« 七尾線に521系導入で急行型車両引退 | Main | H100形はまず山線に投入 »

「SLぐんま」、旧型客車をリニューアル

 JR東日本高崎支社には、昔懐かしい旧型車両があります。JR東日本高崎支社は、その旧型客車の内装をリニューアルします。2020年4月から6月にかけて行われる、「群馬デスティネーションキャンペーン」に向けてのものです。

 どのようにリニューアルするのでしょうか? クリーム色や灰色に塗られている客車の内装を昭和初期の木目調に変更します。また、7両ある旧型車両のうち1両を「ラウンジカー」とします。イベント時を除いて、乗客のためのフリースペースとして使うことができます。ボックス席、(外の景色を見ることができる)ロングテーブル席サービスカウンターを備えています。このリニューアルされた旧型車両のメインコンセプトは「会話がはずむ列車」。「SLぐんま」の車内で会話を楽しんでもらうのです。小学生以下の子供と一緒のグループには、SLや鉄道に興味を持ってもらうためのきっかけとして、SLの歴史や仕組みなどをまとめた「SLぐんまリーフレット」(仮称)を配布します。テーブルの下では栓抜きの体験ができ、「ラウンジカー」ではグループでカルタ遊びなどができるイベントを行う予定です。なお、「SL YOGISHA」で運転する場合は、昔懐かしい夜行列車の雰囲気を楽しむことができるように、イベントは行いません。

 現行の旧型車両での運行は10月28日までで、リニューアルされた旧型車両のデビューは2020年4月となります。しかし、今の内装も十分にレトロを感じさせる、古いものです。戦後でも旧型車両は懐かしいものです。オリジナルの12系でも今となっては十分懐かしいです。JR西日本の35系のように新しくつくるのならともかく、下手にいじらずに今あるものを活かしたほうが良さそうに思えます。
(参考:JR東日本高崎支社ホームページ https://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20190912-01info.pdf、上毛新聞ホームページ https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/159436)

|

« 七尾線に521系導入で急行型車両引退 | Main | H100形はまず山線に投入 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 七尾線に521系導入で急行型車両引退 | Main | H100形はまず山線に投入 »