BRTに新車導入で、全車両がハイブリッドまたは電気自動車に統一

 気仙沼線と大船渡線でBRTを運行しているJR東日本ですが、9月上旬に新車を導入する予定です。

 導入する新車は気仙沼線が4台、大船渡線が1台。日野ブルーリボンハイブリッドで、定員は72人(座席数28席)です。行き先表示器に白色LEDを使うことにより行き先が従来より見やすくなり、座席にはスマートフォン等の充電ができるように、USBコンセントを9か所備えます。

 今回の新車の導入で、全ての車両(気仙沼線は24台、大船渡線は13台)がハイブリッド車か電気自動車(気仙沼線に1台)になります。2012年から2013年にかけて運行を開始したときに使われていた車両は全て置き換えられるのです。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームページ https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1564035592_1.pdf、レスポンスホームページ response.jp/article/2019/07/25/324841.html)

| | Comments (0)

「地域連携ICカード」第1号は宇都宮

  以前、JR東日本が「地域連携ICカード」を開発しているという内容の記事を書きましたが、その続報です。

 宇都宮地域の交通事業者(関東自動車、ジェイアールバス関東、宇都宮ライトレール、LRT整備主体の宇都宮市、芳賀町)で構成される宇都宮ICカード導入検討協議会とJR東日本は、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車券サービスの提供について合意しました。宇都宮が「地域連携ICカード」第1号ということになります。

 「地域連携ICカード」では、「Suica」エリアの鉄道、バスや電子マネーを利用することができるほか、交通系ICカードでは難しい各種割引なども組み込むことができます(ただ、交通系ICカードでも名古屋市交通局のように「manaca」でポイントサービスをすることができます)。また、「Suica」を持っていれば、宇都宮地域のIC乗車券サービス対象路線を利用することができます。関東自動車の一般路線バス全線、ジェイアールバス関東の栃木県内の一般路線バス全線、宇都宮ライトレールの全線がそれです。サービスの導入時期は、関東バスとジェイアールバス関東が2021年春、宇都宮ライトレールが開業する2022年春の予定です。

 話は変わりまして、2020年春、「Suica」利用対象エリアが拡大します。新たに「Suica」を利用できるのは、鹿島線の十二橋、潮来、延方、鹿島神宮、鹿島サッカースタジアムの5駅。鹿島サッカースタジアムは臨時駅ですが、サッカーの試合があるときには威力を発揮することでしょう。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190731_ho01.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190731_ho02.pdf)

| | Comments (0)

千葉駅前で「手ぶらでバーベキュー」

 千葉駅が今の東千葉駅のあたりにあったころ、千葉駅のあたりには千葉機関区がありました。千葉機関区の移転後は、千葉鉄道管理局やJR東日本千葉支社の建物がありました。

 その跡地に7月20日から11月24日までの期間限定でつくられたのが、約200席のバーベキュー施設。バーベキューの道具や炭、食材などの準備をする必要なく、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます(持ち込みも可能です)。仕事帰りに寄ることも可能なのです。

 なぜ多くの人が利用する千葉駅前に期間限定とはいえバーベキュー施設をオープンさせたのでしょうか? このバーベキュー施設を運営する会社によれば、都会に住む若者は車の免許を取らないようになる、と考えています。そこで車がなくてもできるレジャーが求められているのですが、その場所として駅前がよいと考えているようです。「駅ナカ」の生鮮食品売り場で食材を買い、バーベキューをして、駅前の居酒屋などで二次会をする。そういう流れをつくっていきたいと考えています。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2019/07/20/324629.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47634860S9A720C1L71000/)

| | Comments (0)

JR東日本でも「スマホ定期券」

 JR東日本では、「モバイルSuica」を使って、駅の窓口に行かなくても定期券を買うことができるサービスがあります。しかしこのサービス、ICカードが使えないところでは関係ありません。定期券を買うためには駅の窓口に行かないといけないのです。

 そこでJR東日本は、ウェルネットと共同で、9月1日から2020年3月31日までの間、JR東日本の一部路線の通学定期券について、「スマホ定期券」のモニタリングを実施します。スマホから定期券を申し込むことができ(事前にスマホのアプリをダウンロードしておく必要があります)、しかもスマホ自体が定期券となるので、駅に行かなくても良いのです。代金の支払いもクレジットカードのほか、コンビニや金融機関のATMなどにも対応しています。

 「スマホ定期券」の対象区間は水郡線の矢祭山-磐城守山間、奥羽線の大石田-真室川間、陸羽東線の最上-新庄間、陸羽西線の新庄-古口間、気仙沼線(BRT)の柳津-気仙沼間、羽越線の本楯-西目間、上越線の越後湯沢-浦佐間、小海線の清里-小諸間、飯山線の豊野-森宮野原間で、高校生用の通学定期(1か月、3か月、6か月)のみが対象です。スマホから資格確認用情報を入力し、本人確認用写真を撮影及び画面表示を行うことで、駅窓口へ通学証明書を出す必要をなくすのです。

 今回の「スマホ定期券」は試行です。この試行で課題を抽出し、さらなるサービス向上につなげます。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190710_ho03.pdf)

| | Comments (0)

大釜駅融雪装置新設で東北新幹線も時刻変更

 冬季の安全安定輸送のため、田沢湖線大釜駅に融雪装置を設置することは以前に記事にしましたが、その工事に伴い、大釜駅の配線が変更になります。駅舎に直結する下り1番線を工事終了後に撤去し、代わりに上りホームに融雪装置を備えた上り1番線を設置します。この工事が行われる10月26日から31日までの6日間、大釜駅で列車の行き違いができないため、ダイヤが変更されるのです。

 そのダイヤの変更ですが、秋田新幹線内や奥羽線だけで処理できると思ったら、そうではないようです。東北新幹線などにも影響します。「はやぶさ」と「こまち」は通常、盛岡駅で分割併合を行いますが、一部の列車は仙台駅で分割します。仙台駅で「はやぶさ」と「こまち」は分割し、「こまち」、「はやぶさ」の順番で出発します。盛岡駅では「はやぶさ」と「こまち」は別の番線に発着し、「こまち」より先に「はやぶさ」が出発します。「こまち」は上りの「こまち」の到着を待って出発します。このため「はやぶさ」は仙台駅-新青森駅間において、13本の列車に最大4分の時刻変更があります。「こまち」は仙台駅-盛岡駅間において、10本の列車に最大1分の時刻変更があります。「やまびこ」も一ノ関駅-盛岡駅間において、7本の列車に最大3分の時刻変更があります。秋田新幹線内においては、盛岡駅-秋田駅間において、17本の列車に最大23分の時刻変更があります。

 在来線については、田沢湖線の列車に区間運休があります。10月26日から29日までの間、盛岡5:20発の大曲行きが盛岡駅-田沢湖駅間で区間運休となります。代行バスは盛岡5:05発で、田沢湖駅で次の列車の6:38発の大曲行きに接続します(道路状況により接続しないこともあります)。このほか田沢湖線では、10月26日から31日までの間、一部の時間帯で時刻の変更があります。東北線、北上線、釜石線、花輪線、奥羽線、羽越線、男鹿線でも時刻の変更があります。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームページ https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1564034761_1.pdf)

| | Comments (0)

相鉄・JR直通線に特急も走る

 羽沢横浜国大と西谷の間を結ぶことによって、相鉄とJR東日本が相互直通運転を行う相鉄・JR直通線は、11月30日に開業します。7月16日のことですが、その相鉄・JR直通線の運行計画の概要がJR東日本及び相模鉄道から発表されました。

 相互直通運転は新宿-海老名間で行われます(朝通勤時間帯の一部列車は大宮方面にも直通します)。いずみ野線には行きません。運転本数は1日46往復(92本)、朝ピーク時間帯は1時間に4本、その他時間帯には1時間に2~3本走ります。列車は特急と各停の2種類が走ります。違いは相鉄内で通過運転を行うか否か。特急は西谷、二俣川、大和のみに停まります。各停は相鉄においても各駅に停まります。JR(新宿-羽沢横浜国大間)は特急も各停も各駅停車です。全列車が渋谷、恵比寿、大崎、西大井、武蔵小杉に停まります。使用する車両はJR東日本が埼京・川越線用のE233系、相鉄は12000系を使います。最速列車の所要時間は新宿-二俣川間で44分です。

 相鉄・JR直通線が開業する11月30日には、相鉄のダイヤ改正が行われます。ダイヤ改正のポイントは2つ。まずひとつは、これまで各駅停車しか停まらなかった西谷に、特急や快速が停まるようになります。西谷を通過するのは急行のみです(特急が停まって急行が通過するのは不思議なところですが)。もうひとつは、いずみ野線に通勤特急や通勤急行が登場すること。どちらも西谷と鶴ケ峰に停まるのが特徴です。いずみ野線の現行ダイヤでは上りの平日朝ラッシュ時時間帯は各駅停車だけしかありませんが、通勤特急や通勤急行を走らせることによっていずみ野線からの速達化を図ります。一部の通勤急行は海老名発です。また、湘南台発の通勤特急は二俣川で海老名発のJRに直通する特急と接続します。いずみ野線から都心方面へも便利になります。
(参考:相模鉄道ホームページ https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/190716_01.pdf、https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/190716_02.pdf)

| | Comments (0)

成田空港駅等に昇降式ホーム可動柵

 ホームでの安全性向上のため、駅にホームドアを設置するところが増えています。このホームドアですが、国や成田市からの補助を受けて、成田空港駅、空港第2ビル駅に設置することとなりました。

 ところがJRの成田空港駅、空港第2ビル駅には普通列車のほか、「成田エクスプレス」も停まります。当然ながら特急と普通とではドアの位置が異なります。そこでこの両駅のホームドアは、ホーム柵部分が昇降する昇降式ホーム可動柵を採用します。JR西日本でよく見られるタイプです。

 成田空港駅、空港第2ビル駅の昇降式ホーム可動柵の供用開始は2019年度末の予定です。
(参考:JR東日本千葉支社ホームページ https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1906_naritaap0625.pdf)

| | Comments (0)

「海里」のお食事は料亭の日本料理とイタリアン

 「きらきらうえつ」の後継となる羽越線の観光列車、「海里」。10月5日にデビューすることになりました。当面の間は金曜日と休日を中心に運転する予定で、新潟10:12ごろ発酒田13:19ごろ着、酒田15:02ごろ発新潟18:31ごろ着のダイヤで走ります。日本海の景観を楽しむことができるよう、上下とも笹川流れ付近では速度を落として走ります。

 「海里」は4両編成です。1号車(景観を楽しむことができるように座席を窓側に向けたリクライニングシート、30席)と2号車(コンパートメント、32席)は切符として販売します。これに対して、4号車(ダイニング、24席)は食事がセットになった旅行商品となります。3号車は売店やイベントスペースで、定員外です。それでは、4号車の食事について説明していきましょう。下りの酒田行きは、新潟の3軒の料亭(「行形亭」、「鍋茶屋」、「一〆」)がつくる日本料理です。これに対して上り(新潟行き)は、「アル・ケッチァ-ノ」のオーナーシェフ奥田政行氏が監修したイタリアンです(調理は「アル・ケッチァ-ノ」のシェフが行います)。食器は新潟市の大橋洋食器がつくるオリジナルの食器を使います。

(追記)
 4号車のダイニングは2人以上でないと申し込みできません。また、下りの4号車を利用した人は、3号車の売店で利用することのできる500円分のお買い物券が付きます。上りの4号車を利用する人は、鶴岡駅徒歩1分の専用待合室「FOODEVER 彩鶴」を利用することができます。
(参考:JR東日本新潟支社ホームページ https://www.jrniigata.co.jp/press/20190627kairi.pdf、https://www.jrniigata.co.jp/press/20190729kairi3.pdf)

| | Comments (0)

「富士回遊」、夏休み中の平日も1日3往復に

 3月のダイヤ改正で登場した、富士急に直通する特急、「富士回遊」。平日は1日2往復、休日は1日3往復します。

 その「富士回遊」ですが、8月と9月の間の平日、臨時の「富士回遊」を増発することになりました(10月以降は、状況を見て延長するかどうか考えます)。外国人観光客など平日の需要が多く、富士急内の乗車率が平均で120%にもなっているからです。ダイヤは「富士回遊93号」が新宿11:32発河口湖13:35着で、「富士回遊90号」が河口湖14:03発新宿16:03着です。途中、立川、八王子、大月、都留文科大学前、富士山、富士急ハイランドに停まります。車両はE257系の5両編成です。

 なお、富士急内は同時刻に運転している「フジサン特急3号」、「フジサン特急8号」を置き換えて運転します。「富士回遊93号」、「富士回遊90号」が走る日は運休となります。「富士回遊」では「富士急行線特急回数券」が使えません。そこで、「富士回遊」増発の発表があった6月27日までに購入した「富士急行線特急回数券」を使わない場合は、手数料なしで払い戻しを行います。
(参考:富士急ホームページ www.fujikyu-railway.jp/news/info.php?no=360、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20190711-850045/、UTYホームページ www.uty.co.jp/news/20190710/6048/)

| | Comments (0)

常磐線に仙台直通特急復活!

 2011年3月の東日本大震災とそれに続く福島第一原子力発電所の事故により、8年以上経った今でも常磐線富岡-浪江間は復旧せず、バスによる代行輸送を行っています。その常磐線富岡-浪江間ですが復旧工事が行われていて、2019年度末までに運転を再開します。震災前と同じように列車が走るのです。

 走るのは普通列車だけではありません。特急列車も走るのです。E657系(10両編成)を2編成増やして(19編成になります)、東京(上野、品川)と仙台の間を結ぶのです。詳細な運転再開時期や列車名、ダイヤ、料金等については決定次第発表されます。

 それにしても、上野直通の特急が走るのは驚きのニュースです。震災前のことですが、E657系の投入の発表があったとき、常磐線特急はいわきで乗り換えすることとなっていました。震災によって特急はいわき以南だけの運行になってしまいましたが、まさかそれが覆され、上野直通特急が復活するとは思ってもいませんでした。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190709.pdf、共同通信ホームページ https://this.kiji.is/519760598277555297、河北新報ホームページ https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190706_72020.html)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧