大宮発着の「はやぶさ」

 5月19日、JRグループは7月1日から9月30日までの臨時列車の運行予定を発表しました。

 JR北海道関連では北海道新幹線「はやぶさ」の増発がありますが(8月15日、16日は仙台発新函館北斗行きの「はやぶさ289号」も運転されます)、やはり取り上げたいのは旭山動物園への臨時列車。これまではディーゼルカーで運転されていましたが、この7月と8月の休日は、定期列車の「ライラック5号」、「ライラック38号」を同じダイヤ、同じ車両のまま「ライラック旭山動物園号」として走らせます。グリーン車のある6両編成の車両を使いますが、グリーン車部分は記念撮影スペースとなり(旭山動物園の動物をデザインした記念撮影用シートもあります)、使えません。また、3号車は自由席から指定席になります。それでは、これまでのディーゼルカーはどうなったのでしょうか? これまで使われてきたキハ183系の「旭山動物園号」は老朽化のため、引退してしまったのです。運用の都合で一時的に走らせることはあるようですが、早ければ2017年度末に廃車になるのです。お金がないので後継車両がつくられず、定期列車を間借りするかたちで実質的な後継とするのでしょう。

 東北新幹線等JR東日本の新幹線も多数の臨時列車が運行されますが、注目は7月と9月の3連休に1本ずつ運転される、「はやぶさ69号」と「はやぶさ68号」。大宮発着なのです。大宮-新青森間の運転なのです。東北、上越、北陸新幹線は共有する東京-大宮間がネックになっていますが、それがゆえに大宮以北には余裕があります。わざわざ大金をかけて別線をつくらなくても(北陸新幹線の西のほうは、いろいろな事情で東海道新幹線に乗り入れることの確約ができず、新大阪まで別線をつくらないといけなくなりましたが)、東京-大宮間で少々ゆっくり走ればそれなりに多く走らせることができるのです。通勤鉄道ならば複線の設備でもっと多くの列車を走らせることができているのですから。大宮発着便は東京発着に比べて人気が落ちるでしょうから、割引切符で誘導するという方法もあります。

 7月からは「信州デスティネーションキャンペーン」が始まります。仲が悪いと言われるJR東日本とJR東海ですが、両社をまたぐ臨時列車が運転されます。ひとつは首都圏から木曽路に直通する「木曽あずさ号」(新宿-南木曽間)、189系の6両編成(全車指定席)で、期間中に3往復運転されます。もうひとつは名古屋から諏訪方面への「諏訪しなの号」(名古屋-茅野間)、383系の6両編成(全車指定席)で、期間中に4往復運転されます。名古屋から木曽路に行く快速「いろどり木曽路号」(中津川-長野間)もあります。全車グリーン車指定席の485系6両編成で、期間中に2往復運転されます。小海線にはキハ110系と110系の2両編成(全車指定席)の「HIGH RAIL 1375」です。7月から9月の休日を中心に運転されます。ダイヤは「HIGH RAIL 1号」が小淵沢10:30発小諸12:31着、「HIGH RAIL 2号」が小諸14:22発小淵沢16:54着、「HIGH RAIL 星空」が小淵沢18:20発小諸21:51着です。飯田線には313系3両編成ながら全車指定席の快速「飯田線リレー号」が期間中に3往復運転されます。

 最後に夜行列車について紹介します。東京-出雲市間の「サンライズ出雲91号」、「サンライズ出雲92号」がお盆期間中に2往復、東京-大垣間の「ムーンライトながら」が東京発7月21日~8月19日の運転(大垣発は翌日)、新宿発白馬行きの「ムーンライト信州91号」が期間中に17本運転されます。金曜日、休日前には「サンライズ瀬戸」を琴平まで延長します。
(参考:JR北海道ホームぺージ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170519-1.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170519-2.pdf、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170510.pdf、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2005%2019%2001.pdf、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0401608.html、産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/170520/lif1705200055-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

予土線の1/3はフリーきっぷ利用者

 5月8日、JR四国は2017年3月期の決算を発表しました。合わせて2016年度のJR四国全路線の区間別平均通過人員(輸送密度)を発表しています。

 この中で輸送密度が2000人未満の路線は、予讃線(海線)向井原-伊予大洲間(輸送密度457人、対前年比103%、以下同じ)、土讃線須崎-窪川間(1153人、99%)、牟岐線阿南-牟岐間(700人、94%)、牟岐線牟岐-海部間(248人、95%)、予土線北宇和島-若井間(333人、109%)です。JR四国全体としては対前年比101%なのですが、牟岐線阿南以南は対前年比94~95%で低迷しています。

 さて、先ほども書いたように、予土線の対前年比は109%。輸送密度が極めて少ないとはいえ、JR四国でトップの数字です。なぜかその予土線については、フリータイプのきっぷの影響を排した数字も公表されています。JR四国全線を利用することができるフリータイプのきっぷについては、利用実態にかかわらず、発売実績に応じて全線(一部の線区を除きます)において輸送人員や輸送人キロを計上しています。つまり、輸送密度がかさ上げされるのです。予土線についてフリータイプのきっぷの影響を排すると、輸送人員は217人、対前年比99%に減ってしまいます。どうやって配分したのかはわかりませんが、予土線の1/3はフリーきっぷの利用者というわけなのです。
(参考:JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2005%2008%2002.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「鉄道ホビートレイン」に「プラレール」

 予土線で走っている、「鉄道ホビートレイン」。2014年3月にデビューしたのですが、その「鉄道ホビートレイン」、4月からの「四国デスティネーションキャンペーン」に合わせてリニューアルを行いました。

 それは、「鉄道ホビートレイン」の車内に「プラレール」を展示すること。四国だけでなく、全国各地の車両が展示されています。「プラレール」は窪川駅、宇和島駅のコンコース等においても展示されます。こちらは車両だけでなく、ジオラマもあります。

 「プラレール」のある「鉄道ホビートレイン」は、3月18日から2018年3月末まで運転する予定です。
(参考:JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2003%2006%2003.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/yodo3bros/tetudohobby/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR四国に夜行列車復活か?

 4月から行われる「四国デスティネーションキャンペーン」。この開催を記念して、JR四国はいくつか団体貸切列車を利用した旅行商品を発売します。その中から気になる商品をピックアップして紹介します。

 今は定期列車では特急しか走っていないJRグループですが、かつては急行もたくさん走っていました。四国も例外ではなく、国鉄時代は特急のほうが希少価値でした。JR四国が誕生した1987年4月1日、JR四国の一番列車として走ったのが高松0:50発の急行「うわじま」。本来は急行用の車両が使われるところですが、特別に当時最新鋭のキハ185系が使われました。JR四国発足30周年を迎えるにあたり、このキハ185系による急行が1日だけ復活することになりました。

 復活する急行は2本。4月23日に、急行「うわじま」(宇和島15:30ごろ集合、松山20:00ごろ解散)と急行「いよ」(松山22:30ごろ集合、高松4:00ごろ解散)を走らせます。当然ながら色はJR四国発足当時のグリーンの帯を巻いています(厳密にいえば、運転席付近は本来黒なのですが、緑になっています)。ただ当時と走る方向が逆になること、及び夜行運転を行うのが急行「いよ」であることに注意が必要です。2本まとめて乗ることもでき、その人には完乗証明書の進呈があります。代金は急行「うわじま」が3200円、急行「いよ」が4800円(それぞれ子供は半額)で、3月1日からすでに発売を開始しています。
(参考:JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2002%2027%2002.pdf、鉄道ホビダス http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2017/04/jr185_29.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「e5489」は3月12日リニューアル

 JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」がリニューアルされることは以前に書きましたが、その続報です。リニューアルは3月12日に行われますが、今回は新たに判明したことを書いていきます。

 「J-WESTカード」会員には以前からチケットレスサービスがありますが、「J-WESTカード」がなくても受けられるようになります。チケットレスサービスは3種類あります。一つ目はお手持ちのクレジットカードでも使える「チケットレス特急券」(1か月前から発売)、二つ目は「J-WESTカード」会員専用で1か月前から発売する「eチケットレス特急券」、三つめは「J-WESTカード」会員専用で乗車前日から発売する「J-WESTチケットレス」です。値段はそれぞれ違い、新大阪-和歌山間の場合、「チケットレス特急券」は1290円(9月30日利用分までに適用されるキャンペーン期間中は1000円)、「eチケットレス特急券」は910円、「J-WESTチケットレス」は720円です(岡山-高松、出雲市間では「J-WESTチケットレス」はありません)。なお、現行の「チケットレス特急券」は3月11日利用分までです。このほか、ネット予約受付時間が30分延長され、5:30~23:30となるとともに、「サンダーバード」、「くろしお」の女性専用席を予約することが可能となります。

 ここからは注意点です。「e5489」はこれまで、予約の都度クレジットカード番号等を入力することにより、会員登録しなくても利用することができましたが、3月12日からは無料とはいえ会員登録が必要となります。3月11日までに会員登録をしていない人が予約した切符は、3月12日以降でも「みどりの窓口」等で引換のうえ乗車できます。また、9月30日をもって電話予約サービスも終了します。宅配サービスも同日で終了します。10月1日以降は「駅プラン」や「(一部の)トクトクきっぷ」のみ対応します(「J-WESTカード」会員用の電話予約サービスは残ります)。コンビニなどでの現金決済については、5月以降に始める予定となっています。

(追記)
 コンビニや銀行のATM、JR西日本、JR四国、JR九州での駅の「みどりの窓口」等での現金払いは5月16日からできるようになります(「JR九州インターネット列車予約サービス」を含みます。ただし、現金払いするには条件があります)。 
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9890.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/04/page_10309.html、JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2004%2012.pdf、JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/04/12/HPcombinikessan.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

阿佐海岸鉄道のDMVは2020年までに運行開始予定

 JR北海道を始め、様々なところで実験走行が繰り返されていたDMVですが、どうやら本格的な走行をするようです。

 3日に徳島市内で開かれた「阿佐東線DMV導入協議会」(徳島県、高知県など関連自治体で構成)の第2回会合で承認された計画によれば、DMVは2020年までに導入されるのです。阿佐海岸鉄道にDMVを入れること自体は事前にもがあったのですが、驚くのはその時期。3~4年後には実用化するのです。

 DMVが走るのは徳島県海陽町にあるJR四国の牟岐線の阿波海南と高知県東洋町にある阿佐海岸鉄道の甲浦との間。ひと駅だけJR四国に乗り入れています。その理由は、JR四国と阿佐海岸鉄道の境界の駅である海部が高架駅であるから。DMVの特徴は鉄道と道路を車両が行き来することですが、高架駅でそのような行き来をさせようとするならば道路を引っ張ってくる必要があり、その分コストがかかります。そこで阿波海南まで乗り入れることにしたのです。阿波海南は駅の改修が必要となりますが、JR四国とは今後調整を行うようです。DMV専用区間となる阿波海南-海部間を阿佐海岸鉄道に譲渡してもらうことも考えています。甲浦から先は具体的なルートはまだ決まっていませんが、道路を走って室戸市まで行きます。観光用なら知名度の高い室戸岬まで行くことでしょう。

 運行会社については、道路を走る部分はバス事業者としての許可がいるため、当面の間は地元のバス会社に運行を委託します。自前で車庫の整備や運転士の確保をする必要がなくなります。最初は周遊観光やイベント運行など観光目的で走らせ、最終的には阿佐海岸鉄道自らが許可をもらって、地域住民の足としての定期路線として運行する予定です。車両はマイクロバスを改造したものを使います。座席は20~30席程度で、開業までに3台用意します。2017年度に発注して、2019年度には試験走行を始めます。

 事業費は車両の調達(約3.6億円)や鉄道と道路の接続地点の整備やホームの改修(約2.8億円)、信号設備等の整備(約3.6億円)にかかるもので、約10億円と見込まれています。負担割合は徳島県が53%、海陽町が26%、高知県と東洋町が10%ずつです。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12516500T00C17A2LA0000/、徳島新聞ホームぺージ http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14861857501227.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR四国、2600形特急形気動車を投入

 瀬戸大橋線、予讃線(西部は除く)と土讃線のごく一部を除いて非電化のJR四国では、特急用車両もディーゼルカーが活躍しています。ただ主力の2000系は酷使され、老朽化しています。そこで新しい車両をつくるという話は以前からありましたが、ようやく投入されることになりました。

 その新型特急形ディーゼルカーの名前は2600形。2000系の老朽取り替えのためにつくられました。第一陣として2月15日に高松運転所に到着するのは、4両。Mc車とM’c車の組み合わせからなる2両編成が2本です。製造費は1両あたり3.5億円で、秋ごろに運行を開始する予定です。

 2600形のデザインコンセプトは、「Neo Japonisme(ネオ ジャポニズム)」。日本の伝統意匠を現代風にアレンジしたデザインで、赤が目立ったものとなります。赤(ディープレッド)が目立っているのは、四国の豊かな自然を象徴する色、青と緑に映える色ということで選ばれました。ステンレスの車体ですが、ディープレッドのラインを配し、ゴールドの縁取りをしています。赤と金色は吉兆の伝統配色なのです。車内も「Neo Japonisme」が徹底されていて、シートモケットは車両ごとに臙脂あるいは紺で彩られています。

 座席は8600系の普通車と同タイプです。背もたれと連動して座面が前方にスライドするリクライニングシートで、座り心地の向上を図っています。各座席にはコンセント、可動式枕、ドリンクホルダー、コートフック等を備え、モバイルパソコンも使うことができるように、大きなテーブルにしています。定員は2両で98人です。車いす対応多機能トイレもあります(2両に1か所)。オストメイト対応設備、ウォシュレット、ベビーベッド、フィッティングボード等があります。客室照明にはLEDを採用し、消費電力の削減とメンテナンスの軽減を図ります。車内にはSOSボタンや防犯カメラを設置しています。

 2600形の最高速度は時速120キロです。2600形は2000系の走行区間である予讃線、土讃線、高徳線を走るものと考えられます(今のところ使用路線は未定です。試運転の結果を見て決めます)。これらの走行区間の一部は時速130キロで走ることができるところもあります。部分的には所要時間が延びる危険性もあります(どうやら、時速130キロで走ることのできる区間は少ないので、割り切ったようです)。また、これらの線区を走行するには振り子などの急カーブを高速で走ることのできる性能が求められます。それなのに、2600形には振り子にしろ、空気ばね方式にしろ、急カーブを高速で走ることのできる性能があるかどうか明らかにされていません。肝心な性能についてはプレスリリースでは明らかになっていないのです。

(追記)
 2600形には車体傾斜装置があり、2000系と同等の速さでカーブを通過することができるようです。
(参考:JR四国ホームぺージ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2001%2030%2002.pdf、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170130/wst1701300094-n1.html、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK1Z41BFK1ZPLXB00J.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/65052/、https://trafficnews.jp/post/65111/3/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「伊予灘ものがたり」、下灘で乗降できず

 伊予灘の絶景と食事を楽しむことのできるJR四国の観光列車、「伊予灘ものがたり」ですが、ただいまリニューアル工事を行っています。2016年12月26日から2月17日の間、洋式トイレの増設などのリニューアルを行います。運転を再開する2月18日と19日には「伊予灘ものがたり」全便において記念イベントを行う予定です。

 そして全国的にダイヤ改正を行う3月4日には、「伊予灘ものがたり」のダイヤも若干変更があります。「伊予灘ものがたり 道後編」において、下灘の停車時間を4分から10分に拡大します。伊予灘の絶景を楽しむことができるよう、これまで以上に速度を落として運転します。これにより、八幡浜と伊予大洲の発車時刻は変わらないものの(八幡浜16:06発、伊予大洲16:30発)、下灘は17:17着(現行より8分遅い)、17:27発(現行より14分遅い)となり、松山到着も現行より16分遅い18:22となります。

 またこれまでは下灘で乗降することができましたが、3月4日からは停車してホームに降りることはできるものの、再び乗車しないといけないようになります。下車してどこかに行ったり、後続の列車に乗ったりすることはできなくなりますので、御注意ください。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2012%2016%2005.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仙台発新函館北斗行き臨時「はやぶさ」

 1月20日、JR各社から春(3~6月)の臨時列車についての発表がありました。

 まず、北海道新幹線については、三連休やゴールデンウィークに、「はやぶさ」を増発します(一部は東京-新青森間の「はやぶさ」の延長)。ここで注目されるのは、5月5~7日に運転される、「はやぶさ289号」。仙台8:31発新函館北斗11:13着です。ゴールデンウィークに臨時で走る「はやぶさ47号」の運転区間を東京発(6:56発)から仙台発に短縮したのが「はやぶさ289号」なのです。「はやぶさ289号」の途中停車駅は盛岡、八戸、新青森、木古内です。

 4月からの「本物の出会い 栃木」プレデスティネーションキャンペーンに合わせて、臨時列車の運転があります。4月1日、8日には八王子-東武日光間に特急「はちおうじ日光」が運転されます(八王子8:00発、東武日光17:02発)。この「はちおうじ日光」は武蔵野線経由で運転され、新宿は通りません。このほか、日光方面には5月3日から6日の間、快速「GOGO日光」が走ります。宇都宮10:07発で、185系4両編成(全車自由席)です。

 梅で知られる水戸の偕楽園。ここに向けての快速「水戸梅まつり号」が運転されます。3月11日、12日に水戸-勝田間に1日1往復運転します。車両は485系「リゾートやまどり」です。

 通常、新潟-酒田間を走っている臨時列車の「きらきらうえつ」ですが、4月1日、2日、6月24日、25日は秋田まで延長されます。快速「きらきらうえつ(きらきらうえつリレー号)」です。

 ゴールデンウィークの谷間の5月1日と2日には、両国-館山間に快速「青い海」が運行されます(両国9:13発、館山14:46発)。209系4両編成で全車自由席です。トイレはあるでしょうが、ロングシート主体で南房総まで行くのです。

 身延線には週末やゴールデンウィークを中心に、特急「ふじかわ」を1往復運転します。このうち「ふじかわ61号」は静岡6:07発甲府8:54着です。朝早くから山梨の観光ができます。

 山陽・九州新幹線には臨時の「みずほ」が運転されますが、このうち下りの2本と上りの1本は、3月4日から6月30日の間、毎日運転があります。上りの「みずほ616号」も、運休する日は少ないです。珍しいのはゴールデンウィーク最終日の5月7日に博多-新大阪間で運転される「こだま776号」。日中に4時間半ほどかけてのんびりとゴールデンウィークを締めくくるのです。ただ、「500 TYPE EVA」(4月1日から5月26日の間など、違う車両が使われることもあります)が使用される「こだま741号」が3月4日のダイヤ改正で所要時間が25分も短くなっていることからもわかるように、「こだま」も今回のダイヤ改正でかなりスピードアップされていることが伺えます。

 岡山から尾道、宇野、高松に向けて走っている「ラ・マル・ド・ボァ」ですが、4月1日から始まる「四国デスティネーションキャンペーン」に合わせて、4月2日の一日だけですが、琴平に向けて「ラ・マルことひら」を運転します(この日は高松方面は運休)。「ラ・マルことひら」は岡山10:11発、琴平14:01発で、途中停車駅は児島、多度津のみです。反対に北の津山方面に行く「ノスタルジー」車両は、毎週土曜日に定期列車として使われます(臨時列車運転や車両運用上の都合などで変更となることもあります)。「ノスタルジー」が使われるのは、岡山6:04発、9:42発、13:05発、17:10発、津山7:53発、11:31発、15:54発です。各駅停車の岡山6:04発以外はすべて快速「ことぶき」です。

 夜行列車については、「サンライズ出雲92号」、「サンライズ出雲91号」(ともに東京-出雲市間)がゴールデンウィークに合計2往復、東京-大垣間の「ムーンライトながら」が春休みに(東京発3月17~25日、大垣発3月18~26日)、新宿発白馬行きの「ムーンライト信州81号」が春休みとゴールデンウィークに合計6本運行されます。「サンライズ瀬戸」の琴平延長は、この春も金曜、休前日(東京発基準)の35日間、引き続き行われます。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170120-1.pdf、JR東日本ホームぺージ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20170107.pdf、JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000032861.pdf、JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/items/170120_00_rinji.pdf、JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2001%2020%2001.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「四国まんなか千年ものがたり」ダイヤ等発表、土讃線のトロッコ列車は高知へ

 以前に記事にした、「四国まんなか千年ものがたり」についての続報です。

 「四国まんなか千年ものがたり」は3両編成、座席数は57席です。内訳は1号車は22席、2号車は11席、3号車は24席です。1号車は1人用シートが6席、2人用シートが4席、4人用ボックスシートが12席あります。2号車はロングソファのシートが11席あります。3号車は1人用シートが6席、2人用シートが6席、4人用ボックスシートが12席あります。トイレは1号車に洋式トイレが2つ(うち1つは女性専用)、2号車に多目的用トイレが1つあります。

 ダイヤは大歩危行きの「そらの郷紀行」が多度津10:21発、大歩危12:48着。多度津、善通寺、琴平で乗車し、大歩危で下車します。「しあわせの郷紀行」は大歩危14:20発、多度津17:16着。大歩危で乗車し、琴平、善通寺、多度津で下車します。多度津、大歩危の両駅ともに特急との接続が考えられたものとなっています。「そらの郷紀行」、「しあわせの郷紀行」ともに秘境駅である坪尻で停車し、ホームに降りることができます。大歩危や小歩危等絶景の箇所では、速度を落とします。土日を含めて週4日運転します。

 「四国まんなか千年ものがたり」は全車グリーン車指定席の特急です。多度津-大歩危間の運賃・料金は3740円(子供は2510円)となります。事前に予約すれば(JR四国のほか、旅行会社等でも予約できるようです)、食事もできます。「そらの郷紀行」は、株式会社神椿(香川県琴平町)の「さぬきこだわり食材の洋風料理」(5500円)。神椿は金刀比羅宮が運営していて、資生堂パーラーがサービスや料理を提供しています。資生堂パーラーらしく、料理長が洋食の技法を凝らして、厳選した香川県の地元食材を使った食事を提供します。オードブル風4種と温かいメーン一皿で構成されます。「しあわせの郷紀行」は、日本料理味匠藤本(徳島県東みよし町)の「おとなの遊山箱」(4500円)。昔、徳島県の人々が山や野に出かける際に食材を詰めて持って行った遊山箱を使用し、地元食材にこだわった料理と地元の甘味を3段の遊山箱で提供します。食事の提供などを行うアテンダントは、車両のコンセプトである「和のたたずまい」を表現するため、制服に和柄を取り入れています。アテンダントには女性だけでなく、男性も乗車するため、男性用の制服もつくっています。

 さて、これまで走っていた土讃線のトロッコ列車、「絶景!土讃線秘境トロッコ」はどうなるのでしょうか? ちゃんと次の仕事があるのです。「四国デスティネーションキャンペーン」(2017年4~6月)に合わせて、土佐くろしお鉄道で走ることになるのです。高知-安芸・奈半利間で走るのが、「太平洋パノラマトロッコ」、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線から見える雄大な太平洋の眺望をイメージした名称とのことです。運転日は2017年4月、5月の休日(計21日)。高知-奈半利間を1往復(安芸と伊尾木に停車します)、高知-安芸間を1往復(途中停車駅はありません)します。高知-安芸間は全車指定席で、520円の座席指定料金が要ります。トロッコ車両にはのいち-安芸間のみ乗車できます。安芸-奈半利間は全車自由席です。ちなみに、定員は59人です。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2009%2026%2002.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2011%2028%2001.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2012%2016%2006.pdf、日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10038080Y6A121C1LA0000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧