可動式ホーム柵も万能ではない

 ホームの安全性の向上のための最善策は、ホームドアの設置です。ところが、地下鉄のような同じ車両ばかり走っている路線ならともかく、実際には導入が難しいところもあります。

 そういう路線でも使えるホームドアが、可動式ホーム柵。近鉄の大阪阿部野橋に設置するのは、水平に複数配置したワイヤーロープを上下させる方式とすることで広い乗車口を確保したホーム柵で、扉配置や扉の数の違いに対応しやすくしたものです。昇降式ホーム柵というものです。大阪阿部野橋は1日約16.2万人が利用する南大阪線のターミナルで、近鉄で最も多くの人が利用する駅となっています。急行や準急が発着する3、4番ホームに設置します。2018年度中に設置する予定ですが、2017年度中に1両分だけ試験的に設置し、本格導入にあたっての問題点を抽出します。近鉄はほかの駅でも導入することを考えているようです。プレスリリースで見る限り、阿部野橋に設置する可動式ホーム柵は、東急で見たのと似ているような感じがします。

 もっとも、この可動式ホーム柵も、万能ではないのです。車両のタイプが違いすぎると、可動式ホーム柵でも対応できないのです。大阪阿部野橋でも導入されるのは一部のみ。3、4番ホームは車両のばらつきが少ない、急行や準急用のホームだからです。扉位置が大きく異なる特急にも対応させようとすると、なかなかうまくいかないのです。

 近鉄には他社からの乗り入れ車両が走っているところもあります。そういうところではさらに難しくなります。扉位置のパターンは京都線と橿原線で23通り、奈良線では26通りもあります。そのすべてのパターンに対応するものをつくろうとすれば、開口部が36メートルないといけません。事実上不可能です。車両の扉に合わせてドアの開閉位置を調節できるものも開発されていますが、故障するとまったく乗降できなくなる危険性があるという判断から、近鉄はそういうタイプのホームドアを導入する考えはありません。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/homudoa.pdf、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASJDH5JSXJDHPTIL01Q.html、毎日jp http://mainichi.jp/articles/20170109/k00/00m/040/067000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近鉄奈良線、奈良県が平城京跡外へ移設を検討か?

 近鉄奈良線は、世界遺産である平城宮跡を横切るように走っています。近鉄が開通した1914年の時点では問題はなかったのですが、その後調査が進んで、今では平城宮跡を横切るように近鉄が走っているのです。

 奈良県は平城宮跡を歴史的遺産として保護し、景観を改善するため、近鉄奈良線の平城宮跡外への移設を検討しています。移設先として考えられているのが、朱雀門の南200メートルほどのところを東西に走る大宮通り。大和西大寺駅を出ると、東ではなく、南に進みます。車両基地に沿うように進むのです。その後大宮通りの地下か高架を通るのですが、通り沿いにある奈良市役所前の県有地3.2ヘクタールではバスターミナルなどの建設計画が進んでいます。近鉄奈良線を地下か高架に移すことにより、踏切があることによる渋滞を解消します。また、新駅をつくり、街づくりの核とする構想もあります。

 当然、この移設計画は奈良県だけでできるものではありません。近鉄や奈良市の同意を得る必要があります。ただ、気になるのは地下に文化財があるのかということ。奈良時代の大宮通りは幅9メートル弱の道路であったため、建物の遺構はないと考えられています。とは言っても、側溝跡に多数の木簡類があるとも言われ、建設時の発掘調査には時間がかかると言われています。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170110-OYO1T50026.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年は「つどい」の中で

 普段は伊勢志摩を走っている、観光列車「つどい」。時々大阪に現れ、お酒を飲むツアー列車として使われています。

 その「つどい」ですが、2017年を車内で迎えることができます。「観光列車『つどい』のカウントダウンビール列車で乾杯」です。12月31日の深夜に大阪上本町を出発し(23:35発)、車内で新年を迎え、橿原神宮前(0:27着、0:50発)、大和西大寺(1:18着)を経由して大阪上本町に戻ります(2:08着)。乗車は大阪上本町だけですが、橿原神宮前、大和西大寺では下車もでき、そのまま初詣に行くこともできます。大阪上本町発着の場合の旅行代金は4680円(橿原神宮前、大和西大寺下車の場合は若干安くなります)、「キリンビール一番搾りプレミアム」の飲み放題のほか、日本酒(「豊祝上撰」)180ミリ一本、おつまみがつき、大みそかには年越しそばまであります。飲料やおつまみの持ち込みもできます。

 募集人員は70人、12月9日から乗車日の3日前まで募集していますが(申し込みは近鉄各駅営業所まで)、満員になり次第募集を終了します。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpkautodaunntudi.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月の「青の交響曲」は特別体制

 9月10日から運行を始めた吉野線の観光特急、「青の交響曲」。連日ほぼ満席状態であり、12月5日現在で約2万人が乗車しました。その「青の交響曲」ですが、吉野山の桜の開花時期となる2017年4月(1~23日)は、特別体制で運行します。

 通常、「青の交響曲」は1日2往復していますが、この期間中は運行しません。一般特急車両で運行します。その代わり、臨時特急としての運行があります。平日の4月3~7日、10~14日、17~21日は橿原神宮前-吉野間を1日1往復します。吉野12:47発橿原神宮前13:40着、橿原神宮前14:20発吉野15:12着です。休日のうち4月8、9、15、16日は早朝に運行します(1、2、22、23日は運行しません)。大阪阿部野橋6:30発吉野8:12着です。いずれも現在の料金と同じく、運賃、特急料金のほかに大人で210円の特別車両料金が必要です。

 このほか、期間中には旅行会社等によるツアーも予定しています。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpsakuraaosinn.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

近鉄、11月15日から会員登録不要、英語対応可のインターネット予約発売サービス

 近鉄は2001年から会員制のインターネット発売サービスを実施しています。近鉄の駅などに行かなくても切符を購入することができて、便利です。

 その近鉄が、この15日からインターネット発売サービスを拡充させます。訪日外国人などでも使えるように、会員登録不要で英語にも対応できるものです。新しいインターネット発売サービスでの購入に際して入力する必要のある情報は、氏名、メールアドレス、支払いに使用するクレジットカード情報のみです(決済はクレジットカードで行います。WEB上での決済になります)。この新しいインターネット発売サービスで購入する特急券は携帯端末の画面上に表示あるいは印刷して乗車する「チケットレス特急券」なので、駅で特急券に引き換える必要はありません(乗車券は別途必要のようです)。

 ところが、従来の会員制のインターネット発売サービスも残ります。会員制のものは通勤など日常的に使う人向け、新しいインターネット発売サービスは旅行や観光でたまに使う人向け、という区分けのようです。わざわざ会員にならなくてもインターネットで切符を買うことができるのなら、会員になる必要はありません。会員になるとポイントがたまって特急料金が割引になるなどの優遇策(新しいインターネット発売サービスだと割引にならない)で、会員になることのメリットを出すのでしょうか?
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/nextutosisabisuV2.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「青の交響曲」でビール、ワイン列車

 9月10日に運行を開始した近鉄南大阪線、吉野線の観光特急「青の交響曲」ですが、ビールやワインを楽しむ列車としても使われます。

 9月29日と10月20日に運行する(した)のが「青の交響曲ビール列車」、キリンの「一番搾りプレミアム」が飲み放題です(終着駅到着の30分前まで提供します)。募集人員は各日とも60人(最少催行人員30人)で、乗車日の3日前まで予約できます。ダイヤは大阪阿部野橋-橿原神宮前間の往復。大阪阿部野橋18:37発、橿原神宮前19:37着19:55発、大阪阿部野橋20:56着です。平日の夜に「青の交響曲」に乗ることができるのです。乗車は大阪阿部野橋に限りますが、降車は橿原神宮前、高田市、尺土、古市でもできます。料金は大阪阿部野橋までが4980円、橿原神宮前までが3760円などとなっています。申し込みは近鉄各駅営業所です。この列車、アテンダントは乗車せず、ラウンジ車両での販売もありませんので御注意ください。車内は禁煙です。飲料やおつまみは自由に持ち込みできます。

 アルコールはビールだけではありません。ワインを楽しむ列車もあります。11月24日と12月1日は「青の交響曲ワイン列車」、12月22日は「青の交響曲クリスマススパークリングワイン列車」です。「スパークリングワイン列車」はスペイン王室御用達ワイナリーのもの、そして「ワイン列車」は沿線(柏原市、羽曳野市など南河内地域)で栽培したブドウで製造したワイン(商標は「河内わいん」)を飲むことができます。料金は大阪阿部野橋までが5300~5970円、橿原神宮前までが4080~4750円などとなっています(乗車日によって提供されるワインが変わるので、値段も変わります)。各ツアーには720~750ミリのワイン1本とおつまみが付きますが、飲料やおつまみは自由に持ち込みできます。この列車、アテンダントは乗車せず、ラウンジ車両での販売もありませんので御注意ください。車内は禁煙で、ラウンジ車両での飲食もできません。なお、募集人員、ダイヤ、申し込み先は「ビール列車」と同じです。

 また、大阪線等では「つどい」を使用した夜間のツアーが4回行われます。11月10日、17日、12月8日、15日で、大阪上本町→橿原神宮前→大和西大寺→大阪上本町のルートで走ります。おでんをテーマにしたものもあります。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/aobirusaidoc.pdf、http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/HPaowainn.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シカ用の「踏切」

 近鉄はこのほど、電車とシカとの接触事故を防ぐ目的で、「踏切」を開発しました。

 この「踏切」は、超音波を利用したもの。線路沿いには動物が侵入しないよう防護ネットが張られていますが、一部は穴が開いています。動物の行き来を阻害しないようにするためです。この穴をシカが通るため、電車と接触することが発生するのですが、それが起きないよう、電車の運行時間帯(シカの行動が活発な時間帯)はシカが嫌う超音波をスピーカーで流します。電車の運行がない深夜はスピーカーを切り、行き来できるようにします。ちなみに、シカが線路に行くのは、鉄道ファンだからではなく、体に必要な鉄分を補給するためだそうです。線路の周辺には、レールと車輪の摩擦により生じた鉄粉が散らばっているからです。

 このような取り組みは全国初のようで、試験的に設置して一定の効果が得られれば、ほかの箇所にも設置する予定です。

(追記)
 大阪線東青山駅付近のシカ用「踏切」が効果を挙げたため、2017年3月に大阪線榛原-室生口大野間にも設置することになりました。年間10件以上の事故が起きている17か所についても設置を検討していきます。

 他社でも設置の動きがあり、伊豆急行も11月から試験的に設置しています。
(参考:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080300629&g=soc、乗りものニュース http://trafficnews.jp/post/44164/、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/161216/wst1612160040-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ブラタモリ」を追体験するツアー

 NHKの人気番組、「ブラタモリ」。博学のタモリが全国を歩いて、新たな発見を続けています。かつて毎日昼の番組に出続けていたため、出かけることができなかったうっぷんを晴らしているかのようです。

 6月4日と11日の2週にかけて、伊勢が取り上げられました。伊勢神宮はもちろんのこと、伊勢市内各地、近鉄宇治山田駅にも立ち寄りました。これを追体験するツアーができたようです(一時は近鉄ホームページでも見ることができましたが、いつの間にか見ることができないようになっています。何かあったのでしょうか?)。

 この「ブラタモリ」を追体験するツアーは、「ブラタモリ足跡めぐりツアーin伊勢」というタイトルがついています。7月24日と31日の2回行われ、定員は各45人です。コースは宇治山田駅を8:30に出て、内宮、外宮、旧御師邸、古市、河崎、宇治山田駅、宮川堤に行きます。宇治山田駅に戻ってくるのは17:20です。市内の移動はバスを使いますが、宇治山田駅から宮川堤への往復は「神都バス」を使います。旧伊勢電気鉄道の廃線跡も通ります。

 発売額は近鉄名古屋駅から大人12000円、子供やほかの駅からの設定もあります。近鉄の往復特急券、往復乗車券、貸切バス、昼食代(あら竹の「ブラタモリ足跡めぐりツアーin伊勢」特別掛紙付特選牛肉弁当)等が含まれています。申し込みは近鉄駅営業所、出発日の10日前まで申し込みできます。

(追記)
 7月24日、このツアーはきちんと催行されました。昼食は弁当でしたが、それは宇治山田駅の普段は入ることのできない待合室で食べました。
(参考:駅弁のあら竹 掲示板 http://www.ekiben-aratake.com/bbs11/bbs39.cgi、railf.jp http://railf.jp/news/2016/07/26/164500.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吉野観光特急は「青の交響曲」

 南大阪線・吉野線に新たな観光特急を走らせることは以前に記事にしましたが、その続報です。

 近鉄は17日に、この観光特急の名前、運行開始日、ダイヤを発表しました。その名前は「青の交響曲<シンフォニー>」、日本遺産の明日香村、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録された金峯山寺をはじめとする由緒ある神社仏閣、美しい自然景観を誇るみたらい渓谷・洞川温泉、ワイナリー・地酒蔵元・フルーツの名産品など様々な観光資源にあふれる南大阪線・吉野線の沿線を青色の列車が走り、魅力的な観光資源と調和し響き合うことをイメージして命名されました。もともとこの名称は公募で決める予定でしたが(3895件集まりました)、適切なものがなかったので、応募案を参考に近鉄が考案しました。そのため、最優秀賞は該当者なしとなり、参考にした応募案を提案した人の中から抽選で10人に2万円分の近鉄グループ商品券を贈ることになりました。

 運行開始日は9月10日、1日2往復を運行します。1便は大阪阿部野橋10:10発吉野11:26着、2便は吉野12:34発大阪阿部野橋13:51着、3便は大阪阿部野橋14:10発吉野15:26着、2便は吉野16:04発大阪阿部野橋17:22着です。料金は通常の特急料金(510円)に特別車両料金(210円)を加算した、720円(子供370円)です。これに運賃が別途かかります。他の特急列車に乗り継ぐ場合は、特急料金や特別車両料金は通算されます。通常の特急料金に210円を追加するだけで乗ることができるとは、お得です。停車駅は通常の特急と同じです。この「青の交響曲」は水曜日は運休します(祝日に当たる場合などは運行することもあります)。ダイヤ改正日の3月19日から9月9日までと9月10日以降の運休日は、同一ダイヤで一般特急車両が走ります。なお、運休日や運行ダイヤの合間を使って、「ワイン列車」などのイベント列車や貸切列車を運行することもあります。

 車両の外観は、落ち着いた濃紺色をベースに、ゴールドのラインをあしらっています。車両の前面や側面には、エンブレムなどがつきます。車内に入ります。1、3号車が座席スペースです。緑を基調にした座席は(座席の一部には吉野地域の竹材を使用しています)、全て2列+1列のデラックスシートです。グループでの利用を考慮して、テーブルのついた「サロン席(3~4人用)」、「ツイン席(2人用)」も設置されます。2号車がホテルのラウンジをイメージした、ラウンジ車両です。革張りのソファを配置し、LEDの間接照明を活用して非日常感を感じることのできる上質な空間をつくり出しています。吉野寄りには大型のバーカウンターがあり、専属のアテンダントが地元の特産品を活用したスイーツやワイン、地酒、ハイボールなどを販売します。

 また、列車の名前が「青の交響曲」というだけあって、クラシック曲をアレンジしたメロディをミュージックホーンとするほか、大阪阿部野橋での発車メロディとしても使います。近鉄はこの「青の交響曲」の乗客を年間6万人と見込んでいます。

 話は変わりますが、以前にも記事にしました通り、近鉄特急に順次喫煙室を設置して、座席ではタバコが吸えなくなるようにしています。そこで、大阪阿部野橋-吉野間の特急(平日54本、休日66本)について、6月20日から全席禁煙となります。とは言っても、タバコを吸う人は喫煙室で吸うことができるので、喫煙者に甘いとも言えます。今後はほかの区間の特急でも喫煙室の工事を進めて、将来的にはすべての特急で座席での禁煙を実現するとのことです。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/symphony.pdf、http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/minamitokukinnenn.pdf、京都新聞ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160218000177)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

近鉄、特急券等もクレジットカードで購入可能に

 近鉄はこれまで、クレジットカードで特急券等を購入することはできませんでしたが、3月16日から駅の窓口(定期券・特急券自動発売機、特急券自動発売機は除きます)で、クレジットカード(VISA、Master、JCB)が使えるようになります。購入することのできる切符は、特急券、普通乗車券、「まわりゃんせ」等の企画乗車券等で、回数券カード、名阪まる得きっぷ等、対象外のものがあります。通勤客にとっては高額の定期券こそクレジットカードで買いたいものですが、掲げられていないので期待は薄いです。

 中国で普及している「銀聯カード」については、1月21日から大阪難波、大阪阿部野橋、京都、近鉄奈良、近鉄名古屋、宇治山田など12の営業所において使えるようになります。購入できるのは、特急券や普通乗車券等を含む旅行商品で、「スルッとKANSAI」カード等、一部対象外のものもあります。

 近鉄でも「PiTaPa」等のICカードを利用することができますが、これまでは駅の自動券売機で購入することができませんでした。しかし、2月1日から駅の自動券売機等で「PiTaPa」、「ICOCA」等の全国相互利用サービス対象の交通系ICカードで購入できるようにします。普通乗車券、入場券等を購入することができます。回数券カード、「スルッとKANSAI」カード等、一部対象外のものもあります。1枚のICカードで複数枚の普通乗車券等も購入できます。2月1日から順次改良を始め、3月20日までに完了させる予定です。なお、「PiTaPa」はポストペイでは購入できず、プリペイドでの利用となります。購入金額は、「PiTaPa」交通割引サービスの対象外になります。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/2016011914knr.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧