平成30年7月豪雨続報

 平成30年7月豪雨での各線の被害状況については以前に記事にしましたが、新たに判明したことなどを主要路線を中心に書いていきます。

 JR東海の高山線についてですが、飛騨金山-下呂間は8月半ばに復旧する予定です。坂上-猪谷間は運転再開まで数か月かかる見通しです。

 一番被害が大きいJR西日本についてですが、山陽線全線の復旧は11月中になります。三原-白市間が最後の区間となります。津山線の玉柏-野々口間は8月上旬、伯備線の豪渓-上石見間は8月中旬です。芸備線は下深川-広島間が23日に、狩留家-下深川間は9月中に復旧しますが、備後落合-狩留家間の運転再開まではかなりの時間がかかります(運転再開までかなりの時間がかかる区間はほかに、福塩線府中-塩町間、木次線出雲横田-備後落合間があります)。呉線の坂-海田市間は8月上旬、広-坂間は11月中、三原-広間は2019年1月の予定です。

 JR四国の予讃線についてですが、本山-観音寺間は8月10日ごろに復旧する予定です。八幡浜-卯之町間は20日に普通列車のみ運転を再開する予定ですが、卯之町-宇和島間の再開予定は立っていません。このほか、JR九州、長良川鉄道、京都丹後鉄道、井原鉄道、錦川鉄道、平成筑豊鉄道にも不通区間があります。

 このように不通区間が多いので、各地で代行バス等の運転が行われています。伯備線では不通区間をカバーするバスのほか、21日からは「やくも」の代替として岡山-米子間にノンストップのバスを5往復走らせます。すでに「やくも」の特急券(グリーン車もしくは指定席)を持っている人が優先ですが、空席があれば乗車のほかに自由席特急券を購入して乗ることができます。「やくも」は米子-出雲市間に5往復走るほか、「スーパーはくと」等に接続する臨時特急や快速が倉吉-米子間で走ります。

 呉線では7月6日までに購入した、呉線を一部でも含む定期券、回数券を持っている人を対象に、バスや船を走らせます。バスは緊急車両のみが通ることができる広島呉道路の通行止め区間も一部使うもので、呉発広島行きが朝に、広島発呉行きが夕方に走ります。1日約30便、約1000~2000人が乗ることができるわけですが、乗車するには整理券が必要です。整理券は呉駅では5:15から、広島駅では18:15から配布します。平日の朝には呉港発広島港行きの船を運航します。呉港6:35発広島港7:50着の予定で、約550人乗ることができます。乗車には整理券が必要で、呉駅で5:15から配ります。船はJR西日本宮島フェリー所有のものを使いますが、車や自転車を載せることはできません。定期券等を持っていない人は、広島電鉄のバスが使えます。広島バスセンターと呉駅との間を1日16往復走らせます。

 山陽新幹線を使った代替輸送もあります。山陽線のほか、呉線の利用者も山陽新幹線を使うことができます(ただし、西条などから連絡バスがある山陽線とは違って、呉線からの連絡バスはありません)。こちらは定期券、回数券のほか、乗車券でも7月6日までに購入したものは対象となり、特急料金を払わずに自由席に乗ることができます。東広島から広島に向かう朝の列車、広島から東広島に向かう夕方の列車が混雑しているので、臨時列車も運転しています。定期列車も通常8両編成のところ、16両にしているのもあります。一部の「ひかり」は東広島に臨時停車しています。山陽新幹線を使った代替輸送は、三原-広島間のほか、新岩国(岩国から連絡バスあり)-徳山間でも行われています。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000037758.pdf、JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12678.html、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/info/、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/80974、産経WEST https://www.sankei.com/west/news/180717/wst1807170019-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関空-洲本間の航路廃止

 少し前に関空と洲本を結ぶ航路についての記事を書きましたが、その続報です。

 7月5日のことですが、関空と洲本を結ぶ航路を運航する淡路関空ラインは、この航路の継続を断念することを発表しました。小型船にダウンサイジングして運行を継続するという話もありましたが、赤字を解消することができず、欠航率が上がると予想されるため、休止することにしたのです。1年ほどで再び消えることになったのです。淡路関空ラインは、淡路島内の3市等からもらった補助金6000万円について、返還することも考えています。

 ただ、この航路は廃止されるのではなく、休止の状態なので、復活はあります。他社と共同運航したり、自治体から船の提供を受ける公設民営方式での運航をしたりということを考えています。2019年3月から半年ほど運航して、採算がとれるか見てみたいようです。
(参考:神戸新聞NEXT https://kobe-np.co.jp/news/awaji/201807/0011418260.shtml、https://kobe-np.co.jp/news/awaji/201807/0011418259.shtml)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

松山-別府港間等にJRとフェリーを組み合わせた切符

 四国と九州の間を新幹線で結ぶという、のような構想もありますが、今は船に頼らざるを得ません。以前、陸上部分を臨時の高速バスでつなぐという内容の記事を書きましたが、陸上部分は鉄道でも行くことができます。

 JR四国と宇和島運輸は、松山または宇和島から八幡浜までのJRと、八幡浜港から別府港までのフェリーがセットになった、「豊予海峡横断きっぷ」を発売しています。発売期間は3月28日から2019年3月31日まで、松山、宇和島発は出発日の1か月前から、別府港発は出発当日限り(事前予約要)で発売します。松山、宇和島発はJR四国の「みどりの窓口」などで買えますが、別府港発は宇和島運輸別府港案内所のみです。利用期間は4月28日から2019年4月6日(2019年3月31日出発分)までです。

 「豊予海峡横断きっぷ」には有効期間が2日間の片道タイプと、7日間の往復タイプがあります。値段はそれぞれ、松山-別府港が片道5000円、往復9500円、宇和島-別府港間は片道3800円、往復7300円です(いずれも子供は半額)。JRは特急の普通車自由席が、フェリーは2等客室が利用できます。なお、八幡浜-八幡浜港間の交通機関は「豊予海峡横断きっぷ」に含まれておらず、別途購入する必要があります。
(参考:JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2018%2003%2027%2002.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深日港-洲本港間の船、2018年度は8か月間運航

 かつて淡路島には船で行くしか方法がありませんでした。深日港から行く航路は1949年に開設され、多くの人が利用しましたが、1998年の明石海峡大橋の開通により、淡路島は船ではなく車やバスで行くところとなり、深日港からの航路は翌1999年に廃止になりました。

 ところが、昨年2017年、深日港と淡路島を結ぶ旅客船を運航する社会実験を行いました。当初は利用が低迷しましたが、自転車愛好家からの人気を得て、後半は利用者が伸びました。3か月で合計10600人が利用しました。私も乗りたかったのですが、台風で断念しました。

 そこで2018年も大阪府岬町と洲本市は深日港-洲本港間に旅客船を運航する社会実験を行います。今回は夏場だけではなく、それ以外の期間を含めての需要を把握するため、7月1日から8か月間という長い期間での運航となります。冬にも乗ることができるのです。68人乗りの双胴船で1日4往復します。所要時間は片道約55分、運賃は片道1500円(子供500円)、スポーツ自転車の搭載料金は300円ですが、輪行バックに入れると無料です。かかる費用は1億円で、国の補助も受けます。地元の洲本市の負担は1200万円です。

 ただ、いい話ばかりではありません。廃止になりそうな航路もあるのです。それは関空と淡路島を結ぶ航路。2017年7月9日に就航し、1日5往復していましたが、年間9万人が利用する見込みのところ、5月末現在で1.6万人しか使っていません。洲本市などから6000万円の助成をもらっていましたが、2018年6月期決算の最終損失は当初予想の2.5倍の1.5億円。新たな支援先が見つからず、7月13日に休航することにしたのです。関空にやってきた外国人を呼ぶことができなかったのです。

 もっとも、船が大きすぎるので、採算が取れないという側面があります。そこで、ダウンサイジングを図って、運航を継続するという話もあります。現在使っている217人乗りの船から63人乗りの小型船に切り替え、便数を減らして運航することを考えています。しかし、この方法にも問題があり、小型船を定期運航する場合、現在の洲本港の設備では着岸が許可されません(桟橋と船の間に1メートルの段差が生じるのがその理由でしょうか?)。どうやって解決するかが問題となりますが、実は6月25日から定員63人の小型船での運航が始まっているのです。グループ会社、淡路ジェノバラインの明石と岩屋を結ぶ航路で主力として使っていた船がドック入りするためで、その代わりに関空と淡路島を結ぶ航路で使われてきた定員217人の高速船を転用したのです。船を小型化したときのテストを兼ねているのでしょう。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201805/0011304891.shtml、https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349193.shtml、https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011358047.shtml、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20180624-OYTNT50052.html、http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180627-OYT1T50048.html)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オレンジフェリー、夏に完全個室の船就航

 大阪南港と東予を結ぶオレンジフェリーですが、8月25日の東予発から新しい船「おれんじ えひめ」が就航します。冬に2隻目が揃うまでは、新造船と既存船が交互に運航することになります。

 この「おれんじ えひめ」の最大の特徴は、すべて個室になっていること。特別室、特等室や1等室はもちろんのこと、2等寝台まで1人個室か2人個室です(2等室はありません)。2等寝台まで個室とは意外です。

 運賃については、2隻目が揃うまでは、オープニングキャンペーンとして、既存船と同じ値段で乗ることができます。例えば2等寝台は、6840円です(7~9月の運賃)。
(参考:オレンジフェリーホームぺージ https://www.orange-ferry.co.jp/、https://www.orange-ferry.co.jp/new_ship/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ビートル」に混乗便、7月23日から

 以前、博多と釜山を結ぶ「ビートル」を活用して、博多-比田勝間の高速での輸送を図ろうというがありましたが、それが実現することになりました。7月23日から、JR九州高速船の「ビートル」の一部座席を使って、博多-比田勝間に混乗便(週に1~3往復の割合)を運航します。これまでフェリーだと博多-比田勝間は約6時間かかっていましたが、「ビートル」だと2時間10分で結ぶことになります。

 1隻の船舶に国際線と国内線の旅客が混乗するという混乗便でも、国際線のエリアと国内線のエリアは分けられています。191席ある「ビートル」の場合は2階席の一部(普通席のみ26席)を国内線用に転用します。一部の席を転用するため、国内線旅客用のトイレはバリアフリーに対応せず、車椅子だと種類によっては持ち込みができない場合があります。また、国内線旅客向けの船内販売はありません。消費税の絡みでしょうか? そのほか、乗下船の時間も国際線とはずらし、港での通路も分けます。船の改装費用はJR九州高速船と対馬市が負担します。

 混乗便ならではの特殊なところもあります。運営主体は博多-比田勝間でフェリーを運航している九州郵船(混乗便を運航している時でも、1日1往復のフェリーは続けます)ですが、予約はJR九州高速船で受け付け、発着港は国際線用のターミナルです。また、国際線手続きの関係上、出港30分前までに乗船手続きを済ませないといけません。そして、混乗便に乗る以上、乗船には乳幼児を含めて公的機関発行の顔写真付き身分証(島民カード、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)の所持が必要で、携帯していない場合は乗船できません。なお、国境離島島民割引を使うには、島民カード等が必要です。
(参考:JR九州高速船ホームぺージ http://www.jrbeetle.co.jp/internet/tsushima_2/index.html、長崎新聞ホームぺージ https://this.kiji.is/369865788447917153)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪九フェリー、7月15日にデイクルーズ

 泉大津・神戸と新門司との間を結んでいる阪九フェリー。普段は夜行なのですが、7月15日は「就航50周年記念せとうちデイクルーズ」として、神戸航路(神戸-新門司間)の通常18時台の出発時刻を大幅に繰り上げ、13:30発とします(到着時間は通常通り、翌日7時台です)。

 通常のダイヤでは夜行なので、夏場でも出港近くや到着近くでない限り、外の景色を見ることができません。しかし、今回のデイクルーズでは、普段見ることのできない瀬戸内海の島や大きな橋も見ることができます。神戸発の場合は、小豆島(16:15ごろ)、瀬戸大橋(18:00ごろ)、新門司発の場合は来島海峡大橋(19:10ごろ)を見ることができるでしょう。また、暗くなってからのことですが、神戸発の船と新門司発の船は福山沖で、19:45ごろすれ違います。普段なら深夜にすれ違うので見ることは難しいですが、今回は起きている時間なので、行き違う船を見ることができます。

 船内のイベントも用意されており、船旅の楽しみであるレストランでも、最高級A-5クラスの神戸ビーフのロースステーキ100グラムを就航50周年特別価格で提供します。
(参考:阪九フェリーホームぺージ https://www.han9f.co.jp/information/detail/id/77/、https://www.han9f.co.jp/daycruise/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道バスに青函フェリー連絡バス

 フェリーは鉄道の連絡船とは違い、駅とは直結していません。何らかの手段で港に行く必要があります。

 青森と函館を結ぶ青函フェリーもそのひとつ。函館側の港にはこれまで、路線バスの乗り入れがありませんでした。しかし、2017年11月9日から、北海道バスが青函フェリー前-上湯川町間に路線バスを走らせています。1日7往復で、函館駅前、湯の川温泉などを経由します。青函フェリー前からの所要時間と運賃は、函館駅前が11分、200円、湯の川温泉が26分、400円となっています。

 なお、青森側の港に直接乗り入れるバスはなく、最寄りの市営バスのバス停から10分ほど歩くようです。
(参考:北海道バスホームぺージ http://www.hokkaidoubus-newstar.jp/rosen02、青函フェリーホームぺージ http://www.seikan-ferry.co.jp/access/#)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

壱岐は博多港から船でたったの65分

 長崎県の壱岐は、鉄道で行くにはかなり面倒で、遠そうに思えます。

 しかし、意外なことに博多港(博多駅からバスで約15分)からジェットフォイルに乗れば、たったの65分。そんなに遠くないのです。そこでJR西日本と壱岐市、一般社団法人壱岐市観光連盟は共同で、観光キャンペーン等を行います。

 その動きのひとつとしてあるのが、博多港から壱岐までの乗船料の割引。対象乗車期間中(5月12日から7月13日までの乗車分)の「スーパー早特きっぷ」(新大阪、新神戸→博多)をJR西日本の「e5489」で購入すると、パソコンやスマートフォンの画面に、WEB会員証が現れます。これを博多港で呈示すれば(パソコン画面のプリントアウトでも可)、乗船料が半額になるのです。ジェットフォイルなら4040円が2020円に、2等なら1980円が990円になります。反対の帰りは割引にならないようですが、意外な近さに、壱岐に行くきっかけになるかもしれません。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/04/page_12315.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

呉と宮島の間は船でも行くことができる

 と組み合わせた旅を勧めている、JR西日本。4月1日利用開始分から、新たなきっぷを発売しています。

 それは「広島湾クルーズきっぷ」。海軍で栄えた呉と世界遺産のある宮島との間を、鉄道と船で行くことのできるフリーきっぷです。JRの呉-宮島口間が自由に乗降でき、JR西日本宮島フェリー(宮島口桟橋-宮島港)、瀬戸内海汽船(「宮島・呉ブルーライン」、呉港-宮島港、4月から11月までの8月25日を除く休日のみ運行)または、瀬戸内シーライン(高速船、広島港-宮島港)、瀬戸内海汽船・石崎汽船(フェリー、呉港-広島港)がセットになっています(ただし航路の利用は片道1回限りで、呉-宮島間の航路は「宮島・呉ブルーライン」または広島港-宮島港間の高速船と呉港-広島港間のフェリーの組み合わせのどちらかになります。広島港またはグランドプリンスホテル広島桟橋で途中下船することもできます)。発売期間は3月17日から11月29日まで、設定期間は4月1日から11月30日まで、2日間有効で2500円です。出発地周辺の主な駅の「みどりの窓口」で発売しています。広島を鉄道ではなく、海から眺めるのも面白そうです。

 話は変わりまして、JR西日本グループのJR西日本イノベーションズは、株式会社瀬戸内チャーター(本社広島市、2018年3月設立)に出資しました。この株式会社瀬戸内チャーターは、サイクルシップ導入のために設立された船舶保有会社で、サイクルシップを新造し、しまなみエリアで複数の旅客航路を運航する株式会社瀬戸内クルージングに貸し出し、株式会社瀬戸内クルージングが運航するのです。

 新造されたサイクルシップは、旅客定員75人、自転車積載台数約50台(自転車は解体せずに積み込むことができます)。自転車積載スペースは展望デッキになり、花火大会の時などにはベンチを置くこともできます。国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」開催当日である10月28日、デビューします。貸切チャーター船のほか、尾道-瀬戸田航路(定期航路)に使います。国交省によればサイクルシップが定期航路を走るのは中国地方では初めてで(全国でも4番目)、尾道-瀬戸田航路は準備出来次第、就航します(2019年1月予定)。現在、尾道-瀬戸田航路は1日8往復していますが、大半がサイクルシップになるようです。瀬戸田のある生口島を経由して、尾道と今治を結ぶしまなみ海道はサイクリストに人気で、この船の就航により、尾道駅の利用促進や地域活性化につなげたいとしています。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/03/page_12035.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/04/page_12236.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20180406-OYO1T50001.html、中国新聞ホームぺージ http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=423479&comment_sub_id=0&category_id=256)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧