阿武隈急行の車両更新について

 福島と槻木を結ぶ阿武隈急行。18両(9編成)ある、現在の主力の8100系は、1988年に購入されたもの。しかし、この8100系、老朽化しています。2022年度から順次引退する方針です。

 当然ながら代替となる車両が要ります。代替の車両の更新は2018年度からに前倒しするという話もあります(その場合は1編成2両を更新します)。お金も要ります。阿武隈急行はその費用を約40億円と見込み、沿線自治体に支援を求めています。10億円もの累積赤字があるため、40億円もの大規模な投資を自前で行う体力がないのです。すでに沿線の市の中には支援を行う考えのところもあり、国も1/3の補助が出るようです。
(参考:福島民友ホームぺージ http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170613-179839.php、福島民報ホームぺージ http://www.minpo.jp/news/detail/2017070342998、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170616_12041.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山田線、復旧しても赤字は続く

 当blogで何回も取り上げましたが、東日本大震災から運休したままの山田線宮古-釜石間は、三陸鉄道に移管されて2019年3月に復旧する予定です。

 ただ復活しても、赤字続きです。実質的な開業初年度の2019年度には7000万円の経常損失が発生します。その後も経常損失は増え続け、6年目は1.1億円に、20年目には1.7億円にもなります。

 赤字だからと言って、鉄道の存在意義がないとは全く言えません。新幹線や大都市の利益をつぎ込むことが強制されるJRや大手私鉄とは違い、地元が支える第三セクターなのです。ただ、赤字を穴埋めするお金がいることは事実です。三陸鉄道への移管に伴い、JR東日本から移管協力金がもらえますが、赤字が続くようならいつかは尽きてしまいます(30億円の移管協力金のうち、半分以上の16~18億円を赤字補てんに使います。そのほかの内訳としては、保安車両の導入や新人の採用などの初期費用が7~8億円、橋やトンネル、信号機など安全設備の更新などに3~4億円、通学定期券や回数券の割引に1~2億円、災害復旧や利用促進の経費に1000~5000万円があります)。永続的に存続できるよう、支援の枠組みをつくっておく必要があるでしょう。
(参考:「鉄道ファン」2017年5月号 交友社、河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170203_32003.html、産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170203/rgn1702030037-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌市電でも宅配便輸送

 路面電車で宅配便の荷物を運ぶのは嵐電が有名ですが、3月2日、札幌市電でも実験を行いました。

 札幌市電で実験を行った理由は、中心部には道路以外に荷捌きを行うスペースがなく、日中に貨物車両の長時間駐車が常態化しているからです。そのような中心部での荷捌き車両を減らそうと、物流業者や小売業者などは札幌都心交通研究会というものをつくりました。この研究会は2016年10月から中心部でヤマト運輸と佐川急便がほかの運送業者の荷物を代わりに届ける共同配送実験を行っています。そして3月2日に路面電車を使った実験を行ったのです。

 当日は荷物だけを積み込んだ貸切の路面電車が電車事業所前を出発、都心の西4丁目でヤマト運輸の社員らが台車3台に積まれた荷物を降ろしました。今後は実用化に向けて検証を進めるようです。
(参考:朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK324JYDK32IIPE00Q.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮古市内に三陸鉄道の駅3駅設置、三陸鉄道に急行か?

 三陸鉄道についての話題をふたつ。

 宮古市は市内に三陸鉄道の駅を3駅追加する方針です。追加するのは、東日本大震災からの復興まちづくりが進む田老地区八木沢地区、津軽石払川地区です。まず田老地区については、田老駅の北約500メートルのところにできます。宮古市田老総合事務所が移転され、それとの併設になります。八木沢地区と津軽石払川地区の新駅はJR東日本から三陸鉄道に移管する、山田線宮古-釜石間にできます。八木沢地区の新駅は磯鶏-津軽石間、津軽石払川地区の新駅は津軽石-豊間根間にできます。これらの地区では災害公営住宅ができ、被災者も住宅を再建しているため、人口が増えています。住民からも新駅設置の要望があり、3駅合計で1日約350人の利用を見込んでいます。3駅とも宮古市が建設費を負担する請願駅であり、すでに2017年度一般会計当初予算案に設計費として6600万円を計上しています。2018年度に完成予定です。

 話は変わりますが、山田線宮古-釜石間は2019年に復旧予定です。そうなると、久慈から盛まで一本につながることになります。全長163キロの日本一長い第三セクター鉄道です。各駅停車で4時間かかるようです。その三陸鉄道について、急行を走らせる構想があるようです。岩手県によれば、急行を走らせても、経費面やダイヤ面で大きな問題はなく、三陸鉄道も急行の設定に前向きのようです。
(参考:河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170218_31016.html、岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170307_6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湯野上温泉駅-大内宿間にバス

 福島県の大内宿は、江戸時代の宿場町を思わせるような街並みで知られています。

 ここには鉄道は走っていませんが、会津鉄道の湯野上温泉からバスが出ています。4月1日から11月30日の間、「猿游号」というレトロバスが走っています。大内宿入口行きが8本(4月20日までは6本)、湯野上温泉駅行きが6本です。所要時間は塔のへつり駅などを経由する湯野上温泉駅行きの最終便を除いて、20分です。

 この「猿游号」の1日フリー乗車券と会津鉄道の乗車券を組み合わせたものもあります。「大内宿共通割引きっぷ」といい、会津鉄道は会津田島-湯野上温泉間の往復(会津高原-会津田島間は別払い)、湯野上温泉-西若松間の往復(西若松-会津若松間は別払い)、会津田島→西若松の片道、西若松→会津田島の片道の4パターンがあります。値段はいずれも大人1900円、子供950円で、往復切符は指定された区間が乗り放題、片道切符は逆戻りしない限り何度でも途中下車できます(どのパターンでも塔のへつり-湯野上温泉間は乗り放題)。有効期間は鉄道部分が2日間、バスは乗車日1日限りです。なお、発売箇所は会津鉄道主要駅と会津鉄道の車掌(ワンマン列車では購入できません)などです。
(参考:会津鉄道ホームぺージ http://www.aizutetsudo.jp/ticket/ouchijuku/、http://aizutetsudo.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/02/09832a98ba3cb4e962e3e7ca6dbd313a.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の日曜日はJR北海道が乗り放題で3000円

 まもなく開業1周年を迎える、北海道新幹線。JR北海道はこれを記念して、期間限定で「JR北海道日帰り周遊パス」を発売します。

 「JR北海道日帰り周遊パス」が使えるのは、ゴールデンウィークを除く4月上旬から6月上旬の日曜日。4月9日、16日、23日、5月14日、21日、28日、6月4日の合計7日間です。これでJR北海道全線及び道南いさりび鉄道全線の快速、普通列車の普通車自由席が1日乗り放題となります。特急券を買えば、新幹線や特急にも乗ることができます。発売期間は3月26日から6月3日のうち、各利用日の1か月前から前日までの発売となります。JR北海道の主な駅の「みどりの窓口」、主な旅行会社などのほか、新青森の「みどりの窓口」、指定席券売機でも購入できます。値段は大人3000円、子供1500円です。特急券が要るとはいえ、新幹線や特急にも乗ることができるのは結構お得です。

 話は変わりますが、JR北海道は閑散期に地元住民を対象とした割引を行うようです。10月から11月の平日に渡島・檜山管内の住民を対象に「市民・町民乗車デー」を設け、通常なら14520円かかる新青森-新函館北斗間が4000円で往復できるようにします。幼稚園児、保育園児、小学校1~3年の児童を対象に、学校行事で新幹線を利用してもらう体験乗車も、4~6月、10~翌年3月の平日に行う予定です。2年目に向けた対策のひとつでしょうか?

(追記)
 「北海道みんなの日」の7月17日限定で、JR北海道及び道南いさりび鉄道の快速、普通列車の普通車自由席が1日乗り放題となる、「道みんの日・日帰り周遊パス」を発売します。発売期間は6月17日から7月16日までで、値段は大人3000円、子供1500円です。特急券を買えば、新幹線や特急にも乗ることができます。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170316-2.pdf、http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170614-3.pdf、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20170321-OYTNT50010.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

函館市企業局、古い路面電車を2両維持する方針

 函館市企業局には、製造から50年以上が経過している旧型の路面電車が10両あります。一番古いのは1950年製の500形です。

 ところが函館市企業局は保有している10両の古い車両のうち、2両はこのまま維持する方針です。計画では、500形1両と710形、800形のうち傷みの少ない1両をこのまま維持します。

 なぜ古い車両を2両とはいえこのまま維持するのでしょうか? どうやら、古い車両が人気なのです。映画などの撮影で古い車両が指名されることが多いのです。

 残り8両については、次の通りになります。3両は融雪剤により床下に腐食がみられることから順次超低床車に置き換えられます。5両は台車に異常がないため、車体だけを更新します。
(参考:「鉄道ファン」2017年4月号 交友社)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「三陸鉄道片道途中下車きっぷ」発売

 三陸鉄道は2016年12月10日から、新しい切符を発売しています。「三陸鉄道片道途中下車きっぷ」です。

 三陸鉄道の片道乗車券は、途中下車前途無効です。途中下車したいのであれば、その都度切符を買いなおす必要があります。

 ところがこの新しい切符、値段は普通の片道乗車券と同じですが、逆戻りしない限り、何度でも途中下車できます(有効期間は1日限りです)。発売駅は宮古、久慈、釜石、盛の4駅。それぞれ宮古は久慈まで、久慈は宮古まで、釜石は盛まで、盛は釜石までのものを発売します。
(参考:三陸鉄道ホームぺージ http://www.sanrikutetsudou.com/?p=5960)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青い森鉄道、2017年3月ダイヤ改正で減便、自動券売機撤去、営業時間短縮

 青い森鉄道もJR東日本等がダイヤ改正を行う3月4日に、ダイヤ改正を行います。

 ただ、その内容は明るいものではありません。詳細な時刻は2月下旬ごろに発表しますが、乗客が少ない昼下がりの目時-八戸間などの便の運行を取りやめます。八戸-青森間は現行の上下40本から36本になります。列車の走行距離は5221.2キロとなり、2015年度に比べて約13%減ります。

 経費削減策はこれだけではありません。自動券売機を撤去する駅が4駅、窓口の営業時間を短縮する駅が6駅あります。自動券売機を撤去するのは目時、諏訪ノ平、苫米地、北高岩。いずれも1日あたりの発券枚数が1桁です。これらの駅の自動券売機を撤去することにより、2320万円の経費削減を行うことができます。営業時間を短縮するのは、三戸、剣吉、下田、上北町、乙供、小湊。平日は終了時間を現行より1時間半~2時間半程度繰り上げます。清掃業務の直営化を含めて、年間1042万円の経費削減を見込んでいます。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00010002-dtohoku-l02)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山形鉄道に食事つき列車

 利用客の減少で経営が苦しい山形鉄道。鉄道用地を沿線の自治体に無償譲渡する代わり、車両や施設の修繕や維持管理費用は地元自治体が負担する、上下分離方式に移行しました。その山形鉄道では、これまで車内でプロレスを行うなどの単発のイベント列車はありましたが、観光列車の類はありませんでした。しかしその山形鉄道、食堂車を運行することにしたのです。

 食堂車は新たにつくるのではなく、既存の1両を改造します。4人掛けのボックスシートだったのですが、20人用と24人用のロングシートにし、飲食ができるようにテーブルを備えます。車内で餅つきを体験することができ、音楽や落語、漫才を演じることができるステージもあります。内装は木目調にし、落ち着いて食事できるようにします。外装は沿線にある南陽市の熊野神社に因んで、縁結びをイメージしたデザインと配色のラッピングを行います。ただ、食堂車と言っても車内で調理するわけではなく、米沢牛や地酒、ワインなどを出前で提供するものです。

 約3000万円をかけての食堂車の改造は12月中に終え、2017年1月から試験運行を始め、2017年4月から本格運行に切り替えます。週末や祝日に走らせます。片道1時間のコースで、昼間に最大2往復走らせます。値段は乗車券込みで2000~4000円の予定です。
(参考:河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161214_53012.html、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000028-mai-soci)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧