SL「大樹」は1日3往復、東武ワールドスクウェアは7月22日に開業

 今日の記事はSL「大樹」と東武ワールドスクウェアについての続報です。

 SL「大樹」は下今市-鬼怒川温泉間を1日3往復します。このSL「大樹」は途中、東武ワールドスクウェアのみに停まります。SL「大樹」の2017年度の運転日は休日を中心に98日間の予定、冬季もコンスタントに週末などに運転します。運賃のほかに、SL座席指定料金として大人は750円、子供は380円が必要です。ところで、以前書いた元「はまなす」用の車両導入の話ですが、東武のプレスリリースを見る限りでは、JR北海道から客車の譲受があったとは読めません。

 先ほど、SL「大樹」は東武ワールドスクウェアのみに停まると書きましたが、東武ワールドスクウェアの開業の時期が明らかになりました。7月22日です。東武ワールドスクウェアに停車する時間帯は限られていて、9:18~18:18のみです。ただ、この停まる時間帯はSL「大樹」のほか、特急列車も停まります。新駅の開業に伴い、「駅ナンバリング」も変更します。なお、東武ワールドスクウェアの入園券売り場付近において、特急券や普通乗車券を発売します。

 ここで特徴的なのが、運賃。当面の間はわずか680メートルしか離れていない隣駅の小佐越の運賃を使います。ただ、東武ワールドスクウェア-鬼怒川公園間は、ICカードを使わない限り、東武ワールドスクウェア-鬼怒川公園間の実際の営業キロに相当する150円とします。小佐越だと170円になるので、さらに例外的な扱いにしたのです。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/8b0d35f59977ed0dc9106c91543ec096/170228_2.pdf?date=20170228113015、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/79c334dda9506eee8dc5a17f5b07168c/170228_3.pdf?date=20170228191107)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東武、4月21日ダイヤ改正で日光方面への快速廃止

 東武は4月21日に伊勢崎線、日光線等のダイヤ改正を行いますが、これまで特急だけしか発表されていませんでした。その4月21日ダイヤ改正ですが、2月28日にその他の列車についても発表されました。

 やはりここでの一番の話題は、快速、区間快速の廃止。浅草から日光・鬼怒川方面へ運賃だけで乗車することができる速達列車が無くなることとなりました。年末に危惧していた通りになりました。東武としては特急に客を誘導したいところでしょうが。

 ただ、快速、区間快速に相当する列車が全くなくなるわけではありません。南栗橋-東武日光(一部は新藤原)間に急行、区間急行を走らせるのです(南栗橋で浅草方面と接続)。急行、区間急行は現行の快速、区間快速に相当する列車で、区間急行は新栃木以北は各駅停車です。下りは朝に急行を4本、上りは朝と夕方に区間急行を6本走らせます。また、急行、区間急行は東北線との乗り換えを考え、栗橋に停まります。正直言って、この急行、区間急行は激変緩和のための様子見の側面があるでしょう。当面様子を見て需要が少なければ廃止にするのでしょう。

 そのほかの改正内容について簡単に触れますと、朝ラッシュ時の東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線直通列車の増発や区間延長、平日の最終列車の繰り下げ、東武日光-鬼怒川温泉間の直通列車の増発(鬼怒川温泉行きが2本増えて3本に、東武日光行きが6本増えて7本になります)が挙げられます。

 特急関連については、「リバティ会津」、「リバティきぬ」、「リバティけごん」で下今市-東武日光・会津田島間のみを乗車するとき、運賃だけで乗車することができます。いくらよく停まると言っても、特急料金はいらないのです。ただし、この場合、座席の指定は行いません。座席の指定が必要ならば、特急料金を支払う必要があります。
(参考:東武ホームぺージ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/2647e3941996778a3a8afbb919eccd2f/170228_4.pdf?date=20170228123705)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

東武のSL用客車、元「はまなす」用も使用か?

 東武がこの8月にデビューさせるSL「大樹」ですが、客車は14系等を使います。その客車はすでにJR四国から来ているのですが、新たな情報が入ってきました。「はまなす」で使われてきたJR北海道の14系も使われるようなのです。

 元「はまなす」用の客車(オハ14が2両、スハフ14が2両)は2月20日から22日にかけて、手稲から熊谷貨物ターミナルに運ばれました。これがどうやら東武に搬入されると言われています。

 しかし、先ほども書いたように、すでに客車はJR四国から運ばれています。今回の元「はまなす」用の14系の位置づけはわからないです。余裕を持たせるために客車を多く持つのでしょうか?
(参考:railf.jp http://railf.jp/news/2017/02/23/130000.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東上線の1日フリー乗車券と東武百貨店池袋本店の食事がセットで2500円

 東武百貨店池袋本店のレストラン街、「スパイス」。2016年2月に全面改装を終えて、グランドオープンしました。46店舗あるという、都内百貨店最大級のレストラン街です。

 東武と東武百貨店池袋本店は、2016年12月1日から企画乗車券を発売しています(両者による連携は初めてのことです)。「池袋東武グルメきっぷ」といいます。東上線(越生線を含みます)が1日乗り放題となる「東上線1日フリー乗車券」とお食事券があり、「スパイス」のうち16店舗(和食、洋食、中華のほか、タイ料理もあります)の指定されたメニューを楽しむことができます。

 「池袋東武グルメきっぷ」の発売期間は2016年12月1日から2017年3月31日、2017年3月31日までの1日間有効です(「東上線1日フリー乗車券」とお食事券は別々の日に使うことができます)。寄居駅、越生駅を除く各駅で発売され、値段は2500円です。例えば、洋食レストラン新宿中村屋の「新宿中村屋伝統のインドカリーセット」は2160円しますので、池袋から成増まで往復するだけで元が取れます。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/24d00771104fe5b9cb886b60bc97c664/161121_1.pdf?date=20161121174029)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「リバティ」デビューは4月21日、「大樹」デビューは8月10日、東武ワールドスクウェア入口付近に新駅

 東武は4月21日にダイヤ改正を実施します。今回のダイヤ改正の目玉は、26年ぶりの新型特急車両、「リバティ」のデビュー。1月18日のプレスリリースでは特急だけしか発表されていませんが、各線ごとに述べていきます。

 「リバティ」のデビューにより、都心と日光・鬼怒川方面を結ぶ列車が増発されます。平日は上下で5本、休日は9本増えます。下今市で車両を分割・併合するので、目的地まで直通する列車が増えます。「リバティ」は野岩鉄道・会津鉄道に乗り入れます。都心から会津まで直通するのは上下8本あります。下今市-会津田島間は通過駅がほとんどありません。ほぼ各駅に停まります。朝夕の通勤時間帯は区間延長や時刻の変更があります。下り浅草18時発以降の新栃木、東武日光、鬼怒川温泉、東武宇都宮行き特急は、新たに杉戸高野台に停車します。平日、休日ともに7本停車します。ゴルフ場利用客のため現在「けごん1号」のみ停まっている板倉東洋大学前については、下りを約1時間繰り上げるとともに(停車列車は「リバティけごん1号」となります)、上りも1本停車します。板倉東洋大前16:19発の「けごん36号」です。また、日光・鬼怒川方面への特急列車の運転日については、現在の繁忙期・閑散期の区別による設定を廃止し、わかりやすく平日、休日に分けたダイヤを設定します。なお、今回の改正で全ての特急がとうきょうスカイツリーに停まります。

 伊勢崎方面については、全ての「りょうもう」が久喜に停まります。伊勢崎線への「リバティ」は「リバティりょうもう43号」(浅草20:00発、館林21:12着)の1本のみで、それも東武動物公園までは「リバティけごん47号」と併結します。また、「りょうもう49号」(現「りょうもう47号」)については、太田行きから赤城行きに延長となり、赤城行きの最終特急列車の浅草出発時刻が1時間繰り下がります。

 通勤客用の短距離特急として、朝夕の通勤時間帯に浅草-春日部間の「スカイツリーライナー」(朝の上りも2本あります)と野田線まで走る「アーバンパークライナー」(夕方以降のみの設定、平日のみ運転)が設定されます。下り列車は新たにせんげん台に停車します。野田線はもっとよく停まり、大宮行きは岩槻-春日部間を各駅に停まり、野田市行き・運河行きは春日部以遠各駅停車です。

 「リバティ」の特急料金は結構強気で、「けごん」、「きぬ」の土休日料金をベースにしています。平日、休日の区別や午後割、夜割はありません。40キロまで(浅草-久喜間及び浅草-杉戸高野台間を含みます)は510円ですが、121キロ以上では1440円です。野岩鉄道内、会津鉄道内は均一料金となり、それぞれ370円、300円です。各駅停車みたいな区間でもちゃんとかかります。「スカイツリーライナー」、「アーバンパークライナー」については、下りはせんげん台を過ぎれば特急料金はかかりません(浅草-せんげん台間410円)。乗車券のみで乗車できます。大宮発運河行きの「アーバンパークライナー2号」は、春日部を過ぎれば特急料金はかかりません(大宮-春日部間310円)。

 話は変わりまして、東武鬼怒川線で復活するSLについて。名前は「大樹」です。日光東照宮から連想される将軍の別称・尊称が「大樹」と言われていることに因んでいます。また、「大樹」を東京スカイツリーとも結びつけているようです。ヘッドマークも用意されていおり、3つの動輪の上に「大樹」の文字を重ねたものとなっています。8月10日にデビューし、2017年度は休日を中心に約100日運転する予定です。下今市-鬼怒川温泉間を1日3往復します(ダイヤは「リバティ」との接続を検討しています)。所要時間は約35分です。

 そして、「大樹」がデビューする2017年夏には東武鬼怒川線に新駅が開業します。東武としては約10年ぶりにできる新駅です。小佐越-鬼怒川温泉間、小佐越から約0.68キロ、鬼怒川温泉から約1.85キロのところにできるその新駅は、東武ワールドスクウェアです。東武ワールドスクウェアが目の前(徒歩1分)で、1面1線の駅です。参考にした記事では新駅の開業日は明らかではありませんが、「大樹」がデビューする8月10日に重ねるのかもしれません。また、今のところ「リバティ」が停まるという話はありませんが、追加で停車になることも考えられます。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b71449315c885fe96933bd12d8f48b8a/170118_1.pdf?date=20170118121527、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/7bf111d6f69b03dc6942d94a799be133/170118-2.pdf?date=20170118121622、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f883e7037e77959c7e4757af67657502/161125.pdf?date=20161125131020)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首都圏の変わり種ホームドアと変化が予想される東武を見る(2)

 あざみ野で東急に乗り換え。渋谷方面に3駅、宮前平でいったん降りる。ここも変わり種のホームドアがある駅。とは言っても宮前平のホームドアはよく見かけるタイプ、どこが変わり種かと言えば、ホームドアの置かれている位置なのだ。ホームドアは線路のすぐ近くにあるものだが、ここ宮前平のはかなり線路から離れた場所にある。東急田園都市線は混雑の激しい路線として知られている。そのため部分的に6扉車が導入されていた。ところがオール4扉車に統一されることになり、4扉車でも6扉車でも対応できるように、ホームドアの位置を線路から離れたところにしたのである。次に乗った南栗橋行き(宮前平11:35発、東武線内は急行)は東武の車両。地下鉄を介して遠くまで行くものだ。東武まで乗り通すのはそれほど多くないようで、東急からの客は渋谷や次の表参道あたりで降りる人が目立つ。

 南栗橋行きの急行を北千住で降りる。かつて東武日光方面の特急はエリート列車で、「けごん」や「きぬ」は浅草を出ると原則下今市までノンストップだった。JRとの乗り換え駅である北千住も下りは通過していた。その間を埋める列車のひとつとして設定されたのが快速。運賃だけで乗ることができるが、特急としても恥ずかしくないぐらい停車駅が少なく、座席も長距離を考慮した2扉セミクロスシート、ボックスシートがずらりと並んでいる。しかし、エリート列車であった特急の停車駅が増え、利用しやすくなった。これ自体はいいことだが、快速にとっては立場が危うくなる。東武としては栃木や新鹿沼へも特急で行ってもらいたい。ましてや快速で日光や鬼怒川に行かれるのは料金収入が入らないから困る。ということで快速運転は一部を除いて新大平下までに短縮され(一時は東武動物公園以遠各駅停車だった)、本数も日中は2時間に1本となった。さらに春には分割併合が可能な特急、「Revaty」がデビューする。今の快速は下今市で分割併合できるのも特徴だが、それが将来「Revaty」に取って変わられることも十分考えられる。具体的な発表は今のところないが、早目に快速に乗っておいたほうがよさそうだ。最後尾の扉に並ぶ。帰省客や観光客で混むと予想され、座ることができないと思っていたが、何とか空席を見つけることができた。乗車した北千住12:51の区間快速も、下今市で東武日光行きと会津田島行きに分かれる(どうやら乗車した2016年12月30日は、車両運用の都合で会津田島行きになっていたようだ)。間違った方向に乗っていかないようにするため、車内にも方向幕がある。

 時間の都合上、栃木で折り返す。栃木14:07発の「きぬ124号」に乗る。日光や鬼怒川に向かうのならともかく、年末に都心に向かう便が満席とは意外。事前にインターネットで予約して正解だった。東武の「けごん」や「きぬ」にはビュッフェがある(時間帯によって休止している便もある)。調理をするわけではなく、電子レンジで温めて出すだけだが、貴重な存在であることには変わりはない。早速焼きそばを注文し、席に戻って食べる。隣は春日部で降りたが、代わりに違う人が乗ってきた。東武の特急料金は座席などのサービスの良さを反映してか結構高いが、浅草−春日部間なら510円と良心的。「きぬ124号」を北千住で降り、常磐線で上野に行く。上野からは遅れていた上野東京ラインの沼津行き(所定のダイヤでは上野15:20発)に乗ることができた。10両編成と短いが、最後尾のボックスシートに空席を見つけて座る。

 沼津ではすぐに発車する浜松行き(沼津17:47発)に乗ってもよかったが、沼津18:31発の「ホームライナー浜松3号」に乗っても名古屋に着く時間は同じ。しかも座席は雲泥の差。320円を投資する価値はある。沼津に着くとすぐに乗車整理券を買い、発車までの時間で夕食を買う。前回と同じようにステーションデパートで夕食の弁当とお土産を買う。弁当はタイムセールをやっていた中華だが、今回は麻婆茄子にした。なぜかスープもおまけでついてきた。旅先で汁物はありがたい。よくわからないのが「ホームライナー」の座席の割り当てかた。2人で予約したわけでもないのに2席とも埋まっているところもあれば、2席とも空席のところもある。快速の「ホームライナー」は休日でもそれなりに使われているが(私と同じように沼津駅のステーションデパートで買った弁当を食べている人もいた)、やはり混むのは乗車整理券がいらない普通列車になる浜松。座席がほぼ埋まる程度となった。豊橋で接続する特別快速が遅れて発車したため、金山での中央線にうまく乗り換えられるか心配であったが、途中で遅れを取り戻し、予定の列車に乗ることができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首都圏の変わり種ホームドアと変化が予想される東武を見る(0)

 年末の2016年12月29日から30日にかけて東京方面に出かけてきました。

 明日、何回かに分けて、そのときの様子を書いていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スカイツリー脇の高架化は墨田区が行う

 東京スカイツリーのある土地には、かつて東武の貨物駅がありました。1993年まで営業していました。1990年から2003年までの間は、浅草に10両編成の列車が入ることができないことから、その貨物駅に専用のホームがありました。

 その後貨物駅の跡地は東京スカイツリーとなりましたが、東武伊勢崎線の北側は回送列車などの留置線が並んでいます。留置線は今も残っています。そのため、前後の区間が高架化された後もここだけは地上のまま残り、踏切もあります。地上のまま残ったことで街が分断され、スカイツリーの賑わいが線路の北側に及んでいません。老朽化した家屋がたくさんあり、火事や地震のときに問題になるようです。そこでとうきょうスカイツリー-曳舟間に残っている約1キロの地平区間についても高架化されます。線路の北側に北口広場を設けます。

 東京都内の鉄道の連続立体交差化は、東京都が主体となって行うのがほとんどです。しかし、東京都内には連続立体交差化を急ぐところがたくさんあります。高架化によって廃止される踏切が1か所しかないとうきょうスカイツリー-曳舟間の優先度はどうしても低くなってしまいます。ただ、墨田区としてはどうしても高架化したいところであるため、墨田区が主体となって高架化を行います。高架化の事業費は墨田区議会の2015年の資料によれば約275億円とのことです。

 この高架化には、とうきょうスカイツリー駅の移設が含まれます。300メートル東に移設され、(京成押上線、都営浅草線、東武伊勢崎線、東京メトロ半蔵門線が通る)押上駅に近くなります。今回の高架化で整備される北口広場も、実は押上駅のものなのです。現在、とうきょうスカイツリー駅のホームは島式1面2線ですが、2面に増やして3線とし、増やした1線を留置線に接続させます。留置線の規模は縮小し、空いた土地は北口広場になります。

 鉄道の高架化は2017年に着工し、2023年までに完成させる予定です。
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXMZO03580130U6A610C1000000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東武500系は「Revaty」

 東武が2017年春にデビューさせる新型特急車両(東武では26年ぶり)、500系の車両愛称名と運転区間が発表されました。

 まず車内愛称名について話をします。車内愛称名は「Revaty」。併結・分割機能を活かした多線区での運行を意味する「Variety」(文字の並び順を変え、「i」を抜くと、「Revaty」になります)と、東武を縦横無尽に運行するという自由度の高さを意味する「Liverty」を組み合わせた造語なのです。ロゴマークも頭文字の「R」をイメージしたものになっています。

 驚くべきは、「Revaty」の運行区間。想像もできなかった運転パターンが用意されているのです。中・長距離区間特急としては、(1)特急「リバティけごん」(浅草-東武日光)、特急「リバティきぬ」(浅草-新藤原)、特急「リバティ会津」(浅草-会津田島): 下今市で列車を併結・分割し、浅草-下今市間を6両編成、下今市-東武日光・新藤原・会津田島間をそれぞれ3両編成で運転します(一部の特急「リバティけごん」は浅草-下今市間も3両編成で運転します)。 (2)特急「リバティけごん」、特急「リバティりょうもう」(浅草-館林間): 東武動物公園で列車を分割し、浅草-東武動物公園間を6両編成、東武動物公園-東武日光・館林間をそれぞれ3両編成で運転します。通勤時間帯における着席ニーズに応えるための近距離区間特急としては、(3)特急「スカイツリーライナー」: 浅草-春日部間を6両編成で運転します(一部、100系車両(「スペーシア」)で運転します)。 (4)特急「アーバンパークライナー」: 春日部で列車を分割し、浅草-春日部間を6両編成、春日部-大宮・野田市間をそれぞれ3両編成で運転します(一部は春日部-大宮間も6両編成で運転)。大宮-運河間を3両編成で運転するものもあります。ともかく、快速を含めてどういうダイヤになるかは興味がもたれるところです。「Revaty」は既存の特急の置き換えではなくて、純粋な増加となるようですから。ダイヤ等はまだ決まっていないので、長距離の「リバティ会津」の所要時間が短縮されるかどうかはわかりません。

 なお、この「Revaty」の愛称決定を記念して、東武は11月3日から「新型特急リバティ愛称決定記念乗車券」を発売します。5000セット限定で、1000円で発売します。東武の主要駅等で発売します。

(追記)
 東武の話によれば、500系は運河以南、館林以北、宇都宮線を走ることはできますが、今のところその区間を走る特急の運行は考えていないようです。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/28648073042d98f06de9de47a8ffb5c9/161027_2.pdf?date=20161027165848、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/8a787261d12a3c562bb0620d817ade65/161027_1.pdf?date=20161027165842、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/10/27/365/、福島民報ホームページ https://www.minpo.jp/news/detail/2016102835922、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/11/08/285066.html)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

東武に日光への夜行列車復活、18年ぶり

 夜行で行けば、朝には目的地に行き、朝から行動ができます。夜行列車を毎日運転しているのはJRグループに限られていますが、私鉄でも運転することがあります。東京から鬼怒川、日光へ鉄道を有する東武もそのひとつです。

 その東武は1955年から1998年にかけて、春、夏、秋の行楽シーズンに「日光山岳夜行」という臨時列車を運転していましたが、18年ぶりに日光への夜行列車を運転することになりました。「日光夜行号」という名前で、10月15、21、22日の3日間、浅草-東武日光間を運転します。日光地区の紅葉のトップシーズンに朝早く目的地に着く列車を設定することによって、混雑する時間帯を回避し、日光の紅葉をゆったりと満喫してもらいたいとの願いがあるようです。

 「日光夜行号」のダイヤは次の通りとなっています。浅草を23:55に出発し、途中、北千住、新越谷、春日部からも乗車できます。東武日光には2:16に着きます(列車内では3時半ごろまで仮眠ができます。仮眠ができるように全席にブランケットを備え、持ち帰りのできるスリッパも用意されています)。車両は300系が使われ、6両編成(うち1両は女性専用車両)です。その後、東武日光を4:00に出る専用バスで、中禅寺温泉、竜頭の滝、赤沼を経由して湯元温泉まで行きます。湯元温泉には5:15ごろに到着する予定です。

 この「日光夜行号」に乗車するには、東武トップツアーズ各支店でプランを予約する必要があります。9月15日から運転当日の17時まで発売します。プランとは、乗車駅と東武日光との往復乗車券(復路のみ2日間有効)、往路である「日光夜行号」の特急券、湯元温泉までの往復バス(往路は専用バス、復路は路線バスに乗ります。復路のみ2日間有効で、同一方向ならば何回でも途中下車できます)がセットになったもので、浅草発着で大人7500円、子供4900円です。募集人員は3回とも200人です。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b76fed2fd4ef2d923b2c0bf77fd881ed/160908_1.pdf?date=20160908165314)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧