日高線と札沼線の代替交通について

 日高線の鵡川以遠は、2015年の高波で大きな被害を受け、あまりの復旧費用の高さにJR北海道は鉄道での復旧を断念し、バスへの転換を提案しています。さて、日高線にバス等を走らせるにはどれくらいの費用がかかるでしょうか? 沿線の自治体は札幌市内のコンサルタント会社に調査を依頼していて、14日、その結果が公表されました。

 それによりますと、BRTは運行までに6年かかり(計画と施設整備にそれぞれ3年ずつ)、初期投資には約105.7億円かかります。線路を外してバス専用道に変えるのに93.7億円かかるのです。DMVは運行まで14年かかり(そのうち、車両の開発に2年、制作に8~9年を要します)、車両の製作費などの初期投資に47.1億円かかります。JR北海道がすでにDMVの車両開発を断念しているため、新たに車両を開発するのに10~20億円かかるのです。JR北海道が提案する普通のバスは2年で運行でき、初期投資は停留所の設置や車両購入費な2.6億円です。いずれも単年度の収支は赤字が見込まれています。BRTは5.2億円の赤字、DMVは9.5億円の赤字、バスは1.8億円の赤字です。

 沿線7町はコンサルタント会社の調査結果を基に検討を続けますが、正直言って、BRTやDMVを導入する価値はありません。苫小牧市内もバスに置き換えるならBRTを導入する価値があるかもしれませんが、今のところバスに置き換えるのは鵡川以遠なので、既存の道路で十分です。せいぜい町の中心駅に部分的に導入するぐらいです。DMVに関して言えば、普通のバスより小さくコストが高いものをわざわざ導入する必要がありません。素直にバスにするのがいちばんいいでしょう。

 話は変わりまして、札沼線。ここもJR北海道がバスへの転換を提案している路線です。こちらも13日に動きがありました。沿線4町長は新十津川町内で行われた会合で、鉄道を現状維持するのは難しいという認識に至りました。バスを含めた代替交通機関を検討する方向です。
(参考:HBC NEWS http://news.hbc.co.jp/f0ce100c05a1fab33b377f3803fb2a32.html、北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/144854、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/144760、苫小牧新報ホームぺージ https://www.tomamin.co.jp/news/main/12598/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

千歳線立体交差しなくても「エアポート」増発可能

 以前にも書きましたが、JR北海道は、札幌と新千歳空港を結ぶ快速「エアポート」について、1時間に4往復から5往復に増やします。2020年に増発する予定です。増発に必要な車両(4編成分、24両)はすでにメーカーに発注しています。

 これまで、この増発を行うには、札幌貨物ターミナル付近の立体交差化が必要だとされていました。しかし、信号や変電所の増設、新千歳空港駅の改修などをすれば、立体交差をしなくてもできるようなのです。そこで、立体交差化を見送ったうえで快速「エアポート」の増発を行うこととなりました。

 JR北海道は国交省に補助金を申請して、快速「エアポート」の増発を図ります。
(参考:HBC NEWS http://news.hbc.co.jp/343c949b80fa92e3ce25698e7c3bd4c1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

根室線代行バス、12月から一部をサホロリゾート前経由に

 根室線東鹿越-新得間は2016年の台風による被害で、2017年3月28日からバスによる代行輸送を続けています(東鹿越-落合間はその前から)。この根室線の代行バスですが、12月1日にダイヤ改正を行います。

 現在代行バスは、下りが東鹿越→新得の4本、上りが新得→東鹿越の5本と落合→東鹿越の1本の合わせて6本です。これが12月1日以降は、下りが2本増え、下りが東鹿越→新得の5本と富良野→新得の快速便1本の合わせて6本、上りが新得→東鹿越の5本と落合→東鹿越の1本の合わせて6本です。下りに追加される快速便(富良野11:02発新得12:50着)は、富良野-新得間を幾寅のみに停まるもので、滝川9:42発の9627Dから接続を受け、新得12:57発の2427Dに接続します。また、下りでもうひとつ追加される東鹿越15:13発に関連して、根室線も増発がなされます。富良野14:19発東鹿越15:04着です。

 話題はもうひとつあります。根室線の代行バスは、落合-新得間はJRから外れて主に国道38号を走ります。1966年に廃止された根室線の旧線に近いところを走ります。この旧線に近いところにあるのが十勝サホロリゾート、代行バスは快速便など一部を除いて下り4本、上り5本の合わせて9本がサホロリゾート前にも停まります。

 サホロリゾート前を経由する便は十勝サホロリゾートの無料送迎バスとしての役割もあります。そのため、富良野方面-サホロリゾート前間を利用する人は富良野方面-落合間の運賃を払えばよく、サホロリゾート前-帯広方面間を利用する人は新得-帯広方面間の運賃を払えばよいのです。落合-サホロリゾート前間もしくはサホロリゾート前-新得間のみを利用する人は無料です。サホロリゾート前で乗降しない人は通常通り、発駅から着駅までの運賃が必要です。なお、十勝サホロリゾートの施設内では切符の販売はいたしませんので御注意ください。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171108-1.pdf、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/11/08/302251.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

25歳以下だと北海道のフリーパス割引に

 JR北海道には、LCCのバニラエア、Peachとタイアップしたフリーきっぷ、「ひがし北海道フリーパス」、「きた北海道フリーパス」があります。その「ひがし北海道フリーパス」、「きた北海道フリーパス」ですが、10月以降も継続して発売しています。2018年3月31日までです。

 今回取り上げるのは、12歳以上25歳以下の若者に対して、割安の設定ができたこと。「ひがし北海道フリーパスU25」は通常より3500円安い12000円、「きた北海道フリーパスU25」は通常より2500円安い10000円です。発売期間は10月1日から11月30日までで、搭乗当日のみの発売は通常のものと同じです。利用期間は「ひがし北海道フリーパスU25」が10月1日から12月4日まで、「きた北海道フリーパスU25」が10月1日から12月3日までです。なお、購入の際には、健康保険証、運転免許証等の年齢を確認することのできる公的証明書を呈示する必要があります。期間が短く、しかも学校の休みと合わないのは残念ですが、若い人に鉄道に興味を持ってもらうための道具として若者限定の割引の設定は評価できるところです。かつてのように学割設定のある「ワイド周遊券」で道内のみを走る夜行列車を宿代わりに鉄道旅行をすることはできませんが、多少なりともお得な切符があればきっかけにはなるでしょう。

 また、「ひがし北海道フリーパス」、「きた北海道フリーパス」を持っている人には、レンタカーも割安になり、しかも返却時のガソリン給油が不要という特典があります。さらに25歳以下の人には4WDにアップグレードしても追加料金が要らないなどの特典が加わります。レンタカーの特典については25歳以下であるなしにかかわらず、10月1日から2018年4月4日まであります。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170913-3.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道新幹線、「お先にトクだ値」で5割引き

 すでに記事にしたように、北海道新幹線の2年目は利用が落ち込んでいます。しかも、これから利用者が少なくなるを迎えます。

 そこでJR北海道はインターネットでのみ販売の、列車、席数、区間限定の「お先にトクだ値」(40%割引)をパワーアップさせた、「お先にトクだ値スペシャル」を期間限定で販売します。インターネットで申し込み、JR東日本、JR北海道、JR西日本(北陸エリアの一部駅のみ)で受け取ります。「えきねっと」会員限定であること、駅ではインターネットで申し込んだ切符を受け取るだけしかできないことに注意する必要があります。

 「お先にトクだ値スペシャル」の設定期間は11月20日から12月25日の間。普通車指定席のみ設定があります。乗車日の1か月前の10:00から20日前の1:40まで購入できます。割引率は運賃、料金とも50%引きで、正規料金が7260円の新青森-新函館北斗間が3620円となります(子供の設定および、他の区間の設定もあります)。ただ、在来線部分の運賃は含まれていないので、青森-函館間を利用するときは、青森-新青森間及び新函館北斗-函館間の運賃が別途必要となります。対象列車も限定されていて、下りが朝の3便(新青森発、盛岡発、仙台発)と夕方以降の5便、上りが朝の3便、昼間の1便(新函館北斗13:35発の「はやぶさ24号」)のほか、夜の途中止まりの3便(仙台行き、盛岡行き、新青森行き)です。比較的利用者の少ない便を中心に選んでいるようです。

 空いている列車をカバーするための北海道新幹線の割引切符が出るのは喜ばしいことでしょうが、問題点はインターネットでないと予約できないこと。駅で気軽に買えるものではありません。新幹線によって便利になった区間ならともかく、青函間に関してはそうなってはいません。遅い列車も結構あるのです。青函トンネル部分が遅くても新幹線でそれなりにスピードアップした東京-新函館北斗間はともかく、そういう効果がなかった青函間に関しては、列車限定でも往復割引などのわかりやすい切符をつくったほうがよいのかもしれません。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171012-2.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年目の北海道新幹線、利用者2割減少

 北海道新幹線新青森-新函館北斗間が開業して1年半が過ぎました。1年目は想定を上回る好成績だったのですが、2年目の北海道新幹線の利用状況はどのようになっていますでしょうか?

 JR北海道が9月26日に発表した開業1年半(2016年3月26日から2017年9月25日まで)の実績によれば、2017年3月から半年間の1日当たりの利用者は6000人、前年同時期は7800人でしたので、23%も減少しています。以前に断片的に書いたことが残念ながら当てはまっているのです。北陸新幹線のときも2年目は減りましたが、その減少割合は7%で、北海道新幹線の状況の悪さが目立ちます。これに伴い乗車率も減り、32%になっています。前年同時期に比べて7ポイントも下がっています。ただ、在来線時代の2015年3月からの半年間の数字(1日平均4400人)と比べると、1年目より下がったとはいえ、36%も増えています。それなりの効果はあったようです。

 課題としては平日の弱さ。開業してからの曜日別の1日当たり利用者数は平日が5400人、休日が7700人です。東京から遠いため、ビジネス利用が振るわないのです。東京本社の会社で、(札幌に北海道を統括する支社をつくらずに)ダイレクトに函館に支店をつくる会社はあまりないでしょう。観光需要に頼っているため、オフシーズンだと利用者が減り、2016年度がそうだったように、冬場になると利用者が減ります

 しかも、困ったことに簡単にできる解決策はありません。需要に合わせた割引切符の類はできるかもしれませんが、根本的な解決は、北海道新幹線の全線開業しかありません。
(参考:北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/134770、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/134511)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

JR北海道のバス転換候補は5線区&羽帯駅廃止へ

 極めて利用者の少ない線区を多数抱えている、JR北海道。これらの線区をどのようにするかが、重要な課題です。

 島田JR北海道社長は13日の定例記者会見で、バスに転換する方針を示している5線区について、具体案をつくる考えを明らかにしました。バスに転換する方針の5線区とは、輸送密度が200人未満の札沼線北海道医療大学-新十津川間、留萌線深川-留萌間、根室線富良野-新得間のほか、高波被害で不通となっている日高線鵡川-様似間、すでに地元との間で鉄道の廃止に合意している石勝線新夕張-夕張間です。いずれも利用者が極めて少なく、特急などを使うような長距離の需要がなく、鉄道での営業を続けることが不適当な区間です。地元が第三セクターなどのかたちですべての赤字を負担するのでなければ、バス転換を受け入れざるを得ない区間です。地元は現状を受け入れ、石勝線新夕張-夕張間のようにいち早く現状にあった交通機関に移行する必要があるでしょう。

 さて話は変わりますが、次回のダイヤ改正でも駅の廃止があるようです。駅の廃止が具体化しているのは、根室線の羽帯駅。1958年に開業したこの駅は十勝管内清水町にあり、1日4往復の普通列車が停車します。ところがこの羽帯駅の1日平均乗降者数が1人以下と極めて少ないため、廃止する方針で、清水町もそれを受け入れます。存続させると、年間150~160万円の経費がかかるからです。
(参考:北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/132067、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/134012)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「えきねっとトクだ値」が道南、道北、オホーツク方面へ

 JR北海道にもインターネット申し込みの限定商品、「えきねっとトクだ値」がありますが、10月1日乗車分から、帯広、釧路方面に加えて、これまでなかった道南、道北、オホーツク方面への新商品が加わります。当然ながら、列車、席数、区間限定のきっぷです。決済はクレジットカード限定です。

 10月1日から11月30日までの乗車分の主な区間の値段は、札幌(市内)-函館間の「スーパー北斗」、「北斗」が通常価格8830円(普通車指定席、以下同じ)のところ、最大30%引きの6170円。札幌-旭川間の「ライラック」が通常価格4810円のところ、45%引きの2630円。札幌(市内)-網走間の「オホーツク」が通常価格9910円のところ、30%引きの6930円。旭川-網走間の「大雪」が通常価格7970円のところ、50%引きの3980円。旭川-稚内間の「サロベツ」が通常価格8300円のところ、50%引きの4150円です。札幌から網走に行くには、「オホーツク」1本で行くよりも、「ライラック」、「大雪」を組み合わせたほうが320円安く行くことができるのです。なお、「すずらん」、「カムイ」、「宗谷」については設定がありません。

 予約できるのは、乗車日1か月前の10時(乗車日1か月+1週間前の5:30から事前受付可能です)から乗車当日の1:40までです。JR北海道、JR東日本の「みどりの窓口」のほか、JR西日本でも北陸エリアの一部の駅の「みどりの窓口」でも受け取ることができます。

(追記)
 もっとも、「えきねっとトクだ値」よりも、従来からある指定席往復割引切符である「Rきっぷ」のほうが安い区間もあります。札幌-遠軽間がそうなのですが、真相はこの区間の「Rきっぷ」が距離の割には安いことにあるようです。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170823-1.pdf、北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/131821)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白老駅に「スーパー北斗」等、停車か?

 室蘭線の白老駅には電車特急の「すずらん」(1日6往復)は停車しますが、1日12往復の「スーパー北斗」、「北斗」は停車しません。白老駅のホームの長さが約170メートルほどしかなく、「スーパー北斗」等が増結して10両編成になったときに対応できないからです。

 ところが、その白老駅のホームを延伸するなどの改修工事をして、停車する特急列車を大幅に増やそうとしています。その理由は、2020年に白老町内にアイヌ文化の復興拠点、民族共生象徴空間をオープンさせるため。国は来場目標者数を年間100万人としています。このアクセスとするため、北海道などは数億円の費用をかけて白老駅を改修しようとしているのです。どちらかと言えば、「スーパー北斗」や「北斗」は札幌と函館を結ぶのが使命で、比較的札幌から近い白老は「すずらん」の守備範囲です(北海道新幹線から乗り継いで白老まで行く人もいるかもしれませんが、そう多くはないでしょう)。短距離の客で「スーパー北斗」等の座席を占めるのはあまり望ましいことではありません。「すずらん」を減らして「スーパー北斗」等を増やすのならともかく、そうでないのなら「すずらん」を増やすことを先に考えたほうがよいでしょう。

 また、白老駅の駅舎のデザインを民族共生象徴空間と同じ雰囲気のデザインにする話もあります。
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000002-hbcv-hok)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ニセコ」に国鉄時代のヘッドマーク

 JR北海道は8月31日~9月5日、9月7日~12日の合わせて12日間、函館-札幌間(ニセコ経由)で特急「ニセコ」を運転します。下りは函館13:56発札幌19:27着、上りは札幌7:57発函館13:15着のダイヤで、途中新函館北斗(40分ほどの待ち合わせで新幹線との接続あり)、鹿部(上りのみ、下りは経由しません)、森、長万部、黒松内、昆布、ニセコ、倶知安、余市、小樽、手稲に停まります。

 車両は183系0代の4両編成です。普通車指定席が3両、自由席が1両です。定員は216人です。ヘッドマークも付けられ、急行時代の絵入りのヘッドマークです(車両運用の都合により、変更することもあります)。イベントも行われ、上りのみ、事前に予約すれば、長万部の「かにめし」を手に入れることができます。

 さて、「ニセコ」が運転される時期は、ちょうど「大人の休日倶楽部パス」が設定される期間です。夏のシーズンも終わり、繁忙期ではなくなる時期に、時間とお金に余裕のあるシニア層を呼び込もうとしているのです。開業効果が消え、北海道新幹線のお盆の時期の利用者が前年よりも16%減少しました。「大人の休日俱楽部パス」を持ったシニア層に期待したいところでしょう。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170714-1.pdf、NHKホームぺージ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170821/k10011106571000.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧