JR東海に鉄道部品販売サイト

 JR東海は本日10月12日の12:00、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」を開設しました。

 このサイトでは東海道新幹線で実際に走っていた700系の部品のほか、JR東海の運転士や車掌が実際に使用した時計などを販売しています。例えば、グリーン車の椅子が80000円、乗務員用腕時計が15000円などです(値段は、消費税、送料込み)。商品は今後、追加されます。なお、商品は数が限られていて、売り切れになる可能性があります。事実、12:00のサイト開設と共に注文が殺到し、1時間ほどでほとんど売り切れました。

 話は変わりますが、JR東海の子会社である日本車両製造について。この日本車両製造は1999年から、日車夢工房という名前で鉄道グッズを販売していました。一時期は栄に店を構え、2004年3月期には5億円以上の売り上げがありましたが、2000年代後半からは他社の参入が相次ぎ、売上は1億円台に落ち込んでいました。そこで日本車両製造は日車夢工房を年内で終了させることにしました。インターネットでの販売は31日深夜まで、電話での受け付けは25日夕方まで受け付けます。販売終了まで在庫処分セールを断続的に行います。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035300.pdf、朝日新聞10月12日朝刊 中部14版、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171012-OYT1T50097.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海が愛知県内などに観光列車

 JR東海は、東海道新幹線という大量に人が乗ってくれる「化け物」があるためか、観光客相手に特化した列車というものは少ないです。専用の車両はなく、「飯田線秘境駅号」など、通常の営業用の車両を使ったものがあるぐらいです。

 ところが8月28日、柘植JR東海社長は、2018年秋に愛知県内を中心に観光列車を走らせる考えを明らかにしました。2018年10月から12月にかけて、JR東海と愛知県は観光キャンペーンを行います。それに合わせて観光列車を走らせるのです。ルートや料金などはまだ決まっていません。車両は既存のものを使うようです。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170828/wst1708280090-n1.html、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD28H6P_Y7A820C1L91000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「のぞみ早特往復きっぷ」、10月で一部を除いて廃止

 名古屋-小倉・博多間を新幹線で速く、かつ安く行くことができる切符があります。「のぞみ早特往復きっぷ」です。名古屋-小倉・博多間の往復が28800円、名古屋-博多間の正規料金(往復「のぞみ」普通車指定席利用、通常期、往復割引あり)に比べて6040円も安いのです。しかしこの「のぞみ早特往復きっぷ」ですが、10月31日利用開始分をもって発売を終了します。

 代替となる商品が、「エクスプレス予約」の早特商品。乗車日の3日前までに予約すればお得になる、「EX早特」が使えます。名古屋-小倉・博多間の「のぞみ」普通車指定席片道が14200円(休日は14000円)です。利用できる「のぞみ」は早朝か昼間に限られていますが、乗車日の21日までの予約でさらに安く乗ることができる、「EX早特21」もあります。名古屋-小倉・博多間が13000円です。主要交通系ICカードと既存のクレジットカードを使う「スマートEX」でも、同様のサービスが受けられます。ただし、年末年始等の繁忙期には、「エクスプレス予約」、「スマートEX」ともに利用できない期間があります。

 「のぞみ早特往復きっぷ」の発売終了は名古屋-九州間に限りません。どうやら東京・新横浜-山陽・九州間のものも10月31日利用開始分をもって発売を終了します。残るのは山陰や四国から東京や新横浜に向けてのものだけとなります。代替商品については明らかにはされていませんが、名古屋-九州間と同様、「エクスプレス予約」等になることでしょう。山陰や四国からのものが残るのも、新幹線から外れているので、「エクスプレス予約」等が使えないからでしょう。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034884.pdf、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nozomi-hayatoku/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スマートEX」にもいろいろな割引

 新たにJR東海やJR西日本のクレジットカードを申し込まなくても、「Suica」等のICカードがあれば、東海道・山陽新幹線のインターネット予約ができる、「スマートEX」。9月30日からサービスを開始します。

 「スマートEX」での値段は、正規の値段から200円安いもの。「スマートEX」は通常の切符とは異なり、特定都区市内制度が使えません。そのため、若干安くなっているのです(在来線部分は別に切符を買う必要があるため、乗車区間によっては通常の切符のほうが安いということもあります)。

 意外だと思ったのが、往復割引のほか、「EX早特」などの割引商品の設定もあること。しかも、その内容と金額は、「エクスプレス予約」と同じなのです。新たにクレジットカードをつくり、年会費を払わなくても、お得に東海道・山陽新幹線が使えるのです。逆に言えば、「エクスプレス予約」の存在意義がなくなるぐらいです。

(追記)
 9月30日からは、「スマートEX」利用者も、使用開始時から24、48、72時間に限り、東京メトロと都営地下鉄が乗り放題の「Tokyo Subway Ticket」を購入することができます。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_11021.html、東京メトロホームぺージ http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20170926_90.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消えていく駅の水飲み場

 かつて駅のホームにあった、水飲み場。鉄道会社によって違いますが、全体としては減少傾向にあります。

 JR東日本は、いたずら防止とホーム上の導線確保を目的として、この6年間で約50か所の水飲み場を撤去しました。正直言って管理が必要で、お金を生み出さない水飲み場より、自販機のほうが儲かるでしょう。今後も駅の改修に合わせて撤去を進めていく方針です。

 東京メトロは、他社が管理する分を除いて、2018年5月までに全廃します。2015年1月時点では198か所もありましたが、急に消えていったのです。水飲み場を廃止する理由として東京メトロは、自販機の普及により利用者が減っていることを挙げています。かつてはウォータークーラータイプのものもありましたが、2014年度に全廃されています。

 これとは反対に、東京都交通局は、水飲み場を撤去することはしないようです。駅が公共の場であることを理由にしています。それどころか、車椅子の利用者でも使うことができるように、改良をしています。東武鉄道も廃止の考えはありません。

 中には、名古屋鉄道のように元から水飲み場がなかったり、JR東海のようにO157が問題になったときに撤去したところもあります。近鉄のように駅に上を向いて水が出る蛇口があるものの、水飲み場として認識をしていないところもあります。
(参考:「鉄道ファン」2017年10月号 交友社、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/76376/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豊橋7:48発浜松行きに関する備忘録

 今日、8月13日のことですが、NHKの「大河ドラマ」の舞台になっている井伊谷(浜松市北区)などに行ってきました。そのときに使った東海道線、天竜浜名湖鉄道の様子を備忘録として残します。


 豊橋7:48発浜松行きは373系の6両編成だった。ロングシートを覚悟していたのでラッキー、ただ座席はほぼ満席。終点の浜松でそのまま「ホームライナー静岡36号」になると思ったらそうではなく、「ホームライナー静岡36号」は別のホームから発車する。乗ってきた列車は豊橋に折り返すのだ。「ホームライナー静岡36号」は3両編成。2席を1人で使えるぐらいの、ほどほどの埋まり具合。

 掛川からは天竜浜名湖鉄道に乗るが、「大河ドラマ」の影響か(「いいね!直虎1Dayパス」を持っている人が少なからずいた)、立っている人は少ないものの、座席は結構埋まっている。行きの掛川8:58発、帰りの気賀15:17発ともによく乗っていた。ローカル線とはいえ1時間に1本列車があり、そんなに不便ではない。「大河ドラマ」が終わってからもこの勢いを続けてもらいたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2019年春、「TOICA」利用エリア拡大、愛知環状鉄道にも

 JR東海のICカード、「TOICA」。2019年春、その利用エリアが拡大します。

 拡大する区間は東海道線柏原-醒ケ井間の3駅、御殿場線下曽我-足柄間の9駅、関西線南四日市-亀山間の6駅、合わせて3路線18駅です。拡大する区間はいずれも他社との境付近にありますが、JR東海が管理する亀山は除いて、下曽我、醒ケ井はいずれも他社との境界のひとつ手前の駅です。少なくとも表向きは、他社とまたいで利用することはできないのです。

 また、「TOICA」エリアはJR東海に限られていましたが、他社に拡大します。それは愛知環状鉄道、両端がJR東海の路線に接続し、一部列車は中央線から直通します。JR東海との関連が密接な会社です。利用者が多い鉄道だけにICカードの導入が望まれていたところですが、ようやく実現することとなりました。愛知環状鉄道では全23駅で利用できるようになります。主要駅では「TOICA」や「TOICA定期券」も発売します。もっとも、愛知環状鉄道で「TOICA」が使えるようになれば、岡崎経由か高蔵寺経由かはたまた全線を乗りとおすのか区別がつかないようになりますが、それは直通運転のない岡崎に中間改札を置くことによってカバーするのでしょうか?

 このほか、「TOICA定期券」について、主要駅に設置している指定席券売機でも購入できるようになりました(通学証明書の提出等が必要な場合は従来通り、窓口での対応になります)。クレジットカードも使えます。

 なお、「TOICA」利用エリア拡大にかかる費用は9億円、愛知環状鉄道に導入するための費用は約30億円です。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034520.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK7T5HD3K7TOIPE02H.html、愛知環状鉄道ホームぺージ http://www.aikanrailway.co.jp/pdf/PressRelease29_67.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「エクスプレス予約」、9月2日から大幅変更

 東海道・山陽新幹線を格安に利用することのできる、「エクスプレス予約」。この「エクスプレス予約」ですが、9月2日から大きく変わります。

 まず新しい商品としては、意外な感じもしますが、往復割引。片道の営業キロが601キロ以上ある区間に設定されます。例えば、東京-広島間の場合、正規の運賃・料金が往復割引適用後で17910円、「EX予約サービス」(片道)が17660円のところ、「EX予約サービス」(往復割引)では16290円となります。席数の制約がなく、発車直前でも買うことができるのが特徴です。早めに予約すればお得になる「早特商品」については全面的なリニューアルがなされ(従来からのは終了します)、6種類あるすべての商品について複数人での利用ができるようになります。

 「エクスプレス予約」も通常と同様、乗車日1か月前からの発売となりますが、事前申込サービスを開始します。発売開始日のさらに7日前から事前予約ができます。

 既に持っているクレジットカードで始めることができる、「プラスEX」。これについてもサービス内容を拡充し、「エクスプレス予約」に統合します。年会費は従来の年間540円から1080円に上がりますが、山陽新幹線でも使え、東海道新幹線は安くなります。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034308.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海、ハイブリッド方式特急車両を投入

 JR東海は非電化区間の特急、「ひだ」、「南紀」用に85系を使っています。しかし、85系も分割民営化後につくられたとはいえ、30年近く経過しています。そろそろ取り換えの時期です。そんな中、JR東海は85系置き換え用の新型特急車両を製造することを発表しました。

 2017年末から試験走行を行うその車両はハイブリッド方式。エンジンで発電した電力と、ブレーキ時等に蓄電池に貯めた電力を組み合わせて使用し、モーターで走行します。このモーターで走行するというのがキーポイントで、ディーゼルカー特有の回転部品が不要となり、乗り心地を悪化させる要素であるギアチェンジも解消されます。エンジンは1両あたり2台から1台に減ること、及び駅停車時のアイドリングストップの採用等によって、静粛性や乗り心地が向上します。蓄電池に貯めた電力を加速時や停車時に使用するため、燃費が約15%向上します。二酸化炭素の排出量は約15%減ります。電車と同様の機器を採用するため、メンテナンスがしやすくなり、コストの削減が図れます。最高速度はハイブリッド方式の鉄道車両では国内初の時速120キロを目指します。

 車両のデザインは白地にオレンジの帯で、近鉄特急の新塗装を思い出させます。接客設備面での特徴的な事柄は、グリーン車へのセミアクティブダンパ、客室内荷物スペース、全座席へのコンセント、温水洗浄機能付き洋式トイレ、改良型ハンドル形電動車椅子に対応した車椅子スペース、オストメイト対応多機能トイレ、客室とデッキへの防犯カメラ、LED照明が挙げられます。

 新型特急車両はまず試験走行車として1編成4両をつくります。車両は2019年末に完成しますが、1年程度、ハイブリッド技術確立のための試験を行います。量産車は2022年度に投入する予定です。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034155.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK675TWJK67OIPE01B.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

大宮発着の「はやぶさ」

 5月19日、JRグループは7月1日から9月30日までの臨時列車の運行予定を発表しました。

 JR北海道関連では北海道新幹線「はやぶさ」の増発がありますが(8月15日、16日は仙台発新函館北斗行きの「はやぶさ289号」も運転されます)、やはり取り上げたいのは旭山動物園への臨時列車。これまではディーゼルカーで運転されていましたが、この7月と8月の休日は、定期列車の「ライラック5号」、「ライラック38号」を同じダイヤ、同じ車両のまま「ライラック旭山動物園号」として走らせます。グリーン車のある6両編成の車両を使いますが、グリーン車部分は記念撮影スペースとなり(旭山動物園の動物をデザインした記念撮影用シートもあります)、使えません。また、3号車は自由席から指定席になります。それでは、これまでのディーゼルカーはどうなったのでしょうか? これまで使われてきたキハ183系の「旭山動物園号」は老朽化のため、引退してしまったのです。運用の都合で一時的に走らせることはあるようですが、早ければ2017年度末に廃車になるのです。お金がないので後継車両がつくられず、定期列車を間借りするかたちで実質的な後継とするのでしょう。

 東北新幹線等JR東日本の新幹線も多数の臨時列車が運行されますが、注目は7月と9月の3連休に1本ずつ運転される、「はやぶさ69号」と「はやぶさ68号」。大宮発着なのです。大宮-新青森間の運転なのです。東北、上越、北陸新幹線は共有する東京-大宮間がネックになっていますが、それがゆえに大宮以北には余裕があります。わざわざ大金をかけて別線をつくらなくても(北陸新幹線の西のほうは、いろいろな事情で東海道新幹線に乗り入れることの確約ができず、新大阪まで別線をつくらないといけなくなりましたが)、東京-大宮間で少々ゆっくり走ればそれなりに多く走らせることができるのです。通勤鉄道ならば複線の設備でもっと多くの列車を走らせることができているのですから。大宮発着便は東京発着に比べて人気が落ちるでしょうから、割引切符で誘導するという方法もあります。

 7月からは「信州デスティネーションキャンペーン」が始まります。仲が悪いと言われるJR東日本とJR東海ですが、両社をまたぐ臨時列車が運転されます。ひとつは首都圏から木曽路に直通する「木曽あずさ号」(新宿-南木曽間、辰野経由)、189系の6両編成(全車指定席)で、期間中に3往復運転されます。もうひとつは名古屋から諏訪方面への「諏訪しなの号」(名古屋-茅野間)、383系の6両編成(全車指定席)で、期間中に4往復運転されます。木曽路に行く快速「いろどり木曽路号」(中津川-長野間)もあります。全車グリーン車指定席の485系6両編成で、期間中に2往復運転されます。小海線にはキハ110系と110系の2両編成(全車指定席)の「HIGH RAIL 1375」です。7月から9月の休日を中心に運転されます。ダイヤは「HIGH RAIL 1号」が小淵沢10:30発小諸12:31着、「HIGH RAIL 2号」が小諸14:22発小淵沢16:54着、「HIGH RAIL 星空」が小淵沢18:20発小諸21:51着です。飯田線には313系3両編成ながら全車指定席の快速「飯田線リレー号」が「木曽あずさ号」と同じ日に運転されます。飯田線にはこのほかにも211系や313系の臨時列車が運転されます。静岡地区では、春に引き続いて、三島23:47発の静岡行きの臨時快速を金曜日を中心に運転します。富士までは各駅に、その後は清水のみに停まります。静岡には0:38に着きます。

 最後に夜行列車について紹介します。東京-出雲市間の「サンライズ出雲91号」、「サンライズ出雲92号」がお盆期間中に2往復、東京-大垣間の「ムーンライトながら」が東京発7月21日~8月19日の運転(大垣発は翌日)、新宿発白馬行きの「ムーンライト信州91号」が期間中に17本運転されます。金曜日、休日前には「サンライズ瀬戸」を琴平まで延長します。

(追記1)
 大宮発着の「はやぶさ69号」、「はやぶさ68号」にも「グランクラス」はありますが、車内サービスはありません。

(追記2)
 「飯田線リレー号」には、313系8000番台が使われました。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170519-1.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170519-2.pdf、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170510.pdf、http://www.jreast-timetable.jp/1707/train/185/185791.html、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2005%2019%2001.pdf、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0401608.html、産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/170520/lif1705200055-n1.html、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/05/24/295172.html、静岡新聞ホームぺージ http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/362955.html、http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/322643.html?news=362955、「鉄道ファン」2017年10月号 交友社)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧