あいの風とやま鉄道と富山地方鉄道に新駅

 3月のダイヤ改正で新駅をつくったばかりのあいの風とやま鉄道ですが、別の新駅設置計画があります。

 それは、以前から話があった通り、富山-東富山間につくられます。この区間は6.6キロもあり、県庁のある駅とは思えない駅間です。新駅は富山、東富山のほぼ中間につくられます。長さ85メートルのホームを2面備えた無人駅で、自動券売機やICカードの簡易改札機もあります。改札は線路の両側にできます。設計費は8580万円で、国、富山県、富山市が1/3ずつ負担します。新駅は2019年度に着工し、2021年春に完成します。

 富山地方鉄道にも新駅ができます。できるのは、不二越・上滝線の稲荷町-不二越間。2019年4月に富山県立大学看護学部ができる予定で、その通学需要に応えるために2019年3月のダイヤ改正に合わせて開業します。富山地方鉄道では2015年2月に開業した新黒部以来の新駅開業です。建設費は約6800万円です。なお、新駅の名前はまだ決まっていません。富山県立大学看護学部前にするのでしょうか?
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00096688-kitanihon-l16、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31047130Y8A520C1LB0000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神岡鉄道跡で運転体験

 日ごろは「ガッタンゴー」として神岡鉄道の廃線跡に自転車を走らせていますが、6月13日と27日の2回、鉄道車両が走るのです。

 この13日と27日はともに水曜日。「ガッタンゴー」が休みの日です。この休みの日を利用して、「おくひだ1号」の運転体験を行うのです。神岡大橋駅のホームから奥飛騨温泉駅のホームの端までの750メートルを2往復することができます(所要時間は30分)。約3キロを走らせることができるのです。ちなみに、運転体験をするにはなぜか普通運転免許が必要だそうです。

 3キロも走行できるので、体験費用は1人25000円もしますが、2日間とも(午前、午後5組ずつ合計20組)好評で満員となりました。よって、今から申し込んでも体験することはできませんが、現地に行けば「おくひだ1号」が走る様子を見ることならできます。写真を撮るならお金は要りませんが、できる限り現地で食事などをしてお金を落としたほうが良いでしょう。
(参考:「レールマウンテンバイク・ガッタンゴー」ホームページ https://rail-mtb.com/course/okuhida-gou/、https://rail-mtb.com/src/uploads/2018/05/d47bfb6627b63bcdeacd8a7ee5d6ca43.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天竜浜名湖鉄道に「湘南色」

 天竜浜名湖鉄道は5月16日から、新たな色の列車を走らせています。「Re+(リ・プラス)」という名前の新しいラッピング列車は、緑とオレンジ。天竜浜名湖鉄道沿線のお茶の葉とみかんをイメージしています。

 ここで気付いている方も多いでしょうが、この塗装、東海道線などでよく見られた「湘南色」と同じなのです。国鉄時代、「湘南色」に塗られたのは電車であって、ディーゼルカーではないのですが、懐かしい色の列車で客を呼ぶことができるのでしょうか? NHKの大河ドラマが終わったので、その乗客減をカバーすることができるのでしょうか?

 「Re+」は5月16日から、通常の定期列車として走ります。運行ダイヤについては天竜浜名湖鉄道のホームページで公表されます。
(参考:天竜浜名湖鉄道ホームぺージ https://www.tenhama.co.jp/events/9941/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

樽見鉄道、枚数限定で「1日フリー乗車券」を発売

 樽見鉄道は5月1日から6000枚限定で「1日フリー乗車券」を発売しています。

 売り場は樽見鉄道大垣駅きっぷ売り場(6番線ホーム、8~16時の間)と本巣駅の窓口(始発から最終まで)の2か所です。前売りは行わず、購入した日当日限り有効です。

 値段は1枚1000円、大垣-樽見間の運賃が920円なので、往復するだけで十分元が取れます。大垣からなら、本巣(片道520円)で往復しても、元が取れます。

 なお、この「1日フリー乗車券」を発売している間、「うすずみ温泉入浴券&1日フリー乗車券」は発売しません。
(参考:樽見鉄道ホームぺージ https://tarumi-railway.com/ticket/1%E6%97%A5%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%B9%97%E8%BB%8A%E5%88%B8%EF%BC%886000%E6%9E%9A%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%89/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋近郊を一日散歩

 5月2日のことですが、名古屋近郊の鉄道に色々乗ってきたので、その時の様子を書きます。


 「ICOCA」を持って岐阜9:09発の多治見行きに乗る。キハ75の2両編成である。正直なところ、まだ乗ったことがない、ロングシートのキハ25に乗ってみたかったが、次の機会にしよう。2人掛けの座席に1人ずつぐらい座った状態で発車。各駅ともに少ないながらも乗り降りがあるが、名鉄との乗り換えである鵜沼での乗車が目立つ。

 美濃太田で20分以上の長い停車、客はほとんど降りる。車内にはほとんど残っていない。また美濃太田までは車掌が乗っていたが、ここからはワンマンになる。ホームの端に駅弁の売店があり、せっかくだから買い求める。「松茸釜めし」だ。駅弁のある駅は珍しく、あるときに買っておかないといけない。いきなり潰れてしまうこともあるからだ。ガラガラになってしまったキハ75だが、美濃太田を出てからは乗る人が多く、相席は少ないものの、座席はほぼ埋まっていた。岐阜を出たときと同じような状態だ。多治見で中央線に乗り換えるが、乗り換え時間が短く、慌ただしい。乗った中央線の列車(多治見10:37発)は、元「セントラルライナー」用の車両だった。

 高蔵寺で愛知環状鉄道に乗り換え。事前に金券ショップで株優を買っておいたので、それを使って乗る。片道870円のところ、650円で乗ることができるのだからお得だ。それにしてもJRや大手私鉄ならともかく、上場していない愛知環状鉄道の株優が金券ショップで売られているのは不思議だ。どこから流出したのだろうか? 高蔵寺10:55発はセミクロスシートの4両編成(愛知環状鉄道の車両は大半がセミクロスシートだが、ごく少数、ロングシートのものもある)。青い帯の車両と緑の龍みたいに見える帯の車両の2種類があるが、後ろの緑のにする。4両もあるため、車内はガラガラ。愛知環状鉄道は大半が単線だが、日中でも16分間隔で走っているので、しょっちゅうすれ違う。2両が適正なところだが、運用の都合で仕方がないのか? 終点の岡崎では愛知環状鉄道専用のホームに停まるが、中間改札はない。このまま愛知環状鉄道にICカードを導入したら、岡崎−高蔵寺間を愛知環状鉄道に乗ったかJRに乗ったか区別がつかない。高蔵寺に中間改札を置くスペースはないし、少ないとはいえ直通列車もあるから、岡崎に置くしか方法はない。どうするのだろうか? 蒲郡までの東海道線で美濃太田で買った駅弁を食べる。

 たまには外に出てみようと、風が強く、しかも小雨が降る中、竹島の入口まで歩く。蒲郡からは名鉄。13:11発の吉良吉田行きに乗る。2両編成のワンマンカー。始発の蒲郡と終着の吉良吉田以外は無人駅なので、後ろの車両の扉は開かない。高校生などが乗っていたが、彼らはしばらくすると降り、2両に10人もいないようになった。スーツ姿の人はもちろんいない。残念ながらこれが現実なのだろう。

 終点の吉良吉田に到着。碧南方面への列車が発着していたホームに到着する。吉良吉田で降りる人も名古屋方面に行く人も中間改札を通らないといけない構造になっている。ここで無人駅だらけの穴を塞ぐのだ。吉良吉田から乗るのは、4両編成の急行弥富行き。2人で座るには窮屈なクロスシートのある車両だ。ただ、少ないながらも通過駅があるので、スピード感はある。名古屋本線に入り、知立で乗り換える。猿投まで乗る三河線は朝夕のラッシュも昼間も関係なく15分間隔。昼間は2両編成だが、混む時間は2本つないで、4両編成にする。私が乗った知立14:35発も終着の猿投で増結して4両編成になって知立に戻っていった。

 猿投でそのまま折り返すのは面白くないので、バスを使う。(名鉄豊田線の)浄水駅と足助を結ぶバス、さなげ・足助線は、途中、愛環四郷駅と猿投駅を経由する。日中も1時間に1本あり、猿投駅から愛環四郷駅までの運賃は100円。10分待てばバスが来るので、バスを待つ。猿投駅15:20発のバスは時間通りにやって来た。かわいらしい小さなバス。客が私を含めて3人しかいないのは残念。意外なことに交通系ICカードが使えるので、「ICOCA」で支払う。ちなみに愛知環状鉄道の四郷は、バスが停まるロータリー、駐車場、駐輪場しかない。店の類は全くないのだ。その四郷から愛知環状鉄道に乗って新上挙母まで行く。

 駅員に聞いた通りに行くと、名鉄の上挙母まですんなりと行くことができた。上挙母から15:56発の猿投行きに乗ったが、4両編成になったにもかかわらず、1時間ほど前に乗った列車(知立14:35発のこと。上挙母14:56発となる)よりも混んでいる。高校生の下校時間か? 次の豊田市で豊田線に乗り換え。16:11発の上小田井行きに乗ったが、ひと駅ごとに大学生が乗ってきて、つり革も埋まっていった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

えちぜん鉄道の北陸新幹線乗り入れは6月23日まで

 えちぜん鉄道の福井駅付近は、立体交差の工事を行っていますが、その仮線として、すでに完成した北陸新幹線のスペースを使用しています。2015年9月から新幹線を使用しての仮線運行を行っていて、私も乗りました

 しかし、えちぜん鉄道が新幹線上を走るのは、あくまでも仮の姿であり、いずれは自前の高架ができます。その時期は6月24日。6月23日の深夜から24日の早朝にかけて切り替え工事を行い、6月24日から自前の高架を走ることになります。福井口までが高架になり、踏切が除去されます。仮線は9月までに撤去されます。

 ということは、新幹線の上をえちぜん鉄道の列車が走るのは、6月23日まで。一足早く北陸新幹線を体験したい人は、早目に乗っておく必要があるでしょう。
(参考:産経ニュース https://www.sankei.com/region/news/180222/rgn1802220040-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四日市あすなろう鉄道に「シースルー車両」、サイクルトレイン、学生向けお得な回数券

 四日市あすなろう鉄道は新しい車両を投入し、古いのをリニューアルしていますが、その中の1両を、床に窓を設け、下の線路を見ることができる、「シースルー車両」にします。

 「シースルー車両」は四日市市都市計画課の職員4人が提案しました。昭和50年代につくられた車両をリニューアルするときに、床に穴を開け、約60センチ四方の強化ガラスを入れます。かかる費用は800万円ほどで、2019年3月にデビューする予定です。このように車両の床が透明な「シースルー車両」は千葉都市モノレールなどですでに走っていますが、線路を見せる目的で導入するのは、ここ四日市あすなろう鉄道が初めてのようです。四日市あすなろう鉄道はナローゲージのため、枕木だけでなく、レールや車輪も見ることができるようです。このほか、四日市市都市計画課の職員が提案したのは、「イルミネーション列車」(車内にLED電球を取り付けて走る)、「ギャラリー列車」(子供が描いた絵を飾る)、レールと台車のモニュメントを日永駅構内に設置することの3つです。これらも2018年度に実現するようです。

 話は変わりまして、四日市あすなろう鉄道は3月25日から、あすなろう四日市-西日野間で、サイクルトレインの運行を始めました。あすなろう四日市駅と西日野駅の2駅だけが対象で、10~15時の列車に乗車できます(混雑が予想されるときは利用できないこともあります)。自転車は一番後ろの車両に載せ(1列車当たり6台まで)、自分の手で自転車が倒れないように支えます。自転車の積み込み料金は特にありません。運賃だけ払えばよいのです。

 また、四日市あすなろう鉄道は学生に利用してもらおうと、期間限定で格安の「お試し通学回数乗車券」を発売します。200円区間なら7枚綴りで800円、260円区間なら7枚綴りで1000円と4回使えば、元が取れてしまいます。通学だけでなく、使用目的は問いません。通塾にも使えます。発売期間は4月1日から30日までの間で、発売日から1か月間有効です。あすなろう四日市駅もしくは内部駅の窓口で買うことができるのですが、購入の際には生徒手帳や学生証等の提示が必要です。また、回数券は記名式で、他人は利用できません。
(参考:産経ニュース https://www.sankei.com/region/news/180320/rgn1803200012-n1.html、中日新聞ホームぺージ http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180310/CK2018031002000017.html、http://www.chunichi.co.jp/article/feature/railnews/list/CK2018031002000218.html、四日市あすなろう鉄道ホームぺージ http://yar.co.jp/imgdata/201803261440033.pdf、http://yar.co.jp/imgdata/201803261322543.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠鉄モハ25号、4月30日で勇退

 遠州鉄道の営業用車両の中で最も古く、唯一の吊り掛け式車両であるモハ25号。全国的にみても吊り掛け式は貴重な車両です。

 モハ25号は2015年4月に定期運用を終えてからも、夏休みに特別運行がなされました。ところが2017年8月の特別運行中に故障が起き、特別運行は中止してしまいました。このまま再び本線上を走ることなくモハ25号は引退してしまうのではないかと思われました。そのモハ25号、最後の力を振り絞って走ります。2018年4月28日から30日にかけて、勇退記念特別列車を運行するのです(もっとも、その後も車両運用の都合により、走ることがあるようです)。

 勇退記念特別列車は各日2往復走ります。1往復目は新浜松10:28発西鹿島11:04着、西鹿島11:40発新浜松12:16着。2往復目は新浜松13:28発西鹿島14:04着、西鹿島14:40発新浜松15:16着です。途中での乗降はできません。

 勇退記念特別列車は事前に申し込んだ人だけが乗ることができます。1往復ごとに120人(つまり3日間で720人)、乗ることができます。4月12日までに電子メールで申し込み、応募多数なら抽選をして、14日までに乗車の可否をメールにて伝えます。その後、運行日の1週間前までに遠州鉄道から案内ハガキが届き、当日はその案内ハガキを持参することになります。参加料金は大人1000円、子供500円ですが、これで一日乗車券「あかでん1日フリー切符」がもらえます。すでに「あかでん1日フリー切符」を持っている人は、参加料金を払う必要はありません。
(参考:遠州鉄道ホームぺージ http://akaden.lekumo.biz/information/2018/03/42830-3025-5464.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

養老鉄道の次の車両は東急から?

 養老鉄道は近鉄から分離されてからも、元近鉄の車両が走り続けていました。近鉄南大阪線等は狭軌なので、その車両を持ってくることができたからです。ところがその車両も老朽化しているようで、養老線管理機構(養老鉄道の鉄道施設、車両を保有・維持するところ)は新たな中古車両を購入する計画を持っています。

 今までの常識で考えたら、それは近鉄になるところですが、今回は東急から購入します。近鉄には適当な中古車がないからでしょうか? 東急からは15両購入する予定で、2018、2019年に更新します。
(参考:岐阜県神戸町ホームぺージ http://www.town.godo.gifu.jp/contents/gikai/dayori/g163/163_03.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福井鉄道の大正生まれの除雪車引退へ&3月24日ダイヤ改正で急行減便

 福井鉄道の除雪車、デキ11。福井鉄道が所有するもっとも古い木造の電気機関車で、1923年に製造されました。もともとは貨客車だったのですが、1979年に除雪車に改造されました。

 この大正生まれの除雪車、普段は赤十字駅構内で待機していて、軌道内の積雪が10センチを超えると出動します。しかし、もともとは除雪車ではないため、1月に圧雪に乗り上げて脱線しました。2月の大雪にもパワー不足で対応できませんでした。もともとこの除雪車を更新する計画があり、2019年度にそれを予定していましたが、この事故を受けて、更新を1年前倒しにします。国や福井県の補助(買い替え代金は4250万円ですが、このうち2833万円は福井県が、残りを国が負担します)をもらって新たに導入する車両はタイヤがついていて、道路も走ることのできる軌陸車となります。軌道に障害物があっても軌陸車ならば、それを避けることができます。新しい車両が入れば、デキ11は引退ということになります。今のところ福井鉄道による保存や引退式の予定はありませんが、鉄道ファンがお別れ会などのイベントを考えているようです。

 話は変わりまして、福井鉄道は3月24日にダイヤ改正を行います。この改正では朝の通勤通学時間帯において、発車時間の変更があります。しかし、一番大きな改正内容は、昼間の急行の削減。9~14時台の急行は、毎時2本から1本に減ります。えちぜん鉄道に直通するものだけになるのです。相互乗り入れによって福井鉄道の利用者が増え、好調と聞いていたので、急行の削減は意外です。
(参考:福井鉄道ホームぺージ https://www.fukutetsu.jp/cms/uploads/h30.pdf、福井新聞ホームぺージ http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/299607、http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/297428、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20180227/k00/00e/040/286000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧