特定地方交通線の除外規定は40年前の亡霊

 国鉄がJRになるころ、需要の少ないローカル線が分離され、第三セクターになったり、バスに転換されたりしました。それでは、どのような基準で分離されることになったのでしょうか?

 基本的には1977~1979年度の輸送密度が4000人未満の路線が特定地方交通線となり、第三セクターやバスになりましたが、物事には例外があります。一定の条件のどれかに当てはまれば、輸送密度が4000人未満でも存続できたのです。その条件は、(1)ピーク1時間当たりの輸送人員が片方向で1000人以上 (2)並行する道路が存在しない (3)並行道路の不通が積雪などにより1年平均で10日を超える (4)乗客一人当たりの平均乗車距離が30キロを超え、かつ輸送密度が1000人以上 です。この規定に救われたローカル線は51路線もあります。

 それらの特定地方交通線の輸送密度はその後、どうなったのでしょうか? 基準期間のものとそれから約40年後の2015年度のものとを比較することにしましょう。基準期間に比べて増えたのは、たったの4つ。札沼線、江差線、可部線、香椎線のみです。江差線は青函トンネルにつながっていて、五稜郭-木古内間は北海道新幹線が開通するまで特急列車がたくさん走っていました。後の3路線は一部または全部が札幌、広島、福岡の近くにあり、大都市近郊の鉄道ということで利用者が増えました。江差線や可部線については利用者の少ない区間が廃止されたという要素もあります。

 これらを除いた大半は輸送密度が減少しました。先日廃止された三江線、2016年12月に一部が廃止された留萌線のように輸送密度が1/10以下に減ったところもあります。明らかに鉄道として維持できない水準です。また、道路の整備が進み、鉄道に並行する道路が完成したり、雪でも使えるようになったりしました。逆に鉄道のほうが、木次線のように、雪が降ったら春まで運休します。道路は国や地方が除雪してくれますが、鉄道は自前で除雪しないといけないからです。今となっては鉄道のほうが雪に弱いのです。

 分割民営化から30年、鉄道を取り巻く環境も大きく変わりました。正直言って、特定地方交通線の中には鉄道を走らせるほどの需要がない路線もたくさんあります。第三セクターや中小私鉄なら負担を嫌って鉄道の存続を断念せざるを得ない状況です。JRが相手ならそういうお金のことを気にせずに、これまで需要の極めて少ない鉄道でも存続を強く求めてきましたが、JRはここまでよく廃止せずに鉄道を維持してきました。十分に役目を果たしたと言えるでしょう。特定地方交通線の除外規定は40年前の亡霊で、今の需要に合った適切な交通機関を考えていかないといけないでしょう。鉄道が欲しいのなら、地元が適正な負担をするのです。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/80195)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青春18きっぷ」で佐世保線早岐-佐世保間の特急乗車可

 日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT及びJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りすることのできる、「青春18きっぷ」。2018年度も発売が継続されます。

 発売期間と利用期間は次の通りです。春季の発売期間は2月20日から3月31日まで、利用期間は3月1日から4月10日まで、夏季の発売期間は7月1日から8月31日まで、利用期間は7月20日から9月10日まで、冬季の発売期間は12月1日から12月31日まで、利用期間は12月10日から2019年1月10日までです。大人、子供同額で11850円です。「青春18きっぷ」と組み合わせて北海道新幹線、道南いさりび鉄道に乗ることができる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の発売も継続されます。春季の発売期間は2月20日から4月10日まで、利用期間は3月1日から4月10日まで、夏季の発売期間は7月1日から9月10日まで、利用期間は7月20日から9月10日まで、冬季の発売期間は12月1日から2019年1月10日まで、利用期間は12月10日から2019年1月10日までです。大人、子供同額で2300円です。

 それでは、2018年度の変更点は何でしょうか? 「青春18きっぷ」は原則としてJR線の普通列車しか乗ることができませんが、特例として特急・急行列車の普通車自由席に乗ることができる区間がいくつかあります。2018年度からはそれに新たな区間が加わります。佐世保線早岐-佐世保間です(3月17日から適用)。3月17日のダイヤ改正で、「みどり」の早岐-佐世保間は乗車券だけで乗車できるようになります。それに対応した変更でしょう。早岐-佐世保間以外の区間にまたがって特急等を利用する場合は、超えた区間の乗車券、特急券が必要となります。例えば、肥前山口-佐世保間で特急に乗れば、肥前山口-早岐間の乗車券、特急券が必要になります。宮崎空港線の宮崎-宮崎空港間と同じ扱いになります。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/02/page_11833.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR発足30周年記念「JR7社共同企画 スペシャルツアー」

 何度も言いますが、今年はJR各社が発足してから30周年の節目の年。20周年のときは7社が共同でツアーを催行しましたが、今回はそのような話はなく、ないものだと思っていました。

 ところが今回もスペシャルツアーを行うことになりました。スペシャルツアーは2種類、「カシオペア」などの観光列車に乗る「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」と、新幹線を中心に乗る「新幹線で行く 日本列島縦断3日間」です。後者は20周年のときにはなかったものですが、この10年の間に北海道新幹線や九州新幹線が開業し、ツアーとして成立するようになりました。すでに18日から募集が始まっていて、22日の時点で「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」は満席になっていますが(10分で完売したようです)、両方とも紹介することにします。

 「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」は12月5日発の9泊10日。上野集合、東京解散です(横浜下車可)。JR貨物のEH500が牽引する「カシオペア」(1~2日目、上野→青森、ダイニングカーでのフランス料理付き、機関車は途中でEF81に変更)のほか、「ノースレインボーエクスプレス」(3日目、札幌→新函館北斗)、「なごみ(和)」(3日目、盛岡→仙台)、「現美新幹線」(4日目、仙台→大宮)、「ぬくもり飛騨路号」(5日目、下呂→高山)、「花嫁のれん」(6日目、金沢→和倉温泉)、「500 TYPE EVA」(8日目、福山→博多)、「A列車で行こう」(9日目、長崎→新鳥栖)、「サンライズ出雲・瀬戸」(9~10日目、岡山→東京)などに乗ります。各地の有名旅館に泊まるとともに、軍艦島などの観光も組み込まれています。値段は車両設備により異なり、1人39万円から48万円です。

 「新幹線で行く 日本列島縦断3日間」は12月15日発の2泊3日。新函館北斗集合、鹿児島中央解散です(追加料金で東京発着のオプションもあります)。北海道新幹線、東北新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線を乗り継ぐだけでなく、「リニア・鉄道館」(300X、オハ35、100系食堂車の特別公開)、金刀比羅宮の白書院(こちらも「おたから」の特別公開があります)などの観光要素が組み込まれています。新幹線が通らない四国もちゃんと訪れるのです。値段は1人15万円です。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11298.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/series/railwaynews/093/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青春18きっぷ」、新青森-青森間は全車指定席の普通・快速にも追加料金なしで乗車できる

 日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT及びJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りすることのできる、「青春18きっぷ」。今年も春季、夏季、冬季に発売されます。

 発売期間と利用期間は次の通りです。春季の発売期間は2月20日から3月31日まで、利用期間は3月1日から4月10日まで、夏季の発売期間は7月1日から8月31日まで、利用期間は7月20日から9月10日まで、冬季の発売期間は12月1日から12月31日まで、利用期間は12月10日から2018年1月10日までです。大人、子供同額で11850円です。

 みなさんも御存じの通り、「青春18きっぷ」では特急や急行には乗車できません。しかし、奥羽線新青森-青森間、石勝線新夕張-新得間、宮崎空港線宮崎-宮崎空港間に限り、特急や急行の普通車自由席に乗車することができます。奥羽線と石勝線はほかの区間にまたがった場合は全区間の運賃・料金が必要となりますが、宮崎空港線の場合はほかの区間にまたがっても宮崎以北の運賃・乗車券のみ払えばよいのです。例えば、延岡-宮崎空港間で特急に乗車した場合、延岡-宮崎間の運賃・料金を払えばよいのです。また、奥羽線新青森-青森間のみを乗車する場合に限り、特例として全車指定席の普通・快速列車の普通車の空いている席に追加料金なしで座ることができます。新たにできた特例でしょうか? 原則として他社線の利用はできませんが、青い森鉄道の八戸-青森間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間、IRいしかわ鉄道の津幡-金沢間のみ通過利用できます。ただし、下車可能駅(青い森鉄道の八戸、野辺地、青森、あいの風とやま鉄道の富山、高岡、IRいしかわ鉄道の津幡、金沢)が決められており、それ以外の駅では下車できません。別に乗車区間の運賃が必要となります。

 「青春18きっぷ」では別途「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を買えば、北海道新幹線にも乗車することができます。今回からは発売期間が延長され、「青春18きっぷ」利用期間の最終日まで購入することができます。旅行の途中で北海道新幹線に乗らないといけなくなったような場合でも対応できるのです。もっとも、値段が2300円(子供も同額)と高く、しかも奥津軽いまべつや木古内での接続が良いとは限らないので(普通列車の3月4日のダイヤ改正後の時刻は未発表です)、場合によっては新青森-新函館北斗間を別払いで北海道新幹線に乗ったり(割引切符もあります)、青森-函館間でフェリーに乗ったりなどの対応が必要かもしれません。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9902.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「ジャパン・レール・パス」、国内でも発売へ、日本人は海外居住でも購入不可

 究極の乗り放題の切符と言えば、「ジャパン・レール・パス」。JR全線(「のぞみ」、「みずほ」は自由席を含めて乗車不可。東京モノレールや一部の並行在来線、一部のJRバス(路線バス)、JR西日本宮島フェリーも乗車できます)が7日間、29110円で乗り放題です(普通車用の7日間用の場合。子供用、14日間用、21日間用、グリーン車用もあります)。

 しかし、このホームページを見ている大多数の人は購入することができません。日本を観光目的で訪れる訪日外国人を対象にした商品であり、海外から短期滞在の入国資格により訪れる外国人旅行者しか購入できません。しかも、事前に海外で引換証を購入する必要があるのです。

 ところが、2017年3月8日から2018年3月31日の間、試験的に日本国内でも発売することになりました。発売箇所は札幌、東京、名古屋、大阪、高松、博多、新千歳空港、成田空港、空港第2ビル、関西空港の各駅と東京モノレールの羽田空港国際線ビル駅など16駅です(試験販売の結果によっては発売駅の拡大も検討するようです)。ただし、その場合でも外国人旅行者でないと購入できません。値段が若干変わり、普通車用の7日間用で33000円となることも注意が必要です。

 実は、日本人でも「ジャパン・レール・パス」を購入することができました。日本国籍でも日本国外に居住し、その居住国に永住権を持っているか、日本国外に居住する外国人と結婚している場合は特例として購入できました。しかし、この特例も2017年3月31日の引換証発売(日本国内での引き換えは2017年6月30日まで)で終了します。それを過ぎると日本人は「ジャパン・レール・パス」を購入することができなくなってしまうのです。

(追記)
 日本人であっても、在留期間が10年以上のときは、引き続き「ジャパン・レール・パス」を購入することができます(2017年6月引換証発売分から)。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161111-3.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/11/11/285242.html、http://response.jp/article/2017/03/31/292927.html、産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/161111/ecn1611110022-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「秋の乗り放題パス」も北海道新幹線利用可能に

 JRグループは10月14日の「鉄道の日」にあわせて、10月8日から23日までのうち連続する3日間、JRの普通、快速列車の普通車自由席、BRT、JR西日本宮島フェリーが乗り放題となる、「秋の乗り放題パス」を発売します。発売期間は9月17日から10月21日まで、利用期間は10月8日から23日までのうち連続する3日間、値段は大人7710円、子供3850円です。JRの主要駅等で発売します。

 ところで、毎年恒例のきっぷですが、今年はどこが変わったのでしょうか? それは、「青春18きっぷ」と同じように、北海道新幹線を利用できるようになったこと。「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」(大人2300円、子供1150円)を買えばいいのです。「秋の乗り放題パス」と併用することで北海道新幹線に乗ることができるのです。乗車できる区間は、北海道新幹線奥津軽いまべつ-木古内間の普通車の空いている席及び道南いさりび鉄道木古内-五稜郭間の普通列車が乗車日当日に限り片道1回のみ利用することができます(木古内、五稜郭以外での途中下車はできません。途中下車した場合は、道南いさりび鉄道の運賃が必要となります)。青森方面から奥津軽いまべつまでは新幹線を利用することができず、在来線で行くことになります。隣接する津軽線津軽二股で乗り換えます。発売期間、利用期間、発売箇所は「秋の乗り放題パス」と同じです。

 JR西日本は今年も、JR西日本の普通列車普通車自由席及びJR西日本宮島フェリーを自由に乗り降りすることのできる、「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」を発売します。発売期間は9月17日から10月23日まで、利用期間は10月8日から23日までのうち1日限り、値段は大人3000円、子供1500円です。JR西日本の主要駅等で発売します。こちらに関しては、2015年と同じように、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道の金沢-糸魚川間も利用できます。途中下車もできます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9187.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9189.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

JR6社、可燃性液体完全持ち込み禁止にする方針

 2015年6月に起きた、東海道新幹線の放火事件。男がポリタンク入りのガソリンをかぶって焼身自殺をし、巻き添えでほかの乗客1人も亡くなりました。

 もともと、ガソリンや灯油のような可燃性液体は、列車に持ち込むことが鉄道営業法で禁じられていました。しかし、3キログラム以内なら、旅行中使用する少量のものとされ、例外的に持ち込むことができるようになっていました。しかしこの事件を受けて、JR6社は、可燃性液体を完全に持ち込み禁止にする方針です。北海道新幹線が開業する3月26日から変更するようです。

 もっとも、いくら完全持ち込み禁止にしても、鉄道は航空機と違って、手荷物検査ができません。東海道新幹線のように車内に防犯カメラを置くなど、抑止力を高める方法で対応するしかないようです。

(追記)
 JR旅客鉄道各社や大手私鉄など34の鉄道事業者は3月31日、4月28日からガソリンや灯油などの可燃性液体の車内への持ち込みを禁止することを発表しました。

 ただし、可燃性液体であっても、酒類や化粧品類、ライターなど一般的に購入できる商品は2リットル以内か容器を含めて2キロ以内なら認めます。ヘアスプレーやカセットガスなどの高圧ガスも持ち込めるのは2リットル以内か容器を含めて2キロ以内とします。

 もっとも、鉄道には航空機のような手荷物検査はありません。そのため、ルール違反が疑われる場合には乗務員や駅員が確認し、応じなければ乗車を認めないことにします。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/20160217-OYT1T50120.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/160331/wst1603310084-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「フルムーン夫婦グリーンパス」、「北斗星」廃止で盛岡-青森間特例廃止に

 JRグループは、今年も9月1日から「フルムーン夫婦グリーンパス」を発売します。発売期間は9月1日から2016年5月31日まで、利用期間は10月1日から2016年6月30日までの連続した5・7・12日間ですが、年末年始、春休み、ゴールデンウィーク中は利用できません。

 ところで、今回発売される「フルムーン夫婦グリーンパス」、今までと効力が若干異なっています。これまで、「北斗星」を利用する場合に限り、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道の盛岡-青森間を別料金を払わずに通過することができる特例がありましたが、「北斗星」が完全に廃止されたため、その特例が消えているのです。

 なお、2015年度末開業予定の北海道新幹線新青森-新函館北斗間が開業した後は、きっぷの効力が変更となる場合があります。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2015/20150806.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/08/22/258446.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青春18きっぷ」で青函トンネルを通ることができなくなる?

 普通列車、快速列車(新快速等も含みます)に限りますが、JR全線が乗り放題になる「青春18きっぷ」。もちろん、青函トンネルも通ることができます。実は、青函トンネルには普通列車がありませんが、特例があり、普通列車の全くない蟹田-木古内間に限り、特急に乗ることができる特例があります。全国には、そういう特例が4か所あります。

 しかし、青函トンネル部分は2016年3月の北海道新幹線開業により、在来線の列車自体がなくなり、新幹線に移行すると考えられています。北海道新幹線が開業してからも、「青春18きっぷ」だけで北海道新幹線に乗って青函トンネルを通ることができる特例は続けられるのでしょうか? JR各社は対応を協議中で、年末には結論を出すようですが、どうやらその特例は消えてしまうようです。

 もっとも、仮にその特例が残ったとしても、「青春18きっぷ」だけで新青森-新函館北斗間を乗ることができず、できても奥津軽いまべつ-木古内間でしょう。どれだけの本数が停まるかわかりません。JRの路線のまま残る青森側はともかく(本数が極めて少なく、時間もかかります)、函館側は江差線五稜郭-木古内間が第三セクターに移行します。この分の運賃も別途必要になります。別料金を払ってでもおとなしく青森-函館間をフェリーで移動したほうがよいかもしれません。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASH6L42LCH6LIIPE00F.html)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「日韓共同きっぷ」は6月で廃止、JR西日本は新切符にリニューアル

 JRグループと韓国鉄道公社は、日韓両国の鉄道と船舶を組み合わせ、JR主要駅とソウル駅を結ぶという「日韓共同きっぷ」(日本)、「韓日共同乗車券」(韓国)。ソウルオリンピックが開催された1988年から発売が始まりました。最初はJR西日本とJR九州だけの発売でしたが、その後すべてのJR旅客会社で発売されることになりました(ただし、2006年にはJR北海道、JR東日本が販売を終了しています)。どうやら、日韓間の航空運賃が下がり(LCCの普及でその傾向に拍車がかかりました)、価格の優位性がなくなっていることが影響しているようです。

 そのような流れの中、JR西日本と韓国鉄道公社との間で、新しい切符を発売することになりました。それは日本発が出発地からのJRの切符、釜山までの船と韓国鉄道が有効期間内乗り放題の切符をセットにした往復タイプ商品、韓国発が出発地から釜山までのKTX、釜山からの船とJR西日本エリアが有効期間内乗り放題の切符をセットにした往復タイプ商品です。現地を乗り放題にすることによって特徴を出そうとしているようです。この新しい切符の商品名称、商品内容、発売価格、発売開始日などは準備ができ次第ということで、未定です。

 なお、これまでJRグループと韓国鉄道公社で発売してきた「日韓共同きっぷ」、「韓日共同乗車券」は6月末で全区間の発売を終了します。JR西日本エリアはともかく、それ以外のエリアからは代替の商品もないということになります。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/04/page_7042.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/04/03/248290.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nikkan/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧