「青春18きっぷ」、新青森-青森間は全車指定席の普通・快速にも追加料金なしで乗車できる

 日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT及びJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りすることのできる、「青春18きっぷ」。今年も春季、夏季、冬季に発売されます。

 発売期間と利用期間は次の通りです。春季の発売期間は2月20日から3月31日まで、利用期間は3月1日から4月10日まで、夏季の発売期間は7月1日から8月31日まで、利用期間は7月20日から9月10日まで、冬季の発売期間は12月1日から12月31日まで、利用期間は12月10日から2018年1月10日までです。大人、子供同額で11850円です。

 みなさんも御存じの通り、「青春18きっぷ」では特急や急行には乗車できません。しかし、奥羽線新青森-青森間、石勝線新夕張-新得間、宮崎空港線宮崎-宮崎空港間に限り、特急や急行の普通車自由席に乗車することができます。奥羽線と石勝線はほかの区間にまたがった場合は全区間の運賃・料金が必要となりますが、宮崎空港線の場合はほかの区間にまたがっても宮崎以北の運賃・乗車券のみ払えばよいのです。例えば、延岡-宮崎空港間で特急に乗車した場合、延岡-宮崎間の運賃・料金を払えばよいのです。また、奥羽線新青森-青森間のみを乗車する場合に限り、特例として全車指定席の普通・快速列車の普通車の空いている席に追加料金なしで座ることができます。新たにできた特例でしょうか? 原則として他社線の利用はできませんが、青い森鉄道の八戸-青森間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間、IRいしかわ鉄道の津幡-金沢間のみ通過利用できます。ただし、下車可能駅(青い森鉄道の八戸、野辺地、青森、あいの風とやま鉄道の富山、高岡、IRいしかわ鉄道の津幡、金沢)が決められており、それ以外の駅では下車できません。別に乗車区間の運賃が必要となります。

 「青春18きっぷ」では別途「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を買えば、北海道新幹線にも乗車することができます。今回からは発売期間が延長され、「青春18きっぷ」利用期間の最終日まで購入することができます。旅行の途中で北海道新幹線に乗らないといけなくなったような場合でも対応できるのです。もっとも、値段が2300円(子供も同額)と高く、しかも奥津軽いまべつや木古内での接続が良いとは限らないので(普通列車の3月4日のダイヤ改正後の時刻は未発表です)、場合によっては新青森-新函館北斗間を別払いで北海道新幹線に乗ったり(割引切符もあります)、青森-函館間でフェリーに乗ったりなどの対応が必要かもしれません。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9902.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「ジャパン・レール・パス」、国内でも発売へ、日本人は海外居住でも購入不可

 究極の乗り放題の切符と言えば、「ジャパン・レール・パス」。JR全線(「のぞみ」、「みずほ」は自由席を含めて乗車不可。東京モノレールや一部の並行在来線、一部のJRバス(路線バス)、JR西日本宮島フェリーも乗車できます)が7日間、29110円で乗り放題です(普通車用の7日間用の場合。子供用、14日間用、21日間用、グリーン車用もあります)。

 しかし、このホームページを見ている大多数の人は購入することができません。日本を観光目的で訪れる訪日外国人を対象にした商品であり、海外から短期滞在の入国資格により訪れる外国人旅行者しか購入できません。しかも、事前に海外で引換証を購入する必要があるのです。

 ところが、2017年3月8日から2018年3月31日の間、試験的に日本国内でも発売することになりました。発売箇所は札幌、東京、名古屋、大阪、高松、博多、新千歳空港、成田空港、空港第2ビル、関西空港の各駅と東京モノレールの羽田空港国際線ビル駅など16駅です(試験販売の結果によっては発売駅の拡大も検討するようです)。ただし、その場合でも外国人旅行者でないと購入できません。値段が若干変わり、普通車用の7日間用で33000円となることも注意が必要です。

 実は、日本人でも「ジャパン・レール・パス」を購入することができました。日本国籍でも日本国外に居住し、その居住国に永住権を持っているか、日本国外に居住する外国人と結婚している場合は特例として購入できました。しかし、この特例も2017年3月31日の引換証発売(日本国内での引き換えは2017年6月30日まで)で終了します。それを過ぎると日本人は「ジャパン・レール・パス」を購入することができなくなってしまうのです。

(追記)
 日本人であっても、在留期間が10年以上のときは、引き続き「ジャパン・レール・パス」を購入することができます(2017年6月引換証発売分から)。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161111-3.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/11/11/285242.html、http://response.jp/article/2017/03/31/292927.html、産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/161111/ecn1611110022-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「秋の乗り放題パス」も北海道新幹線利用可能に

 JRグループは10月14日の「鉄道の日」にあわせて、10月8日から23日までのうち連続する3日間、JRの普通、快速列車の普通車自由席、BRT、JR西日本宮島フェリーが乗り放題となる、「秋の乗り放題パス」を発売します。発売期間は9月17日から10月21日まで、利用期間は10月8日から23日までのうち連続する3日間、値段は大人7710円、子供3850円です。JRの主要駅等で発売します。

 ところで、毎年恒例のきっぷですが、今年はどこが変わったのでしょうか? それは、「青春18きっぷ」と同じように、北海道新幹線を利用できるようになったこと。「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」(大人2300円、子供1150円)を買えばいいのです。「秋の乗り放題パス」と併用することで北海道新幹線に乗ることができるのです。乗車できる区間は、北海道新幹線奥津軽いまべつ-木古内間の普通車の空いている席及び道南いさりび鉄道木古内-五稜郭間の普通列車が乗車日当日に限り片道1回のみ利用することができます(木古内、五稜郭以外での途中下車はできません。途中下車した場合は、道南いさりび鉄道の運賃が必要となります)。青森方面から奥津軽いまべつまでは新幹線を利用することができず、在来線で行くことになります。隣接する津軽線津軽二股で乗り換えます。発売期間、利用期間、発売箇所は「秋の乗り放題パス」と同じです。

 JR西日本は今年も、JR西日本の普通列車普通車自由席及びJR西日本宮島フェリーを自由に乗り降りすることのできる、「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」を発売します。発売期間は9月17日から10月23日まで、利用期間は10月8日から23日までのうち1日限り、値段は大人3000円、子供1500円です。JR西日本の主要駅等で発売します。こちらに関しては、2015年と同じように、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道の金沢-糸魚川間も利用できます。途中下車もできます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9187.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9189.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

JR6社、可燃性液体完全持ち込み禁止にする方針

 2015年6月に起きた、東海道新幹線の放火事件。男がポリタンク入りのガソリンをかぶって焼身自殺をし、巻き添えでほかの乗客1人も亡くなりました。

 もともと、ガソリンや灯油のような可燃性液体は、列車に持ち込むことが鉄道営業法で禁じられていました。しかし、3キログラム以内なら、旅行中使用する少量のものとされ、例外的に持ち込むことができるようになっていました。しかしこの事件を受けて、JR6社は、可燃性液体を完全に持ち込み禁止にする方針です。北海道新幹線が開業する3月26日から変更するようです。

 もっとも、いくら完全持ち込み禁止にしても、鉄道は航空機と違って、手荷物検査ができません。東海道新幹線のように車内に防犯カメラを置くなど、抑止力を高める方法で対応するしかないようです。

(追記)
 JR旅客鉄道各社や大手私鉄など34の鉄道事業者は3月31日、4月28日からガソリンや灯油などの可燃性液体の車内への持ち込みを禁止することを発表しました。

 ただし、可燃性液体であっても、酒類や化粧品類、ライターなど一般的に購入できる商品は2リットル以内か容器を含めて2キロ以内なら認めます。ヘアスプレーやカセットガスなどの高圧ガスも持ち込めるのは2リットル以内か容器を含めて2キロ以内とします。

 もっとも、鉄道には航空機のような手荷物検査はありません。そのため、ルール違反が疑われる場合には乗務員や駅員が確認し、応じなければ乗車を認めないことにします。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/20160217-OYT1T50120.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/160331/wst1603310084-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「フルムーン夫婦グリーンパス」、「北斗星」廃止で盛岡-青森間特例廃止に

 JRグループは、今年も9月1日から「フルムーン夫婦グリーンパス」を発売します。発売期間は9月1日から2016年5月31日まで、利用期間は10月1日から2016年6月30日までの連続した5・7・12日間ですが、年末年始、春休み、ゴールデンウィーク中は利用できません。

 ところで、今回発売される「フルムーン夫婦グリーンパス」、今までと効力が若干異なっています。これまで、「北斗星」を利用する場合に限り、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道の盛岡-青森間を別料金を払わずに通過することができる特例がありましたが、「北斗星」が完全に廃止されたため、その特例が消えているのです。

 なお、2015年度末開業予定の北海道新幹線新青森-新函館北斗間が開業した後は、きっぷの効力が変更となる場合があります。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2015/20150806.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/08/22/258446.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青春18きっぷ」で青函トンネルを通ることができなくなる?

 普通列車、快速列車(新快速等も含みます)に限りますが、JR全線が乗り放題になる「青春18きっぷ」。もちろん、青函トンネルも通ることができます。実は、青函トンネルには普通列車がありませんが、特例があり、普通列車の全くない蟹田-木古内間に限り、特急に乗ることができる特例があります。全国には、そういう特例が4か所あります。

 しかし、青函トンネル部分は2016年3月の北海道新幹線開業により、在来線の列車自体がなくなり、新幹線に移行すると考えられています。北海道新幹線が開業してからも、「青春18きっぷ」だけで北海道新幹線に乗って青函トンネルを通ることができる特例は続けられるのでしょうか? JR各社は対応を協議中で、年末には結論を出すようですが、どうやらその特例は消えてしまうようです。

 もっとも、仮にその特例が残ったとしても、「青春18きっぷ」だけで新青森-新函館北斗間を乗ることができず、できても奥津軽いまべつ-木古内間でしょう。どれだけの本数が停まるかわかりません。JRの路線のまま残る青森側はともかく(本数が極めて少なく、時間もかかります)、函館側は江差線五稜郭-木古内間が第三セクターに移行します。この分の運賃も別途必要になります。別料金を払ってでもおとなしく青森-函館間をフェリーで移動したほうがよいかもしれません。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASH6L42LCH6LIIPE00F.html)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「日韓共同きっぷ」は6月で廃止、JR西日本は新切符にリニューアル

 JRグループと韓国鉄道公社は、日韓両国の鉄道と船舶を組み合わせ、JR主要駅とソウル駅を結ぶという「日韓共同きっぷ」(日本)、「韓日共同乗車券」(韓国)。ソウルオリンピックが開催された1988年から発売が始まりました。最初はJR西日本とJR九州だけの発売でしたが、その後すべてのJR旅客会社で発売されることになりました(ただし、2006年にはJR北海道、JR東日本が販売を終了しています)。どうやら、日韓間の航空運賃が下がり(LCCの普及でその傾向に拍車がかかりました)、価格の優位性がなくなっていることが影響しているようです。

 そのような流れの中、JR西日本と韓国鉄道公社との間で、新しい切符を発売することになりました。それは日本発が出発地からのJRの切符、釜山までの船と韓国鉄道が有効期間内乗り放題の切符をセットにした往復タイプ商品、韓国発が出発地から釜山までのKTX、釜山からの船とJR西日本エリアが有効期間内乗り放題の切符をセットにした往復タイプ商品です。現地を乗り放題にすることによって特徴を出そうとしているようです。この新しい切符の商品名称、商品内容、発売価格、発売開始日などは準備ができ次第ということで、未定です。

 なお、これまでJRグループと韓国鉄道公社で発売してきた「日韓共同きっぷ」、「韓日共同乗車券」は6月末で全区間の発売を終了します。JR西日本エリアはともかく、それ以外のエリアからは代替の商品もないということになります。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/04/page_7042.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/04/03/248290.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nikkan/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

北陸新幹線開業に伴う「青春18きっぷ」等の取り扱いについて

 2015年3月14日の北陸新幹線開業によって、信越線・北陸線長野-直江津-金沢間はJRから分離されます。「青春18きっぷ」など、JRグループで発売している切符はどのようになるのでしょうか? その答えが出ました。

 「青春18きっぷ」は、2015年度の春季用、夏季用、冬季用が一気に発表されました。春季用の発売期間は2015年2月20日~3月31日、利用期間は2015年3月1日~4月10日、夏季用の発売期間は2015年7月1日~8月31日、利用期間は2015年7月20日~9月10日、冬季用の発売期間は2015年12月1日~12月31日、利用期間は2015年12月10日~2016年1月10日です。値段は現行と変わらず11850円となります。

 今回の北陸新幹線開業により、並行在来線となる区間については、「青春18きっぷ」は利用できず、別途運賃が必要となります(当然、北陸新幹線が開業する前は信越線、北陸線も利用できます)。しかし、氷見線、城端線、七尾線を利用する場合、あいの風とやま鉄道富山-高岡間(下車可能駅は富山、高岡)、IRいしかわ鉄道金沢-津幡間(下車可能駅は金沢、津幡)については、途中下車せずに普通・快速の普通車自由席にて通過利用する場合に限り、「青春18きっぷ」のみで利用できます。青い森鉄道絡みに続く例外です。並行在来線部分を通り抜けるJRの直通列車があるところが対象になっているとも言われていますが、真偽のほどは不明です。

 全国フリーパスタイプの「フルムーン夫婦グリーンパス」、「ジャパン・レール・パス」について説明すると、北陸新幹線は「かがやき」を含めてすべて利用できます。ただし、北陸新幹線も「グランクラス」は利用できません。並行在来線は(JRから直通する)えちごトキめき鉄道の「しらゆき」に乗車した場合でも運賃・料金は別払いですが、「青春18きっぷ」同様、氷見線、城端線、七尾線を利用する場合、あいの風とやま鉄道富山-高岡間(下車可能駅は富山、高岡)、IRいしかわ鉄道金沢-津幡間(下車可能駅は金沢、津幡)については、途中下車せずに普通・快速の普通車自由席にて通過利用する場合に限り(IRいしかわ鉄道は特急も可)、追加料金なしで利用できます。JR部分が割引になる「ジパング倶楽部」、「レール&レンタカーきっぷ」については、北陸新幹線は「かがやき」を含めて割引の対象となりますが(「グランクラス」は運賃のみ割引)、並行在来線はあいの風とやま鉄道富山-高岡間、IRいしかわ鉄道金沢-津幡間を含めて割引の対象とはなりません。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/141219-2.pdf、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/seishun18-4/)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「青春18きっぷ」は2013年度、67万枚発売されていた

 格安の旅に欠かせない、「青春18きっぷ」。一体、どれぐらい売れているのでしょう? その答えが明らかになりました。

 その数は2013年度で67万枚、1枚11500円ですので、金額にすると約77億円です。ちなみに、2009年度は74万枚(うちJR東日本は28万枚)、2010年度は62万枚(うちJR東日本は24万枚)でした(JR東日本の2011年度と2012年度の販売枚数は過去の記事を御覧ください)。安定してそれなりの枚数が売れている、人気商品とも言えます。

 なお、先ほどJR東日本の販売枚数について触れましたが、JR東日本の販売割合は約38%です。鉄道収入全体におけるJR東日本のシェアは約43%なので、それよりは低いということになります。JR西日本の一部の駅などで売られている「赤い『青春18きっぷ』」を買う人がいるのか、それとも(儲かっている)JR東日本やJR東海ではなく、経営が苦しいJR北海道などの三島会社で買おうとする人がいるからなのでしょうか?

(追記)
 JR東日本によれば、「青春18きっぷ」は2014年度は69万枚、そして2015年度は71万枚発売されていたようです。
(参考:タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/seishun/、http://tabiris.com/archives/seishun18-14/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青春18きっぷ」も消費税増税で値上げ

 このところ、小刻みに発売がアナウンスされている「青春18きっぷ」。今回は夏季用と冬季用の発売が発表されました。夏季用の発売期間は7月1日~8月31日、利用期間は7月20日~9月10日、冬季用の発売期間は12月1日~12月31日、利用期間は12月10日~2015年1月10日です。効力については2013~2014年は冬季用、春季用と同じです。次の春季用がどうなるかが注目されます。北陸新幹線金沢開業がどのように「青春18きっぷ」に影響するのでしょうか?

 なお、消費税の増税に伴い、「青春18きっぷ」が値上げされています。これまでの11500円から11850円となっています。税率が5%から8%になったことを考えると、約3%の値上げなので、妥当なところでしょう。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2014/06/page_5766.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧