「地域連携ICカード」第1号は宇都宮

  以前、JR東日本が「地域連携ICカード」を開発しているという内容の記事を書きましたが、その続報です。

 宇都宮地域の交通事業者(関東自動車、ジェイアールバス関東、宇都宮ライトレール、LRT整備主体の宇都宮市、芳賀町)で構成される宇都宮ICカード導入検討協議会とJR東日本は、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車券サービスの提供について合意しました。宇都宮が「地域連携ICカード」第1号ということになります。

 「地域連携ICカード」では、「Suica」エリアの鉄道、バスや電子マネーを利用することができるほか、交通系ICカードでは難しい各種割引なども組み込むことができます(ただ、交通系ICカードでも名古屋市交通局のように「manaca」でポイントサービスをすることができます)。また、「Suica」を持っていれば、宇都宮地域のIC乗車券サービス対象路線を利用することができます。関東自動車の一般路線バス全線、ジェイアールバス関東の栃木県内の一般路線バス全線、宇都宮ライトレールの全線がそれです。サービスの導入時期は、関東バスとジェイアールバス関東が2021年春、宇都宮ライトレールが開業する2022年春の予定です。

 話は変わりまして、2020年春、「Suica」利用対象エリアが拡大します。新たに「Suica」を利用できるのは、鹿島線の十二橋、潮来、延方、鹿島神宮、鹿島サッカースタジアムの5駅。鹿島サッカースタジアムは臨時駅ですが、サッカーの試合があるときには威力を発揮することでしょう。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190731_ho01.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190731_ho02.pdf)

| | Comments (0)

東武東上線と秩父鉄道が乗り放題のフリーきっぷ

 埼玉県内の主要観光地の川越市、長瀞町、秩父市を結ぶルートは「SAITAMAプラチナルート」と言われています。このルート上にある東武と秩父鉄道は7月20日から11月30日までの間、「東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルート乗車券」を発売しています。

 「東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルート乗車券」とは、東武鉄道の東上線、越生線の全線と秩父鉄道の寄居-三峰口間が1日乗り放題となるフリーきっぷです。東武鉄道の東上線、越生線の各駅と秩父鉄道寄居-三峰口間の各駅で購入することができ、値段は大人1900円、子供950円です。発売期間(7月20日から11月30日まで)の間の1日間、乗り放題です。

 また、これに合わせて、「東武鉄道×秩父鉄道SAITAMAプラチナルートスタンプラリー」を行います。スタンプ台を駅や観光地に合わせて6か所設置し、全てを集めると達成賞として「東武鉄道×秩父鉄道オリジナルメモ帳」がもらえます。
(参考:東武ホームページ www.tobu.co.jp/file/pdf/e748fb377d71501e379929a18b54e2f8/190709_2.pdf?date=20190709105542)

| | Comments (0)

「青春18きっぷ」があればえちごトキめき鉄道もお得に!

 昨日に引き続き、「青春18きっぷ」を持っていればお得になるところを紹介します。

 それはえちごトキめき鉄道。「青春18きっぷ」を持っている人だけが買うことができるお得なきっぷがあるのです。そのお得なきっぷとは、「トキ鉄18きっぷ」。えちごトキめき鉄道全線(妙高高原-市振間の快速、普通)が発売当日乗り降り自由です。

 「トキ鉄18きっぷ」の発売期間は7月20日から9月10日まで。前売りはせず、当日有効の「青春18きっぷ」を持っている人だけが買うことができます。発売額は1000円で、子供用の設定はありません。利用期間も発売期間と同じく、7月20日から9月10日までです。発売当日限り有効です。

 えちごトキめき鉄道のお得なフリーきっぷには、1000円でえちごトキめき鉄道全線が休日2日間乗り放題の「トキめきホリデーフリーパス」があります。休日限定とはいえ、こちらのほうが2日間使えるのでメリットが大きいように見えますが(特急料金を払えば、特急にも乗ることができます)、「トキめきホリデーフリーパス」は主要駅でしか売っていません。長野方面から来たならば妙高高原で買えばいいですが、富山から来た場合は境界の駅の市振では買えません。糸魚川か泊で買う必要があります。これに対して「トキ鉄18きっぷ」はえちごトキめき鉄道の車内でも買うことができるのです。期間中なら平日でも買うことができます。なお、車内で発売する「トキ鉄18きっぷ」は、いわゆる「赤きっぷ」タイプです。
(参考:えちごトキめき鉄道ホームページ https://www.echigo-tokimeki.co.jp/information/detail?id=847、上越タウンジャーナル https://www.joetsutj.com/articles/06077124)

| | Comments (2)

「富士回遊」、夏休み中の平日も1日3往復に

 3月のダイヤ改正で登場した、富士急に直通する特急、「富士回遊」。平日は1日2往復、休日は1日3往復します。

 その「富士回遊」ですが、8月と9月の間の平日、臨時の「富士回遊」を増発することになりました(10月以降は、状況を見て延長するかどうか考えます)。外国人観光客など平日の需要が多く、富士急内の乗車率が平均で120%にもなっているからです。ダイヤは「富士回遊93号」が新宿11:32発河口湖13:35着で、「富士回遊90号」が河口湖14:03発新宿16:03着です。途中、立川、八王子、大月、都留文科大学前、富士山、富士急ハイランドに停まります。車両はE257系の5両編成です。

 なお、富士急内は同時刻に運転している「フジサン特急3号」、「フジサン特急8号」を置き換えて運転します。「富士回遊93号」、「富士回遊90号」が走る日は運休となります。「富士回遊」では「富士急行線特急回数券」が使えません。そこで、「富士回遊」増発の発表があった6月27日までに購入した「富士急行線特急回数券」を使わない場合は、手数料なしで払い戻しを行います。
(参考:富士急ホームページ www.fujikyu-railway.jp/news/info.php?no=360、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20190711-850045/、UTYホームページ www.uty.co.jp/news/20190710/6048/)

| | Comments (0)

いすみ鉄道、期間限定で一日フリー乗車券を1000円に値下げ

 いすみ鉄道は観光客誘致のため、フリーきっぷを発売しています。「いすみ鉄道1日フリー乗車券」はいすみ鉄道全線が一日乗り放題で、平日は1200円、休日は急行も乗り放題で1500円になります。いすみ鉄道と小湊鐵道を横断することができる(途中下車はできますが、後戻りはできません)、「関東の駅百選認定記念 房総横断記念乗車券」は1700円です。

 しかし、6月15日から9月30日までの間、いすみ鉄道は「いすみ鉄道1日フリー乗車券」を値下げします。平日、休日ともに1000円で乗ることができます。ただし、急行に乗るときは300円の急行料金が必要となります(キハ28+キハ52で運転されない6月15日は、急行料金は不要です)。急行券付きの「いすみ鉄道1日フリー乗車券」も1500円で引き続き発売されていますので、場合によってはそちらを選択する方法もあります。

 また、6月16日からはキハ52の運行が再開されます。これまでは首都圏色だったのですが、塗装が変わり、朱色とクリーム色のツートンカラーとなります。
(参考:いずみ鉄道ホームページ https://www.isumirail.co.jp/news010.html、https://www.isumirail.co.jp/ticket.html、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20190616/k00/00m/040/066000c)

| | Comments (0)

金色の205系

 富士急にはJRなどほかの鉄道で走っていた車両が走っています。6000系もそのひとつで、元JR東日本の205系です。6編成あります。

 その6000系ですが、22日から3両編成1本が金色に塗られて走っています。主に普通列車として走っています。実はこの19日は、富士急の前身である富士山麓電気鉄道が大月-富士吉田間を開業してからちょうど90年という節目の日なのです。それに因んで90周年記念車両として走らせているのです。

 外観には世界遺産で有名な富士山の雄大さと優美さを金色で表現しています。和モダンがベースとなっています。景観に配慮して落ち着いた色にしているので、ケバケバしさはありません。車内に目を移すと、床やつり革などに木を使っています。カーテンやモケットには富士山をあしらいました。車内には富士急の歴史に関する写真も掲示されています。また訪日外国人の利用が多いことを反映して、大型のキャリーケースを置くことができる荷物棚を設けています。富士急では初めてのことです。

 この金色の車両は期間限定というわけではなく、当分は走り続ける予定です。
(参考:富士急ホームページ https://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file1_1560757681.pdf、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2019/06/17/323535.html、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20190622-fujiq90th/)

| | Comments (0)

「リバティ会津」等、停車駅削減でスピードアップ

 浅草と会津田島とを結ぶ東武の特急、「リバティ会津」。しかし、下今市以遠は普通列車も兼ねているため停車駅が多く(そのため下今市以遠のみを利用した場合は、特急料金が要りません)、所要時間もその分かかります。

 そこで会津鉄道は、「リバティ会津」と会津田島-会津若松間を走る「リレー号」について、停車駅を削減することによるスピードアップを図ります。2020年に行われる次のダイヤ改正から始める予定で、実現すれば数分の所要時間短縮になるようです。
(参考:福島民報ホームページ https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019061264184)

| | Comments (0)

銚子電鉄、折りたたみ可能な電動バイクのレンタル開始

 駅で自転車を借りることができるところはたくさんありますが、銚子電鉄は6月1日から電動バイクのレンタルを始めました。

 電動バイクはエストニア生まれのStigoというもの。デザインが洗練されているようです。犬吠駅でのみ貸出、返却でき(営業時間は9:30~16:30、貸出は14:00まで)、料金は1日乗車券やヘルメットがついて2時間だと2000円、3時間だと3000円です。電動バイクはその名の通り電気で動くのでガソリンはいりませんが、バイクなので原付の免許が必要です。

 このStigo、折りたたんでスーツケースのように持ち運ぶことができます。折りたたみや開くのはそれぞれ2秒でできます。銚子電鉄では観音、笠上黒生、犬吠の各駅で電車に乗せることができるため、電車と電動バイクを組み合わせて銚子市内を動き回ることができます。
(参考:銚子電鉄ホームページ www.choshi-dentetsu.jp/detail/news/277)

| | Comments (0)

えちごトキめき鉄道、2020年4月に3割値上げ

 JR北海道の値上げが話題になっていますが、それでも値上げ幅は1割余りです(区間によっては3割以上のところもあります)。ところが、3割も値上げを行う鉄道があります。

 それはえちごトキめき鉄道。2020年4月に3割の値上げを行います。なぜそんなにも値上げをするのでしょうか?

 実はえちごトキめき鉄道は北陸新幹線の開業により2015年3月にJR東日本、JR西日本から分離されてできたのですが、そのときは運賃をJR並に据え置きました。この分離から5年目に入り、当初の予定通り、6年目以降の運賃を値上げすることになったのです。もともと運賃をJR時代の1.3倍に引き上げないと経営が成り立たなかったのです。しかも、北陸新幹線開業によってごく一部区間を除いて特急がなくなり、新潟との直通列車も限られたものとなっています。その一方、鉄道施設の維持補修や設備更新が想定以上にかかり、収支は当初の予測より厳しいものとなっています。ワンマン運転や利用実態に合わせた減車を行い、過大な設備の縮小を図り、人員も開業以来約1割減らしました。その一方、観光列車の「雪月花」を使った誘客促進などの増収策を取っていますが、今後も設備の更新に多額の費用がかかると見込まれ、このままでは安定した経営は厳しいとえちごトキめき鉄道は考えました。

 さて、3割値上げした後のえちごトキめき鉄道は、かなり運賃の高い鉄道となるのでしょうか? 実はそうではありません。並行在来線の第三セクター7社と比較したところ、現行の運賃は一番安く、3割値上げしても真ん中ぐらいの水準です。JR時代の運賃は特急で稼ぐことを前提にしたもので、それがなくなった新幹線開業後は、何割か値上げして、コストを下げて、国や地元自治体から補助金をもらってようやく何とかやっていける水準になるのです。補助金がないJR時代の運賃が安かっただけで、大都市の通勤圏を除いてはJRより何割か高いのが妥当な運賃水準なのです。

(追記)
 通学定期については、地元自治体からの要望により、値上げ率を15%に抑えることにしました。
(参考:えちごトキめき鉄道ホームページ https://www.echigo-tokimeki.co.jp/information/detail?id=821、www.echigo-tokimeki.co.jp/information/detail?id=848)

| | Comments (0)

真岡鐵道のC11を3月25日に入札で売却

 真岡鐵道が運行しているSLのうち、C11を売却する方針であることは以前にも書きましたが、それが入札によって行われることが明らかになりました。C11の所有者である芳賀地区広域行政事務組合が12日に発表したのです。

 入札は売却するSL(C11形蒸気機関車325号機)に因んでか、3月25日に行われます。そして、入札には条件がつけられています。(1)栃木県内に本社または支社、営業所や事業本部があり、それらが契約締結に関連する一切の権限を有していること (2)1両となった真岡鐵道のSLに不具合が生じた場合、C11を貸し出す等の協力関係を築くことができること (3)C11を栃木県内で運行することができること などです。はっきり言って、これを満たすことができる鉄道会社はごくわずかです。

 さて、C11を落札するのはどの鉄道会社でしょうか?

(追記)
 3月25日の入札は東武だけが参加し、1.2億円で落札されるようです。
(参考:芳賀地区広域行政事務組合ホームページ http://hagakouiki.jp/app-def/S-102/new/?p=1546、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2019/03/13/320092.html、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20190325/1090003985.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧