京急、普通列車で通勤すればポイント

 首都圏の鉄道では、ラッシュを分散させようと、ピークをずらして利用した客に特典を付ける例がいくつかあります。京急も7月1日からラッシュのピークを避けて利用した客に特典を与えることにしました。

 それは平日7:30から9:00の上りの普通列車に乗車した人に対して、ポイントを付与することで、普通列車への乗車を促すというもの。普通列車は特急列車等に比べて比較的空いているのです。これまで時間をずらして乗車した人に特典を与えるキャンペーンはありましたが、今回のように普通列車に誘導するのは珍しいです。保育園の預かり時間や会社の勤務時間などの都合で、ラッシュを避けて乗ることができない人もいます。そういう人にも快適に通勤する方法があることを知らせるとともに、特急列車等の混雑を緩和させようとしているのです。15分早く乗ればいいのです。

 それでは、どうやったらポイントがもらえるのでしょうか? まず、事前の準備が要ります。「京急プレミアポイントカード」を手に入れ、Web会員に登録します。登録は無料です。次に、「KQスタんぽ」アプリをダウンロードし(無料)、必要事項を入力しておきます。ここまでしておく必要があります。

 これだけの準備をしてから普通列車に乗ります。平日の7:30から9:00の間に、立会川以南の駅から泉岳寺方面の普通列車に乗ります。普通列車の車内では車掌がタブレットを操作し、自動車内放送を流しているときに人間の耳ではほとんど聞き取ることができない音(非可聴音)を流します。「KQスタんぽ」アプリをダウンロードしている人が車内で操作すると、その非可聴音を認識してポイントが与えられるのです。日本初の取り組みです。平和島、大森海岸、立会川、鮫洲の各駅間で1回、青物横丁、新馬場、北品川、品川の各駅間で1回の合計2回決まった操作すると、「京急プレミアポイント」が20ポイントもらえます(1日1回だけもらえます)。20円相当になり、商品券や航空マイルに交換することができるようです。
(参考:京急ホームページ https://www.keikyu.co.jp/company/news/2019/20190624HP_19073TK.html、産経ニュース https://www.sankei.com/region/news/190624/rgn1906240024-n1.html)

| | Comments (0)

羽田、国際線旅客ターミナルビルを第3旅客ターミナルビルに変更、京急や東京モノレールも改称

 日本の空の玄関として、日夜多くの航空機が発着している羽田空港。3つの旅客ターミナルビルがあります。

 ところが、羽田を利用する国際線が多いため、現在の国際線旅客ターミナルビルに加えて、羽田空港第2旅客ターミナルビルにおいても国際線施設を整備し、2020年3月から国際線にも対応する予定です。こうなると、国際線が発着するターミナルが2つになってしまいます。そこで、2020年3月から、現在の国際線旅客ターミナルビルを第3旅客ターミナルビルに変更します。

 これに伴い、羽田に乗り入れている2つの鉄道の駅名も変更します。京急の羽田空港国内線ターミナル、羽田空港国際線ターミナルはそれぞれ羽田空港第1・第2ターミナル、羽田空港第3ターミナルに変わります。東京モノレールの羽田空港第2ビル、羽田空港第1ビル、羽田空港国際線ビルはそれぞれ羽田空港第2ターミナル、羽田空港第1ターミナル、羽田空港第3ターミナルに変わります。どちらも終着駅の駅名が変わるので、影響は乗り入れ各社など広範囲に及びそうです。
(参考:国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000115.html、京急ホームページ https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190226HP_18245TS.html、東京モノレールホームページ http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/pdf/press_20190226.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急、羽田空港への加算運賃大幅値下げ

 東京モノレールとともに羽田への鉄道アクセスを担っている京急。京急蒲田から伸びる空港線は、何回か延伸工事が行われ、また輸送力増強工事も行われました。その費用を回収するため、天空橋-羽田空港国内線ターミナル間とほかの区間をまたがって乗車するときに、本来の運賃に加えて、170円の加算運賃を設定しています(通勤、通学定期にも加算運賃を設定しています)。

 その空港線の加算運賃ですが、利用者が順調に増えて設備投資の回収が順調に進んでいるため(2017年度末時点で76%を回収しています)、10月1日から加算運賃の引き下げを行います(ただし、10月1日には消費税率が上がりますので、その分の運賃が上がります。この記事では運賃の新旧比較をしやすくするため、消費税率に伴う値上げはないものとしています)。新しい加算運賃の額は、50円。現行より120円も安くなるのです。通勤定期や通学定期もこれに従い加算運賃の引き下げが行われます。空港線のみの利用者(京急蒲田、糀谷、大鳥居、穴守稲荷の各駅と羽田空港国際線ターミナル、羽田空港国内線ターミナルの各駅相互間)に適用される20~30円の割引はなくなりますが、それを加味しても大幅な値下げです。現在407円(ICカード利用)の品川-羽田空港国際線ターミナル、羽田空港国内線ターミナル間が287円に下がるのですから。

 この値下げは、ライバルの東京モノレールに対して価格面で優位に立つとともに、JR東日本が建設する方向で話が進んでいる羽田空港アクセス線に対する先制攻撃の意味があることでしょう。
(参考:京急ホームページ https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190219HP_18239TS.html、カナロコ http://www.kanaloco.jp/article/389387)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

京急、2020年3月に4駅を改称

 京急が沿線の小中学生に駅名の変更案を募集したことは以前にも書きましたが、その結論が出ました。小中学生から出た1119件の意見を基に総合勘案し、京急が決定したのです。

 出てきた結論は、意外なものでした。改称される駅は、最初から改称することが決まっていた産業道路を含めて4つだけ。産業道路は大師橋<だいしばし>、花月園前は花月総持寺<かげつそうじじ>、仲木戸は京急東神奈川<けいきゅうひがしかながわ>、新逗子は逗子・葉山<ずし・はやま>に変わります。突飛な改称がなかったのは(むしろ仲木戸は京急東神奈川となることによって、JRとの乗換駅であることがわかりやすくなりました)、高輪ゲートウェイが影響しているのでしょうか? 改称は4駅とも2020年3月になされ、旧駅名も副駅名扱いで、駅看板に残ります。

 また、鮫洲など6駅については、副駅名がつきます。鮫洲は鮫洲運転免許試験場、大森海岸はしながわ水族館、京急鶴見は大本山総持寺、日ノ出町は野毛山動物園、追浜は横須賀スタジアム、汐入は横須賀芸術劇場です。
(参考:京急ホームページ https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190125HP_18229TS.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急で銭湯に

 ホテルの客室にはお風呂がありますがユニットバスなので狭く、手足を伸ばすことはできません。大浴場のあるビジネスホテルがあるとうれしくなります。しかし、場所によってはホテルを出ると安い料金で大きな風呂を楽しむことができます。それは銭湯、旅の疲れを癒やすことができます。家の風呂でもこの広々とした感じを味わうことはできません。

 そんな中、京急は大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会と組んで、2018年12月1日から2019年1月31日までの2か月間、「京急に乗って銭湯へ行こう!」キャンペーンを行います。沿線で配布されるリーフレットに対象の銭湯(大田区39店舗、川崎市36店舗)、天然温泉平和島及び京急の対象駅(京急蒲田、京急川崎)のスタンプを押し、銭湯、天然温泉平和島や大田区、川崎市の観光センターに備え付けられている応募箱に投函すると、抽選でオリジナルグッズが当たります。また、先着で1126(いい風呂)人に京急オリジナル手ぬぐいがプレゼントされます。

 大田区と川崎市にある京急EXイン(蒲田、羽田、京急川崎駅前)でもこのキャンペーンの案内をします。沿線の人だけでなく、ほかの地域の人や外国人も参加することができます。
(参考:京急ホームページ http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181116HP_18166TS.html、http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/company/news/2018/20181126HP_18193TK.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20181116-725395/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急、子供に新駅名案求める

 京急は創立120周年記念事業として、駅名の変更案を募集します。しかし、駅名の変更を提案できるのは、京急沿線に住んでいる小中学生のみ。将来を担う子供に、新駅名を提案してもらうのです。

 このきっかけは、大師線連続立体高架事業で、産業道路の駅が大きく変わるため。これをきっかけに、ほかの駅名も見直そうというのです。都営地下鉄の駅である泉岳寺を除く72駅が変更の対象となりますが、品川、羽田空港国内線ターミナルなど他社線との乗り換え最寄り駅(13駅。なお、羽田空港国内線ターミナル等については、別途駅名の変更を行います)や、川崎大師、三浦海岸など公共施設、神社仏閣、歴史的史跡などの最寄り駅として広く知られている駅(13駅)は、駅名の変更を行う予定がありません。駅名は産業道路など数駅について変更を検討し、変更する駅とその時期について2019年春ごろに発表する予定です。

 募集期間は9月21日から10月10日で、募集する駅名は、漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットが使えます(組み合わせても構いません)。人の名前、企業の名前、団体の名前は使えません。駅名案が採用されてもされなくても(あるいは品川など変更予定のない駅名案を出した人でも)、応募した人の中から抽選で120人に非売品の記念品をプレゼントします。

 京急はほとんど利用したことはないのですが、正直言って公共施設、神社仏閣、歴史的史跡などの最寄り駅として広く知られている駅のひとつとされている、YRP野比の「YRP」について、何のことかわかりにくいです。横須賀リサーチパークのことのようですが。後は、もともとの地名や歴史的背景を完全に無視した突飛な駅名が出ないことを求めるのみです。
(参考:京急ホームぺージ http://www.keikyu.co.jp/information/cp/ekimei/index.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急、休日の朝に座席指定列車

 京急には有料の座席指定列車、「モーニング・ウィング号」と「ウィング号」があります。しかし、これらは平日の通勤列車です。ところがこの秋、休日の朝に三浦半島方面に座席指定列車を走らせるのです。初めてのことです。

 座席指定列車が走るのは9月22日から24日と、10月6日から8日。どちらも3連休です。「ホリデー・ウィング号」という名前で走ります。オールクロスシートの2100形を使って、品川、横浜から三浦海岸までの約1時間、ノンストップで走ります(品川8:59発、横浜9:18発、三浦海岸10:07着)。

 この「ホリデー・ウィング号」、9月10日から事前予約ができますが(品川、横浜とも各150席)、その場合は「みさきまぐろきっぷ」がセットになった座席指定券を購入する必要があります。大人の品川発で3800円です。発売は京急のホームページで行います。乗車当日でも、「みさきまぐろきっぷ」もしくは「西武線発みさきまぐろきっぷ」を持っていれば、品川で座席指定なしの着席整理券(300円、座席指定なし、子供同額)を発売します。100席限定です。

 また、この6日間(9月22日から24日と、10月6日から8日)、一部の下り快特の一部車両を「ウィング・シート車」として運行します。300円の着席整理券(座席指定があります)を購入すれば、途中駅の京急川崎や横浜から乗っても、着席できるのです。

 対象となるのは、品川8:08発と8:28発の2本。12両編成ですが(後4両は金沢文庫止まり)、2号車が着席整理券の必要な「ウィング・シート車」となります(2号車は京急川崎到着まで乗車不可です。また、残りの11両は普段通り運賃のみで乗車できます)。発売枚数は京急川崎、横浜とも24枚で、各列車とも発車約15分前から5分前まで、京急川崎、横浜の各ホームで発売します。なお、座席指定があるのは上大岡までで、そこから先は着席整理券がなくても乗車できます。
(参考:京急ホームぺージ http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180906HP_18125MT.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急、羽田空港内の駅名変更

 京急は羽田空港内に2つの駅があります。ひとつは1998年に開業した羽田空港国内線ターミナル、もうひとつは2010年に開業した羽田空港国際線ターミナルです。

 その羽田空港ですが、国交省の方針では2020年までに発着回数を年間約4万回増やします。それに伴い、現在、国内線専用となっている第2ターミナルに国際線も発着させ、国際線ターミナルを第3ターミナルとし、国内線も発着させます。

 そうなると、現在の駅名が合わなくなります。そこで、京急は実態に合わせて駅名を変更する方針です。2019年度末までに新しい駅名を決める方針です。

 駅名を変更すれば、国交省への届け出のほか、いろいろな手間がかかります。お金もかかりますが(駅名を変更するのが主要駅で、かつ終着駅なのでなおさらです)、京急は逆にPRができると考えています。モノレールやリムジンバスと激しい競争を繰り広げているからです。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180905/k00/00e/040/230000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京急にホームドア整備の動き

 2か月以上前の5月9日のことですが、京急は2019年3月期において鉄道事業で約236億円の設備投資を行うことを発表しました。

 このうち214億円を占めるのが安全対策。盛り土や高架橋などの耐震補強工事を継続して行うほか、主要駅でホームドアの設置を推進します。そこでネックになるのが、違うドア数の車両が混在して走っていること。車両によってドアの位置が異なると、ホームドアを導入するのは難しくなります。そのため京急は新型車両を新造し(新1000形42両を新造します)、4扉車の廃止を前倒しします。

 とは言っても、京急には2扉車と3扉車が混在しています。扉の数が違うのに、どうやってホームドアを導入するのでしょうか? かつて三浦海岸にあったように、特殊なホームドアを導入するのでしょうか? 実は2扉車も3扉車もドアの位置は同じなのでしょうか?
(参考:日刊工業新聞ホームぺージ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00472713)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

航空会社の考える、東京での空港アクセス

 羽田を目指して、いくつかの空港アクセス鉄道の話がありますが、肝心の航空会社にとって欲しいのはどの鉄道でしょうか? 面白い記事を見つけました。

 「鉄道ジャーナル」が聞いた航空会社はANAです。そのANAが整備を望んでいるのは、実は蒲蒲線。羽田の利用者は東京でも23区西部に多いのですが、その西部からのアクセスがあまり良くないのです。蒲蒲線はその23区西部からのアクセスを改善する効果があるのです。反対に、羽田と成田とを結ぶ都心直結線の評価は高くないようです。現在、羽田と成田を乗り継ぐ場合、その乗り継ぎ時間は180分とされています。航空会社はこの問題に対して、スピードアップを図るのではなく、できるだけ空港の移動を伴う乗り継ぎを減らそうとしています。すなわち、羽田で乗り継ぎを完結させようとしているのです。羽田で乗り継ぎができたら、都心直結線をつくって両空港の間をスピードアップさせる必要はありません。

 このほか、鉄道が24時間化されていないことに対する不満もあります。せっかく空港が24時間化したのに、鉄道が24時間化されていないので、24時間空港のメリットを活かすことができません。深夜1~5時の羽田発着はほとんどないのが現状です。

 とは言っても、羽田はトランジットが目的の空港ではなく、日本一の大都市、東京に向かうための空港です。そう考えたら、深夜を避けて発着するのは自然なことです。また、モノレールや京急が24時間運転するだけでは目的地にたどり着くことができません。東京中の電車が24時間運転しなくてはなりません。深夜は保線もありますから、24時間運転は期待できません。せいぜい、リムジンバスを深夜にも一定間隔で走らせる程度で十分でしょう。
(参考:「鉄道ジャーナル」2017年7月号 鉄道ジャーナル社)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧