無線式ATCは和歌山線橋本-和歌山間に

 旧型の105系に代わって227系が投入される和歌山線に、新たな技術を導入する話があります。

 それは、以前にも紹介した、無線式ATC。橋本-和歌山間に導入します。JR西日本の在来線では初めてのATC導入となります。無線式ATCは、列車の位置を連続的な無線通信によって把握し、前方にある列車の位置から後方の列車がブレーキをかけるべきかどうかを決め、列車間の安全な間隔を確保するというシステムです。この無線式ATCの導入により、異常が発生し急に速度規制をかけないといけない場合でも、無線で列車に情報を伝え、ブレーキを自動でかけることができます。これまでのATSとは違って、地上子のあるところ以外でも情報を伝えることができます。また、地上子やケーブル、信号機の設備が要らなくなるので(ATSでは信号の情報を後方の列車に伝えるために、地上子やケーブルが要ります)、地上の設備がシンプルになります。メンテナンスもしやすくなります。線路の保守費用も1割から3割、減らすことができます。

 無線式ATCは、2023年の春に一部列車に対して導入し、2024年春には和歌山線用227系全列車に対して導入を完了する予定です。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12408.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12413.html、和歌山放送ホームぺージ https://wbs.co.jp/news/2018/05/27/118994.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北新幹線等も交通系ICカードで乗車可能に

 東海道・山陽新幹線は交通系ICカードで乗車することができますが、JR東日本などが運営する東北新幹線等はこれまで、首都圏のごく一部の区間を除いては交通系ICカードでの乗車はできませんでした。

 しかし、JR東日本、JR北海道、JR西日本の3社は、2019年度末を目標に、交通系ICカードを新幹線の自動改札機にタッチするだけで乗車できるようにします。この新しいサービスは、「えきねっと」もしくは「e5489」で予約し(指定席も自由席も可能です。運賃と料金がセットになった商品を購入します)、手持ちの交通系ICカード(「Suica」、「Kitaca」、「ICOCA」)を登録すれば、自動改札機にタッチするだけで新幹線に乗車することができるのです。事前に駅の窓口や券売機で切符を買う必要がないのです。「スマートEX」のように、クレジットカードも要りません。同一列車、同一行程なら1回の予約で6人まで乗車することができます(交通系ICカードは各自が持つ必要があります)。子供もこのサービスで乗車することができます。JR東日本の「タッチでGo!新幹線」を発展させたものと言えるでしょう。なお、JR東日本の「モバイルSuica特急券」はこのサービスの開始に合わせて終了します。

 新しいサービスが提供される区間は、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の停車駅相互間。ただし、「e5489」の場合は、北陸新幹線に限ります。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/06/page_12470.html)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

JR西日本、新快速に有料座席

 京阪神を高速で駆け抜ける、新快速。新快速は東は敦賀、西は姫路といったかなりの距離を走り、長い距離を乗る人もいます。座席もそれに対応して転換クロスシートを備えていますが、速さを武器にする人気列車ですので、立っている人も結構多いです。

 その新快速ですが、JR西日本は有料座席を導入することを検討しています(指定席にするか、自由席にするかはこれから決めます。運行区間も未定です)。中期経営計画の最終年度となる2022年度までに実現することを目指しています。新快速に有料座席を連結する方法のほかに、別に着席用の列車を走らせるという話もあります。

 関西ではJRも私鉄も自慢の車両を無料の列車として走らせているため、有料の列車を走らせても意味はないと言われています。しかし、近鉄や南海は昔から有料の列車を走らせていますし、京阪泉北など、新たに有料列車を走らせるところもあります。JRは国鉄時代、東海道・山陽線の快速にグリーン車を連結していましたが、JRになる前に廃止になってしまいました。その反省を踏まえて、どのようなサービスを提供するか、楽しみです。

 なお、京阪神間でライバルとなっている阪急は、乗車時間が短く、ニーズが高くないとして、有料座席の導入に否定的です。
(参考:ニュースイッチホームぺージ https://newswitch.jp/p/13210、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180606/k00/00e/020/274000c)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

JR西日本、広島県と島根県に1億円の寄付

 JR西日本は三江線を廃止する際、沿線の広島、島根の両県と6市町に17億5700万円の負担を行いました。代替バスの運行経費などのためです。

 結構な金額ですが、JR西日本はさらに広島、島根の両県に合わせて1億円の寄付を行いました。内訳は広島県が3000万円、島根県が7000万円です。

 寄付の使い道は決められていません。両県が沿線自治体に配ることもできますが、「三江線沿線地域の活性化のため」という名目から、代替バスの利便性向上や利用促進など、代替バス関連に使われるとも言われています。国からの補助金が見込み通りにもらえなかったので、それをある程度は埋めることになるのでしょう。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180525/ddl/k32/010/365000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本の2020年代の置き換え計画

 hanwa0724さんのblogで、面白い記事を見つけましたので、当blogでも取り上げることにします。


 JR西日本のホームページに、「JR西日本の保有車両一覧」という名前のページがあります。新幹線から貨車まで、JR西日本の保有する車両を製造年度別に分けて表にしたものです(数字は2018年3月末現在)。在来線車両5375両のうち、国鉄時代のものは1701両、1/3を割り込んでいます。国鉄型で一番多く残っているのは、115系の363両で、201系の210両、キハ47・キハ48形の184両と続きます。103系は大阪環状線阪和線で置き換えが進んだためか、98両にまで減っています。

 さて、この一覧の下に、3つの注記があります。381系、113系・117系、681系・281系・283系に関する置き換え計画です。まず、唯一の国鉄型特急用車両、381系は、2022~2023年に約60両を新製車両に置き換えます。振り子などのカーブを高速で走る機能が維持されるのかが注目です。113系、117系は、2022~2025年に約170両を新製車両に置き換えます。225系などに置き換えられると考えられますが、残るものもそれなりにあります。681系・281系・283系は、2024~2027年に約110両を新製車両に置き換えます。681系等が置き換えられるころには、北陸新幹線が敦賀まで開業します。そうなったら、交直流の特急用車両は要りませんし、敦賀まで行けばいいのですから、必要な車両も減ります。置き換え計画に681系のほかに281系も掲げられているのを考えると、「サンダーバード」と「はるか」を一体化して、敦賀-関西空港間を直通するのでしょうか? 置き換えのころには東海道線支線が地下化され、大阪駅に近い北梅田に駅ができます。北梅田を通れば、「サンダーバード」の役目も果たせるのです。

 さて、このJR西日本の置き換え計画、予定通り進むのでしょうか? もっとも、この計画だけでは国鉄型車両を一掃することはできません。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/company/business/material/pdf/list_rolling_stock.pdf)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2018年ブルーリボン賞に35系、豪華寝台列車はすべて落選

 5月24日、鉄道友の会は2018年ブルーリボン賞・ローレル賞の発表を行いました。

 最優秀賞のブルーリボン賞(第61回)は「SLやまぐち号」用に旧型客車を最新技術で再現したJR西日本の35系客車、優秀賞のローレル賞(第58回)は3つありまして、JR東日本のE353系、東武の500系、鹿児島市交通局の7500形となりました。JR西日本の車両でブルーリボン賞に選ばれたのは何度かありますが、ここ近年はJR東日本やJR東海と組んだものばかりで(W7系、N700系、285系。このうちJR西日本が主体になったのは285系のみ)、単独で受賞するのは1998年の500系以来です。ローカル賞を含めても2002年のキハ187系以降、ありません。さて、35系はデビューしてすぐに乗りましたが、なかなかのものでそのときからブルーリボン賞にふさわしいと思えるものでした。C57やD51とともに、牽引される客車の立場から、SL列車の永続的な運行につながるという意味で評価される車両です。

 さて、2017年はいろいろな車両がデビューしました。その中に豪華寝台列車の「TRAIN SUITE 四季島」や「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」もありましたが、どちらも落選してしまいました。少し前にデビューした「ななつ星in九州」もブルーリボン賞等には縁がありません。あまりにも敷居が高すぎて鉄道ファンには手が届かず、最初から評価の対象に入れていないのでしょうか? 乗るのに数十万から百万もするようでは、少々の努力では無理で、別世界のものなのでしょう。
(参考:鉄道友の会ホームぺージ http://www.jrc.gr.jp/files/BLpress_2018_x3-1.pdf、http://www.jrc.gr.jp/files/BL_list_17.pdf)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「新たな長距離列車」のバラエティに富んだ座席

 JR西日本が2020年春の運行開始を目指している、「新たな長距離列車」。当blogでも何度か取り上げましたが、新たな情報が判明しました。117系6両編成を改造し、運行区間は京阪神-山陽、山陰方面などです。山陽方面だけではありません。臨時列車として、期間を定め複数の区間を運行する予定です。定員は90人程度で、全車指定席です。

 今回主に紹介するのは、バラエティに富んだ座席のタイプ。6号車はグリーン個室。個室を5室配置し、そのうち1つは1人用個室です。個室の中はベッドにもソファにもなります。5号車は普通車、フルフラットシートです。「サンライズエクスプレス」の「ノビノビ座席」と同じようなもので、横になることができます。二段式で、かつてのB寝台を思い出させます。車いす対応席や多機能トイレもあります。4号車はフリースペース。テーブルや着席スペースを複数設置し、自由に過ごすことができるようにします。グループで利用することのできるボックス席もあります。カウンターがあるので、簡単な弁当などの販売もできます。なお、フリースペースは4号車以外にも、乗降口付近や運転台後方に設けます。3号車は普通車、コンパートメントと2列+2列シートです。コンパートメントはファミリーなどのグループで利用可能なもの。ベッドにもなる折りたたみのソファがあります。2列+2列シートはグリーン車並みの座席間隔で配置した、リクライニングシートです。2号車は普通車、フルフラットシートと2列+2列シートです。女性専用車で、女性更衣室や女性専用トイレがあります。1号車はグリーン車、1列+1列シートです。向かい合う2つの座席を1人で利用することができる、広々とした座席です。2つの背もたれを倒せば、ベッドになります。

 この「新しい長距離列車」は、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のように、食事や立ち寄り観光などを含めた旅行商品として売り出すわけではないようです。日中と夜間に走り、料金は10000~13000円ぐらいになるようです。詳細は決まり次第の発表ということになりますが、期待が持てるものです。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12409.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12413.html、MBSホームぺージ https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180523/GE000000000000022718.shtml)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新大阪の在来線のりばは1番から

 新大阪の在来線ホームは4面あり、のりばは11番から18番が使われていました。ところが、2019年春のおおさか東線開業に伴い、新たにホームを1面追加することにしました。追加されたホームは18番のりばの東にできるので、このままだと19番、20番のりばとなりますが、重大な問題が生じます。新幹線ののりばは20番から始まるので、重複するのです。そこで、JR西日本は、在来線のりばを1番からにすることにしました。さすがに00番のりばにはなりませんでした。のりば番号の変更は6月24日から行われます。

 また、先ほども述べたように、新しいホームを1面追加しましたが、配線の都合から新しいホームをおおさか東線用にはせず、ひとつずつ東にずらし、一番西にある1号ホームをおおさか東線用にします。7月23日以降の在来線ホームの使いかたは次のようになります。1番のりばは京都方面の「はるか」、「くろしお」。2番のりばは当分使いませんが、2019年春からは、1号ホームをおおさか東線用にも使います。3番のりばは関西空港、和歌山方面の「はるか」、「くろしお」が使います。現状では、京都方面の「はるか」、「くろしお」も関西空港、和歌山方面の「はるか」、「くろしお」も同じ11番のりばで扱っていますが、7月23日以降は別々ののりばになり、わかりやすくなります。のりばさえきちんと行けば、方向を間違えることはありません。4番のりば以降は現行の12番のりば以降と同じで、4番のりばは金沢方面の「サンダーバード」、5番のりばは京都方面の新快速、快速、6番のりばは京都方面の普通、7番のりばは大阪方面の普通、8番のりばは大阪方面の新快速、快速、9番のりばは鳥取方面の「スーパーはくと」、10番のりばは福知山方面の「こうのとり」となります。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12396.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「サンライズ93号」は京都発出雲市行き

 JRグループは5月18日、7月1日から9月30日までの92日間に運行する春の臨時列車についての発表を行いました。気になる列車について、取り上げていきたいと思います。

 以前、大宮を6:00に出る「はやぶさ101号」についての記事を書きましたが、7月にも走ります。7月28日です。終点の新函館北斗では函館や札幌への接続列車も走ります。「はこだてライナー」(新函館北斗発函館行き)と「北斗85号」(函館発札幌行き)です。なお、大宮6:00発の「はやぶさ101号」は9月8日にも走りますが、そのときは新青森行きです(新青森8:38着)。富良野線には6月30日から8月12日の間、キハ183系を使った快速「ふらの・びえい号」が走ります。ラベンダーの最盛期である7月を中心に「富良野・美瑛ノロッコ号」が混雑するため、輸送力のある特急用車両を使うことにしたのです。3両編成ですが、全車自由席です。

 信州に朝早く着くには、夜行に乗るという方法があります。快速「ムーンライト信州81号」(新宿発白馬行き、189系6両編成、全車指定席、7~9月の間に13回運転)に乗ればいいのですが、東京を朝早くに出ても、信州方面に早く着く方法があります。7月28日、8月4、11、12日の4回運転される、特急「山かいじ号」です。立川5:10発小淵沢7:01着の早朝特急です。E257系の5両編成で、全車指定席です。名古屋から信州への列車には、快速「ツインアルプス号」があります。9月2日のみ運転の列車で、名古屋-伊那市間を走ります。名古屋6:17発伊那市9:54着、伊那市13:50発名古屋18:00着です。313系の3両編成で、全車指定席です。「青春18きっぷ」のシーズンですので、指定席券さえ手に入れば、いろいろ活用できそうです。

 山陽新幹線で話題になるのは、「ハローキティ新幹線」。6月30日から走ります(検査等の理由でほかの車両が走る日もあります)。「500 TYPE EVA」と同じく、「こだま741号」と「こだま730号」で走ります。また、すっかり「こだま」がメインとなってしまった「レールスター」ですが、「ひかり」で走ります。「ひかりレールスター577号」と「ひかりレールスター576号」がそれで、姫路-博多間を走ります。実はこの「ひかりレールスター」、5月10日からすでに走っているもので、7月以降も臨時列車として走ります。

 夏休み期間中等に寝台特急「サンライズ出雲91号」、「サンライズ出雲92号」が合わせて7本運転されますが、9月21日(出発時)に運転される「サンライズ出雲93号」は変わっています。京都発出雲市行きです。京都22:14発、出雲市9:20着で、途中、大阪、三ノ宮、姫路、米子、安来、松江、玉造温泉、宍道に停まります。また、山陰線では「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて臨時特急「大山」を合計84本走らせます。キハ189系の3両編成です。観光列車「あめつち」も7月1日から走ります。

 さて、「青春18きっぷ」愛好家なら気になる「ムーンライトながら」ですが、この夏も運転されます。東京発7月27日から8月18日までで(大垣発は翌日)、185系の10両編成、全車指定席です。185系の後継にE257系が転用されるので、この「ムーンライトながら」の行く末も気になります。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180518_KO_SummerR.pdf、JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180511.pdf、JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000037245.pdf、JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12384.html、JR西日本米子支社ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/items/180518_00_sanin.pdf、北海道新聞ホームぺージ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/185611、railf.jp https://railf.jp/news/2018/05/14/180000.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「新たな長距離列車」は山陽を走る

 JR西日本は、多様な観光資源を有している瀬戸内エリアの活性化を目指す、「せとうちパレットプロジェクト」をスタートさせます。

 この「せとうちパレットプロジェクト」には、「せとうち島たびクルーズ」「ハローキティ新幹線」も入っていますが、以前に取り上げた、話題の列車も入っています。「新たな長距離列車」です。これについての続報が入りました。

 その「新しい長距離列車」、2020年夏までに運行を開始する予定なのですが、「せとうちパレットプロジェクト」の中で取り上げられています。京阪神から山陽方面に向かうのでしょうか?
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/05/page_12351.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/180510_00_setouchi_1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧