JR東日本、これから製造する車両全てに防犯カメラを設置

 鉄道車両に車内での犯罪防止のために防犯カメラを設置する動きがあります。JR東日本も山手線の新型車両、E235系に防犯カメラを設置していますが(1両に4か所設置します)、その動きを加速させます。2018年度以降、新たに製造する新幹線、在来線のすべての旅客車両に防犯カメラを設置するのです。防犯カメラの設置費用は10両あたり約5000万円です。通勤車両の場合は1両に4か所、特急の場合は客室に2か所防犯カメラを設置しますが、地方の路線では2か所に減らすことも考えています。防犯カメラの映像は関係する法令や社内規定等に基づき厳正に取り扱い、社員等に徹底します。また、防犯カメラを設置する車両には、防犯カメラが作動していることを表示するステッカーを掲出して乗客に知らせます。

 そして、既存の車両にも、一部は改造により防犯カメラを設置します。「成田エクスプレス」のE259系(全132両)は2019年度春以降、順次設置する予定です。中央線のE353系(投入済みは87両)は2018年度冬以降、順次設置する予定です。常磐線のE657系(全170両)は2018年度冬以降、順次設置する予定です。E259系、E353系、E657系はすでにデッキごとに2か所、防犯カメラを設置していますが(E259系はこれに加えて荷物スペースにも1か所設置)、それに加えて客室にも1両につき2か所、防犯カメラを設置します。既存の車両への改造費用は合計約16億円です。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180403.pdf、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28942840T00C18A4TJ1000/、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000299/20180403-OYT1T50089.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鹿嶋市等、「あやめ」の復活を求める

 かつて、東京と鹿島神宮とを結ぶJR東日本の特急、「あやめ」が走っていました。しかし、その「あやめ」は2015年に廃止され、定期列車だけで見ると鹿島線は普通列車しか走っていません。普通列車も大半は佐原発着で、東京に直通するのは1日1往復だけです。

 鹿島線沿線の鹿嶋市、潮来市などは「あやめ」の復活等を要望していましたが(そのほかの要望事項としては、東京への直通列車増便、鹿島線各駅への交通系ICカード導入、臨時駅の鹿島サッカースタジアムの常設化などがあります)、3月、JR東日本はそれに否定的な見解を地元市長たちに対して示しました。利用者が減り続けていることをその理由としています。なお、2019年秋の茨城国体や2020年の東京オリンピック、パラリンピックのときには臨時列車で対応するようです。

 鉄道だけで見ると鹿島線は日中は2時間に1本しか列車が来ないローカル線に過ぎませんが、東京から潮来や鹿島に行くのは不便ではありません。渋滞が気になるものの、安くて便利な高速バスがたくさん走っているのです。10~20分間隔で、思い立ったときにすぐに乗ることができます。残念ながら、こんな状況ではわざわざ特急列車を走らせる必要はないのです。
(参考:東京新聞ホームぺージ http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201804/CK2018040502000166.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月に大宮6:00発の臨時「はやぶさ」を運転

 先日、大宮発着の新幹線臨時列車についての記事を書いたばかりですが、早速実現することになりました。それは「大人の休日倶楽部パス」が使える期間の6月23日、30日(いずれも土曜日)。大宮発新函館北斗行きの「はやぶさ101号」が走ります。

 「はやぶさ101号」の特徴は、早朝に出発するということ。大宮を6時ちょうどに出るのです。新幹線は夜間に保守作業を行うため、0~6時の間の運転ができません。東京ではなく大宮始発にすることによって、早く目的地に着くのです。東海道新幹線で新横浜6:00発の「ひかり493号」、品川6:00発の「のぞみ99号」が走るのと同じ理屈です。「はやぶさ101号」は、仙台、盛岡、新青森のみに停まり、新函館北斗には9:41に着きます。停車駅が少ないこともあり、定期列車の始発「はやぶさ1号」(東京6:32発、大宮6:58発)より1時間以上も早く新函館北斗に着くのです。途中(北上?)、仙台からの始発「はやぶさ95号」をも追い越します。「はやぶさ101号」はE5系の10両編成で、グリーン車、「グランクラス」(アテンダントサービスなし)もついています。今回の臨時運転での実績が良ければ、運転の機会を増やしてもよいでしょう。埼玉県や東京でも西部なら、大宮から新幹線に乗る、というケースもあります。そういう人には早く北海道に行くことができる、便利な列車です。

 今回の臨時列車は、新幹線1本を運転して終わり、というわけではありません。新函館北斗から先にも臨時列車があります。まず、函館方面には「はこだてライナー」が走ります。新函館北斗9:54発、函館10:09着です。五稜郭にも停まります。札幌方面には、特急「北斗85号」が走ります。函館9:31発、新函館北斗9:51発、札幌13:42着です。定期列車の始発「はやぶさ1号」から乗り継ぐより、1時間弱早く着きます。現状でも、東京-札幌間の日帰りはできますが、札幌滞在時間はたったの4分です。駅の構内で乗り換えるだけしかできず、改札の外に出る余裕すらありません。しかし、「はやぶさ101号」なら札幌滞在時間は1時間ほどありますので、少しですが観光できる余裕はありそうです。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180405.pdf)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北陸新幹線に大宮発着の便ができる?

 東北、上越、北陸の3新幹線が集まる東京-大宮間は、かなり運行本数が多く、これ以上増やすことが難しい状態にあります。北陸新幹線の場合、2017年度の高崎-軽井沢間の利用者数は、2014年度(北陸新幹線開業前)より83%も増えていますが、なかなかそれに応じた増発ができないのです。

 逆に言えば、大宮発着なら、東北、上越、北陸新幹線にもまだまだ余裕があります。1日に就任したばかりの深沢JR東日本社長は、3日の記者会見で、大宮発着便をつくることによって北陸新幹線の増便を図るという考えを明らかにしました。臨時列車として運行するようです。

 すでに大宮発着の新幹線は、東北新幹線で実績があります。東京発着ではないので人気が劣るかもしれませんが、それなら割引切符で人を集めるという方法も採ることができます。
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00588919-hokkoku-l17&pos=1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中央線E233系にトイレ設置

 中央線の快速列車にグリーン車を設置する話は以前に書きましたが、バリアフリー等ほかの施策との工程調整や関係箇所との協議などの都合から、延期されていました。そのグリーン車の計画ですが、再び前に進むことになったのです。

 グリーン車サービスの開始時期は2023年度末となります。2階建てのグリーン車(各90席)を116両製造し、58編成に2両ずつ挟みます。東京寄りの4、5両目です。グリーン車運行区間(東京-大月・青梅間)の全44駅及び車両基地において、駅の改良工事や線路改良、信号改良工事等を行います。東京寄り4両目にはトイレがつくので、車両基地等においても改修工事を行います。費用は地上設備650億円、車両250億円の合わせて900億円を見込んでいます。青梅駅での新ホーム建設工事も再開され、2022年度中に現在の島式1面2線から島式2面3線になります。

 その中央線のグリーン車ですが、ほかの路線のグリーン車とは違う特徴があります。東京駅における短時間での折り返しや、各駅でのスムーズな乗降を可能とするために、グリーン車のドアを片引きドアではなく両引きドアに変更します。出入り口の幅が810ミリから1300ミリに拡大します。

 新しいニュースも入ってきました。普通車にもトイレが設置されるのです。中央線(オレンジの帯のE233系)及び中央線と直通運転を行う青梅線の全ての列車において、トイレが設置されます。車椅子対応のものです。車両改造工事を行い、東京寄り6両目に設置されます。中央線のE233系の中には、10両固定編成(グリーン車を追加して12両編成となります)のほかに、6両と4両に分割することのできるもの(こちらはグリーン車追加によって、8両と4両になります)もありますが、4両のほうにはトイレはありません。そういう意味では不完全ですが(グリーン車の向こうの東京寄り1~3両目もトイレは使えません)、通勤電車にトイレがつくのは阪和線同様、意外です。2018年度以降工事を行い、2023年度に完了します。トイレがついた列車は、2019年度末以降にトイレが使えます。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180402.pdf、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180405-OYT1T50024.html、日刊建設工業新聞ホームぺージ http://www.decn.co.jp/?p=98750)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山田線、列車集中制御装置を導入

 山田線盛岡-茂市間では、列車の制御を各駅で行っています。交換できる駅には駅員がいて、相互に連絡を取り合い、閉塞器により駅間の安全を確認し、運行の管理を行っています。この方式では、いくら利用者の少ない駅でも運転業務のために駅員を配置しなければなりません。山田線の場合、交換することができる上米内、区界、川内、茂市にも駅員がいて、運転業務を行っていました。

 ところが4月22日から盛岡-茂市間において、列車集中制御装置の使用を開始します。信号機やポイント等の操作を盛岡輸送指令室にて行います。交換することができる駅で互いに連絡を取り合う必要がないのです。なお、区界の構内は単線化され、交換ができなくなります。区界の交換設備が撤去されることによって、上米内-川内間の約50キロ以上で列車の交換ができなくなります。

 また、これまで運転業務の都合上、上米内、区界、川内、茂市の各駅には駅員が配置されていましたが、4駅とも無人駅になるようです。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1519261819_1.pdf、岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/2/23/8824)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三陸鉄道宮古-釜石間は2019年3月23日運行開始

 JR東日本山田線の宮古-釜石間(55.4キロ)は東日本大震災以降、運休したままです。この山田線宮古-釜石間を地元の第三セクター、三陸鉄道に移管するという話は以前にも書きましたが、その運行開始日が明らかになりました。2019年3月23日です。当日は土曜日なので、このときに全国的なダイヤ改正を行うのでしょうか?

 現在、三陸鉄道は山田線宮古-釜石間を挟んで、北側が北リアス線、南側が南リアス線となっていますが、山田線宮古-釜石間が三陸鉄道に移管されるため、久慈から盛までの163キロがリアス線となります。国内第三セクター鉄道では最長の路線となります。

 山田線宮古-釜石間はJR東日本が復旧工事を行っていて、秋までにはほぼ終えます。その後、2019年3月まで検査や試運転を行います。2019年3月23日という運行開始日は通学客の新学期が始まる時期などを考慮して決めたもので、当日は現地で出発式などを行うようです。

 移管後のダイヤはどうなるのでしょうか? 基本的には北リアス線、山田線、南リアス線ごとで折り返し運行します。山田線部分は震災前の10往復から若干増え、11~12往復となります。北リアス線、南リアス線は現行と同じ10往復程度です。ただ、1日1~2往復ですが、久慈-盛間の直通運転を行います。観光客の利用を想定した列車で、片道4~4.5時間かかります。ダイヤは2018年度初めに原案を沿線市町村に提示し、2019年初めごろに確定させます。なお、運行開始日の2019年3月23日は宮古-釜石間において2往復だけの特別運行を行い、抽選で乗客を選びます。

 山田線宮古-釜石間の移管に伴い、JR東日本から移管協力金30億円が提供されます。これで運営の支援や激変緩和措置に充てます。赤字が続き、運賃が上がるのですから(首都圏や新幹線の利益をつぎ込むことができないためで、当たり前の話と言えばそうなのですが)。合わせて車両購入費14億円ももらえ、8両を増備します。

 このほか、北リス線内に2019年度にできる新田老を含めた14駅の愛称が発表されました(両端の宮古、釜石を除き、新駅の八木沢・宮古短大、払川を含みます)。
(参考:岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/3/28/10862、https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/3/29/10949、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180329_33014.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20180329-OYTNT50036.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

常磐線グリーン車の車内販売で「Suica」決済可能に

 首都圏には普通列車でもグリーン車を連結した列車があり、車内ではビールなどのアルコール類、ソフトドリンクやおつまみなどを販売しています。その車内販売では意外なことに「Suica」などの電子マネーは利用できず(特急ではクレジットカードも使用できます)、現金で支払う必要がありましたが、2月3日から常磐普通列車グリーン車の車内販売において、スマートフォンを利用したハンディ端末を使った、「Suica」等の交通系電子マネーでの決済サービスを開始します。対象区間は品川-勝田間ですが、一部車内販売を行わない列車や区間があります。

 今回の常磐線での導入は先行導入であり、この結果によって、ほかの首都圏の普通列車グリーン車に本格的に導入するかなどを考えます。なお、車内でのグリーン券の発売は、従来通り、現金決済のみとなります。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20180202.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20180208-581984/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月1日大船渡線BRTダイヤ改正で、速達便登場

 4月1日に大船渡線BRTの陸前高田の移設がなされることは以前に記事にしましたが、その続報です。

 まず、移設されるのは陸前高田だけではありません。高田高校前、高田病院も同じ4月1日に移設がなされるのです。そして、4月1日にはダイヤ改正が行われ、利用者の要望を踏まえて、大船渡線BRTの一部の便が速達化します。高田高校前、高田病院を経由せず、陸前高田から一気に脇ノ沢を目指す速達便なのです。気仙沼-盛間の29本のうち、20本が速達便となります。現行の気仙沼-盛間の最速は81分ですが、速達便は68分と13分の短縮、高田高校前、高田病院を経由する便でも77分と4分短縮します。なお、陸前矢作・陸前高田-盛間の便はすべて高田高校前、高田病院を経由します。このほか、4月1日のダイヤ改正では、気仙沼や盛での鉄道との接続が改善される便があります。最大1時間の接続改善がなされる便もあります。

 新設される栃ヶ沢公園を含めた運賃も決まりました。気仙沼-陸前高田間は500円、陸前高田-盛間は410円、栃ヶ沢公園-陸前高田間が140円です。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1518676306_1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

常磐線の復旧区間は単線になる?

 東日本大震災以降、常磐線で運休したままとなっているのは富岡-浪江間。2020年3月までの運転再開を目指していて、それまではバスで対応しています。

 常磐線四ツ倉-岩沼間は基本的に単線ですが、2か所だけ複線となっているところがあります。広野-木戸間と大野-双葉間です。このうち、大野-双葉間は、現在運休している富岡-浪江間に含まれています。ところが、2020年に大野-双葉間が復旧しても、復旧後は単線となるようです。JR東日本は下り線のみを復旧させ、上り線は緊急時の乗客避難や修繕用の通路とするようです。2016年12月に復旧した相馬-浜吉田間でも交換できない駅があるなどダウンサイジングされています。確かに復旧してもあまり利用されていないようですし、全線復旧後も需要はあまりないと考えられているのでしょうか?
(参考:福島民友ホームぺージ http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180217-244895.php)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧