びわ湖疏水船に乗る

 11日のことですが、約70年ぶりに復活したびわ湖疏水船に乗ってきました。

 

 久しく乗っていない路線に乗るため、近鉄名古屋7:11発の急行で津へ。車両は混んでいて、座ることができるようになったのは、江戸橋。三重大の学生が降りる。名古屋から通うと長距離だが、通学定期が驚くほど安いからだろう。週1回乗れば元が取れるぐらいだから、下宿させようとはしないのはある意味当然だ。江戸橋と次の津で大量に降りてガラガラ。津で紀勢線に乗り換え。8:26発の亀山行きに乗る。ロングシートのキハ25の4両編成だ。通学の高校生で混んでいたが、次の一身田で高校生は降りる。大半はすぐに降りたが、一身田では交換待ちで7分停まるので、友達とおしゃべりをしてしばらく待ってから降りるのもいる。出口が混むのでそれを避けるためだろう。

 亀山からはJR西日本のエリアになる。当然乗り換え。加茂方面からのディーゼルカーがキハ120の2両編成でやって来たが、ここで1両を切り離す。加茂側の1両は車庫に引き上げる。残りの1両に乗るのだが、スーツ姿の人もそこそこいて、絶望的なほどのローカル線ではない。柘植で乗り換えたのは草津線。次の草津行きは10:00発と30分ほど先だが、ホームで待つ。来たのは113系の4両編成。中は転換クロスシートにリニューアルされていていいのだが、外は緑一色に塗られていて興ざめ。

 貴生川で信楽高原鐵道に乗り換え。車両は目の前に停まっている。2両編成で前がNHKの朝のドラマの「スカーレット」のラッピング、後ろは土山サービスエリアのラッピングだ。前はロングシート、後ろは転換クロスシートなので、後ろに乗る。2017年製の新しい車両だ。貴生川10:24発の列車は坂を上り続ける。駅は全くなく、ひたすら坂を上り続ける。坂を上ったところで駅がポンポンと現れ、終点の信楽に到着。すぐ折り返しの列車に乗っても良かったが、せっかく信楽まで来たので、1本落として、信楽の町をぶらりと歩く。駅の売店でお土産を買って、次の11:54発貴生川行きに乗る。行きに乗ったのと同じ、「スカーレット」と土山サービスエリアの組み合わせだったので、転換クロスシートの土山サービスエリアのほうに乗った。貴生川のホーム上には「ICOCA」の改札機があったのでここにタッチして、12:21発の草津行きに乗る。柘植から貴生川まで乗ったときと同じ、緑に塗られた113系の4両編成、転換クロスシート。貴生川までと同じように橋上駅舎の駅が続き、駅ごとに客が増えていく。草津からは新快速で石山へ。

 石山寺へは石山から京阪バスが1時間に8本出ているが、歩くことにする。瀬田の唐橋も見て、50分ほどかけて石山寺に着いた。石山寺では参拝するとともに、奥のほうで「石山寺と紫式部展」をやっていたのでそれも見ることにした。紫式部はここ石山寺で月を見て、「源氏物語」のアイデアが浮かんだと言われている。石山寺を出て、京阪に乗る(石山寺14:39発)。石山坂本線だ。石山坂本線は小ぶりな2両編成の列車が10分間隔で出ていて、駅はこまめにある。ごく一部を除いて専用軌道だが、路面電車感覚で利用することができる。ところどころ、無人駅がある。無人駅でもICカードリーダーがあるが、ワンマン運転で、全ての扉が開くので、運転士がチェックしているとは思えない。事実上の「信用乗車方式」なのか?

 三井寺で降り、2、3分ほど歩くと、橋の上で立っているのが何人かいる。ここが本日のメインイベント、びわ湖疏水船の乗り場なのだ。びわ湖疏水は、明治になって首都が移転し寂れた京都の街を復興させるためつくられた運河。発電や物資の輸送に活躍しましたが、戦後すぐに舟運は使われなくなった。これが復活したのは2018年、それからは春と秋の週末を中心に、観光用としての舟が走る。舟は15:50に出るのだが、乗船30分前に来なければならないので、早く来ているのだ。乗船45分前の15:05に扉が開き、建物の中に入る。何の建物かと思っていたら、京都市上下水道局の建物だった。乗船時間の30分前になって、ビデオでの説明が始まる。その後12人乗りの舟に乗り込むが、座席はすでに決まっていて、舟が傾かないよう指示通りに乗り込む。舟は大津を出た。すぐに長いトンネル(出るのに20分かかった)に入るが、男性ガイドの話が面白く、真っ暗なトンネルの中でも飽きることはない。外に出ても疏水から見る景色はいつもと違って新鮮だ。時間通り16:50に終点の蹴上に着いたが、蹴上に着いてもガイドの説明があり、下船場を出たのは17:00のことであった。京都市営地下鉄の東西線(京阪からの乗り入れ車両で、後ろ向きのクロスシートに座った)と烏丸線を乗り継いで京都に行く。

 暗くなった京都からの最終ランナーは高速バス。大阪バスグループの「京都名古屋特急ニュースター号」に乗る。京都駅17:50発の便だ。相席にならない程度の、ほどほどの埋まり具合。旅行の最後に乗る高速バスは遅れることが多く、今回もそうならないか心配したが、今回はスムーズに走り、予定より15分早く終点の愛知県庁前に着いた。

| | Comments (0)

京阪、八幡市など2駅を改称

 京阪は10月1日から、八幡市と深草の2駅を改称します。それぞれ、石清水八幡宮、龍谷大前深草となります。改称する理由は次の通りです。八幡市については、2016年に国宝に指定された石清水八幡宮の最寄り駅であり、周辺の観光資源をPRすることで地域の活性化につなげます。深草については、従来の駅名を活かし、かつ駅に近いところにある龍谷大学を駅名に加え、利用者にとってわかりやすい駅名にするとともに、地域とさらに連携したまちづくりを目指します。10月1日に駅名を改称するのは、この日が消費税率の変更を行う日で、運賃を値上げするからでしょうか?

 駅名の改称は、この2駅だけではありません。石清水八幡宮へのアクセスとなるケーブルカーについても安全性向上を目的としたリニューアル工事を行います。18年ぶりのリニューアルを終え、運行を再開するのは6月19日(5月27日から6月18日の間、リニューアル工事のため、タクシーで代行運転を行います)。車両デザインを一新した新しい車両が走り始めます。片方が昇ると片方が下るケーブルカーを太陽と月に見立てて、赤のケーブルカーと黄色のケーブルカーに塗ります。朱色と金の石清水八幡宮の社殿、赤と黄色の京阪特急伝統のツートンカラーも考えての色です。太陽の赤は「あかね」、月の黄色は「こがね」と愛称も付けます。

 10月1日からはケーブルカーの通称、駅名も変更します。通称は男山ケーブルから石清水八幡宮参道ケーブルに、駅名は八幡市をケーブル八幡宮口、男山山上をケーブル八幡宮山上に変更します。駅の美装化も行います。
(参考:京阪ホームページ www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2019-05-14_③ekimei.pdf、www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2019-05-14_②cable.pdf)

| | Comments (0)

3000系「プレミアムカー」は新造

 京阪の座席指定特別車両、「プレミアムカー」。今は10編成ある8000系のみに組み入れられていますが、以前に記事にした通り、2020年度中に3000系にも拡大します。

 「プレミアムカー」は8000系同様、6号車(京都側から6両目)に組み入れます。3000系は6編成ありますが、6編成とも「プレミアムカー」を組み入れます。これにより、昼間時は原則としてすべての特急に「プレミアムカー」が連結されます。

 3000系の外観は紺、白、銀色の組み合わせで成り立っています。「プレミアムカー」もこれを活かし、紺を基調に金色を扉周りに配しています。赤がベースで、扉周りが金の8000系と対照的です。座席数は8000系「プレミアムカー」と同じ40席、2列+1列であるところも8000系と同じです(ちなみに3000系の通常車両は45席です)。扉は8000系「プレミアムカー」と同じく1扉ですが、両開きとなっています(8000系は片開き)。そして大きく違うところは、8000系「プレミアムカー」が既存車両の改造であるところ、3000系は新造であること。でも、現行の3000系も8両編成なので、押し出された3000系車両はどこに行くのでしょうか?
(参考:京阪ホームぺージ https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2018-11-08_%E2%91%A0premium-car.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京阪、9月15日ダイヤ改正で「ライナー」増発、「プレミアムカー」連結列車も増える

 京阪は9月15日に、ダイヤ改正を行います。今回の改正は好調な「プレミアムカー」の利用状況を反映したもの。特急のサービスが充実するのです。

 まず全車両座席指定の「ライナー」は増発します。平日朝ラッシュ時に出町柳発淀屋橋行きを1本(出町柳7:40発)増発し、樟葉発は6:42発になります。下りは3本体制になります。これまでなかった上りも登場します。平日夜に淀屋橋発出町柳行きを2本運転します。淀屋橋19:03発、21:50発です。また、「ライナー」の運転区間が京都に伸びたことに伴い、ライナー料金も変更されます。大阪市内-京都市内間を利用するときは380円、そのほかの場合は300円です(「ライナー」の停車駅は特急と同一になります)。なお、下りの場合は出町柳→七条間のみの利用はできず、京橋→淀屋橋間はライナー券なしで利用できます。上りは逆に淀屋橋→京橋間のみの利用はできず、七条→出町柳間はライナー券なしで利用できます。

 「プレミアムカー」の運転時間帯が拡大され、本数も増えます。「プレミアムカー」のある快速特急「洛楽」・特急の割合は、平日は198本中95本(上下合わせての数字、以下同じ)から199本中105本に、休日は193本中113本から195本中118本に増えます。これまで快速特急「洛楽」には「プレミアムカー」はありませんでしたが、ダイヤ改正後の休日の快速特急「洛楽」には、「プレミアムカー」がつきます。なお、現行ダイヤではごくわずかですが、「プレミアムカー」のある急行がありました。しかし、今回のダイヤ改正で消えることになります。

 このほか、特急を中心に、若干の増発があります。
(参考:京阪ホームぺージ http://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2018-07-17_daiya.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3000系にも「プレミアムカー」

 京阪の有料座席指定車、「プレミアムカー」。2017年8月に登場しましたが、かなり利用されているようです。

 京阪の特急は8000系だけではなく、3000系も使われています。しかし、「プレミアムカー」が連結されているのは8000系だけで、3000系のものには「プレミアムカー」はありません。日中の場合、2/3の特急にしか「プレミアムカー」はありません。そこで京阪は、2020年をめどに、3000系にも「プレミアムカー」を連結する方針です。これにより、すべての特急で「プレミアムカー」がつくことになります。

 3000系は8両編成なので、中間車1両を改造して、「プレミアムカー」にします。早ければ2019年度にも改造工事に着手します。場合によっては、「プレミアムカー」を2両に増やして、団体客にも対応できるようにします。
(参考:ニュースイッチホームぺージ https://newswitch.jp/p/13645)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京阪中之島線、九条経由で西九条へ

 低迷する京阪中之島線の現状を打開する方法としてあるのが、延伸構想。以前、大阪メトロ中央線の九条まで延伸する構想についての記事を書きました。九条で乗り換えると、2025年の万博の予定地となっている夢洲まで一直線で行くことができます(2024年に中央線をコスモスクエアから夢洲まで延伸する予定です)。

 しかし、中之島線は九条まで延伸しておしまいではないのです。もともとの中之島線の延伸計画は西九条を経て、新桜島まで。それを部分的に実現させるかのように、西九条まで延伸するのです。ひとまずは九条まで延伸し、その後、利用者が増えれば約1キロ先の西九条までつなぎ、USJ方面への利便性を向上させるのです。そこから先は、JR西日本や大阪府、大阪市が桜島線を延伸して夢洲につなぐ構想があることもあり、中之島線を新桜島まで伸ばす必要性は低いと判断されているようです。

 中之島線の延伸には少なくとも1000億円はかかりますが、大阪にカジノなどから成る統合リゾート(IR)ができることが決まれば、5年以内に開業させるようです。逆に言えば、IRや万博がなければ、緊急性がないと判断され、幻の延伸構想になってしまうこともあり得ます。
(参考:産経WEST https://www.sankei.com/west/news/180219/wst1802190090-n1.html、日刊工業新聞ホームぺージ https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00469113)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京阪大津線、3月17日ダイヤ改正で減便

 浜大津など京阪大津線の4駅の駅名が変わる3月17日、京阪大津線のダイヤが変更されます。

 今回は昼間のダイヤが大きく変わります。京津線の現行のダイヤは、京都市役所前発着と太秦天神川発着が交互に運転され、京都市役所前-浜大津間は15分間隔となるものですが、これがすべて太秦天神川-びわ湖浜大津(現:浜大津)間の運転となります(夕方以降も、京都市役所前発着は減ります。京都市役所前発着が残るのは、平日の朝、休日の7時までの早朝ぐらいです)。運転間隔は若干広がり、約20分間隔になります。つまり、京津線の本数が1時間に4本から3本に減るのです。石山坂本線の現行のダイヤは、近江神宮前発着と坂本発着が交互に運転され、石山寺-近江神宮前間は7.5分間隔となるものですが、これがすべて石山寺-坂本比叡山口(現:坂本)間の運転となります(近江神宮前発着はほとんどなくなります)。運転間隔は若干広がり、10分間隔になります。一部の区間を除いては、1時間に8本から6本に減るのです。

 また、平日、休日ともに、京津線、石山坂本線とも、最終列車の発車時刻を35~40分程度繰り上げます。
(参考:京阪ホームぺージ https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2018-01-26_otsu.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「プレミアムカー」と「ラピート」の乗車率

 2017年8月に登場した、京阪の有料指定席「プレミアムカー」。どれぐらい利用されているのでしょうか?

 参考にした記事によれば、「プレミアムカー」の乗車率は平日は7割、休日になると8割を超えるようで、まだまだ増える傾向にあるようです。今のところ順調なようです。また、朝の通勤通学時間帯に枚方市や樟葉から淀屋橋に向かう「ライナー」については、始発を京都のほうにすることも考えているようです。

 話は変わりまして、南海の「ラピート」。こちらも好調です。その理由は訪日客のリピーター。「ラピート」の乗車率は2012年度は平均32.5%でしたが、2016年度には55.4%、2017年度の上半期には6割を超えています。「泉北ライナー」は和泉中央を朝6~7時台に出る便の乗車率が70~90%台で、「サザン」の平日朝の難波行きも乗車率は80~100%です。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/180108/wst1801080042-n2.html、http://www.sankei.com/west/news/180108/wst1801080041-n1.html、大阪日日新聞ホームぺージ https://this.kiji.is/326180385799504993)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「冬の関西1デイパス」、南海が外れる

 アーバンネットワークでの日帰り旅行に便利な、JR西日本の「関西1デイパス」。季節ごとに発売され、JR西日本のみならず大手私鉄とも組んで、追加料金なしで大手私鉄沿線の観光スポットに行くことができるのが特徴です。

 この冬も「冬の関西1デイパス」が発売されます。発売期間は2017年12月11日から2018年2月25日まで、利用期間は2017年12月14日から2018年2月25日までです。JR西日本のアーバンネットワークの普通列車(新快速、快速等を含みます)が1日乗り放題のほか、大阪水上バス「アクアライナー」と江若交通バスの一部区間も1日乗り放題です。これに加えて、京阪沿線(大津・琵琶湖エリア)もしくは近鉄沿線(奈良・西ノ京エリア)にも行くことができます。

 しかし、通常なら入っているはずの南海がありません。2017年10月の台風で本線高野線に被害が生じたため、今回は入っていないのでしょうか? それとも、方針が変わったのでしょうか? 次回の発売時には注目したい事柄です。

(追記1)
 2018年春の「春の関西1デイパス」では、南海沿線も選ぶことができるようになりました。金剛山へのハイキングができる内容で、新今宮-河内長野間の南海の往復乗車券等が含まれています。

 また、「春の関西1デイパス」からは、「みどりの窓口」での販売を行いません。「e5489」または「みどりの券売機」での販売となります。しかし、「みどりの窓口」のある駅の中には「みどりの券売機」のある駅とない駅があり、ない駅では著しく不便となります。

 「みどりの窓口」での対人販売をやめたいという考えはわかりますが、インターネットだけでなく駅で販売する以上、自動券売機で対応するようにしなければならないでしょう。

 宿泊がいるような長距離のきっぷでないにもかかわらず、当日の販売が行われないことも大きなマイナス点です。大きな改悪点です。

(追記2)
 2018年夏の「夏の関西1デイパス」で、南海沿線は高野山へ行くことができるようになりました。
(参考:JR西日本ホームぺージ http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/11/page_11561.html、http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/02/page_11858.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/04/page_12278.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京阪、枚方市を無印良品デザインに

 1か月以上前の11月7日のことですが、京阪は中程にある主要駅の枚方市(1日の乗降客数約9万人、京阪では京橋、淀屋橋の次に利用客が多い駅です)について、改装することを発表しました。

 さて、どういうデザインになるのでしょうか? 実は海外でも人気のある、無印良品のデザインで改装するのです。無印良品が空港のデザインを手掛けた実績はありますが(成田空港第3旅客ターミナルビルの空間デザインを手掛けました)、駅のデザインを手掛けるのはこれが初めてです。駅の改札口の正面にある京阪百貨店に無印良品が入ります(改札内には生鮮食品や総菜を扱う店や飲食店もつくります)。木目調を基本とした開放感のあるデザインで統一します。

 投資額は約10億円で、駅の改装は2018年の末ごろ、無印良品の店舗は2018年5月ごろに営業を始めます。
(参考:朝日新聞ホームぺージ https://www.asahi.com/articles/ASKC753LVKC7PLFA006.html、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20171108/k00/00m/020/094000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧