西紀サービスエリアのレストラン、ガチャガチャで食べるものを決める

 お盆などで長距離ドライブの機会が増えるでしょうが、サービスエリアのレストランで食べるものを選ぶのに迷ったとき、こういうものはいかがでしょうか?

 舞鶴若狭道の西紀サービスエリア(下り線)で5日から31日までの間行なわれているのが、「ガチャめし」。ガチャガチャを回して出たカプセルの中にある食券で、食べる料理が決まるというものです。「ガチャめし」は500円で(100円のミニもあります。どちらも領収書の発行が可能です)、2000円以上の「但馬牛づくしセット」など、全部で20種類のメニューがあります。すべて500円以上のものでお客が損をするということはありません。商品の返品や変更は一切受け付けませんが、アレルギーがあるときは対応します。
(参考:マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2017/07/25/276/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「お好み焼き定食」は太る?

 大阪でよくある食べ合わせが、お好み焼きとご飯、うどんにかやくご飯、ラーメンとチャーハンといった主食の重ね食べ。おいしそうな食べ合わせですが、残念ながらこの食べ合わせは太るようです。

 大阪府が2日に発表した「大阪版健康・栄養調査」(2015年11~12月に18歳以上の府民を対象に実施、1858人から回答)によれば、大阪人の4人に1人(男性27%、女性26%)は1日1食以上重ね食べをしていました。週1回以上に範囲を広げると、男性の61%、女性の47%が重ね食べをしています。

 これを肥満と関連させます。体格指数(BMI)が25以上ある肥満の男性では70%、女性では56%が週1回以上重ね食べをしています。BMI18.5未満のやせ形の人の場合は男性が53%、女性が41%なので、明らかな差があります。もっとも、このように重ね食べをする人が多くても、大阪府の18歳以上の肥満の割合は男性が25%、女性が18%で、全国平均(20歳以上)よりむしろ低いとのことです。

 確かに糖分や油のあるものはおいしく、「お好み焼き定食」、「うどん定食」、「ラーメン定食」はその条件を満たしています。主食の食べ合わせは文化的な要素もありますが、健康のためなら、大阪府の担当者の言うように、ご飯を外してお好み焼きに多くの野菜を入れるなどの対応をしたほうがいいかもしれません。
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC02H2X_S6A800C1AC8000/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ8253QQJ82PTIL00S.html、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0300265.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「納涼ビール電車」で豊橋カレーうどん

 豊橋鉄道の夏の風物詩である「納涼ビール電車」、この「納涼ビール電車」に8月1日から豊橋名物が加わることになります。

 新たに加わる豊橋名物は、豊橋カレーうどん。豊橋だけで食べることができる名物です。8月1日から9月25日に運行する「納涼ビール電車」のうち、夜の2便目(貸切)のみ、豊橋カレーうどんを食べることができるのです。豊橋カレーうどんは「CoCo壱番屋 豊橋岩田店」がつくったもの。「納涼ビール電車」専用の限定メニューです。食べやすいハーフサイズにしていて、1杯税込500円です。

 注文方法には気を付ける必要があります。車内係員が注文を聞くことはしません。食べたい人自らが「CoCo壱番屋 豊橋岩田店」に電話で注文する必要があります。当日の20:10までに注文します。そうすると、運動公園前で停まっている間の20:30ごろに配達されます(配達時間や配達場所は決まっていて、変更できません)。代金はその場で支払います。宴会の締めの食事として面白そうです。
(参考:豊橋鉄道ホームページ http://www.toyotetsu.com/news/000093.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リニア体験乗車記(1)

 まずは「ムーンライトながら」で東に向かう。盆明けの平日(乗車したのは8月19日、水曜日)なので空いていると思っていたが、そうでもない。結構席が埋まっている。

 リニアの体験乗車は16:15集合(6便)なので、まだ時間がある。この機会に、2016年に豊洲移転予定の築地市場に行く。新橋駅前から築地中央市場への循環バス(都営バス)に乗るが、5時台のバスとは思えない。座席が埋まるぐらい乗っている。この循環バスの特徴は、築地市場の中に入ること。バスを降りると市場の中だ。

 築地市場は都心に近いところにあるが、別世界。電動カート(?)などが行き交い、ぼやぼやしていたらひかれそう。朝が勝負の時間帯なので、観光で訪れるときは注意しておきたい。そして、築地市場で朝から賑わっているのが、場内にある飲食店。寿司屋のほか、喫茶店や洋食の店もある。6時前なのに行列ができている寿司屋もある。私は海鮮丼の専門店に入り、マグロ、ハマチ、サーモンの三色丼を注文した。帰りは築地六丁目から、東京駅丸の内南口行きの都営バスに乗る。オリンピックに備えてBRTが走るとか、地下鉄ができるとか言われているところを通るバスだ。朝早くから行き交う車が多い。さてバスについて言えば、ラッシュには早い6時台なので、座席が埋まるぐらいの乗りであった。

 今年3月のダイヤ改正の目玉は、北陸新幹線と上野東京ライン。今日は上野東京ラインに乗ることにする。いったん新橋まで行き、新橋7:15発の熱海発高崎行きに乗る。通勤ラッシュの時間帯のため、車内は混んでいたが、次の東京でほとんどが降りて、一気にガラガラになる。ここから上野までが新たにできた区間だ。先頭車の後ろにかぶり付く。東北新幹線の上に新たに線路を敷くなど、厳しい状況をクリアしてできた上野東京ラインの様子がよくわかる。上野に着いた後は、上野7:28発の籠原発国府津行きに乗る。こちらは上野で降りる人は一定数いるが、そのまま車内に残る人も多く(東京でも降りない人が多く、彼らはどこまで行くのだろうか? 新橋や品川で降りるのだろうか?)、上野東京ラインの開業は、東京の北のほうに住んでいる人にメリットがあるように思われる。

 東京で中央線に乗り換え。東京7:38発の快速高尾行きに乗る。快速とは言っても中野から各駅に停まるので、区間快速みたいなものだ。東京を出た時点では空いていた快速だが、神田と御茶ノ水で乗ってきて、つり革も埋まってくる。新宿などでも減る気配はなく(先行する快速が武蔵小金井行きではないのに、武蔵小金井では逆に増えた)、立川まで続く。立川から青梅線に乗り換えるが、少し待てば同じホームから発車する電車があるのでしばらく待つことにする。中央線からの直通列車だ(立川8:39発)。中央線からの直通列車は、次の西立川までの間、ほかの青梅線とは違った線路をたどる。乗り潰し派は悩むところだ。拝島で降りる。

 拝島で降りたのは、拝島で行われているホームドアの実験を見るため。ホームからの転落防止などのため、ホームドアを導入する鉄道会社は増えているが、コストが高いのが悩みの種。いくらホームドアを導入するのが望ましいとは言っても、民間会社である以上、コストの問題からは逃れられない。そこで考え出されているのが、簡易なホームドアの構想。首都圏でいくつか実験がなされていたし、JR西日本でも六甲道で実験中だ。拝島では八高線の八王子方面乗り場で行っている。扉ではなくバーでブロックするタイプで、相鉄でやっていたのと同じタイプだ。ただし、4両すべてにバーがあり、期間限定でないところが異なる。拝島9:10発の八高線に乗り、八王子から再び中央線、高尾で乗り換える。高尾から乗ったのはスカ色の115系、今となっては貴重な存在だ。当然セミクロスシート。これに揺られて大月へ。

 大月で2日間全線フリーの「フジサン特急フリーきっぷ」を買う。特急も自由席なら追加料金なしに利用でき、2250円と大月−河口湖間を単純往復しても元が取れる、お得な切符だ。目の前に元小田急の「フジサン特急」が停まっていたので、それに乗る。バリアフリー対応で床と同じレベルにしたごく一部を除いて、車内は高くなっていて(車内に階段がある)、その分展望を楽しむことができる。ただし、乗車した8月20日は天候が悪く、富士山はほとんど見えなかった(しかも頂上は全く見えないままだった)。大月10:47発の「フジサン特急5号」は、外国人客も乗せて出発した。終点の河口湖まで乗り通す人が多い。河口湖で観光する時間がないため、折り返しの河口湖12:00発「フジサン特急6号」で富士山まで。次の特急が来る1時間後までに、駅の近くの店で名物の「吉田のうどん」を食べる。1時間後の「フジサン特急8号」は、元々JR東日本の「パノラマエクスプレス」だったもの。河口湖方は思いっきり改造されていてわからないが、大月方を見れば急行型の格好をしている。貴重な急行型の生き残りだ。元JR東海の371系が入ったら置き換えられるであろうから、今のうちに乗っておきたい(御殿場線への直通特急としてともに活躍していた、元小田急車両との共演は楽しみであるが)。外観は元小田急のものと同様、富士山をモチーフにしたキャラクターがたくさん描かれている。内装も思いっきり変わっている。座席は少し高くなっていて、驚くべきはシートピッチ。リクライニングの傾きは大きく、思いっきり倒しても、後ろの人に迷惑がかからない。夜行列車ならうれしい仕様だ。ただ、シートピッチが広いため、窓とは合わなくなっている。リニア実験線の最寄り駅、禾生<かせい>は特急が停まらないので、途中の都留文科大学前で乗り換え。目の前にスーパーがあり、後続の列車が来るまでに、翌朝のパンを買う。さて、次の普通は「トーマスランド」。車両の外も中も「きかんしゃトーマス」のキャラクターが描かれている。とても賑やかな車両だ。ただ、観光帰りで疲れていたのだろうか、トーマスを見ずに寝ている人が多かった。(続く)

(追記)
 余談ですが、中央線のスカ色115系は、10月28日で定期運用を終えました。11月22日に長野県内で団体列車を運行しますが(募集は締め切られています)、その後については不明のようです。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASHC66S0WHC6UZOB00W.html?rm=624)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リニア体験乗車記(0)

 2027年に品川−名古屋間が開業する予定のリニア。まだ先の乗りものですが、JR東海は時々体験乗車を実施しています。応募したところそれが当たり(倍率は20倍だった模様)、この未来の乗りものに乗る権利を得ました。

 明日から何回かに分けて、そのときの様子を書いていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銚子電鉄の現状を見る(2013年年末旅(2))

 しばらくは新所沢止まりの列車が来ないので、私も新所沢を後にする。終点の本川越まで行き、JRの川越に行く。歩いてもよかったが、バスに乗っても100円で済むので、バスに乗る。川越へのバスはたくさん走っているようだ。所要時間は5分ほど。あっという間に川越に着く。川越からは川越線(E233系だった)、武蔵野線、総武線に乗って千葉に行くのだが、湘南新宿ラインが停まるようになった浦和を見たかったので、大宮で湘南新宿ラインに乗り換える。

 千葉で昼食用の弁当(「菜の花弁当」)を買い、12:42発の銚子行き(成東経由)に乗る。千葉以遠のローカル列車は、209系が幅を利かせている。もともとは京浜東北線で活躍してした車両だが、千葉地区に転用するにあたって、4両編成または6両編成に短縮し、トイレを設置、先頭車は一部をボックスシートに変えている。一番後ろの車両を確保したが、千葉を出てすぐに弁当を食べるのは気が引けるので、ある程度経ってからにする(とは言っても立たないといけないぐらいの混雑ではないが)。八街ぐらいで空いてきた。

 成東で10分以上の停車。4つある扉は半自動ではないのでいったん全部開くが、しばらくすると1つを残して閉まる(発車直前に再び全部開く)。成東以遠でも1時間に1本の割合で運転されているので、ところどころで交換をしながら先に進む。終点銚子には14:36着。

 11月のダイヤ改正で本数が大きく減った、銚子電鉄に乗り換え。銚子電鉄の乗り場は2、3番ホームの先にある。まっすぐ進んだところだ。乗り換え客が列車の来るのを待っている。前方から列車がやってきた。京王から伊予鉄道を経てやってきた車両だ。2両編成で、京王時代のクリームに赤の細帯を巻いているが、湘南電車みたいな顔をしている銚子側の前面だけはチョコレートと赤の銚子電鉄オリジナルの塗装となっている。余談だが、反対側の外川側の顔は貫通式になっている(塗装は京王タイプ)。車内には子供とイラストレーターが描いた絵が飾られている。前のほうでは車掌が切符を売っている。私も一日乗車券、「弧廻手形」を買う。銚子−外川間の往復運賃と同じ620円で全線乗り放題で、犬吠駅で売っているぬれせんべい引換券などのおまけがつく。

 銚子14:44発の列車は外川に向けて出発した。客も程々にいて、ガラガラではない。とても経営危機にある鉄道とは思えない。ただ、気になるのは人の多さ。車掌のほかに観光案内をするアテンダントも乗っている。ワンマン運転の機能はあるようだが、観光客の利用が見込めるためか、車掌が乗っているのだ。途中の駅でタブレットの交換がある。朝以外は列車の交換がないのだから、(朝以外は交換をしないということを条件に)昼以降を無人化することもできる。犬吠で客を降ろしたが、まだガラガラとは言えない状態で外川に到着。アテンダントは外川に着いても観光案内をしていた。折り返しの列車に乗って犬吠に戻る。なぜかアテンダントも降りていて、ガラガラだった。

 犬吠埼の灯台を見て、駅に戻る。駅は南欧風のつくりとなっているが、(ほかの駅もそうだが)メンテナンスがされていないようで、みっともない姿を見せている。駅には売店があり、ぬれせんべいをもらうとともに、お土産を買う。次の列車がやってきた。同じ車両だった。1時間に1本なので、一本の列車が行ったり来たりしているようだ。今晩も夜行に乗るので、銭湯に入る。事前にインターネットで調べておいた、本銚子近くの銭湯に入る。薬湯だった。

 フリー切符を持っている強みで、観音までひと駅だけ乗る。これも同じ車両だ。観音で降り、飯沼観音のほうに歩けば、「観音食堂 丼屋七兵衛」だ。ここで鯖のコースを頼んでいる。「銚子極上さば料理」コース、冬季のみの限定、1日20人限りだ。漁師の沖漬、お刺身、みそ煮、さば寿し、つみれ汁、デザートがセットになって2500円だ。生の鯖はなかなか食べられないもので、この機会に食べることにした。昼がメインの店なのか、客はほかに家族連れが1組いるだけ。生の鯖は絶品で、1時間半ほどかけてじっくり味わった。再び観音から銚子電鉄に乗るが、これまた同じ車両だった。

 銚子から19:39発の成東経由千葉行きに乗る。209系の4両編成を2本つないだ8両編成だ。千葉での乗り換えを考え、先頭のボックスシートに座る。列車は千葉に向かって走り出したが、とにかく寒い。客がいないからなのか、それとも暖房の能力が低いからなのか? 交換待ちで停まっても、全ての扉を開けっ放しにしているので、寒い。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年年末旅(0)

 12月27日から29日にかけて、年末の旅行に行ってきました。

 新年の明日から何回かに分けて、そのときの訪問記を書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく口にすることができた「ペリーのいくら丼」

 大阪には安くてうまい店がたくさん。これから取り上げる「ペリーのいくら丼」もそのひとつ。近鉄・地下鉄日本橋駅から堺筋を北に進んだ、とある雑居ビルの1階にあります(開店中は、歩道に看板があります)。でも、ネックなのは休みが多いこと。何回も店には行きましたが、休みばかりで、なかなか口にすることができませんでした(そのときに書いた記事はこちら)。

 19日、20日と用事で大阪まで行ってきました。20日の昼、日本橋の店に行ってみると、珍しく開店準備中。初めてのことです。すでに2人並んでいます。しばらくして店に戻ってみると、すでに店がオープンしていました。通常は12:30オープンですが、少し早く12時過ぎにオープンしたのです。あっという間に9人しか座れない小さな店は満員です。

 最初にこんにゃくだけの味噌おでんが配られ、注文を取ります。とはいっても、メニューはいくら丼のみ(夏はウニ丼もあります)。いくらの粒(大、小)を選択することぐらいです。両方試したかったのですが、それはできないとのことだったので、大きくて食感が楽しめるほうにしました。カニ汁(200円)も付けてもらいます。

 しばらくして、いくら丼とカニ汁が運ばれてきました。どんぶりの中にはいくらがいっぱい。下のご飯は見えません。どんぶりの中にはご飯といくらしかありません。これで680円は安いです(大盛りだと200円アップします)。店の家賃のことを考えると、なかなか出せない値段です。カニも細い脚だけですが、ちゃんと入っています。ご飯は最初熱かったのですが、だんだん冷めてきて、終わるころにはちょうど良くなりました。

 12:30ごろに店を出ましたが、15人近い人が店の外の暗い通路で待っていました。後ろのほうだとまだ1時間近く待たされそうです。次は小粒のいくら丼にしようかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「郷土料理百選」

 おはようございます。今年最後の書き込みは明るい話題でいきましょう。

 農林水産省は、このほど、「農山漁村の郷土料理百選」と「御当地人気料理特選」を発表しました。

 「農山漁村の郷土料理百選」は「農山漁村の生産や暮らしの中で生まれ、そして農山漁村で育まれ、地域の伝統的な調理法で受け継がれてきた料理で、かつ、現在もそれぞれの地域でふるさとの味として認知され食されている料理」と定義され、北海道のジンギスカンなど99品目が選ばれました。おおよそ各県2品目が選ばれています。なぜ100品目選ばれていないかといえば、100品目目は自分で選ぶことのようです。

 これに対して、「御当地人気料理特選」は「農山漁村との関係が薄いものの、地域住民に御当地自慢の料理として絶大な人気があり、現在及び未来に向かって広く国民に愛され支持されうる料理」と定義され、大阪府のお好み焼き、たこ焼きなど23品目が選ばれました。もっとも、北海道の「ウニ・イクラ丼」や鹿児島県の「黒豚のしゃぶしゃぶ」のように、「農山漁村の郷土料理百選」に入ってもおかしくないようなものも選ばれています。昔はそんな料理はなかったのでしょうか?

 どちらかというと、「農山漁村の郷土料理百選」より「御当地人気料理特選」のほうが、なじみがある料理が多そうですね。最近は、旅行に行く機会も減りましたが、旅行に行ったときには、各地のおいしいものを食べたいです。

 すでに郷里に帰省されている方も多いでしょう。正月には、郷土料理でふるさとを味わうのもいいのではないでしょうか?
(参考:農林水産省ホームページ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/soutyo/071218.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ミシュランガイド東京2008」

 「ミシュラン」といえば、世界的にも有名なグルメガイド。ここに星ひとつでも載るということは大変名誉なことです。これまで、欧米21カ国で格付けがなされてきましたが、この度、アジアでは初めて東京版が発売されることになりました(22日発売)。

 掲載されるのは東京都内の150店。最高ランクの三つ星レストランは和食5店、フランス料理3店の計8店。全体的に見ても、すし、天ぷら、ふぐ、そばなどの日本料理店は6割を占めています。そして、星の総数は191。これは、ミシュランガイドが紹介する都市の中では最多のようです。

 お金を出せば、世界一流のものが食べられる東京らしいデータですね。さて、この「ミシュランガイド」に載っている店に食べに行くことができるのでしょうか? 今回はありませんが、関西版も見てみたいところです。ここなら、安くて(やはり、それなりの値段はするでしょうが)おいしい店も出てくるかな?
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000214-yom-ent、朝日新聞11月20日朝刊 14版)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧