仙台-気仙沼間に完全ノンストップの臨時快速

 三陸海岸の鉄路は東日本大震災で大きな被害を受け、気仙沼線と大船渡線の一部区間はBRT化されました。BRT化することによって大幅な増便がなされ、駅も増設されましたが、大都市である仙台への速達性は失われました。気仙沼線は比較新しい路線だったので線路状態が良く、仙台への速達列車があったのです。

 ところが、10月から11月にかけての8日間、仙台-気仙沼間に直通臨時快速列車が運行します。かつて気仙沼市が要望していた、直通快速を実現するのです。運行する日は、10月9日(祝)、10日(火)、17日(火)、18日(水)、11月3日(祝)、4日(土)、10日(金)、11日(土)。平日も休日もあります。東北線と大船渡線を経由します。1日1往復します。

 驚くのはそのダイヤ。仙台でのショッピングに便利な、気仙沼8:12発仙台11:10着、仙台18:09発(11月3日は18:11発)気仙沼21:14着なのですが、3時間の間、どこの駅にも停まりません。新幹線の停まる一ノ関さえ停車しない、完全ノンストップなのです。車両は「Kenji」、(大きく改造されたとはいえ貴重な)キハ58の3両編成、定員は130人です。全車自由席です。快速扱いなので、運賃だけで乗車できます。仙台-気仙沼間の運賃は3020円です。

(追記)
 気仙沼からは、新幹線(普通車自由席)と大船渡線を利用する往復割引切符、「気仙沼発 仙台往復きっぷ」も発売されています。発売期間は9月1日から2018年9月27日まで、利用期間は10月1日から2018年9月30日まで、4日間有効で7700円です(子供半額)。通常より2020円お得です。気仙沼、陸前高田、盛の各駅で発売され、仙台では発売されません。仙台側からの往復もできません。
(参考:JR東日本仙台支社ホームぺージ https://jr-sendai.com/upload-images/2017/09/20170913.pdf、JR東日本盛岡支社ホームぺージ https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1503638262_1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消えていく駅の水飲み場

 かつて駅のホームにあった、水飲み場。鉄道会社によって違いますが、全体としては減少傾向にあります。

 JR東日本は、いたずら防止とホーム上の導線確保を目的として、この6年間で約50か所の水飲み場を撤去しました。正直言って管理が必要で、お金を生み出さない水飲み場より、自販機のほうが儲かるでしょう。今後も駅の改修に合わせて撤去を進めていく方針です。

 東京メトロは、他社が管理する分を除いて、2018年5月までに全廃します。2015年1月時点では198か所もありましたが、急に消えていったのです。水飲み場を廃止する理由として東京メトロは、自販機の普及により利用者が減っていることを挙げています。かつてはウォータークーラータイプのものもありましたが、2014年度に全廃されています。

 これとは反対に、東京都交通局は、水飲み場を撤去することはしないようです。駅が公共の場であることを理由にしています。それどころか、車椅子の利用者でも使うことができるように、改良をしています。東武鉄道も廃止の考えはありません。

 中には、名古屋鉄道のように元から水飲み場がなかったり、JR東海のようにO157が問題になったときに撤去したところもあります。近鉄のように駅に上を向いて水が出る蛇口があるものの、水飲み場として認識をしていないところもあります。
(参考:「鉄道ファン」2017年10月号 交友社、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/76376/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

E353系は12月から投入

 JR東日本が新宿-松本間の「スーパーあずさ」に新車、E353系を投入する話は以前からありましたが、それがようやく実行されます。2015年から試験車両の走行を行い、空気ばねで車両を傾けて遠心力を緩和する装置が問題なく作動することが確認できたからです。

 12月初めから投入を行い、2年かけてE351系から切り替えます。ということは、E257系の列車はしばらく残るのでしょうか? JR東日本からの発表が待たれます。
(参考:信毎web http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170908/KT170907ATI090004000.php)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

107系の定期運行は9月に終了、そして一部は上信へ

 JR東日本の107系は、165系を改造してつくった、3扉ロングシートの電車。1988年から、JR東日本発足後初めての自社製造車両として製作されました。日光線用の0代(2両編成8本)はすでに引退し、100代(2両編成19本)は群馬県内を中心に走っています。

 ところが、元は国鉄時代の165系。かなり老朽化しています。そこでJR東日本は9月末で定期運用を終了させます(10月には団体列車の運行があります)。これに伴い、JR東日本高崎支社ではいろいろなイベントが行われます。

 もっとも、これで終わりではありません。23日に2編成4両が上信電鉄に入線しました。どうやら上信電鉄で使われるようなのです。JRではロングシートのために批判もありましたが、短距離ローカル私鉄の上信電鉄なら、そんな問題はないでしょう。

(追記)
 JR東日本から上信電鉄に譲渡されるのは6編成12両です(残り4編成は10月に入線します)。上信電鉄がJR東日本から譲渡を受けるのはこれが初めてです。塗装は今のものから変更し、2018年度以降に運行を開始します。
(参考:JR東日本高崎支社ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20170727_info.pdf、railf.jp http://railf.jp/news/2017/08/24/170000.html、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/07/28/297977.html、上毛新聞ホームぺージ http://www.jomo-news.co.jp/ns/4415039367532966/news.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上越新幹線スピードアップか?

 東北新幹線宇都宮-盛岡間で時速320キロ走行しているのに対して、上越新幹線の最高速度は時速240キロに留まっています。同時期に開業した東北新幹線はもちろんのこと、260キロ止まりの整備新幹線にも劣ります。

 そこでなのか上越新幹線は、大宮-新潟間の速度向上の検討のため、夜間に走行試験を行います。大宮-新潟間において、9月7~9日の深夜に走行安定性や沿線環境対策に関する基礎データを収集するためのものです。

 以前にも書いたように、上越新幹線から2階建て車両が撤退し、2020年度にはE7系とE2系に統一されます。240キロ以上で走ることのできる車両に統一されます。そのときに上越新幹線のスピードアップを行うのでしょうか?
(参考:伊奈町ホームぺージ http://www.town.saitama-ina.lg.jp/0000003414.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道新幹線開業で津軽線の輸送密度が激減

 JR東日本はこのたび、2016年度の輸送密度を発表しました。

 2016年度に大きく減ったのが、津軽線青森-中小国間。2015年度は4202人でしたが、2016年度は763人と2割以下に減っています。原因は明らか。北海道新幹線開業で、これまで「スーパー白鳥」などの特急を利用していた人が新幹線に移行したのです。この区間は貨物列車がたくさん走っていますので廃止されることはないでしょうが、旅客の分野だけ見れば、東北にたくさんある並のローカル線になってしまいました。ちなみに、津軽線の中小国以遠の輸送密度は、2015年度の126人から116人に減っています。本数から見て期待はしていませんでしたが、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅の存在が、津軽線北部の活性化に結び付いていないようです。この傾向は北陸新幹線でも見られ、北陸新幹線開業前の2014年度と2015年度を比較すると、上越線越後湯沢-六日町間が10494人から3105人に、信越線直江津-犀潟間が12407人から4447人に激減していました。上越新幹線ですら高崎-越後湯沢間は36212人から29133人に減っています。

 それにしても気になるのが、ローカル線の輸送密度。鉄路で復旧する方向である只見線会津川口-只見間はたったの37人です。いくら地元が負担してくれるとはいえ、よく復旧を決断したものです。正直言って只見線で鉄道を存続させる価値があるのは、輸送密度が1250人の会津若松-会津坂下間ぐらいで、後の区間は輸送密度は200人もいません(会津坂下-会津川口間は199人、只見-小出間は114人)。ほかの路線も途中の区間で極端に少ないところがあります。陸羽東線は全体で944人ですが(小牛田-古川間は3842人)、鳴子温泉-最上間は95人しか乗っていません。花輪線は全体で377人ですが、荒屋新町-鹿角花輪間は95人しか乗っていません。東北新幹線開業前に急行が走っていた路線でもこの有様です。幹線とされているところでも、区間を区切ると少ないところは散見されます。上越線水上-越後湯沢間の739人、奥羽線新庄-大曲間の981人などです。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/rosen_avr/pdf/2012-2016.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟駅での新幹線と在来線の同一ホームでの乗り換えは2018年春に実現

 以前にも記事にしたように、新潟駅は高架化され、新幹線と在来線は同一ホームで乗り換えできるようになります。新幹線が延伸されるまでの暫定的なものなら新八代や新函館北斗にもありましたが(新函館北斗は現存)、上越新幹線が延伸する計画は今のところなく、恒久的なものとなります。

 どうやら工事は順調に進んでいるようで、2018年の4~6月に供用できるようです。上越新幹線と在来線の間に1本ホームを追加します。上越新幹線11番ホーム発着の列車は両側にホームができることになり(新しく追加されるホームは10番ホームとなります)、特急「いなほ」に乗り換える客は10番ホームで降りて、階段の上り下りなしに乗り換えることができます。ただ、新幹線と在来線の間には改札があるのは残念なことですが。新幹線と在来線を隔てる柵があるために、まっすぐ向かいの列車に乗ることができないのです。無人駅が多い普通列車ならともかく、特急ならば車内で検札できるでしょう。再考を促したいところです。
(参考:新潟市ホームぺージ https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/doro/ekisyu/koujijyoukyou/kojijoukyou.html、新潟日報ホームページ http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170728337523.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nigataeki/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「現美新幹線」が大宮始発に

 走る新幹線の車内で現代美術を鑑賞することができる、「現美新幹線」。普段は新潟県内のみを走っていますが、10月8日と9日、大宮始発で運転されます。新潟県外での営業運転はこれが初めてです。

 JR東日本が企画する8日(9日は阪急交通社、クラブツーリズムが企画)は、大宮9:38発新潟11:24着のダイヤで運転されます。途中停車駅は越後湯沢、浦佐、長岡、燕三条です。E3系の6両編成で、定員は100人です。

 この大宮始発の「現美新幹線」は、旅行商品として販売されます。8月2日から発売します。とはいっても、1人でも利用できる「現地発着コース」というものがあり、片道の「現美新幹線」自由席とオリジナルグッズ(新潟銘菓の「浮き星」)がセットになって、大宮→新潟間が7400円です(長岡行き、燕三条行きの設定もあります)。
(参考:JR東日本ホームぺージ http://www.jrniigata.co.jp/press/290727genbioomiyaniigata.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

竜田-富岡間は10月21日復旧、代行バス区間も大幅増発

 東日本大震災の影響により、常磐線竜田-浪江間は運休が続いていましたが、そのうち竜田-富岡間について、以前にも書いたとおり、10月に復旧することになりました。10月21日に復旧し、代行バス時代と同じく、1日11往復します(震災前は特急を除いても、上下34本の列車が走っていました)。富岡には自動券売機のほか、指定席券売機も設置されるようです。

 これで残る代行バス区間は富岡-浪江間のみとなります(一部は富岡-原ノ町間)。2019年度末に復旧する予定のこの区間、現在は1日に上下合わせて4本しかないのですが、これが上下合わせて11本になります。それなりに利用されているのでしょうか? なお、列車及びバスのダイヤは後日発表されます。

(追記)
 富岡の駅周辺には店が少ないことから、常磐線の運転再開に合わせて、駅の中にコンビニの形態で食品、飲料、タバコ、新聞などを扱う物販スペースと、そばやうどんなどを提供する飲食ブースを設けます。「さくらステーションKINONE」です。営業時間は物販が7~18時、飲食が10~18時の予定です。
(参考:JR東日本水戸支社ホームぺージ http://www.jrmito.com/press/170719/press_02.pdf、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170720_63008.html、福島民報ホームぺージ http://www.minpo.jp/news/detail/2017091645118)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鉄道グッズを売る列車

 すでに満席となっているため、予約することはできませんが、備忘録として記事にします。

 JR東日本は7月16日、全国的にも珍しい展望カーペット列車、「NO.DO.KA」を使った、旅行商品専用列車「上越線てつしょっぷ」を運転します。新潟と水上の間を往復し、車内で鉄道グッズを販売します。3両編成の列車の2号車が販売スペースとなります。販売する鉄道グッズは、駅のホームにあった乗車口案内板、乗務員用懐中時計、115系で冬季に半自動ドアになることを知らせる銘板などです。購入する順番は新潟駅発車後に抽選を行い、一人当たりの購入点数及び購入時間には制限を設けます。

 先ほども書いたように、この列車に乗るには旅行商品を買わないといけません。往復の「上越線てつしょっぷ」乗車券と指定券、約3時間半滞在する水上で利用できる1000円分のクーポン券がセットになって、大人8000円、子供4700円です。
(参考:JR東日本新潟支社ホームぺージ http://www.jrniigata.co.jp/press/20170613tetsushop%20.pdf、http://www.jrniigata.co.jp/travel/domestic/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧