久大線の全線復旧は3年後?

 7月5日からの大雨で、JR九州の久大線及び日田彦山線の一部区間は大きな被害を受けました。「ゆふいんの森」、「ゆふ」は全面運休し、久大線うきは-日田間、日田彦山線添田-夜明間は運休しています(7月11日現在、久大線には代行バスがありますが、日田彦山線には代行バスもありません)。

 しかも、運休している区間の復旧にはかなりの時間がかかります。久大線光岡-日田間の花月川橋梁が流出したなど、被害が甚大だからです。復旧には3年程度かかるとJR九州は見ています。当然のことながら8月22日から運行を再開する予定の「ななつ星in九州」(現在、車両検査中です)も、運行ルートを変えて走らせます。

 全面運休している「ゆふいんの森」ですが、実は7月15日から迂回ルートで走らせます。7月15日から31日の間(8月以降は未定です)、博多-由布院間を小倉、大分経由で1日2往復走らせます。途中停車駅は小倉、別府、大分だけと、かなり思い切っています。車内販売と車内サービスもあります。小倉、大分経由でも「2枚きっぷ」の設定があり、値段は通常の久留米経由と変わりません。ところが、この「ゆふいんの森」、思いっきり所要時間がかかるのです。一番速い便で4時間30分程度、一番遅いのは6時間近くかかります。要注意です。

(追記1)
 7月18日からは、久大線のバス代行区間が光岡-日田間に短縮されます。日田彦山線については変わらず運休したままで、代行バスもありません。

(追記2)
 7月24日からは、日田-大分・別府間に「ゆふ」が1日2往復します。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/07/11/170711higai.pdf、http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/07/11/HP170711yufuinnomorikokuraroute.pdf、http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/12/untenkeikaku_170712_2.pdf、http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/10/kyudai_jikoku_170710_1.pdf、https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/06/14/nanatsuboshi_unkyu_1.pdf、http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/14/untenkeikaku_170718.pdf、http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/07/20/HP170720beppuyufuinyufu_1.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK7C4PXBK7CTIPE03C.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大分県内の日豊線でスイーツ列車

 7月22日のことですが、大分から佐伯まで、車内で季節のスイーツを味わう貸切列車が運行されます。

 「或る列車」が出張運行するわけではありません。大分発佐伯行きの片道1本のみが運行される(大分13:16発、鶴崎からの乗車も可)、「佐伯産ティータイムトレイン」といい、参考にした記事によれば、787系が使われるようです。

 車内では地元菓子店がつくる自慢のアイスバー、和菓子、フルーツゼリー、杏仁プリンなどの5品。佐伯特産の因尾茶もあります。交換駅では上浦吹奏楽団によるフルートの演奏も行われます。終着の佐伯では構内に「さいきビアホーム」が開設され、ビールのほか、ごまだしうどん、唐揚げ、かき氷などを楽しむことができます。

 料金は大人、子供共に3500円、「或る列車」と違って高くはありません。大分から佐伯までの運賃のほか、スイーツやビアホームで利用することのできる1000円分のチケットが含まれています。子供にはカブトムシのプレゼントもあります。先着36人限定です。
(参考:大分合同新聞ホームぺージ http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/06/11/JD0055838968)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スーパー早特21」で新大阪-鹿児島中央間13000円

 JR西日本は、会社発足30周年を記念し、期間限定の割引切符を出していますが、複数人の利用が前提のものが多いです。しかし、JR九州と連携して発売する、「スーパー早特21」は違います。1人からでも使えます。

 7月21日から9月30日まで(利用日基準、お盆でも使えます)の期間限定商品である「スーパー早特21」は、JR西日本ネット予約の「e5489」、もしくはJR九州の「JR九州インターネット列車予約」限定商品。事前に無料ですが、会員登録をしておく必要があります。でも、そのような手続きをしておけば、かなりお得。21日前(JR西日本は23:30、JR九州は23:00)までに買えば、新大阪・新神戸-熊本間は12000円、新大阪・新神戸-鹿児島中央間は13000円です。それぞれ新大阪からの「みずほ」普通車指定席(通常期)片道利用時に比べて、6850円、9210円お得です。14日前までに買えばよい「スーパー早特きっぷ」よりさらにお得です。ただ、格安の商品なので予約できる席数には限りがあり、予約後の変更はきっぷの受け取り前でも一切できません。支払いはクレジットカードがなくても、駅やコンビニ等での現金払いもできます。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/06/page_10576.html、JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/06/07/HPsuperhayatoku21.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「或る列車」は阿蘇へ

 「あそぼーい!」「ななつ星in九州」も大分側から阿蘇を目指しますが、これに「或る列車」も加わることになりました。日ごろは久大線や大村線を走っていますが、豊肥線を走るのです。

 豊肥線大分-阿蘇間を走るのは、7月19日、8月23日、9月20日の3日間。大分11:08ごろ発阿蘇14:05ごろ着、阿蘇15:14ごろ発大分17:26ごろ着のダイヤで運行します。ほかの「或る列車」同様、旅行商品として発売されます。片道だけの個人旅行商品(1人24000~30000円、追加料金を払えば博多など発着のプランもあります)のほか、「或る列車」に乗車して熊本城や城下町日出などの観光地を訪れる、1泊2日の団体旅行商品(大人65000~77000円)も用意しています。

 申し込みは個人旅行商品が5月31日からJR九州旅行のホームページで、団体旅行商品が5月25日からJR九州旅行支店、駅旅行センター、或る列車ツアーデスクで受け付けます。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/05/24/HPasosweettrain_1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年春、「ななつ星in九州」のルートが変わる

 JR九州をぐるっと一周する豪華寝台列車、「ななつ星in九州」。2018年3月中旬から、3泊4日コースのルートの大幅な変更を行います。2013年の運行開始後、初めてのことです。

 それでは、どういうルートになるのでしょうか? 詳細は9月に決まるようですが、現時点での予定を紹介します。1日目は博多を11:20ごろに出て、まず門司港に向かいます。13:00ごろ到着し、14:30ごろに出発するまでの間、門司港駅の見学を行います。その後、宇佐神宮にも立ち寄り、大分経由で阿蘇に23:30ごろ到着します。「あそぼーい!」と同じように、東から阿蘇に入るのです。そのまま車中泊です(列車は動かないようです)。2日目の朝食は阿蘇のレストラン「火星」。阿蘇を10:00ごろ出発し、大分経由で由布院には14:30ごろ到着します。2日目は旅館に泊まります。九州屈指の名旅館です。3日目はバスで別府に移動し、別府から「ななつ星in九州」に乗ります。11:00ごろ出発です。夕方の宮崎で市内観光を行い、鹿児島中央に23:05ごろ着きます。そのまま駅で停まったまま車中泊です。4日目は鹿児島中央を5:00ごろ出発し、肥薩線経由で北に向かいます。大畑のホームでのティータイム、人吉市内観光を経て、博多には17:30ごろ到着します。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/05/29/17052902_sevenstars2018course.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR九州、811系をリニューアル

 分割民営化直後、JR各社が競って新しい普通電車を走らせた時期がありました。しかもJR東日本、JR四国を除く4社が、転換クロスシートの電車をつくりました。JR九州の811系もそのひとつです。

 しかし分割民営化から30年が経ちました。811系も古くなり、このたびリニューアルすることになりました。水戸岡氏の監修によって行われるリニューアルの主な特徴は、(1)車体側面のライン及び車体の表記を青色に統一 (2)転換クロスシートをロングシートに変更(定員が512人から597人に増えます)、シートの柄は九州の伝統的な織物をイメージ (3)モーターや制御装置を更新し、VVVF制御装置に変更 (4)車内の照明もLEDに変え、環境負荷を低減 です。減速のときに捨てていたエネルギーを動力として再利用できるようになるため、走行に必要な電力は約3割減ります。

 811系のリニューアル車両は4月27日に走り始めました。今回リニューアルするのは1編成だけですが、ほかの811系(全部で27編成)も総額81億円かけて2024年度までに順次リニューアルを行います。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/04/25/17042501series811renewal2.pdf、日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15739960V20C17A4LX0000/、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20170426/ddp/008/020/016000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日豊線大分-鹿児島間を高速化?

 大分以南の日豊線の最高速度は、ところどころでかなり低いところがあります。改良工事の終わった大分-佐伯間と延岡-宮崎間は時速110キロとそれなりの数字ですが、佐伯-延岡間は時速85キロ、宮崎-鹿児島中央間は85~100キロと低い数字にとどまっています。そのため、大分-宮崎間、宮崎-鹿児島中央間の平均速度は時速60キロ台に留まり、特急と言えども遅いです。

 鉄道の抜本的な改良で一番良いのは新幹線をつくることですが、大分以南は需要が少なくて、フル規格新幹線は厳しいでしょう。そこで宮崎県が考えているのが、在来線の高速化。かなり昔のデータですが、宮崎県は1999~2000年度に、宮崎-鹿児島間の高速化について調査をしています。そのときは52億円の投資で14分短縮するというデータを得ていますが、その後にできた九州新幹線や、線路改良技術の向上を加味して、改めて調査を行うようです。大分-鹿児島中央間333キロについて、路盤強化やカーブのカント改良、あるいは部分複線化などで、どれだけの費用をかけてどれだけの所要時間短縮が図れるかを調査します。2017年度中に行い、事業費は2000万円です。
(参考:「鉄道ファン」2017年5月号 交友社、宮崎日日新聞ホームぺージ http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_24416.html)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「東急ハンズ」が列車になる

 長崎駅直結、アミュプラザにある東急ハンズ長崎店の開業1周年を記念して、22日、JR九州と東急ハンズ長崎店はとある列車を走らせました。

 その列車は「東急ハンズ ヒント・マーケット列車」。快速「シーサイドライナー」の車内を改装にして店舗にしたのです。しかもこの列車、長崎県内の4駅(佐世保、早岐、諫早、喜々津)に停車し、文具、化粧品、鉄道をモチーフにしたグッズなどを販売しました。
(参考:JR九州ホームぺージ https://www.jrkyushu.co.jp/byarea/nagasaki/info/__icsFiles/afieldfile/2017/03/28/20170422tokyuhandstrain.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK4L438GK4LTOLB00C.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR九州、筑肥線でホームドア実験

 JR九州は、可動部分をパイプにし、コンパクトな戸袋にした、軽量型ホームドアを開発しています。全体の重量が従来の約6割になったこともあり、ホームの補強や設置工事の費用も6割ほどになります。

 そのホームドアなのですが、在来線に導入することは決まっていましたが、いつからどこで実証実験を行うかは決まっていませんでした。しかし、2016年12月にJR九州から発表があり、その大まかな時期と場所が明らかになりました。2017年秋以降(具体的な時期が決まったら、再度発表があります)に筑肥線九大学研都市で実証実験を行うことになりました。場所はこれまで言われていた通りですが、時期は遅くなっています。設置は2017年4月以降に始めるとのことです。

 ホームドアの実証実験の場所に筑肥線の九大学研都市が選ばれた理由は次の通りです。(1)筑肥線は全駅にホームドアが設置されている福岡市営地下鉄に乗り入れていること (2)筑前前原以東は6両編成の4扉車で統一され、ホームドアを設置しやすいこと (3)1日平均の乗降客数が筑肥線では(地下鉄との接続駅である)姪浜を除いて一番多く、朝夕のラッシュ時にはホームが混雑すること

 JR九州は検証実験を1年間続け、問題がなければ下山門-筑前前原間の6駅に導入したいと考えています。
(参考:JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2016/12/20/004formdoor.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASJDN54G3JDNTIPE01H.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「あそぼーい!」が再び豊肥線に、南阿蘇鉄道の全線復旧は数年

 「あそぼーい!」はもともと熊本-宮地間の観光列車でしたが、熊本地震で一部区間が不通となったため、現在は門司港-博多間など熊本県外で臨時列車として走っています。

 ところが、7月8日から12月24日まで、「あそぼーい!」は阿蘇を走ります。ツアーとして走ったことはありますが、週末中心とはいえ定期的に運行する列車は初めてです。1年3か月ぶりに定期列車として阿蘇に戻ってきたのです。とは言っても熊本のほうはまだ不通区間がありますから、走るのは大分か別府から阿蘇に向かうルートです。週末を中心に阿蘇-別府・大分間を1日2往復します(金曜日も一部を除いて運転します)。なお、2018年1月以降は未定です。

 さて、熊本地震で運休しているのは豊肥線の一部区間のほか、南阿蘇鉄道の一部区間もあります。ただ、ここを復旧させるのは多額の費用がかかるようなのです。全線復旧させるためには、最大70億円、工期は後述するトンネル工事の絡みがあり、5年程度かかるようです。震災直後の概算では50億円と言われていましたが、さらに増えたのです。

 特に被害が大きいのは、第一白川橋梁、土砂崩れで橋脚や橋台の部材が折れたり曲がったりしています。部材を利用しながら同じ場所で架け替え、40億円かかります。そのほか、高森川の出口付近約40メートルが横ずれした犀角山トンネル(長さ125メートル)は最大49センチある横ずれ部分を撤去します。山を崩してトンネルを短くするのです。内部にひび割れがある戸下トンネルと合わせた復旧費用は約20~25億円で、3年かかります。そのほかの橋梁や斜面崩壊などの復旧は5億円程度ででき、1年程度でできます。当然、出資者の地元町村などでできる話ではなく、東日本大震災における三陸鉄道の事例を基に、国の補助率かさ上げや地元負担部分への交付税措置で、自治体の実質的な負担を5%程度に抑える案があります。
(参考:西日本新聞ホームぺージ https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto_earthqueake/article/321835、くまにちコム https://kumanichi.com/news/local/main/20170416008.xhtml、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/68691/、JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/04/25/17042502asoboygotoaso.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧