水郷柳川のどんこ舟、柳川駅に乗り入れ

 水郷として知られる柳川。観光の目玉のひとつが江戸時代からの掘割を使った川下りです。

(この記事は未完成です)

(参考:西鉄ホームページ www.nishitetsu.co.jp/release/2019/19_074.pdf、西日本新聞ホームページ https://www.nishinippon.co.jp/item/n/540906/)

|

9月14日、熊本県内のバス等無料

 工事中だった熊本交通センターは名前を熊本桜町バスターミナルと改め、9月11日にオープンします。そして、最初の週末となる14日には、桜町再開発ビル(この1階にバスターミナルがあります)の商業施設がオープンします。その14日、熊本県内のバスや電車が無料になるのです。県内の公共交通機関の無料化は全国的にも初めての試みで、公共交通機関を無料にすることによって周辺の渋滞を緩和するとともに(14日は約10万人が訪れると予想されています)、公共交通機関に対して関心を高めてもらうのが狙いのようです。

 14日に無料となるのは、九州産交バスなど熊本県内5社の路線バス、熊本市電、熊本電鉄の電車のほか、自治体などが運行しているコミュニティバス。4000本あまりの便が無料になります。反対に無料にならないのは、空港へのリムジンバス、県外への高速バス、JR九州、肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道ぐらいです。無料となるバス等の運賃については、全額を熊本桜町バスターミナルを運営する九州産交ホールディングスが負担します。

(追記)
 14日のバス等一日無料の施策は好評で、多くの人が利用しました。天草など郊外に出かける人もいました。九州産交は今後も一日限定の無料化を行うことを考えているようです。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://this.kiji.is/536681353559983201?c=92619697908483575、https://this.kiji.is/544367001993708641?c=39546741839462401、https://this.kiji.is/545786355781043297?c=92619697908483575、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48765040Q9A820C1LX0000/)

| | Comments (0)

松山も駅の真下に路面電車

 四国で一番の大きな都市、松山にも路面電車延伸の話があります。構想レベルの松山空港への延伸ではなく、具体的に動きがあるものです。

 延伸されるのは松山駅前。現在も伊予鉄には松山駅前電停がありますが、JRの駅とは少し離れています。ところが、JRの駅が高架化されるので、その高架下に路面電車を引き込むのです。富山みたいなイメージでしょうか? 現在の松山駅前電停から分岐して、約100メートルの線路を延長します。

 駅真下への延伸は2024年度の予定です。
(参考:Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000023-zdn_mkt-bus_all&p=2)

| | Comments (0)

くま川鉄道、座席をロングシートにする

 熊本県の第三セクター鉄道、くま川鉄道。所有している車両は5両で、全て観光用の車両です。

 しかし、この観光用の車両を朝夕の通学用にも使います。ほかに車両がないからです。ボックスシートなどのある観光用の車両は通学用に不向きで、ローカル線とは思えないほど混んでしまいます

 そこでくま川鉄道は8月下旬に、車両の座席を改造することにしました。窓を向いた座席と4人掛けのテーブル付きボックスシートがなくなり、ロングシートとソファー席だけになります。また、ソファー席にあったテーブルは全てなくなります。車内では食べづらくなります。

 ただこのようにロングシート主体の車両になっても、観光列車として使用するときはこれまで通り座席指定制となり、運賃も独自の設定となります(片道1490円、往復2000円。片道は片道運賃の800円増し、往復は一日乗車券の800円増し)。車両を見ていないのでなんとも言えませんが、座席がグレードダウンしたので800円の追加料金を取るだけのサービスが維持できるかは難しいところです。
(参考:くま川鉄道ホームページ kumagawa-rail.com/観光列車-tourist-train/)

| | Comments (0)

熊本電鉄、枕木のコンクリート化を推進

 熊本電鉄では1月に、藤崎宮前-黒髪町間で脱線事故が起きました。2年前にも同じような事故が起きていた場所です(前回の脱線事故後、急カーブ区間の枕木のPC化を行い、国交省にも完了した旨を報告していましたが、実はやっていなかったのです)。今回の脱線事故を調査した事故調査委員会は、左右のレールの幅が広くなった(「軌間拡大」)が起きたのが脱線事故の原因である可能性が高いとして、国交省が熊本電鉄に改善指示を出していました。

 これを受けて熊本電鉄は、一部区間(藤崎宮前-堀川間、再春荘前-御代志間、上熊本-北熊本間)において、枕木のPC化を行うことにしました。この区間の枕木をすべてPC化するのではなく、木製枕木が連続している区間において、直線部は4本に1本以上、緩い曲線では3本に1本以上、PC化すればよいのです。今回のPC化で2810本の枕木が取り替えられ、熊本電鉄全体においてPC化された枕木の比率は48.2%から64.4%に上昇します。

 工事の完了は2020年3月の予定です。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2019/07/19/324595.html、朝日新聞ホームページ asahi.com/articles/ASM193JP4M19TLVB00J.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40836670S9A200C1ACYZ00/)

| | Comments (0)

熊本市交通局、10月1日に2停留場を改称

 熊本市交通局は10月1日に、2つの停留所の改称を行います。

 ひとつは神水<くわみず>・市民病院前。2016年4月の熊本地震で熊本市民病院が被災し、10月1日に移転することになりました。そこで病院がなくなった神水・市民病院前は神水交差点に改称することにしました。なお、神水・市民病院前の改称はこれで3回目です。1945年に開業したときは神水町という名前でした。1962年ごろに神水橋になり、今の名前になったのは、2011年3月のことです。わずか8年半で改称されることになりました。

 もうひとつは上熊本駅前。実はこの名前、中国語だと熊本駅前と混同するようです。そこで駅前を外して、上熊本だけにするようにします。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2019/07/19/324575.html)

| | Comments (2)

西鉄雑餉隈-春日原間に新駅

 福岡市と西鉄は、西鉄天神大牟田線の雑餉隈駅付近の高架化を進めています。福岡市境から南は、福岡県との間で高架化が進められていて、2020年度末には合わせて約5.16キロの区間が高架になります。その区間内の雑餉隈、春日原、白木原、下大利の4駅が高架駅になります。

 それだけではありません。高架になってから1年後の2021年度末、新駅ができます。場所は雑餉隈-春日原間、福岡市内側にできます。新駅の名前はまだ決まっていません。
(参考:西鉄ホームページ www.nishitetsu.co.jp/release/2019/19_046.pdf)

| | Comments (0)

沖縄都市モノレールの3両編成化の開始時期が遅れる?

 沖縄都市モノレールは需要の増加に対応するため、現在2両編成で走っているモノレールを3両編成にすることにしました。2023年度に先行して4編成を3両編成化し、2030年度までに9編成を3両編成化します(この時点でも2両編成のものが残ります)。3両編成にするためにかかる経費は約280億円と見積もられ、その内訳は国庫補助が約179億円、沖縄県、那覇市、浦添市の補助が約45億円、残りの約56億円は沖縄都市モノレールが負担します。

 ところがこのモノレールの3両編成化、2023年度に始めるのは難しいようです。新しいモノレールの車両をつくるのは日立製作所ですが、パナマのモノレール事業(2022年度完成予定)を受注しているために沖縄都市モノレール用の車両をつくる時間が無く、2022年度までに必要な車両を用意するのは難しいようです。車両ができあがったからと言ってすぐに営業で使用できるわけではなく、車両が完成してからシステムの試験や走行試験を半年から1年ほどかけて行うこととなります。予定通り2023年度に間に合わせようとするなら、厳しいスケジュールです。
(参考:琉球新報ホームページ https://ryukyushimpo.jp/news/entry-959229.html)

| | Comments (0)

新市民病院への延伸を求める熊本市民、83%

 熊本市電には東の終点、健軍町から延伸する計画があります。10月に開業する新市民病院までの約1.5キロで、事業費は100~130億円と見込まれています。建設には7年かかり、2026年度開業予定です。沿線には新市民病院、自衛隊熊本病院のほか、東区役所、熊本県立第二高校、熊本東警察署、熊本東税務署などがあります。費用便益比は1.0~1.3で、採算は見込めます。それにもかかわらず、3月の市議会で関連予算(基本設計の費用6100万円)の凍結を求める付帯決議が可決されました。延伸に向けての大ピンチです。

 そこで熊本市はアンケートを行いました。4月19日から6月7日までホームページ等で呼び掛け、1401件の回答を得ました。その結果、83%が建設を進めるべきだと回答しました。しかも、61%が開業時期を早めるべきだと回答したのです(残りの22%は予定通りの2026年度の開業)。市議会の考えの通り、建設の中止を求めたのはたったの10%でした。

 新市民病院前への延伸は一定の需要が見込め、採算が見込めます。端のほうの延伸なので利用する人は限られ、それを理由に市議会は反対していますが、それは理由になりません。そんなことを言ったら、どんな事業も成り立ちません。市議会は考えを改め、早く延伸事業を行うべきでしょう。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://this.kiji.is/516077607517963361?c=92619697908483575、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/kumamoto-shiden-enshin/)

| | Comments (0)

令和最初の新駅は、令和コスタ行橋

 平成の最後にできた駅はJR東日本常磐線のJヴィレッジ駅。4月20日に開業しました。それでは、令和になってから最初にできる駅はどこでしょう?

 どうやらそれは、平成筑豊鉄道にできるようです。8月24日、田川線行橋-美夜古泉間に新駅が開業します。新駅の名前は、隣接する複合商業施設、コスタ行橋に因んで、令和コスタ行橋(「れいわ こすた ゆくはし」と言います)。令和になって最初の駅ということで、駅名に令和がつきます。行橋から1.3キロ、美夜古泉から1.0キロのところにあり、1面1線の無人駅で、平日は24往復、休日は20往復の列車が停まります。建築費は約9600万円で、行橋市や国も一部負担します。1日の乗降客は250人を見込んでいます。

 駅のデザインは、ドーンデザイン事務所の水戸岡鋭治氏が行います。水戸岡氏はこの3月に走り始めたレストラン列車「ことこと列車」のデザインも行っています。駅の待合室、ホームの床、壁の一部には、筑豊地区木材協同組合から提供を受けた筑豊杉を使います。出入口スロープの手すりには、地元の京築ヒノキを使うなど、県産材をふんだんに使います。
(参考:平成筑豊鉄道ホームページ www.heichiku.net/2019/06/20190628_news01/、西日本新聞ホームページ https://www.nishinippon.co.jp/item/n/522704/)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧