東西バスで行ったり来たりの旅(3)

 「ドリームスリーパー東京大阪号」は、なんば(OCAT)に定刻より若干早目に着いた。大和路線で天王寺に行き、天王寺で朝食にうどんを食べてから、天王寺駅前付近が道路拡幅により移設された、阪堺に乗る。天王寺駅前を出たときは混んでいたが、帝塚山三丁目で降りる子供が多い。帝塚山学院の児童なのか? 立つ人はほとんどいなくなる。阪堺は住吉−住吉公園間を廃止したが、廃線跡は不自然なかたちの駐車場になっていた。路面電車は堺市内に入ってもそれなりに乗っていたが、大小路など堺の中心部で降りる人が多く、空席が目立つようになる。この辺りなら少々時間がかかっても、天王寺から直通できるというメリットがあるのか? 堺の中心部を抜けても降りる人が多く、浜寺駅前に着くころにはガラガラになった。浜寺駅前では前の列車がまだ停まっていて、手前で降ろされた。

 高架化のため明治時代の駅舎が使われなくなった浜寺公園から、南海に乗る。次の羽衣で高師浜線に乗り換え。ここは下りだけ高架になっていて、乗り換えのためにかなり歩かされる。高師浜線の列車がやって来た。元「ズームカー」の2両編成で、支線用にリニューアルされている。ラッシュと逆方向なので、あまり乗客はいない。高師浜は行き止まりの駅、東に10分ほど歩けば南海本線の高石に着く。ここも高架化工事中で下りのみ高架になっていて、かなり歩かされる。高石9:00発の普通に乗り、泉大津でりんくうタウン行きの空港急行に乗り換え。いつもなら外国人と大きい荷物であふれている空港急行だが、台風21号の影響で空港の機能は制約され、鉄道もりんくうタウン止まり。こういうところで事態の深刻さが伺える。関空は伊丹や神戸では代替できない、関西どころか日本全体の主要な玄関。早期の復旧が待たれる(18日に鉄道、21日に空港第1ターミナルが全面復旧した)。泉佐野で本線の普通に乗り、尾崎へ。ここは台風21号で駅舎が燃え、上下線それぞれの待避線をつぶして仮の出入口としている。ICカードリーダーはあるが券売機はなく、駅員が乗車証明書を配っていた。みさき公園で多奈川線に乗り換え。切り欠きホームの4番線ではなく5番線に、多奈川行きの列車がやって来た。元「ズームカー」の2両編成だが、高石の夜景のラッピングがしてある。高師浜線だけを行ったり来たりしている訳ではないようだ。

 船に乗るには途中の深日港で降りればよいが、それだとひと駅分乗り残すことになるので、終点の多奈川まで行って、歩いて戻る。淡路島が橋で結ばれる前は、大阪や神戸から船がたくさん出ていた。深日港からも洲本に向けて船が出ていたが、明石海峡大橋の開通によって船の需要が減り、航路は廃止された。それを復活させたのが2017年に始まった社会実験。高速船が1日4往復するのだ。2017年のときも予約していたが、台風でキャンセルになった。今回は再挑戦だ。深日港は駅からすぐのところにあるが、仮設の建物があるのみ。ここで出発時間まで待つ。時間になり、船に乗ったのはたったの4人。それなりに使われているから2018年度も継続しているはずなのに、どうなってしまったのか? さて船は、波をものともせず、まっすぐ進む。時間通り12:00に洲本港に着いた。

 昼からも予定がぎっしりのため、淡路島の滞在時間はたったの30分。港を出たところに魚料理の食堂があったので、そこで昼にする。すぐ料理が出てきたため、慌てることなく食べることができた。淡路島を出るバスは、港近くのバスターミナルから出る。12:30発の新神戸行き(本四海峡バスの「かけはし号」)に乗る。座席指定もできるが、指定席はたったの4席だけ。後は自由席で、支払いにICカードも使える。このバス、すぐに高速に乗ると思ったら、国道28号線を北に進む。津名港(現在、ここを発着する船はない)に寄ってから高速に入るのだ。高速に入ってからもいくつかの停留所に停まり、客を乗せていく(淡路島内は乗車のみ可能)。橋を渡った高速舞子でバスを降りた。JR神戸線で明石に行き、明石から神姫バスで西神中央へ。バスは1時間に2系統合わせて6本ある。バスはまずまず乗っていて、途中の乗り降りも多い。運転士の話によるとよく遅れるとのことだが、バスは順調に進み、ほとんど遅れることなく西神中央に着いた。バスには10人余りが乗っていたが、西神中央より先に行く便であるにもかかわらず、全員降りた。西神中央からは神戸市交通局の地下鉄に乗る。地下鉄というより郊外のニュータウン鉄道と言ったほうが正確で、山をトンネルで抜けていく。地下鉄は新神戸止まりだったので、新神戸で乗り換え。後続の列車で終点の(北神急行)谷上まで行く。谷上に着いた。向かいは神戸電鉄で、階段を上り下りせずに乗り換えることができる。新開地方面だけでなく、日中は反対の三田方面も転線して、階段なしの乗り換えを実現しているのだ。運行が複雑になるので、なかなかできないことだ。谷上15:25発の新開地行きに乗る。なぜか助士側にキャラクター(「しんちゃん」)のぬいぐるみがある。かぶり付きをしていると、山岳鉄道みたいにアップダウンの激しいところを走っているということがよくわかる。名古屋へのバスは京都から出るので、神戸から京都まで行かないといけないが、あまり乗る機会のない、阪急にする。神戸線、京都線ともに新型車両だった。京都線の特急は転換クロスシートが原則だが、今回はロングシートだった。烏丸で乗り換えて京都に行く。

 京都からは東京バスグループの「京都名古屋特急ニュースター号」。早く購入したので、1440円で乗ることができる。定刻の17:50に出発したが、寝ていて気がついたら、本来の新名神経由ではなく、名神を走っていた。しかも、途中からバスにトラブルが発生し、何度か停まって点検をする。何とかだましだましで走り、1時間近く遅れて名古屋駅に着いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東西バスで行ったり来たりの旅(0)

 9月12日から14日にかけて群馬県などに行ってきました。あまり細かいことを書くとネタバレになりますが、バスを多用した旅となりました。

 明日から3回に分けて、そのときの様子を書いていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高野山新ケーブルカーのデザイン

 高野山へのケーブルカーを54年ぶりに新造するという話は以前にも書きましたが、新しいケーブルカーの車両デザインは決まっています。

 新しいケーブルカーも2両編成。長さ約14メートル、幅約3メートル、高さ約3.3メートルです。定員は現行(261人)より大幅に減って181人。客車はスイスのキャビンメーカー、CWA社が、それ以外は日本ケーブル株式会社が製造します。

 ケーブルカーでまず目立つのはデザイン。海外からのインバウンドが増加し、国際色豊かな高野山のイメージとつながる、和洋折衷のデザインとなっています。ヨーロッパ風の流線型の車体が朱色で塗られています(窓周りは黒)。高野山・壇上伽藍の根本大塔を思い出させる色とされています。朱色は、高野山までのアクセス列車となる、特急「こうや」、「天空」、2300系にも採用されている色で、合わせて高野山への旅の期待感を持たせるものとするようです。眺望性も向上しています。従来の車両に比べて大型の窓ガラスを採用し、ケーブルカーからの四季折々の景色を車窓から楽しむことができます。特に車両の前面は大型の曲面ガラスで、斜面を自らが実際に上り下りしているような臨場感を味わうことができるようです。朱色と黒を引き締める色として、1号車は白、2号車はオレンジをアクセントとして使っています。

 中に目を移すと、内装全体に木目調の装飾を施し、和を基調としたデザインとします。座席には木材を使用し(折りたためる構造となっていて、混雑時には詰め込めます。定員の減少をこれでカバーするのでしょうか?)、背もたれは圧迫感を感じないように、格子状にします。照明は調光式LEDを使った間接照明です。床面は滑りにくい材質で、車内段差部にはつまずかないように足元灯を設置します。車内には車椅子スペースを設け、扉の開口部も750ミリから900ミリに拡大します。電動車いすでも乗り降りできます。

 このケーブルカーの新造期間中(巻上げ機なども新造します)、ケーブルカーの運行をやめて、バスによる代行輸送を行います。代行輸送を行う期間は11月26日から2019年2月下旬までです。バス代行輸送や列車運行の詳細については、2018年10月ごろに改めて発表されます。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180606_2.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金色の「泉北ライナー」用車両が「サザン」に

 「泉北ライナー」に使っている、金色の泉北12000系は、南海12000系と同じ仕様。ということは泉北12000系を南海本線で走らせることもできます。

 そこで南海と泉北は、8月20日から9月22日までの間、それぞれの所有する12000系を1編成ずつ交換して走らせることにしました。泉北12000系は南海本線の「サザン」の座席指定車両に、南海12000系は「泉北ライナー」になります。

 「サザン」として走る泉北12000系については、対象列車の指定席に乗車した人に、「泉北12000系 南海線特急サザン運行記念乗車証」を配付します。対象列車は、8月25日から9月22日までの休日において、始発駅をおおむね10~16時の間に発車し、泉北12000系で運用されているものです。上下合わせて3~5本が対象です。記念乗車証は堺-岸和田間で希望する人に配ります。そのほかの区間でも、希望があれば配ります。

 記念乗車証を8月25日から9月30日の間に対象施設で呈示すると、特典を受けることができます。対象施設はみさき公園と難波駅構内のいくつかの飲食店で、期間中なら何度でも利用することができます。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180817_2.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南海6000系の置き換え計画

 こちらもまた、hanwa0724さんのblogで見つけたものです。


 以前、デビューしてから50年以上が経過した南海6000系についての記事を書きました。その段階では6000系をリニューアルするのか置き換えるのか判断がつかなかったのですが、5月18日の2018年3月期決算説明会で出された資料に、その答えが載っていました。

 結論から言えば、6000系は新しい車両に置き換えられます。2018年度から2020年度の3年間に42億円かけて30両をつくります。最初の車両は2019年秋にデビューする見込みです。その後も置き換えは進み、2023年度までの6年間で全車両72両を置き換えます。車両については省エネ型であることしかわかりませんが、参考にした南海のホームページでは8300系の写真が載っていますので、8300系みたいな車両が走ると思われます。訪日外国人などの理由でそれなりに新車が入っている南海本線と違い、高野線では2005年以来の新車となります(泉北高速関連は除きます)。しかも、2005年の車両は2300系なので、基本的には橋本以北には走りません。実質的には21世紀になって初めての新車となります。

 このほか、詳しいことはわかりませんが、高野線の増発も考えている、とのことです。こちらも訪日外国人に向けての施策であることを考えると、橋本以南の増発を考えているのでしょうか?
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/ir/setsumei/pdf/setsumei_180518.pdf、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30672930Y8A510C1AM1000/)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

帰りの「こうや」で缶ビールプレゼント

 南海高野線は2017年10月の台風21号により、高野線高野下-極楽橋間で運休していましたが、3月31日に復旧しました。

 そして、この5月7日から高野線運転再開キャンペーンの一環として、南海はサントリー酒類、サントリー食品インターナショナルと共同で、「特急『こうや』で乾杯キャンペーン」を行います。

 「特急『こうや』で乾杯キャンペーン」の内容について説明します。極楽橋から特急「こうや」に乗車した人に、「ザ・プレミアムモルツ」250ミリリットルか、「伊右衛門」280ミリリットルのどちらか好きなほうを1本、プレゼントします(20歳未満の人は、「伊右衛門」をプレゼントします)。極楽橋から特急「こうや」に乗る人に、係員が駅ホームまたは車内で手渡しします。先着1500人限定です。

 ビールを飲みながら、高野山の旅を振り返るのもよいかもしれません。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180426_2.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高野山のケーブルカー、2019年春に新造&難波の高野線ホームにホームドア

 高野線の橋本以南は急勾配続きで、それに対応した特殊な車両が使われるのですが、最後はそれでも対応できず、ケーブルカーの力を借ります。その高野山のケーブルカーですが、今のケーブルカーは1964年に運用を開始していて(開業は1930年)、既に50年以上経過しています。そこでケーブルカーを新造して(周囲の景色を眺めやすいものにするようです)、その間に巻上装置などの諸設備の更新工事を行うことにしました。投資額は約14億円です。

 工事を行う期間は、2018年12月初旬から2019年2月末までの間。この間はケーブルカーは運休し、バスでの代行輸送を行います。新しいケーブルカーのデビューは2019年春になります。新しいケーブルカーの概要や、バス代行輸送の詳細については、決まり次第の発表となります。

 話は変わりまして、以前に紹介した難波へのホームドアの設置について。1番線に設置します。大開口ホーム柵なので、開口幅は最大3480ミリとかなり広いです。当初の話では2両分のみに設置するということでしたが、それを拡大し、6両すべてに設置します。運用開始は2019年3月の予定です。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/traffic/info/cablecar.html、http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180221_2.pdf、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28421560S8A320C1AM1000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南海は6000系をまだ使う?

 2月28日、南海は「南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」を発表しました。「南海グループ経営ビジョン2027」は今後10年間(2018年度~2027年度)、そして「共創136計画」はそのうちの最初の3年、つまり2018年度~2020年度を対象期間としています。

 ここで気になったのが、「共創136計画」の中にある、6000系の更新。6000系は高野線で走っているステンレスの通勤車両で、1962年から走っている車両なのですが、製造された72両すべてが現役で、しかも主要路線である高野線を走っています。支線で余生を送っているのではありません。この6000系72両を2023年度までの6年間で全て更新するというのです。更新がリニューアルを意味するのか置き換えを意味するのか分かりにくいところなのですが、ひよっとして6000系をまだ使い続けるということでしょうか?

 話は変わりまして、2017年10月の台風21号によって発生した土砂流出の影響で、運休が続いている高野線高野下-極楽橋間。上古沢駅付近の現場では、和歌山県と南海が地盤調査を行い、幅60メートルにわたって地滑りを起こしていたことが判明しました。地滑りが起きにくいように工事を行っています。

 南海は運休している高野線高野下-極楽橋間の運転再開を、4月上旬にする予定です。その復旧に合わせて、早期の再開と多客期輸送の観点から、もともと上古沢駅にあった交換設備を、下古沢駅に移します。下古沢駅もかつては交換設備があり、それが復活した格好となります。橋本以南では、全線復旧時に列車時刻の一部が変更されます(橋本以北は変わりません)。

(追記)
 高野線高野下-極楽橋間の運転再開日が3月31日に決まりました。これに合わせて、「高野線運転再開キャンペーン」が行われます。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180228.pdf、http://www.nankai.co.jp/traffic/info/transfer.html、http://www.nankai.co.jp/traffic/info/koyasan_campaign2018.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/150411/wst1504110046-n1.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/79825)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「泉北ライナーらく2チケット」は特急券付き

 泉北鉄道の沿線から南海の難波まで使ってもらおうと、泉北は期間限定で「泉北ライナーらく2チケット」を発売します。

 発売期間は3月10日から30日まで、有効期間は3月10日から31日までの連続する2日間で、泉北線各駅(深井を除きます)から難波までの往復割引乗車券と、「泉北ライナー」の特急券引換券(1枚)がセットになっています。値段は泉ケ丘が1000円、栂・美木多と光明池が1100円、和泉中央が1200円ですから、和泉中央発で考えた場合、たった100円で特急に乗ることができるという計算になります。泉北の泉ケ丘から和泉中央までの各駅で発売し、南海側では発売がありません。また、大人のみの設定で、子供はありません。

 また、先ほど、「泉北ライナーらく2チケット」には特急券引換券がついていると書きましたが、平日の朝ラッシュ時の「泉北ライナー62号」、「泉北ライナー64号」、「泉北ライナー66号」には乗車できません。ラッシュ時で混んでいるから、わざわざ格安の切符で集客する必要はないということでしょう。なお、特急券の引換は難波、新今宮、天下茶屋でもできるようになっています。
(参考:南海ホームぺージ http://www.nankai.co.jp/traffic/otoku/senboku2018.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なにわ筋線南海新難波の位置は?

 北梅田(仮称、2023年春開業予定)と、JR難波及び新今宮を結ぶなにわ筋線。途中、中之島、西本町、南海新難波(いずれも仮称)の3駅ができます。この2031年春開業予定のなにわ筋線について21日に環境影響評価方法書が出され、判明した事実がありますので、紹介します。

 まず、なにわ筋線は、JR西日本と南海が共用する北梅田-西本町間、JR西日本が使う西本町-JR難波間、南海が使う西本町-新今宮間から成ります(新今宮で南海本線と合流します)。全線複線で合計7.4キロになります(北梅田-新今宮間は6.2キロ、北梅田-JR難波間は4.0キロ)。内訳は地下が約6.7キロ、掘割が約0.3キロ、かさ上げが約0.4キロです。軌間は1067ミリで、直流1500ボルト。最長9両編成の車両が走り、最高速度は110キロです。JR西日本、南海ともに、特急と普通列車が走ります。関西高速鉄道が整備し、JR西日本と南海が運行するという、上下分離方式を採用する予定です。

 途中駅は3駅あります。中之島は京阪と連絡します。西本町は大阪市営地下鉄阿波座や本町に近いですが、単独駅になるようです。南海新難波は大阪市営地下鉄なんば、南海難波、近鉄大阪難波と連絡しますが、地図を見る限り、南海難波からは大きく離れています。大阪市営地下鉄なんば、近鉄大阪難波に近いところにできます。南海新難波発着の運賃がどうなるのかによっても変わりますが、地下鉄や近鉄、阪神から乗り換えるなら南海新難波のほうが便利でしょう。駅の構造ですが、中之島と西本町は開削工法によってつくられ、相対式2面2線の駅となります。単線シールドによってつくられる南海新難波は島式1面2線です。
(参考:大阪市ホームぺージ http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000423999.html)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧