西鉄、8月のダイヤ改正で大橋を特急停車駅に

 西鉄天神大牟田線の特急は薬院を出ると、西鉄二日市まで停まりません。ところが、8月に行うダイヤ改正で、大橋に全ての特急が停まることになります。大橋は福岡市南区にある駅で、2015年度は1日平均で35355人の乗降があります。西鉄天神大牟田線では、西鉄福岡(天神)、薬院に次いで3番目に乗降人員の多い駅です。大橋は都心部でのバス運行効率向上を目的とした、バスの乗り継ぎ拠点にもなっています。大橋には約60本(平日)の特急が停車し、特急と急行が約10分間隔で運行します。大橋で乗り換えることによって、西鉄平尾・高宮・大橋から西鉄二日市以南との所要時間が最大12分短縮されます。

 この動きに合わせて、様々な取り組みがなされます。大橋では商業施設の「大橋西鉄名店街」のリニューアルを行い、屋内バス待合所を設置します。「大橋西鉄名店街」のリニューアルは7月から2019年春まで営業しながら行うもので、(1)フロアを木目調にし、休憩スペースを地下1階に集約 (2)エレベータを荷物運搬用から利用者用に改修、既存のエレベータを地下に延伸 (3)多目的トイレを新設、女性用トイレを増設、全トイレを洋室化 (4)現在40ある店舗の半数以上を入れ替え(「にしてつストア」を地下に移転させ、面積を約2割増やすなど、日常生活に役立つ店が充実します) を行います。投資額は約33億円です。2018年度完成予定の屋内バス待合所は、駅東側バスロータリーに20人程度のベンチとバスナビ、「nimoca」チャージ機を備えたものとなります。

 新たなバス路線もできます。3月25日からは、西鉄大橋駅と福岡空港国際線を最速20分で結ぶバス路線を新設します。最速約20分、27往復(30分間隔)で結び、運賃は280円です。

 これは大橋とは関係のない路線ですが、同じ3月25日には福岡市南区と福岡市西区を外環状道路(国道202号)で結ぶバス路線、「桧原(外環状)のこ渡船場線」というのもできます。9月30日までの休日のみの運行で、1日7往復します。桧原営業所-能古渡船場間を約67分、650円で結びます。このバスでマリノアシティ福岡、能古渡船場で降車した人には、「マリノアシティ福岡」や「のこのしまアイランドパーク」で使うことのできる割引クーポン引換券のプレゼントがあります。
(参考:西鉄ホームぺージ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_099.pdf、http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_100.pdf、http://www.nishitetsu.co.jp/release/2017/16_140.pdf、http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_136.pdf、日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC26H6I_W7A120C1ACYZ00/、朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK1V4DJJK1VTIPE00P.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

筑豊電鉄3月25日ダイヤ改正で12分パターンダイヤ化

 筑豊電鉄は3月25日、ダイヤ改正を行います。

 このダイヤ改正で黒崎駅前-筑豊中間間の運行本数が平日で2本、休日は4本増えます(このほか、休日は楠橋-筑豊直方間で2本増えます)。平日は10~16時、休日は10~20時の間において、所要時間が短縮され、黒崎駅前-筑豊直方間が36分から35分になります。所要時間が短くなったため、平日は10~16時、休日は7~16時において、黒崎駅前の出発間隔が現行の12分、13分の繰り返しから12分間隔になります。わかりやすいダイヤになります。また、平日の16:30~19:30の間、楠橋-筑豊直方間はワンマン運行となります。
(参考:西鉄ホームぺージ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_134.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「田園シンフォニー」が旅行商品扱いに

 くま川鉄道の観光列車、「田園シンフォニー」。3年前に運行を始めてからこれまで、約3万人が利用しました。その「田園シンフォニー」ですが、JRグループもダイヤ改正を行う3月4日から、大きく変わります。

 「田園シンフォニー」はこれまで運賃とわずかな料金で乗車することができました。しかし3月4日以降は、サービス料(お土産引換券2枚などが含まれています)が加算された旅行商品となるのです。「田園シンフォニー」が運行されるのは休日のみで、人吉温泉11:01発湯前12:26着のダイヤで運行されます。人吉温泉11:21発湯前12:05着の列車を運休させて走らせるのです(人吉温泉11:21発は平日のみの運行)。ゆっくり走行するとともに、あさぎりで約15分停まるなど途中駅の停車時間が長くなっています。運賃は大人の場合、現行片道990円、往復1500円ですが、3月4日以降は片道2500円、往復3000円となります。子供は現行片道650円、往復900円ですが、3月4日以降は片道1650円、往復1900円です。さらに追加料金を出せばお弁当などがつくオプショナルプランもあります。

 「田園シンフォニー」は予約が必要な列車となります。電話やインターネットで予約できます。予約がないと原則乗車はできませんが、運賃のほかに座席料金300円を払えば乗車できます。定期券でも座席料金を払えば乗車できます。ただ、予約なしで座席料金を払って乗車した場合は、サービス料を払うことによってもらえる商品などはありません。席がなければ立席となります。
(参考:くま川鉄道ホームぺージ http://www.kumagawa-rail.com/blog/2017/02/830/、http://www.kumagawa-rail.com/kikaku/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水島臨海鉄道のキハ20、3月19日に引退

 水島臨海鉄道のかつての主力はキハ20。キハ37等の導入により2014年に定期運用を終えましたが、1両だけが残り、イベント用として使われてきました。

 ところがこの1両だけ残ったキハ20も引退することになりました。3月末が検査期限で、かなりの距離を走ってきたことから検査を通すのに1000万円かかると言われているためです。最終運行日は3月19日。倉敷市9:40発、水島10:11発、倉敷市10:40発の3便を運行します。いずれも倉敷市-水島間を走ります。

 しかしこれら3便に乗るためには、事前に往復はがきで応募しなければなりません(各便とも定員は70人、応募多数のときは抽選です)。応募期間は2月1日から2月15日。15日必着ですので、乗車したい人はすぐに申し込んでください。記載事項は乗車を希望する列車(第2希望まで記入できます)、住所、電話番号、代表者を含む最大4人の氏名・年齢等です。抽選結果は返信はがきにて知らされ、当日はその返信はがきを持参することになります。当日7時から倉敷市で引き換えることができます。

 このさよなら運転の運賃は大人1000円、子供500円。支払いは現金に限ります。キハ20指定便の乗車券がついた1日フリーきっぷのほかに、記念乗車証、限定スタンプ台紙もついています。

(追記)
 最終運行を行う3月19日、倉敷貨物ターミナル(三菱自工前徒歩15分)において、11:30ごろから14:00までキハ20の展示を行います。車内にも入ることができます。
(参考:水島臨海鉄道ホームぺージ http://www.mizurin.co.jp/mzsm-admin-page/upload_images/service/uploads_dir2/1485857777-system_589063f12eb2f.pdf、http://www.mizurin.co.jp/info_detail/index/120.html、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150024-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿佐海岸鉄道のDMVは2020年までに運行開始予定

 JR北海道を始め、様々なところで実験走行が繰り返されていたDMVですが、どうやら本格的な走行をするようです。

 3日に徳島市内で開かれた「阿佐東線DMV導入協議会」(徳島県、高知県など関連自治体で構成)の第2回会合で承認された計画によれば、DMVは2020年までに導入されるのです。阿佐海岸鉄道にDMVを入れること自体は事前にもがあったのですが、驚くのはその時期。3~4年後には実用化するのです。

 DMVが走るのは徳島県海陽町にあるJR四国の牟岐線の阿波海南と高知県東洋町にある阿佐海岸鉄道の甲浦との間。ひと駅だけJR四国に乗り入れています。その理由は、JR四国と阿佐海岸鉄道の境界の駅である海部が高架駅であるから。DMVの特徴は鉄道と道路を車両が行き来することですが、高架駅でそのような行き来をさせようとするならば道路を引っ張ってくる必要があり、その分コストがかかります。そこで阿波海南まで乗り入れることにしたのです。阿波海南は駅の改修が必要となりますが、JR四国とは今後調整を行うようです。DMV専用区間となる阿波海南-海部間を阿佐海岸鉄道に譲渡してもらうことも考えています。甲浦から先は具体的なルートはまだ決まっていませんが、道路を走って室戸市まで行きます。観光用なら知名度の高い室戸岬まで行くことでしょう。

 運行会社については、道路を走る部分はバス事業者としての許可がいるため、当面の間は地元のバス会社に運行を委託します。自前で車庫の整備や運転士の確保をする必要がなくなります。最初は周遊観光やイベント運行など観光目的で走らせ、最終的には阿佐海岸鉄道自らが許可をもらって、地域住民の足としての定期路線として運行する予定です。車両はマイクロバスを改造したものを使います。座席は20~30席程度で、開業までに3台用意します。2017年度に発注して、2019年度には試験走行を始めます。

 事業費は車両の調達(約3.6億円)や鉄道と道路の接続地点の整備やホームの改修(約2.8億円)、信号設備等の整備(約3.6億円)にかかるもので、約10億円と見込まれています。負担割合は徳島県が53%、海陽町が26%、高知県と東洋町が10%ずつです。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12516500T00C17A2LA0000/、徳島新聞ホームぺージ http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14861857501227.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長崎電気軌道、脱線事故現場のカーブを改良へ

 2016年6月2日の夜に長崎の公会堂前交差点で起きた脱線事故。その影響で長崎電気軌道の一部区間は運休が続いたままです。この区間を通る3号系統は、蛍茶屋行きは通常通り運行しているのですが、事故のあったところを通る赤迫行きは運休し、出島を回る2号系統として運行しているのです。

 公会堂前交差点ではこの10年間に4回も脱線しています。この脱線事故については国の運輸安全委員会で調査を行っていますが(現在も継続中)、長崎電気軌道でも原因の調査を行いました。その結果、運転、車両については異常が認められなかったのですが、線路に直接的な原因があったのです。車輪がポイントのクロッシング部ガードノーズ箇所に繰り返し接触したことにより変形し、車輪が乗り上がりやすい状態となっていたのです。脱線事故が起きた箇所は2015年10月に起きた事故の復旧工事として2016年5月にレールを交換したところなのですが、たった10日間程度で脱線事故を起こすほどにガードノーズが斜めに変形したのです。この交換されたレールは2015年10月の事故を受けて設計を変更したものです。ガードノーズ部分の高さを通常より下げています。ガードノーズと車輪が接触する位置をなるべく奥のほうにすることによって、車輪との接触を緩やかにし、ガードノーズ部分の摩耗を抑制しようとしました。ところがそうすることによってガードノーズ部分が変形しやすくなったのです。

 今後の対策としては、ガードノーズの高さを従来の高さに戻すなどの設計にします。乗り上がりに対する安全性をさらに向上させます。事故の起きた公会堂前交差点の曲線半径を現行の20メートルから35メートルに緩和します。このような対策をとり、11月に復旧させる予定です。
(参考:長崎電気軌道ホームぺージ http://www.naga-den.com/files/lib/10/154/201701131347212896.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/63395/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一畑電車の元南海「ズームカー」、2017年1月に引退

 南海高野線の「ズームカー」は高野線から撤退した後、一部は地方のローカル私鉄で使われました。一畑電車では1996年に導入され、翌1997年から運行を開始しています。一畑電車では3000系と名乗っています。

 しかし、1000系導入により3編成6両が引退し、残るは1編成2両のみ。しかも、その1編成2両も引退することになりました。残る「ズームカー」は大井川鐵道のみとなります。

 引退のスケジュールは次の通りです。通常の営業運転は1月20日までです。21日と22日は特別ダイヤでの運行になります。21日は「1日フリー乗車券」、「3000系営業運転終了記念乗車券」(台紙付きの1日フリー乗車券、2000円、500部限定)を持っている人のみ乗車できます。22日はそういう制約がなく、乗車券を持っていれば乗車できます。車内で精算することもできます。

 22日の14:01~16:00は、雲州平田駅において撮影会を行います。「3000系営業運転終了記念乗車券」を持っている人は無料、そうでない人は500円を現地で払います。
(参考:一畑ホームぺージ http://www.ichibata.co.jp/railway/topics/2016/12/3000-3.html、http://www.ichibata.co.jp/railway/topics/2016/12/3000-4.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「四国まんなか千年ものがたり」ダイヤ等発表、土讃線のトロッコ列車は高知へ

 以前に記事にした、「四国まんなか千年ものがたり」についての続報です。

 「四国まんなか千年ものがたり」は3両編成、座席数は57席です。内訳は1号車は22席、2号車は11席、3号車は24席です。1号車は1人用シートが6席、2人用シートが4席、4人用ボックスシートが12席あります。2号車はロングソファのシートが11席あります。3号車は1人用シートが6席、2人用シートが6席、4人用ボックスシートが12席あります。トイレは1号車に洋式トイレが2つ(うち1つは女性専用)、2号車に多目的用トイレが1つあります。

 ダイヤは大歩危行きの「そらの郷紀行」が多度津10:21発、大歩危12:48着。多度津、善通寺、琴平で乗車し、大歩危で下車します。「しあわせの郷紀行」は大歩危14:20発、多度津17:16着。大歩危で乗車し、琴平、善通寺、多度津で下車します。多度津、大歩危の両駅ともに特急との接続が考えられたものとなっています。「そらの郷紀行」、「しあわせの郷紀行」ともに秘境駅である坪尻で停車し、ホームに降りることができます。大歩危や小歩危等絶景の箇所では、速度を落とします。土日を含めて週4日運転します。

 「四国まんなか千年ものがたり」は全車グリーン車指定席の特急です。多度津-大歩危間の運賃・料金は3740円(子供は2510円)となります。事前に予約すれば(JR四国のほか、旅行会社等でも予約できるようです)、食事もできます。「そらの郷紀行」は、株式会社神椿(香川県琴平町)の「さぬきこだわり食材の洋風料理」(5500円)。神椿は金刀比羅宮が運営していて、資生堂パーラーがサービスや料理を提供しています。資生堂パーラーらしく、料理長が洋食の技法を凝らして、厳選した香川県の地元食材を使った食事を提供します。オードブル風4種と温かいメーン一皿で構成されます。「しあわせの郷紀行」は、日本料理味匠藤本(徳島県東みよし町)の「おとなの遊山箱」(4500円)。昔、徳島県の人々が山や野に出かける際に食材を詰めて持って行った遊山箱を使用し、地元食材にこだわった料理と地元の甘味を3段の遊山箱で提供します。食事の提供などを行うアテンダントは、車両のコンセプトである「和のたたずまい」を表現するため、制服に和柄を取り入れています。アテンダントには女性だけでなく、男性も乗車するため、男性用の制服もつくっています。

 さて、これまで走っていた土讃線のトロッコ列車、「絶景!土讃線秘境トロッコ」はどうなるのでしょうか? ちゃんと次の仕事があるのです。「四国デスティネーションキャンペーン」(2017年4~6月)に合わせて、土佐くろしお鉄道で走ることになるのです。高知-安芸・奈半利間で走るのが、「太平洋パノラマトロッコ」、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線から見える雄大な太平洋の眺望をイメージした名称とのことです。運転日は2017年4月、5月の休日(計21日)。高知-奈半利間を1往復(安芸と伊尾木に停車します)、高知-安芸間を1往復(途中停車駅はありません)します。高知-安芸間は全車指定席で、520円の座席指定料金が要ります。トロッコ車両にはのいち-安芸間のみ乗車できます。安芸-奈半利間は全車自由席です。ちなみに、定員は59人です。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2009%2026%2002.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2011%2028%2001.pdf、http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2016%2012%2016%2006.pdf、日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10038080Y6A121C1LA0000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年3月ダイヤ改正発表(3)(東海道・山陽新幹線、JR西日本等)

 ここでは東海道・山陽新幹線とJR西日本を中心に取り上げます。

 東海道新幹線では、N700Aの新車投入を進めたため(2017年3月の時点で、N700AはJR東海が111編成、JR西日本が25編成)、全ての定期「のぞみ」、「ひかり」がN700Aタイプでの運転となります。「こだま」を含めても定期列車の約9割がN700Aタイプでの運転となります。また、一部の「のぞみ」、「ひかり」において東京-新大阪間の所要時間を短縮します。

 山陽新幹線でスピードアップに大きく貢献するのが、デジタルタイプの新ATCの導入。新大阪-博多間で「のぞみ」、「みずほ」は平均約1分、「こだま」は平均約15分も短縮します。先ほども述べたようにN700Aの投入と合わせて、東京-博多間で最大7分の所要時間短縮となります。東京-博多間の最速記録も1分だけですが更新され、4時間46分になります。新ATCは停車ブレーキ時の衝動が減るので、乗り心地の向上にもつながります。「みずほ」に関しては臨時列車を2往復増発し(割合多く運行されるようです)、定期列車と合わせて1日8往復となります。

 北陸線では一部の「サンダーバード」の設定時刻を見直し(30分程度ずらし、特急列車の運転間隔を均等化します)、北陸新幹線「かがやき」、「はくたか」との乗り換え時間を短縮します。首都圏-福井間、長野-関西間の利用がしやすくなります。朝の金沢行き「サンダーバード」4本と夜の大阪行き「サンダーバード」4本が高槻に停車します。金沢-敦賀間でも一部の列車がワンマン運転を始めます。

 休日の新快速は全て12両編成で運転されていますが、今回の改正では平日の新快速もごく一部(平日夕方の大阪始発列車と京都8:20発米原行き)を除いて全て12両編成になります。8両編成だと座席数は約550席ですが、12両編成だと約800席(補助いすを含みます)になり、サービスの向上になります。嵯峨野線では昼間時間帯(10~16時台)に京都-嵯峨嵐山間に普通列車を増発し、運転間隔を20分間隔からおおむね15分間隔にします。嵯峨野線は訪日外国人の利用が多く、嵯峨嵐山の1日当たり平均乗降客(2015年度)が5年前の3割増しの約6800人になっています。

 吉備線では平日の朝に岡山-備中高松間に1往復増発しますが、昼は岡山-備中高松間の3往復が廃止されます(代わりに岡山-総社間に1往復が増えます)。広島では可部線可部-あき亀山間1.6キロを延伸します。河戸帆待川、あき亀山の2駅が開業します。同じく広島エリアでは、山陽線西条-八本松間に新駅、寺家が開業します。芸備線では休日に快速「みよしライナー」を3本増発します(平日と休日でダイヤが変わります)。広島行きの朝と昼、三次行きの夜に増発します。普通列車からの変更等で対応します。反対に廃止されたり区間短縮されたりするなど、変化が激しいです。呉線では16時以降に広島や広を出る快速を「通勤ライナー」から「安芸路ライナー」に変更します。平日夕方の呉方面行はパターンダイヤ化され、普通を立て替えるかたちで「安芸路ライナー」が増えます。岩徳線では昼間の列車を減らして、朝ラッシュ時の列車を増やします。

 あいの風とやま鉄道では列車の増発が行われ、富山-高岡間では4本増えます(泊-富山間も増えます)。「あいの風ライナー」を含めて、上下合わせて88本となります。IRいしかわ鉄道では休日に津幡発金沢行きの「IRホリデー号」(津幡10:47発)を増発します。

 上郡と智頭を結ぶ智頭急行は、途中駅の佐用の乗り場を固定します。京阪神と鳥取を結ぶ「スーパーはくと」は従来通り上下ともに1番線から、岡山と鳥取を結ぶ「スーパーいなば」は上下ともに2番線からの発着となります。
(参考:JR東海ホームぺージ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000032473.pdf、JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/161216_00_nishi.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/161216_00_hokuriku2.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/161216_00_keihanshin.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/161216_00_okayama.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/161216_00_hiroshima.pdf、あいの風とやま鉄道ホームぺージ http://ainokaze.co.jp/wp-content/uploads/2016/12/21e81a17fefa515a001fdeffb1962992.pdf、IRいしかわ鉄道ホームぺージ http://www.ishikawa-railway.jp/info/pdf/20161216.pdf、智頭急行ホームぺージ http://site5.tori-info.co.jp/photolib/chizukyu/10785.pdf、京都新聞ホームぺージ http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20161216000173、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/61664/2/)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

福岡市交通局、「おとなりきっぷ」「エコちかきっぷ」等廃止

 福岡市交通局はこの秋に、割引切符の改変を行いました。

 まずは隣までの運賃が100円となる、「おとなりきっぷ」。1駅という短い距離でも使ってもらうのが狙いで、増客に一定の効果があったようです。そこで、ICカードの「はやかけん」の普及を狙って、「おとなりきっぷ」は9月30日に廃止になり、10月1日からは「はやかけん ひと駅ポイント」に移行しました。「はやかけん」を使って1駅だけ利用すると、1か月で10回まで、100ポイント(子供は50ポイント)がつくのです。

 休日のお得な切符として「エコちかきっぷ」、長期休暇中に小学生が100円で地下鉄が乗り放題となる「ちかまるきっぷ」というものがありました。こちらは思うような効果がなかったことから、「エコちかきっぷ」は9月25日(9月最終日曜日)に、「ちかまるきっぷ」は8月28日(夏休み最終日)に廃止になり、10月1日からは「ファミちかきっぷ」に移行しました。「ファミちかきっぷ」は子育て中の家族の支援を目的としていて、1家族1000円で地下鉄全線が1日乗り放題となります。12歳未満の子供・幼児がいる家族(2親等以内)が対象で(大人だけ、あるいは子供・幼児だけの利用はできません)、大人は2人まで、子供・幼児の制限はありません。自動改札は使えず、駅の窓口で駅員に提示する必要があります。通常の一日乗車券が大人620円、子供310円(「エコちかきっぷ」は大人520円、子供260円)なので、3人乗れば元が取れます。

 そのほか、65歳以上を対象とする全線定期券、「ちかパス65」が新たに発売されます(利用開始は10月1日から)。「はやかけん」に搭載するタイプのもので、1か月6000円(3か月、6か月はありません)。同様の定期券「ちかパス」の一般用は12340円(学生用は7200円)なので、半額以下となっています。
(参考:福岡市交通局ホームページ http://subway.city.fukuoka.lg.jp/topics/detail.php?id=305、http://subway.city.fukuoka.lg.jp/topics/detail.php?id=307、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/odekake/railway/20160907-OYS1T50031.html、レスポンスホームぺージ http://response.jp/article/2016/09/07/281422.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧