なにわ筋線の事業費、大阪府と大阪市がともに590億円ずつ負担

 北梅田とJR難波、南海新難波(駅名はいずれも仮称)を結ぶなにわ筋線。2031年春完成予定の、大阪の都心を南北に貫く鉄道です。大都市の地下を掘るため、たった7.4キロをつくるのに3300億円もします。

 このなにわ筋線は、1988年に設立された関西高速鉄道が建設します。大阪府、大阪市、JR西日本などが出資する第三セクターです。関西高速鉄道はJR東西線の建設主体になったという実績があり、その枠組みを使うのです。実際に運行するJR西日本や南海は、関西高速鉄道に対して、線路などの使用料を払います。

 なにわ筋線の総事業費3300億円は、国、大阪府、大阪市、JR西日本、南海などが負担しますが、このうち地方自治体は1180億円を負担します。大阪府と大阪市が負担するのですが、その負担割合は1:1、つまり大阪府、大阪市ともに590億円ずつ負担するようです。JR東西線やおおさか東線でも大阪府と大阪市が1:1ずつ負担していたので、その割合をなにわ筋線においても使うようです。

 なにわ筋線の着工予定は2020年度です。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC19H30_Z10C17A9AC1000/、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK9M3G6PK9MPTIL004.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スマートEX」にもいろいろな割引

 新たにJR東海やJR西日本のクレジットカードを申し込まなくても、「Suica」等のICカードがあれば、東海道・山陽新幹線のインターネット予約ができる、「スマートEX」。9月30日からサービスを開始します。

 「スマートEX」での値段は、正規の値段から200円安いもの。「スマートEX」は通常の切符とは異なり、特定都区市内制度が使えません。そのため、若干安くなっているのです(在来線部分は別に切符を買う必要があるため、乗車区間によっては通常の切符のほうが安いということもあります)。

 意外だと思ったのが、往復割引のほか、「EX早特」などの割引商品の設定もあること。しかも、その内容と金額は、「エクスプレス予約」と同じなのです。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆には設定除外日があり、そういう繁忙期に使えないことを除くと、新たにクレジットカードをつくり、年会費を払わなくても、お得に東海道・山陽新幹線が使えるのです。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_11021.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本、「昼間特割きっぷ」2018年12月で廃止、代わりに「ICOCA」にポイント

 JR西日本の京阪神間の運賃は並行する私鉄に比べて高いですが、昼間と休日に使える「昼間特割きっぷ」はかなりお得。ライバル私鉄とほぼ同じ水準で、速いJRに乗ることができます。

 しかし、「昼間特割きっぷ」は発売期間が2018年9月30日まで延長されますが、それ以上延長することはしません。1年余りで発売を終了し、利用期間は2018年12月29日までとなります。2018年秋(予定)から「ICOCA」にポイントサービスを導入しますので(少し前に記事にした、ICカードでの割引サービスのことでしょうか?)、それが代替のサービスとなるのでしょうか?

 ところで、「昼間特割きっぷ」は6枚つづりの回数券なのですが、金券ショップでばら売りされています。それどころか、駅前に自販機を置き、そこで発売されているケースもあります。本来、頻繁に乗る人向けのサービスですが、ばら売りされることにより、その狙いがぼやけてしまっています。金券ショップや自販機で買っていた人には大損な話ですが(自販機で荒稼ぎしていた業者は、かなり経営的に苦しくなってしまうところもあるでしょう)、ある意味正しい方向に向かっていくことになるとも言えるでしょう。ICカードの普及を促すことにもつながります。現在のJR西日本のICカード利用率は7割程度と、JR東日本の9割超に比べて低いです。ICカードが普及すればコストの削減ができますが、「昼間特割きっぷ」という紙の激安切符があるので、その分ICカードの利用が進まないようです。

 ただ、先ほど述べたポイントサービスの水準が低いものなら、JR西日本が批判を浴びてしまうことでしょう。昼間や休日を中心に、それなりの水準のポイントを出すことを期待します。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/09/page_11101.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/09/page_11099.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170907/wst1709070080-n1.html)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

D51の「やまぐち号」デビューは11月25日

 35系客車によるSL「やまぐち号」は9月2日にデビューしましたが、それを牽引するSLは何が使われるのでしょうか? JR西日本は12月までの分について発表しています(8月2日時点での計画であり、変更することもあります)。

 基本的に牽引するのはC57です。C57以外が牽引する日を挙げていくと、D51が牽引するのは11月25日、C57とD51の重連は翌日の11月26日です。12月16、17、23、24日はC56が牽引します。つまり、D51がデビューするのは11月25日ということになります。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_10901.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「パンダくろしお」

 8月5日から2019年11月ごろまで、「くろしお」用の287系1編成(6両編成)を改装して、「アドベンチャーワールド」関連のラッピングをした列車を走らせます。車両前頭部はパンダフェイスとなっています。

 この「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」と言われるラッピング列車、運行初日の8月5日は臨時列車(「くろしお95号」)として走りましたが、6日以降は特別運用をすることなく、ほかの列車に混ざって走っていました。事前に運用が公表されるわけではないのです。

 ところが、10月14日と15日の2日間、「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」が「パンダくろしお」として走ります。10月14日は新大阪8:31発白浜11:08着の「パンダくろしお1号」、10月15日は白浜14:50発新大阪17:20着の「パンダくろしお2号」となります。全車指定席で、途中停車駅は天王寺、和歌山、海南、御坊、紀伊田辺です。

(追記)
 9月8日から、翌日の「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の運行スケジュールが公表されるようになりました。18時ごろに翌日の運用がわかります。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/07/page_10798.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/170831_00_wakayama.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/09/page_11118.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

住民が新疋田の改称を求める

 北陸線で米原側から福井県に入って最初の駅が新疋田。1957年に北陸線が柳ケ瀬経由から変わったときにつくられました。駅名の新疋田は柳ケ瀬経由だったときに付近にあった北陸線の駅、疋田に因んでいます。その新疋田ですが、駅名の改称を求める動きが10年以上前からあります。

 駅近くの住民(地区住民の約88%)が求めている駅名は、愛発。「あらち」といいます。8世紀にあった日本古代関所のひとつ、愛発の関に因んでいます。地区にあった愛発小中学校が廃校になり、愛発の名前が消えつつあるようです。その歴史がありますが、消えつつある愛発の名前をアピールするために、駅名の改称を要望しているのです。愛発の駅名を「愛が出発する駅」と呼んでくれることによって、全国から多くの人に来てもらうことも狙っています。

 3月末に地元から要望を受けた敦賀市は、JR西日本金沢支社に要望するようです。
(参考:福井新聞ホームぺージ http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/194065?f=y)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥取-出雲市間に「あめつち」

 鳥取県、島根県、JR西日本は、2018年夏に「山陰デスティネーションキャンペーン」を開催します。その一環として、山陰線に新たな観光列車を走らせます。

 2018年7月に鳥取-出雲市間で運行を始めるその観光列車の名前は、「あめつち」。古事記の書き出しに由来しています。車両はキハ47を改造して、定員59人の2両編成となります。外装は山陰の美しい空や海を表現する紺碧色をベースに、下のほうは山陰の美しい山並みとたたら製鉄に因んだ日本刀の刃文を表現し、銀色の帯模様としています。内装は4人掛けと2人掛けのボックスシートが主体ですが、椅子はゆったりとした大きな椅子で、石州瓦の素材でできたタイルを使用した大型のテーブルがあります。車端部にはカウンターらしきものもあります。車内で販売した、地元の食材を使った料理を大きなテーブルで食べることができるのです。

 ダイヤで休日に150キロほどの距離を3時間半ほどかけて走らせます。眺めの良い場所では徐行します。乗車料金はグリーン車並みの4500円ほどとなるようです。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_10972.html、産経フォト http://www.sankei.com/photo/story/news/170817/sty1708170013-n1.html、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK8K44M3K8KPUUB003.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本、「PiTaPa」でポストペイ、「ICOCA」でも割引

 これまでJR西日本で「PiTaPa」を使うとき、事前にチャージする必要がありました。

 ところが2018年秋(予定)から、近畿エリア(予定)について、事前にチャージ不要のポストペイサービスを導入することになりました。1か月間(1日から末日まで)の利用代金を集計して、後日指定口座から引き落とされるのです。

 また、JR西日本の定めた一定の条件に適合した場合、運賃の割引も行います。「PiTaPa」を採用している関西私鉄と同様のサービスですが、どのような割引になるのかはわかりません。

 ともかく、京阪、近鉄、南海、大阪市交通局などが「ICOCA」を発売するなど、まるで(阪急、阪神などの一部を除いて)関西私鉄のICカードであるかのように振る舞う「ICOCA」ですが、「PiTaPa」でのポストペイサービスや割引の導入は、一矢を報いた格好になります。

 もっとも、ICカードでの割引サービスは、「PiTaPa」ユーザーだけが受けられるわけではありません。ある意味当然と言えば当然なのですが、以前にも書いたとおり、「ICOCA」でも行うようです。詳しいことはわかりませんが、詳報が待たれます。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/09/page_11082.html、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK915CYNK91PTIL01C.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪環状線の103系も10月で引退へ

 1969年から半世紀近く、大阪環状線をぐるぐる回り続けていた103系。103系は大都市圏の通勤電車として開発されたため、首都圏や関西圏を中心に走っていました。首都圏のほうは2006年までに引退しましたが、古い車両を使い倒すJR西日本の体質から、置き換えられずにいました。

 しかし、ようやく103系も新型車両に置き換え荒れることになり、阪和線からは羽衣線を除いて引退しました。そして、大阪環状線においても10月で引退することになりました。これで103系が残るのはJR西日本の大和路線、奈良線、JR九州の筑肥線などとなります。

(追記)
 大阪環状線からの103系の引退予定日は、103系に因んで、10月3日に決まりました。ただ、103系を惜しむ客で駅が混乱するのを防ぐため、どの列車が最終運転となるかは公表されません。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170831-OYT1T50004.html、JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/09/page_11089.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本、10月の休日は1万円で新幹線も乗り放題

 今年2017年はJRが発足してちょうど30年という節目の年を迎えます。JR各社でいろいろなきっぷが発売されていますが、JR西日本は10月に太っ腹なきっぷを発売します。

 それは「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」、JR西日本全線(JR西日本宮島フェリー、智頭急行、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道(糸魚川以西)を含みます)の新幹線、特急、普通列車が1日乗り放題となります。ただ、全車指定席の列車、乗車整理券が必要な列車が利用できないほか、グリーン車や指定席はグリーン券や指定席券を払っても利用できません。運賃から払う必要がありますので、御注意ください。

 このきっぷが使えるのは10月の休日のみ(10日間)、値段は大人10000円、子供1000円です。1人からでも使えますが(最高6人まで、子供のみの利用は不可)、子供が異様に安いので、家族でのお出かけにもいいきっぷです。ただ発売枚数が限定されており(1利用日当たり3000枚)、駅で購入することができません。「e5489」で購入し、駅で引き換えます(電話予約での予約、購入サポート窓口もあります)。発売期間は利用日の1か月前から14日前までです(購入時に利用日を指定する必要があります。予定の発売枚数になると、発売を終了します)。

 大阪から岡山まで往復するだけで元が取れるきっぷですので、10月の休日は混雑することが予想されます。「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を利用するときは行程に余裕をもって利用したほうが良いでしょう。

(追記1)
 「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を発売するため、JR西日本が例年、「秋の乗り放題パス」と同じ時期に発売している「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」の発売は行いません。

(追記2)
 私も購入してみようと朝の5:30から挑戦しましたが、インターネットがつながらず、買えませんでした。多分転売屋が買い占めているのでしょう。次にこういう企画をするときは、記名式にして、身分証明書を持参するなどの対策が必要でしょう。

 確かにこれでは、2人以上しか使えないなど、使いにくくする対策が取られてしまうこともやむを得ないのかもしれません。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_11027.html、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/08/31/299208.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧