません。名古屋までの開業が遅れたら、早ければ2037年とも言われている新大阪までの全線開業も遅れる危険性があると言うのです。

 リニアがその効果を発揮するのは、新大阪までの全線が開業してからです。品川-名古屋間だけの段階では、有料試運転みたいなもので、リニアが当てにしている航空機の利用客を奪うことはできません。下手をすると、乗換を嫌う客が航空機に逃げてしまいます。

 それを考えると、品川-名古屋間の開業が遅れることは仕方ないものの、新大阪までの全線開業を遅らせることをしてはいけないと言えるでしょう。
(参考:MBSニュース https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190807/GE000000000000029031.shtml)

|

« 今里筋線BRTの1便あたり利用者数は約10人 | Main | 日田彦山線の復旧、鉄道なら4~5年、BRTなら2年、バスなら半年 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今里筋線BRTの1便あたり利用者数は約10人 | Main | 日田彦山線の復旧、鉄道なら4~5年、BRTなら2年、バスなら半年 »