2018年3月ダイヤ改正発表(3)(JR東海、JR四国、JR貨物)

 次は、JR東海です。

 今回のダイヤ改正でも、時速285キロ運転をする列車が増え、一部「のぞみ」の所要時間が短縮されます。また、休日やその翌日などの早朝、名古屋発東京行きの臨時「のぞみ」が増発されます。名古屋6:28発の「のぞみ90号」で、定期列車の始発「のぞみ92号」に比べ、東京には9分早い8:07に着きます。品川着は7:59で、ギリギリながら7時台に東京都区内に着くことになります。この「のぞみ90号」に接続する列車として、休日に限り、刈谷5:50発名古屋6:21着の普通列車が増発されます。

 高山線の「ひだ」については、下りの「ひだ15号」以降の運転時刻を変更します。おおよそ2時間間隔の運転となり、最終の「ひだ19号」は名古屋20:18発、高山22:49着となります。「ひだ」など3列車のみ残っていた「L特急」の名称はなくなります(そのまま特急として走り続けますので、利用する面においては変わりません)。小田急と直通する「あさぎり」は、富士急と紛らわしいですが、「ふじさん」に改名されます。英語では「Mt.Fuji」です。中央線の22時以降の名古屋方面の列車は、10分間隔になります。この影響で中津川発の名古屋行き最終列車も8分遅くなり、22:21発となります。武豊線で休日のみ走っている快速は区間快速になり、武豊線内が各駅停車になります。このほか、リニア新幹線の工事のため、名古屋駅の2番線は使用を停止します。プレスリリースでは東海道線の上りダイヤ変更についてのアナウンスはありませんが、こまごました変更はあるでしょう。2番線の使用停止は1年ほどで、その後は1番線を使用停止します。

 JR四国では、高徳線の特急「うずしお」に早朝便ができます。高松6:12発、徳島7:31着の「うずしお1号」で、高松に住み、徳島の会社に通勤している人が単身赴任しないで済みます。この「うずしお1号」も2600系で運転され、2600系で運転される列車がこれまでの3往復から4往復になります。反面、高松23:20発の「うずしお33号」は、利用者が少ないため廃止となります。また、鳴門22:17発の徳島行きが増発されます。この列車は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでナイトゲームをするときに運転される臨時列車であり、これが定期列車が格上げされることになります。

 JR貨物は、中長距離区間の輸送力を拡充します。吹田貨物ターミナル-陸前山王間(仙台臨海鉄道線直通)にこれまでなかった深夜発のコンテナ列車を新設します。大手自動車メーカーの要望に応えて、相模貨物-北九州貨物ターミナル間で自動車部品輸送を開始します。そのほか、関東から九州への輸送力を増強し、コンテナ列車の速達化を図ります。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035934.pdf、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2012%2015%2002.pdf、JR貨物ホームぺージ http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/201712daiya.pdf、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20171216/k00/00m/040/140000c、https://mainichi.jp/articles/20171216/k00/00e/040/244000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「愛知デスティネーションキャンペーン」で愛知県内10社乗り放題のフリー切符

 以前にも出たですが、2018年の10月から12月にかけて、愛知県を対象にしたデスティネーションキャンペーンを行います。「愛知デスティネーションキャンペーン」です。愛知県が対象になるのは、愛知万博が開催された2005年以来です。

 この「愛知デスティネーションキャンペーン」期間中、JR東海は愛知県内にある10の鉄道会社に乗り放題のフリー切符を発売する計画です。JR東海、名鉄、近鉄、地下鉄のほか、あおなみ線、ガイドウェイバス、リニモ、東海交通事業、愛知環状鉄道、豊橋鉄道にも乗ることができるようです。県内すべての鉄道会社に乗ることができるのです。どんな切符になるのでしょうか? 値段はそれほど高くはないのでしょうか?

 またJR東海は、おもてなし武将隊などとタイアップした観光列車を走らせる予定です。JR東海の路線だけでなく、愛知環状鉄道にも乗り入れることを考えているようです。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20171101/ddl/k23/040/213000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海、「ひだ」の利用者増加で高山、下呂両駅のトイレなど改善

 高山は外国人にも人気のある観光地。当然高山線に乗って高山に行く訪日外国人も増えています。JR東海によれば、「ひだ」の利用者はこの3年間で15%も増えています。「君の名は。」の需要もあるでしょうが、訪日外国人も貢献していることでしょう。乗車の2割か3割が外国人だそうです。そこでJR東海は下呂、高山の両駅において、外国人を念頭に置いた設備の改良を行いました。

 高山駅には、日本語・英語・韓国語・中国語の4か国語に対応し(音声でも案内することができます)、クレジットカードも使用することができる指定席券売機を設置します。日本の地理がよくわからない訪日外国人でも目的地を入力すれば乗継経路を案内する機能が付き、11月1日から使用を開始しています。また、高山駅のトイレは2016年10月の橋上駅舎化に伴い、洋式になりましたが、3月に温水洗浄機能を追加しています。

 下呂駅も10月27日から温水洗浄機能の付いた洋式トイレになっています(高山、下呂両駅のトイレは全て温水洗浄機能の付いた洋式トイレになりました)。9月30日からは訪日外国人などの荷物の多い人に対応するため、下呂駅の改札口の通路幅を広げています。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035297.pdf、岐阜新聞ホームぺージ http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20171012/201710120854_30706.shtml)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豊橋駅に運賃箱設置

 ワンマン運転されている路線で無人駅から乗る場合、乗客は乗車口にある整理券発券機から整理券を取って車内に入ります。無人駅で降りる場合は運転士横の運賃箱で運賃を払いますが、有人駅の場合はそのまま降りて駅で精算します。ところが、利用者の多い駅では清算を求める客で混雑することがしばしばあります。飯田線の南のターミナル、豊橋駅もそのひとつです。定期券利用者の多い朝よりも、休日の夕方や沿線でイベントが行われたときのほうが混雑しています。

 そこで10月5日から豊橋駅に設置したのが、バスでよく見かける運賃箱。在来線改札口の隣に、2台設置しています(これに加えて、予備が1台あります)。飯田線からの乗客が自ら運賃箱で精算するのです。精算しやすいように、整理券にはバーコードが印字されるようになりました(これまではバーコードがないため、駅係員が目で整理券を確認して、運賃を精算させる必要がありました)。バーコードの付いた整理券を運賃箱に投入すると、機械がそれを読み取って、運賃がディスプレイに表示されます。その運賃を運賃箱に入れたらいいのです。

 この運賃箱を納入したレシップ(本巣市)によれば、整理券読み取り機能付きの運賃箱を導入したのは、豊橋駅が初めてのようです。JR東海は利用状況によって、ほかの駅にも拡大することを考えているようです。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/78825、岐阜新聞ホームぺージ http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20171019/201710190907_30760.shtml)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

臨時「かがやき」、新高岡停車は休日のみ

 JR各社は、2017年12月1日から2018年2月28日までの90日間に運行する冬の臨時列車について発表がありました。

 今回の最大の話題は、臨時「かがやき」。「かがやき」の停車駅は上野(一部は通過)、大宮、長野、富山のみですが、毎日臨時の「かがやき」が走っていて、そのうちの1往復は新高岡に停まっていました。2015年3月の開業以来毎日欠かさず運行を続けてきましたが、今回の冬の臨時列車で、ついにその新高岡停車列車が休日中心になります。金沢行きの「かがやき539号」は日曜日中心、東京行きの「かがやき536号」は土曜日中心に走ります。高岡市は新幹線駅が郊外にあるため、中心部に住んでいる人にとっては使いづらいですが、車での利用は便利です。そこで、富山県西部のほか、能登や飛騨と連携し、「かがやき」の定期列車化を目指していましたが、逆の方向になってしまいました。なぜ新高岡停車の「かがやき」は週末だけになったのでしょうか? それは、乗車人数が思ったよりも増えなかったのです。目標は1日500人の増加だったのですが、そこまでいかなかったようです。なお、臨時の「かがやき」は今シーズン、「はくたか」と合わせて最大8往復が走ります。

 それでは、それ以外の臨時列車について、北から順に取り上げていきます。JR北海道では、年末年始のほか2月の「さっぽろ雪まつり」の時期にも「北斗」の増発を行います。「さっぽろ雪まつり」のシーズンである2月9日から22日に運転されるのが、「北斗88号」と「北斗95号」。「北斗88号」は札幌発函館行きですが、「北斗95号」は洞爺発札幌行きの比較的短距離の運転です。洞爺10:48発札幌13:05着です。いずれも4両編成で、グリーン車や車内販売はありません。11月に復旧する山田線では、年末年始(12月29~31日、1月1~3、6~8日)にキハ58、28(「Kenji」)を使用する、快速「ふるさと宮古」を走らせます。盛岡-宮古間に1日1往復します。

 高山線では5月に走った「ぬくもり飛騨路号」が、12月にも走ります。急行扱いで、往路の名古屋発高山行きが12月2、9、16日、復路の飛騨古川発名古屋行きがその翌日に走ります。静岡を早朝の6:07に出る「ふじかわ61号」は1月1日のみの運転です。初詣用でしょうか? ちなみに復路の「ふじかわ62号」は1月2、3日、それと大学入試帰り用の2月25日に走ります。

 紀勢線では、「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」車両を使った「くろしお」が走ります。新大阪発白浜行きの「くろしお87号」が12月30日に、白浜発新大阪行きの「くろしお94号」が1月2日に走ります。9月2日に客車が復刻デビューした「やまぐち」号は、12月24日までの土日に走ります。正月は「津和野稲成」号として、1月1日~3日に3日間連続で走ります。

 最後に、夜行列車。東京-出雲市間の「サンライズ出雲92号」、「サンライズ出雲91号」は年末年始に走ります。285系7両編成を使い、「サンライズ出雲92号」は12月26日、29日、1月2日、「サンライズ出雲91号」はその翌日に走ります。東京-大垣間の「ムーンライトながら」は185系の10両編成で、東京発が12月22日から1月2日、大垣発はその翌日に走ります。新宿発白馬行きの「ムーンライト信州81号」は189系6両編成で、12月29、30日に走ります。「サンライズ瀬戸」は12月31日、1月1、5~7日の5日間、琴平まで延長されます。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171117-1.pdf、JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20171011.pdf、JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035419.pdf、JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/171020_00_rinji%20%28NXPowerLite%29.pdf、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2010%2020%2001.pdf、Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00088549-kitanihon-l16)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海に鉄道部品販売サイト

 JR東海は本日10月12日の12:00、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」を開設しました。

 このサイトでは東海道新幹線で実際に走っていた700系の部品のほか、JR東海の運転士や車掌が実際に使用した時計などを販売しています。例えば、グリーン車の椅子が80000円、乗務員用腕時計が15000円などです(値段は、消費税、送料込み)。商品は今後、追加されます。なお、商品は数が限られていて、売り切れになる可能性があります。事実、12:00のサイト開設と共に注文が殺到し、1時間ほどでほとんど売り切れました。

 話は変わりますが、JR東海の子会社である日本車両製造について。この日本車両製造は1999年から、日車夢工房という名前で鉄道グッズを販売していました。一時期は栄に店を構え、2004年3月期には5億円以上の売り上げがありましたが、2000年代後半からは他社の参入が相次ぎ、売上は1億円台に落ち込んでいました。そこで日本車両製造は日車夢工房を年内で終了させることにしました。インターネットでの販売は31日深夜まで、電話での受け付けは25日夕方まで受け付けます。販売終了まで在庫処分セールを断続的に行います。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000035300.pdf、朝日新聞10月12日朝刊 中部14版、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171012-OYT1T50097.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR東海が愛知県内などに観光列車

 JR東海は、東海道新幹線という大量に人が乗ってくれる「化け物」があるためか、観光客相手に特化した列車というものは少ないです。専用の車両はなく、「飯田線秘境駅号」など、通常の営業用の車両を使ったものがあるぐらいです。

 ところが8月28日、柘植JR東海社長は、2018年秋に愛知県内を中心に観光列車を走らせる考えを明らかにしました。2018年10月から12月にかけて、JR東海と愛知県は観光キャンペーンを行います。それに合わせて観光列車を走らせるのです。ルートや料金などはまだ決まっていません。車両は既存のものを使うようです。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170828/wst1708280090-n1.html、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD28H6P_Y7A820C1L91000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「のぞみ早特往復きっぷ」、10月で一部を除いて廃止

 名古屋-小倉・博多間を新幹線で速く、かつ安く行くことができる切符があります。「のぞみ早特往復きっぷ」です。名古屋-小倉・博多間の往復が28800円、名古屋-博多間の正規料金(往復「のぞみ」普通車指定席利用、通常期、往復割引あり)に比べて6040円も安いのです。しかしこの「のぞみ早特往復きっぷ」ですが、10月31日利用開始分をもって発売を終了します。

 代替となる商品が、「エクスプレス予約」の早特商品。乗車日の3日前までに予約すればお得になる、「EX早特」が使えます。名古屋-小倉・博多間の「のぞみ」普通車指定席片道が14200円(休日は14000円)です。利用できる「のぞみ」は早朝か昼間に限られていますが、乗車日の21日までの予約でさらに安く乗ることができる、「EX早特21」もあります。名古屋-小倉・博多間が13000円です。主要交通系ICカードと既存のクレジットカードを使う「スマートEX」でも、同様のサービスが受けられます。ただし、年末年始等の繁忙期には、「エクスプレス予約」、「スマートEX」ともに利用できない期間があります。

 「のぞみ早特往復きっぷ」の発売終了は名古屋-九州間に限りません。どうやら東京・新横浜-山陽・九州間のものも10月31日利用開始分をもって発売を終了します。残るのは山陰や四国から東京や新横浜に向けてのものだけとなります。代替商品については明らかにはされていませんが、名古屋-九州間と同様、「エクスプレス予約」等になることでしょう。山陰や四国からのものが残るのも、新幹線から外れているので、「エクスプレス予約」等が使えないからでしょう。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034884.pdf、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nozomi-hayatoku/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スマートEX」にもいろいろな割引

 新たにJR東海やJR西日本のクレジットカードを申し込まなくても、「Suica」等のICカードがあれば、東海道・山陽新幹線のインターネット予約ができる、「スマートEX」。9月30日からサービスを開始します。

 「スマートEX」での値段は、正規の値段から200円安いもの。「スマートEX」は通常の切符とは異なり、特定都区市内制度が使えません。そのため、若干安くなっているのです(在来線部分は別に切符を買う必要があるため、乗車区間によっては通常の切符のほうが安いということもあります)。

 意外だと思ったのが、往復割引のほか、「EX早特」などの割引商品の設定もあること。しかも、その内容と金額は、「エクスプレス予約」と同じなのです。新たにクレジットカードをつくり、年会費を払わなくても、お得に東海道・山陽新幹線が使えるのです。逆に言えば、「エクスプレス予約」の存在意義がなくなるぐらいです。

(追記)
 9月30日からは、「スマートEX」利用者も、使用開始時から24、48、72時間に限り、東京メトロと都営地下鉄が乗り放題の「Tokyo Subway Ticket」を購入することができます。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_11021.html、東京メトロホームぺージ http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20170926_90.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

消えていく駅の水飲み場

 かつて駅のホームにあった、水飲み場。鉄道会社によって違いますが、全体としては減少傾向にあります。

 JR東日本は、いたずら防止とホーム上の導線確保を目的として、この6年間で約50か所の水飲み場を撤去しました。正直言って管理が必要で、お金を生み出さない水飲み場より、自販機のほうが儲かるでしょう。今後も駅の改修に合わせて撤去を進めていく方針です。

 東京メトロは、他社が管理する分を除いて、2018年5月までに全廃します。2015年1月時点では198か所もありましたが、急に消えていったのです。水飲み場を廃止する理由として東京メトロは、自販機の普及により利用者が減っていることを挙げています。かつてはウォータークーラータイプのものもありましたが、2014年度に全廃されています。

 これとは反対に、東京都交通局は、水飲み場を撤去することはしないようです。駅が公共の場であることを理由にしています。それどころか、車椅子の利用者でも使うことができるように、改良をしています。東武鉄道も廃止の考えはありません。

 中には、名古屋鉄道のように元から水飲み場がなかったり、JR東海のようにO157が問題になったときに撤去したところもあります。近鉄のように駅に上を向いて水が出る蛇口があるものの、水飲み場として認識をしていないところもあります。
(参考:「鉄道ファン」2017年10月号 交友社、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/76376/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧