京福、4月1日に運賃値上げだが定期は均一料金化

 京福(嵐電)は4月1日に運賃の値上げを行います。片道210円均一から220円均一に変わります(子供は110円のままです)。

 京福は従来から、老朽化した車両機器や台車の更新、ATSの増設等による運転保安度の向上、駅施設のバリアフリー化等による旅客サービスの向上、重軌条化や変電所の更新等保守作業の合理化など諸施設・設備の更新を進めてきました。近年では2016年4月の撮影所前駅の開設、3月25日には後述しますが西院駅で阪急京都線との接続改善、バリアフリー化を行います。今後もバリアフリー化(スロープの整備やかさ上げ等により、段差をなくします)や旅客サービス設備の改善、運転保安度向上等への投資を続けていくための値上げなのです。

 とは言っても、大人の運賃を値上げするだけではかなりの値上げとなってしまいます。そこで出てきたのが、定期の均一料金化。京福は均一料金ですが定期券はそうではなく、通勤定期(大人1か月)は5080~10640円、通学定期(大人1か月)は3360~7760円となっています。これを通勤定期は7500円、通学定期は4000円に均一化するのです。3キロまでは値上げとなる通勤定期はともかく、通学定期は1キロのみ値上げ、2キロは同額、3キロ以上はすべて値下げとなるので、ほとんどの人が同額あるいは値下げの恩恵を受けられます。運賃や通勤定期の値上げ率は5%弱ですが、通学定期は約18%の値下げとなっていて、合計では3%弱の値上げとなります。

 先ほども述べましたが、阪急西院駅での改札の新設及び嵐電西院駅の嵐山行きホームの移設を3月25日に行います。10時に供用を開始します(それまでは現ホームを使います)。これにより西院駅での乗り継ぎ利便性が向上するのですが(阪急梅田方面から嵐電嵐山方面への乗り換え所要時間が約5分から約2分になります)、合わせてダイヤ改正を行います。帷子ノ辻駅での乗り継ぎ改善、早朝や夜間の増便(平日は22時台まで10分間隔で運行し、嵐山本線の平日は4往復を増便します。休日は6時台が増え、1往復を増便します。北野線も22時台まで10分間隔で運転し、平日、休日とも6往復増えます)、朝ラッシュ時間帯の2両編成運行時間帯の延長が主な内容です。
(参考:京福ホームぺージ http://www.keifuku.co.jp/release/pdf/2017unkaininka.pdf、http://www.keifuku.co.jp/release/pdf/20170224_randen_dia.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸市交通局、通塾にも通学定期、海岸線は中学生以下無料、神戸空港に連節バス

 神戸市交通局の話題をいくつか。

 通学定期券というのはかなり割安にできています。神戸市交通局の場合、通勤定期券の約6割に設定されています。その代わりの条件が、通学以外の目的では購入できないということ。定期券の区間からはみ出たところにある塾に通うには、その都度追加の切符を買わなくてはいけません。しかし、神戸市交通局は2017年度から、市営地下鉄を利用する中学生以下の児童・生徒を対象に、通塾などでも通学定期券と同率の割引を受けることのできる「U15定期券」を発売します。塾などの証明は不要なので(学校に在籍していることの証明は必要です)、中学生以下なら用途を問わず購入できることになります。このような通塾にも使える定期券は横浜市交通局にもありますが、何かとお金がかかる子育て世帯の負担軽減につながります。

 次は、低迷を続ける海岸線。沿線は阪神・淡路大震災の影響を大きく受け、高齢化や産業の衰退が進んでいます。そして海岸線自体は毎年60億円ほどの赤字を出し続けています運賃値下げも試験的に行いましたが、うまくいきませんでした。そこで神戸市が新たな社会実験を行うことにしました。7月から2018年3月まで、海岸線の中学生以下の運賃を無料とします(神戸市民だけではなく外国人旅行客でも身分証などで証明できれば無料となります。その後も続ける考えがあります)。海岸線の三宮・花時計前及び新長田の定期券売り場で専用の磁気カードがもらえ、それを使うことになります。もともと神戸市交通局には2005年から、休日に大人1人に引率される小学生2人までの地下鉄・バス運賃を無料にする「エコファミリー制度」がありますが、海岸線においてはそれがパワーアップするのです。もちろん、この施策により中学生以下の運賃は減収となりますが、同伴する大人の運賃収入が見込まれ、長期的には人口が減少している沿線の定住促進につながるとしています。

 話は変わりまして、今度はバス。連節バスを導入する動きがありますが、神戸市でも2017年度に連節バスの運行実験を行います。久元市長もBRTの導入を公約に掲げていて、それを実現させたかたちとなっています。導入する区間は三宮-神戸空港間。この区間はポートライナーの混雑が問題となっていて、その解決策として考えられました。三田市内ですでに運行している神姫バスの協力を得て、7月ごろに実際に客を乗せて運行します。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009883255.shtml、https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009883252.shtml、https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009883253.shtml、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK2H6T2JK2HPIHB01G.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪急にも「ICOCA」連絡定期券

 大阪市交通局、南海等に「ICOCA」を導入するという話は以前にも書きましたが、その続報です。

 「ICOCA」及び「ICOCA定期券」の発売開始日は社局によって異なります。早い順に言えば、3月25日に南海と泉北、4月1日に大阪市交通局、京都市交通局、大阪モノレール、4月15日に神戸市交通局、山陽、神戸電鉄、神戸新交通、北神急行、山陽バスで発売を開始します。3月に発売が終了する「スルッとKANSAI」の代替商品的な存在となるのです。

 IC連絡定期券の発売拡大も行います。ICカードを普及させるためには、毎日使う定期券で実感してもらうのが良いのです。3月18日から使えるようになるのは、京阪大津線(京阪線はすでに発売しています)、神戸電鉄、山陽、そして阪急です。「ICOCA」を嫌って独自のプリペイドカードをつくるほどの阪急でも、「ICOCA」での連絡定期券が使えるのです。IC連絡定期券は私鉄側でも発売されます。京阪大津線は4月1日から「ICOCA」で、神戸電鉄と山陽は4月15日から「ICOCA」もしくは各種「PiTaPa」カードで、阪急は4月1日から各種「PiTaPa」カードで対応します。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9880.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9882.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

紀州鉄道のレールバス、中古車両導入で4月に引退

 かつて第三セクターなどのローカル鉄道でよく走っていた、レールバス。今現在唯一残っているのは、紀州鉄道のみです。信楽高原鐵道から中古車両をもらったしたため、メインの存在ではありませんが、走ってはいます。

 そのレールバス、キテツ2ですが、4月で紀州鉄道から引退します。ほかの鉄道会社から鉄道車両をもらうからです。今回も信楽高原鐵道から車両を譲り受けるからです。SKR205号が2月9日に紀州鉄道に来るのです(検査等を経て早ければ4月中にデビューします)。ただキテツ2は人気があるため、紀州鉄道は無償でも引き取ってくれる会社を探しています。

 もっとも、現在紀州鉄道は1月22日に起きた脱線事故の影響で、運行していません(2月1日現在)。訪問するときには御注意ください。

(追記1)
 2月10日現在、紀州鉄道の運行再開は3月中の予定とのことです。

(追記2)
 紀州鉄道は2月23日に運行を再開しました。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000003-mai-soci、紀州鉄道ブログ http://www.kitetsu.co.jp/cafe/html/index.html、日高新報ホームぺージ http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2017/02/post-6594.html、紀州鉄道ホームぺージ http://www.kitetsu.co.jp/railway/index.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪モノレール、彩都西以遠の延伸を断念

 大阪モノレール彩都線は現在、彩都西まで開業しています(2007年開業)。彩都線はここで終わるわけではなく、彩都ニュータウンの中部地区を通り、東部地区の東センター(仮称)までの2.2キロを延伸する計画でした。

 しかし、27日に行われた大阪府の幹部会議において、この区間の延伸を断念することになりました。当初は東部地区に住宅を開発する予定でしたが計画が変わり(全国的に人口が減少傾向にあることから都市再生機構が2013年に撤退していました)、産業団地を中心としたまちづくりにすることになったのです。彩都ニュータウンは新名神に近い位置にあるのです。もともと東部地区には3万人が住む計画でしたが、2015年の計画変更で5000人程度に減りました。約277億円のお金をかけて延伸しても採算が取れる見込みはないと判断したのです。

 代替の交通機関として、バスを導入することを考えています。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270107-n1.html、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK1W4D1MK1WPTIL00Y.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生徒が卒業したので快速通過

 京都丹後鉄道もJR西日本がダイヤ改正を行う3月4日に、ダイヤ改正を行います。

 まず宮福線では、福知山への通勤やお買い物等に便利な快速「通勤ライナー」を走らせます。宮津8:19発福知山8:46着で、途中大江のみに停まります。実はこの「通勤ライナー」、特急用車両(「丹後の海」車両)を使います。そのため運賃だけでは乗車できず、別途「ライナー券」が必要になります(全車自由席です)。

 快速「あおまつ1号」は、宮福線内の停車駅を追加します。従来からの停車駅大江のほか、荒河かしの木台、牧、大江山口内宮、宮村を追加します。夕方の快速「大江山4号」(宮津18:13発、福知山行き)は辛皮を通過するようになります。これは通学で使っていた生徒が卒業し、利用しなくなったための措置です。

 宮舞線、宮豊線は、夜間の西舞鶴発列車で変更があります。西舞鶴21:50発網野行きを西舞鶴21:22発宮津行きに短縮しますが、西舞鶴22:24発宮津行きを西舞鶴22:15発網野行きに延長します。接続する特急のことを考えての変更のようです。また、日中は、宮舞線がパターンダイヤ化されます。9時台から17時台までの間。西舞鶴発の時刻が毎時37分に統一されます(14時台のみ38分)。ほぼ正確に1時間に1本走るというのは意外に感じました。
(参考:京都丹後鉄道ホームぺージ http://trains.willer.co.jp/news/2017/0106_01.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/63067/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

能勢電鉄3月18日ダイヤ改正で「妙見急行」、「日生急行」廃止

 能勢電鉄は、3月18日にダイヤ改正を行います。平日と土曜が変更対象であり、日祝日は変更ありません。今回のダイヤ改正で目立つのは、ラッシュ時間帯の減便。都心から離れているのがネックになっているのでしょうか?

 具体的に見ていきましょう。平日朝ラッシュ時は、川西能勢口に到着する列車を4本減らします。7時台が1本、8時台が3本です。5本ある「妙見急行」はすべて廃止され、川西能勢口行きまたは山下行き普通列車に変更します。合わせて列車本数の調整を行いますので、6~8時台の妙見口発の列車は現行の18本(うち平野行きが1本)から16本(うち山下行きが6本)に減ります。ただ、妙見口発川西能勢口行きの普通は一部を除いて平野での特急接続待ちがなくなりますので、所要時間が短縮されます。秒単位ですが、特急に乗り換える現行よりも速くなります。妙見口発川西能勢口行きの普通列車のうち5本は、終点川西能勢口で梅田行きの通勤特急に接続します。このほか、最混雑時間帯に平野発川西能勢口行きの普通列車が2本増発されます。平日の夕方ラッシュ時は、18時台の川西能勢口発日生中央行き普通列車が1本減ります。

 土曜は朝ラッシュ時のみの変更です。朝川西能勢口に到着する列車が4本減ります。6時台が1本、7時台が3本です。ただ、他の列車の時刻を調整するために川西能勢口での阪急宝塚線への接続が良くなるようです。合わせて4本ある「妙見急行」、「日生急行」はすべて廃止され、いずれも川西能勢口行きの普通列車になります。逆に川西能勢口付近では7時台の普通列車が増えることになります。

(追記)
 能勢電鉄絡みで書きますが、1月30日、鋼索線(妙見の森ケーブル)の値上げを近畿運輸局長に申請しました。70円値上げして350円になります。冬季運休を終える3月18日(ダイヤ改正日でもあります)に値上げする予定です。
(参考:能勢電鉄ホームぺージ http://noseden.hankyu.co.jp/upload_file/noseden/information/20170120newsrelease1.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2017/01/31/289654.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「たま電車」と「おもちゃ電車」が合体

 和歌山電鐵には観光電車がたくさん走っています。「いちご電車」、「おもちゃ電車」、「たま電車」、そして「うめ星電車」です。何もない普通の電車のほうが少ないぐらいです。

 ところが、このうちの「たま電車」と「おもちゃ電車」が合体するのです。貴志川線開業100周年を記念して、1月13日から2月7日までの期間限定(1月19日、26日、2月7日の3日間は運休します。また、運行予定は検査等の理由で変更される場合があります)でこの2つの電車が合体するのです。2つの電車が合体するのは初めてのことで、和歌山方が「たま電車」のモハ2275、貴志方が「おもちゃ電車」のクハ2706となっています(双方の車両は中で行き来ができます)。「おもちゃ電車」のダイヤで走ります。

 それではなぜ2つの電車を合体させることにしたのでしょうか?電車も車と同じように、定期点検をしなければなりません。4年に一度、1両を2か月かけて点検するのですが、和歌山電鐵の車両はすべて2両編成のため、これまで2両の点検が終了するまでの4か月間、運休していました。ところが従業員から1両の点検を終えているならばほかの電車と組み合わせることを求める提案があり(「たま電車」のうち、1両の点検は2016年11月に終えています)、この合体運行が決まったのです。
(参考:和歌山電鐵ホームぺージ http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2017/01/12/%E3%80%8C%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%8A%E3%82%82%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E3%80%8D-1%E6%9C%8813%E6%97%A5%EF%BD%9E2%E6%9C%887%E6%97%A5%E3%81%BE%E3%81%A7%E9%81%8B%E8%A1%8C/、railf.jp http://railf.jp/news/2017/01/14/200000.html、ニュース和歌山ホームぺージ http://www.nwn.jp/news/20170111korabokisigawasen/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

神戸電鉄、西鈴蘭台-志染間も日中30分間隔へ

 神戸電鉄は3月下旬にダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正は2014年6月と2016年5月(現行ダイヤ)に行ったダイヤ改正以降の利用状況や需要動向を見て、速達性の向上や他社線との接続改善などを行うものです。普通列車を急行や準急にする方法で速達性の向上を図り、3月4日のJR西日本のダイヤ改正を反映させることで三田発着の列車の接続改善を図ります。

 しかし、一番のテーマは利用者の減少が続く粟生線のさらなる見直し。志染-粟生間は1時間間隔ですが、15分間隔の西鈴蘭台-志染間も厳しいのです。今回の改正では15分間隔で残るのは鈴蘭台-西鈴蘭台間のみで、西鈴蘭台-志染間は15分間隔から30分間隔に拡大します。西鈴蘭台10:12~15:12発、志染10:35~15:35発が該当します。これに伴い、粟生線の日中の急行列車(上下11本)は、上りを準急に、下りを普通にします。粟生線の急行通過駅での利用チャンスを増やすのが目的でしょう。粟生線の支援スキームは、今年度、つまりこの2016年度が最終年度です。今までの利用状況を踏まえて、利用者がさらに減少するのを覚悟でコスト削減策として本数を減らすのでしょう。

(追記)
 ダイヤ改正日が3月25日に決まりました。
(参考:神戸電鉄ホームぺージ http://www.shintetsu.co.jp/release/2016/170113.pdf、http://www.shintetsu.co.jp/release/2016/170216.pdf)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ニタマにも部下

 和歌山電鐵の看板的な存在は猫の駅長。2015年6月にたま駅長が16歳で亡くなりましたが、部下であったニタマ(6歳)が「たまⅡ世駅長」を名乗って、その後を継いでいます。

 そのニタマに部下ができました。ニタマと同じ三毛猫のよんたまです。8か月です。元々は野良猫だったのですが、和歌山市内で保護され、2016年6月からは和歌山電鐵の属している両備グループの社員宅で飼われていました。そしてこの5日に貴志駅で小島社長から駅員見習いとしての辞令を受けたのです。ちなみに、よんたまの名前がさんではなくてよんなのは、両備グループの一会社である岡山電気軌道に三毛猫のSUNたまたま(岡山電気軌道の博物館、「おかでんミュージアム」の館長代理を務めています)がいたからのようです。よんたまは、ニタマの公休日である水曜日と木曜日に、伊太祈曽駅において、10時から16時まで勤務する予定です。
(参考:朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK152W3NK15PXLB001.html、産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170106/rgn1701060035-n1.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170105-OYO1T50018.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧